顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:SRP

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様こんにちは、歯科衛生士naomiです 今週も始まりました。
お天気はイマイチですが気分だけでも張り切ってまいりましょう

さて昨日お伝えしたように今日は久しぶりに症例を出します

最近は有り難い事に、クリーニングの予約がいっぱいで、なかなか予約が取れない状況に。ほぼメインテナンス(定期健診)の患者様なので、歯石の除去をする患者様がめっきり減っておりましてこれはもちろん、予防を担う歯科衛生士の私としては喜ばしいことです

だからなかなか歯石除去のことが書けない。
新規の患者様が入った時に歯石除去の事を書く事になります。

思うけど、本当に予防教育が上手な衛生士さんほど、重度な症例は少なくて、何事も起こらないままにメインテナンスに移行できるんだろうなあ。つまり、仕事ができる衛生士さんほど歯石の除去はしないって事ですね

歯石の除去が好きとか、歯石の除去が得意と言ってる衛生士はどうなんだろうね?

さて久しぶりに先週は珍しく、メインテナンス初めての患者様や、初回クリーニングの患者様が来院されて、歯石除去を行う事が多かったです

私が行う歯石の除去ははっきり言ってオペレーションです。幅1mm足らずの縁が締まったポケット内の歯石を歯肉を傷つけずに除去するわけですから、その集中力と言ったら半端ありません

左下7番近心。表面的に歯肉は締まっていて炎症は見受けられませんが、ポケット内に歯石があります。

SRP4


歯肉を開いて確認すると↓こんな風にはっきり見えます

SRP

超音波スケーラーで弾き飛ばします。これだけ拡大するとどんなに大きいの?と思われるかもしれませんが、実際には↓器具の先が1mmです歯肉が少し開いているところ、1mmもありませんね...

SRP2


フィニッシュです↓鏡で角度を変えてなるべくポケット内を覗いて確認します。
 
SRP3

この患者様は他の医院で歯石の除去を行っており、インテナンスにも通っていました。さすがにメインテナンスに通われていたただけあって、見た目の歯肉の状態やプラークコントロールはいいですね。出血がありません。

今回はまだ歯肉縁下の処置は1回目ですが、他の部位にも歯肉の縁下に歯石の付着が認められます。今日のケースはレントゲン上に歯石は見られませんが、他の部位はレントゲンではっきり見るところもあります。これを発見するだけでも技術が要ります。

歯科用顕微鏡は歯石除去の歴史を変えました。歴史が変わった...けれどそれには主語があります。私の歯石除去の歴史は変わった...歯科用顕微鏡はあれば歴史が変わるのではなく使う人によって歴史が変えられるのです。つまり使い熟す事。

当院には現在、歯科衛生士学校の学生がいますが、学校では歯肉縁下のSRPは必ず麻酔をして行う処置で、痛みを伴うもの、そして不良肉芽は必ず取り除くものと教えられるそうです。

果たしてそれは正しいのでしょうかね...?

歴史は変わる。

日々勉強しましょう
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

今日も寒いですね。今日は20年おつきあいしている女子達とランチブッフェし、その後はある映画を見て参りました
2015-01-18-17-18-02

神様はバリにいる
ダジャレがめっちゃ面白いそして笑だけじゃない人生の本質をズバッとついた人生語録の数々。絶対元気になれる映画。オススメです

そして、映画を見ながら、仕事人間のnaomiは思うわけです。
誰かの幸せを徹底的に考えることで自分も豊かになれる...歯科衛生士って素敵な職業だなぁって。
人のためにお役に立てる。人を豊かにできる。

naomiの最近のお気に入りの語録は、「人生は死ぬまでの暇つぶし。人生は死ぬまでの思い出作り。」そして、人間は創造できる生き物で、地球に存在する生物の中で唯一犹爐魄媼韻任る生物瓩覆里世箸。リミットが決まっている、リミットを意識できる。どうせいつか死ぬのなら、人のためにお役に立ちたい。そういつも思っている私。

なかなか人間の器が小さいので、思う通りにはならないのだけれど。器の小さいnaomiのモットーは「目の前の人を幸せにできずして多くの人を幸せになんかできない。」私が担当するのも何かのご縁だし人生何があるかわからない。患者さんとの出会いは一期一会と思って目の前にいる患者さんに全力をかける。

