☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】
マイクロスコープホワイトニングスケーリング

完全予約制、個室診療、全過程録画保存
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント 

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

日本ではせっかく予防大国スウェーデン発のPMTCをいち早く国内に取り入れたのに、本質を履き違えた日本風にアレンジして意味のないクルクル研磨にしてしまい、いつまでたってもこれからは予防の時代だと言い続けている。

予防に興味がある歯科医師や歯科衛生士はスウェーデンがお好きで、何かと言えばヨーテボリと、本当の素晴らしさを理解せずに見てくればかり真似し続ける。

そうこうしている間にアメリカではスケーリング後のポリッシングを進化させ、歯面を分割してどのようにポリッシングするかを事細かくマニュアル化し、フルポリッシングから、リスク部位だけをポリッシグするセレクティブポリッシングへと進化させた。(進化というべきか...という感じもするが^^;)

言葉尻だけを捉えると、PMTCとSelectivePolishingは異なるが、よくよく考えれば専門家が行う機械的歯面清掃であり、コントラアングルを使用してラバーカップを使用して、グリッターと呼ぶペースとを使用して歯面を研磨するのは全く同じではないかと思う。

そして世界は更に進化を遂げている。(これまた進化と呼ぶのかどうか私にはわからないが^^;)

今までは歯石を除去するスケーリング(scaling)や根面を滑沢化するルートプレーニング(root planing)、研磨(polishing)を歯のクリーニング(tooth cleaning) と呼んで来たが、歯のクリーニングを最近はProphy(Prophylaxis)と呼ぶ。

(独り言だけど...Debridement...Deplaquing...PMTC...Prophylaxis...なんだかね〜

と言っても、その定義はこれまた進化しているようで(何度も言うけど進化と言うのが適当かわからない^^;が)、Prophylaxisは治療のための処置ではなく、純粋に予防のための処置の事を指す。

Prophylaxisが必要な人は歯周病の兆候がない人。つまり歯ブラシやフロスをする時に出血がなく、歯科衛生士がプロービングをした時に深さが3mm以内で骨の吸収がない、健康な状態である人としている。

しかしながら、その処置は歯面に築き上げられたプラークや歯石、ステインをハンドインスツルメントで除去し、グリッターと呼ばれる歯磨剤で研磨...

つまり処置は今までと同じ

さて、こういう事をどう理解するかがとても大切だ。

表面だけを追っかけていると、これからはProphylaxisの時代だと言い出し、それに見合った器械、まあ適当な所はエアーポッシング(air polishing)に使用されるような器具だと思うが、PMTCの時と同様に流行り出すに違いない。

まあすでにヨーロッパではProphylaxisの概念が進んでいて、メインテナンスの時にエアーポリッシングするのは当たり前になっている。

どこまで行ってもアメリカとヨーロッパのバトルは続き、外国かぶれの日本はそれに右往左往されるのだ

ソニーケアとオーラルB、ピエゾ式とマグネット式、PMTCとSelectivePolishing...デンツプライとEMSの闘い

純粋な日本人衛生士Japanese Dental Hygienistのnaomiにはど〜でもい〜さ〜だよ
両方とも本質が同じだから、原理原則を理解していれば、呼び名はどうでもい〜さ〜です。

naomiの行う歯のクリーニングではプラーク除去をメインに、歯石も除去するし、ラバーカップでの研磨もするし、エアーポリッシングもするし、とにかくその人の歯の状態に合わせた「綺麗」を追求するから、アメリカ型でもないしヨーロッパ式でもない。

原理原則を学んだオリジナル。まあ、ヨーロッパかアメリカを基準とすれば、属さないからオリジナル
という事になります。

どちらも素晴らしい考え方や施術だとは思うけど、本質は同じだ。

そして日本発とするならば、歯科用顕微鏡を用いたクリーニングを日本人だからこそできる繊細な処置と、こだわりで世界に発信できると私は思っているけど

世界では歯科衛生士が歯科用顕微鏡を用いてクリーニングをしているのはほとんどなく、症例もほとんど出ていない。しかも歯周病の処置ではなく、予防的にポケット3mm以内の歯石の発見を除去を行っている衛生士はまずいない。

まあ世界はアジア人である日本人は相手にしないから

世界に出て行っても無駄だと思うけど、世界にはない顕微鏡を用いたクリーニングの恩恵に与れる日本の患者様のために来週も頑張るとします

今日は右上7番の遠心、インレー下の歯石をポケットをよけてスケーリングしたよインレーの膨隆が大きくて除去できないかと思ったけど...

流行に反するマグネット式のスケーラーを使用して除去できました

写真忘れた...症例写真は明日にでもUPするとします

動画もね...UPしたいけど編集が面倒なので...おいおいね

明日は勉強会です10年ぶりセミナーの打ち合わせだよ明日もがんばっぺ