草の根。

患者様の人生という舞台に登場させて頂ける歯科衛生士という職業はとても素晴らしい職業だと思う。でも患者様の人生の舞台に登場させて頂く以上、素敵な登場人物でいたい

10年以上メインテナンスに通われている患者様。つまりこの10年間、naomiはこの患者様の舞台に3カ月に一度登場する脇役なのである。

10年経っても、私の技術が下手なので取り残している歯石がある。でも、医療は日進月歩。医療も進化している。

BlogPaint


右下2番の遠心。小さな、小さな、縁下歯石。
SRP1

大きさは...縞模様の器具の1目盛が1mm。私が10年間取り残していた歯石です。
でも...取り残していたからと言って、歯を喪失しているわけでも、症状が出ているわけでもありません。患者様にとっては何も感じていない数ミクロンの歯石。

日々患者様のお役に立ちたい。そんな気持ちを知ってか知らずかずっと通って下さる患者様。日々成長。日々精進。そして10年が経過し、歯科用顕微鏡が導入されて、歯科用顕微鏡が使えるようにトレーニングし、そして今日この歯石が見えたわけですチャンス到来です。

患者様にはいつも申し上げます。歯石はお手入れが良いと歯肉が引き締まって見えない事があります。でも歯石の付着があればいつか炎症が起きて見える事があります。締まった歯肉を無理やり開いて歯石を取ることも可能でしょう。でも、健康で締まった歯肉を無理やり開いて傷つけてしまっては、その後どうしたら良いのでしょう?

人間の体に無駄はない。ポケットは締まって異物を入れないようにしている。不用意に傷つければその後歯肉が下がってしまう。人は歯石を除去するために生きているのではありません。良く生きるためにメインテナンスに通って頂くのです。体を傷つけてまで取る歯石の除去など全く意味がありません

SRP2

この患者様は初診の時から血圧が高く、naomiもまだ20代中。歯肉が真っ赤に腫れて、血圧の薬を飲んでいるから余計に腫れて、ブヨブヨ。ちょっと触れば出血するし...中程度の歯周病。若い私に良くすることができるのか?全くの自信なしあるものと言えば、不安だけ。でもやるしかない。だって私が担当なんだもの。逃げることはできない。

私を信頼して10年も通って下さっているのだもの。私もそのお気持ちに応えなければ。

さて。また明日から1週間が始まります。

明日は海外から患者様が一時帰国でメインテナンスで来院されます

明日もガンバっぺ 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

今年も新年からたくさんのご予約を頂いておりまして、新規の患者様もメインテナンスかというくらいお待たせしておりまして大変申し訳ありません。

私は歯石の除去も行いますが、不良補綴物の研磨も行います。もちろん、それは当医院での治療ではなく、他の医院様で治療されたものです。治療の必要はないけれど、予防の観点からすると必要というものです。 

20150107_102614564750


隣接面にコンポジットレジン充填が認められる。

こんな時が歯科医師を恨めしく思う瞬間である。

20150107_102617400920

仕方なく...これがまた研磨するにも難易度大な場所と形。なんで私がやんだよぉ〜というのが本音です。しかしながら、現在、不良補綴物は虫歯でもないし、歯周病でもない。病名がつかないわけだから、誰も手のつけようがない。しかも、卒業してからメインテナンスしかやった事がない歯科衛生士は補綴物の研磨もしたことがない。

若かりし頃、様々な医院で経験を積んだ知識と技術が20年たってものを言う。私は最初から予防歯科にはいなかったのでね...

充填もしたし、仮歯も作成したし、補綴物の試適もした。当時は嫌々だったけど、でも今となってはそれも良かったかという結果オーライな今。

この補綴物のおかげで、歯の手入れが難しく、結果こうなるわけです...

20150107_104305475684

補綴物を研磨したからポケット内を一気に覗ける。根面にびっしりと付着した歯石。

20150107_104811281497

先日も話をしたが、歯科用顕微鏡があれば、歯石が見えればこっちのもの。

20150107_104812115664

更に範囲を広げて歯石の除去を行っていく。

20150107_104920317201

ほんのちょっとしたコンポジットレジンのはみだしは、歯科医療従事者にとってはさほど大きな問題はならないかもしれない。

ああ、はみ出てるな、下手だな〜とか。でもそれは患者にとっては歯の寿命を左右する大きな問題となる。そりゃあそうだ。口腔内のトラブルの初発は、目に見えない細菌が引き起こしてくる。目に見える何かは当然将来的に問題を生じてくる。

さて〜明日はやっと土曜日。新年最初の週末です

お正月はお休みだけど、でも私にとっては仕事と同じぐらい忙しい日々でした。ゆっくりできたのは1日ぐらいかなぁ。新年を迎える行事は忙しいものです。

さて。明日もガンバっぺ

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

本年もあと357日2015年もすでに8日が経過しました。

こんなに衢に「歯科用顕微鏡を使って歯科衛生士もメインテナンスしています」とHPに書かれているのに、歯科衛生士の症例(画像や動画)をHP上やブログ上で見る事はほとんどありません。

画像、特に動画は嘘をつかない。

今年も新年早々から歯科用顕微鏡を使った歯石の除去を行っております私は、歯科用顕微鏡を歯科衛生士が正しく使用する事は、歯周病治療の歴史を大きく変えるものだと思っており、それは世界的な歴史だと思っています。

今までの文献ではポケットが4mm以上の場合には、スペシャリストが歯石の除去を行っても取り残るとあるからです。歯科衛生士業務における歯科用顕微鏡の活用

しかし、残念ながらその大きな意味を日本の歯科衛生士自身が理解していないために、それは歴史上から抹殺される歴史でもあります。


残念。この世の中は早い者勝ちの世界です。新しいものは誰かがすぐに真似をして、あたかもその人が最初のように手柄を巻き上げていく...日本の歯科衛生士が世界に羽ばたく翼を日本の衛生士自らが捥いでしまった。。。歯科用顕微鏡は老眼鏡じゃない。

ポケット6mm。左上6番遠心。無麻酔下。

SRP1

超音波スケーラーにて除去を試みる。
 
SRP2

見えた歯石だけじゃなかった。その内部にはもっと大きな歯石が。ポケット内からゴロリ。

SRP3

不思議な事に、歯石は大きくても、意外と今までに歯石の除去をした事がない場合には、その付着は弱い。ポロリと取れる場合が多い。しかし、今までに何度も歯石の除去をしており、歯科医師や歯科衛生士によって歯石の表面が何度も平らにされている場合には硬さが増して除去できない。

つまり歯石の除去は一発目が重要で、その後は二度と付かないようにメインテナンスする事が重要。 

SRP4

ポケットは閉まっていても、中にはこんな大きな歯石が付着している事もある。

SRP5
 

こんなに大きい。

歯科医師は麻酔してポケットを開く事ができる。しかし、日本では歯科衛生士は麻酔はできない。しかし、ポケット6mmでも、無麻酔でポケット内の歯石を直接見ながら除去する事ができる。これが歯科用顕微鏡の凄さ。

SRP6

歯石除去終了後、ポケット底部を確認する事ができる。

とこんな話をすると、歯科用顕微鏡さえあれば、歯石の除去ができると皆が勘違いする。歯科用顕微鏡がその力を発揮するのは、歯石が見えてからの話歯石がポケット内にどれだけあるか、またどうやって付着しているかは、顕微鏡は教えてくれない。

ではどうやって歯石のある場所を知るのか?それは歯科衛生士の力量つまり歯科衛生士の診断力である。る。レントゲン、CT、視診、触診などから総合的に判断する。診断力がなければ歯石を見つける事はできない。つまり歯科用顕微鏡も宝のもちぐされ。

生体は本当に良くできている。歯石が付着していても、ポケットは閉まって内部に細菌を入れないように吸着するし、歯石を取っている時でも、歯石にぴったりとくっついて歯石を除去する私の行く手を阻む。しかしながら、除去した後は生体は戻ろうとしてすぐに付着してくる。人間の体はすごい


しかしながら、どんなに歯石の除去ができようと、付着しないようにモチベーションを上げることの方がどんなに大切なことか。。。

さて。明日も患者様の幸せのために。ガンバっぺ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆さま、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

ダイレクトビューでワーキングビューが一番精度の高い治療ができるるとわかっていても、なかなか直視できないことがあります顕微鏡、難しいです

左上7番の口蓋側です。ダイレクトビュー(直視)。ポケット7mm。ブリーディング(出血)(+)です。

10-1

前回のメインテナンスから6か月弱。今日まで腫れなかったが、メインテナンスの予約をとったら、安心したのか3日前に腫れたとのことでした

10-2


ダイレクトビューで、超音波スケーラーを使用して歯石を除去していきます。

歯冠のボリュームが大きく、これ以上ポケットの中を覗くのが限界(私の腕ではという主語がつきますけど^^;)ポケット底部が見えなければ、歯石を取りきることはできません。

写真はミラービューです。ミラービューなら上から覗くことができました

10-3

器具の先に、歯石が見えますねムムム。

10-4

いかがですか?こんな感じでよいでしょうか?

スケーリングしながら(歯石とりながら)、いつも心の中で叫ぶのです。。。

「こんなの、取れないよーーーーーーーーーーーーー」って。

論文は言います。ポケット4mm以上は取り残しがある確率が高いと。
現時点ではポケット4mm以上の歯石は取り残す可能性が高いのがこの業界の常識です

専門家でも、歯科医師でもない私に、取れるわけなんかないよ。。。といつも泣きが入ります。。。

でも。。。

患者様を前にして、取れない、できない、は許されないという思いはいつもあります。

でも、技術がなくてどうしても無理な時もあります。。。

しかし、そういう時のために次の手立てをきちんと用意して、処置に当たる。それがプロの責任だと思っています。

毎日が自分との戦いです

うー。。。泣けます。。。泣けるけど、そうも言ってられないと思う自分もいて、毎日葛藤です。

さて、次はきちんと結果を見て、再評価して、更に前へ進んでいかなければいけませんね。

明日も頑張ります

*********************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ

顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ

顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiです
毎日歯科用顕微鏡、マイクロスコープに遊ばれていますが、顕微鏡を使えば使うほど、いろんなことがわかります。

先生の治療をマイクロで見ていた時にはピンとこなかったのですが、自分の処置を実際に顕微鏡で行うと、その施術レベルが今までと桁違いに高いことを実感します。

20101112_111923847145(変換後)

下顎前歯部です。

20101112_111947637603(変換後)

拡大します。

20101112_112003053019(変換後)

更に拡大します。

私が何を見ようとしているか、おわかりになりましたでしょうか?

20101112_112441564870(変換後)

左下1番と2番の間にある歯石を見ていたのでした

昨日、メインテナンスに5年以上来てくださっている患者様がいらっしゃいました。

この患者さんの下顎左右側には、ブリッジが入っていて、特に左の下は8番を利用したブリッッジ。
8番はもともとポケットが深かったのですが、いつしかその咬合力に耐えかねたのか、腫れるようになりました。

しかしながら、8番の根形態の複雑さ、そしてポケットの中が見えない盲目での処置。はっきりいって無理です。あ、主語を忘れました。私の腕では無理。私ができることは、最新の薬剤を使った定期的なポケット洗浄だけ

それが、前回、たまたま先生の予約がキャンセルとなり、歯科衛生士の枠にこの患者さんがいらっしゃったので、先生の顕微鏡を借りてスケーリングを行いました。これまた大変な処置でした。なんといっても8番舌側。

そして2ヶ月後のメインテナンスが昨日。

歯肉の状態はとてもよく、それまで歯が浮いて咬めなかったのですが、咬めるようになったとのこと更には、ずっと6を切れなかった糖尿病の指標HbA1cが5.9に下がったそうなのです。

まあ、いつも慢性炎症がありましたからね。。。TNF-αの影響もあるでしょうね。

そして、今日の患者様。ポケット内の根面の歯石が奥まで見える。

20101112_112606750057(変換後)

ポケットを広げて見てみます

根面にもべったり歯石がついています。これとれるの?見えるということは、とりやすくなるということです(とれるかはまた別の話です^^;

格段にSRPの精度があがります。(とれればですけど)今までの比じゃありません。今までは歯石があるのはわかるけど見えないしとるすべもない

今日の患者さんはポケットが深くて、縁下歯石が大量、歯が捻転、隣接面の狭窄。。。歯科医師が麻酔をして行うべき状態だったと思いますでも歯石をとり始めてしまった^^;

ここでやめたら深いところに歯石を残したまま歯肉が締まってしまう。ますます悪いだめだめだめだめだめーーーーーー私もプロのはしくれみすみす歯石が見えているのに、とらずに放置なんてできません。

でも途中何度も心の中で声がしました。「もう無理だよ〜

しかしその声を打ち消しつつ、ちょっと時間オーバーしたけど、もちろん取りきりました

だけど。。。一番大変だったのは患者さんだったな。。。ごめんなさい私が下手なばっかりに。。。

もっと私に技術があればな

歯科用顕微鏡、真面目にすごいです。遊ばれている場合じゃありませんね遊ばれないようになるためには、血の涙が必要かもねうししっ♪

さて〜毎日が勉強だーーーーーーーっ明日も頑張ります

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは〜naomiです

昨日、naomiはお休みいただいて、講習会に参加してきました

歯周インフェクションコントロ−ル

歯周治療の考え方、そしてその治療法がどんどん進化しています。

実はnaomi、2年前に行ったスウェーデンの歯科医院で、実際に衛生士さんが患者様を担当しているのを見ました。

その時に、不思議な機械とテクニックを見たのです。それが何なのか、日本にはないものでしたから、ずっと不思議だったのですが、それが何なのか、やっとわかりました。

そして、その講習会に参加してみました

以前は歯の根の表面(セメント質)に細菌の毒素が入りこんでいるとして、ガリガリガリとその表面をを滑沢になるまで削り取っていたのですが、その後、毒素は歯根の表面だけに付着しているとわかり、以前とは全く逆の、削ってはだめ!に変わってきました

つまり、すでにSRPって死後

歯科衛生士の大好きなSRPって死後なんです

ヨーロッパの衛生士はガリガリ歯石をとる時代から、Educatorに代わりつつあるようです。

naomiも以前から言っていますが、予防って、教育なのです

歯石をガリガリとることよりも、病気のこと、体のことを正しく伝えることの方が数百万倍、大切なのですその教育によって歯の大切さがわかれば、歯磨き指導なんかしなくても、患者様は自ら歯を磨いてきます

こちらが押し付けがましく歯磨きの仕方を教えなくても、患者様が自分で聞いてくるのです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

でも、日本では無理でしょうね・・・Educatorになれる歯科衛生士がどのくらいいるか・・・

知識力が・・・

スウェーデンやスイスの衛生士の話を聞くと、すっごく歯科衛生士に未来があって夢があって、憧れるのに、現実に戻ると・・・溜息が出ちゃうな・・・

海外の衛生士さんは独立心があって、歯科医師とは一線を画しているのに日本の衛生士は歯科医師におんぶにだっこ。歯科医師の指示がないと何も判断できない。

ましてや予防は、その患者様の将来のリスクを予想できないといけません。そのために必要なものは、ものすごいたくさんの知識と、たくさんの経験です

日本の歯科衛生士さんってやたら若くないですか?

経験も少なくて、知識も浅い。そんなんで患者様の将来を予想することができるのでしょうか?

そして可哀そうなのは、経験豊富な先輩歯科衛生士がいないってことです。

何年やっていても、患者様の将来を見ていない歯科衛生士さんはたくさんいます。

今目の前の歯石ととること、今目の前のプラークをきれいにすること、そのことばっかり考えていて、つまり、予防の診断(歯科衛生士は診断はできませんけど)ができていない。

口の中のリスクを分析できないのに、将来に渡る予防なんて全くもって無理!大切なのは、このリスク診断とケアプランの立案なのです昨日もnaomiが思っていることと同じことを講師の先生がお話されていて、そうそうそうなのよーと心の中でずっと叫んでおりました。

誰も教えてくれないですからね・・・本当に可哀そうです。

日本の歯科衛生士は歯石とり屋ですから。

SRPが死語になった現在。日本の歯科衛生士はどうやって生き延びていくのでしょうね^^;

え?naomiも?

そうねぇ・・・naomiもどうやって生きていこう(爆)

昨日のお話は予防の本質だったな

どの機械を使うかじゃなくて、その機械の使い方じゃなくって、そのバックグラウンドにある考え方を学ぶのが重要。本当、T先生のお話はいつ聞いても感激します

それはきっと、歯科医師でありながら、歯科衛生士として働き続けた経験から出る言葉だからだと思いますが、T先生の思想は本当に大切なことで、本当、その通りだと思います。

日本の衛生士がどのくらいわかっているかはわかりませんが・・・

今日はnaomiが担当している患者様を先生にスケーリングしてもらいました。それもお1人じゃなくて、数名^^

ポケットが深かったので、先生に戻したのですが、我ながら歯石の触知能力がすごい!naomiが思っていた通りに歯石がついていました

麻酔をしたと言っても、ノンサージェリーです。開いてません。いやあ、すごかったな。見えるってすごいし、マイクロを自在に操るうちの先生は、本当すごいです。

あ、あと誤解のないように言っておきますが、歯石をとったからといって予防にはなりませんよ。歯周病の原因は歯石じゃなくてバクテリアですから。

歯石が完璧にとれることは重要だけど、それだけじゃ意味ありません歯石とりを含めた予防教育が大切なのです。

それはうけたことのある人にしかわかりません。そして、受けても理解できないかもしれないけど、でも確実にお口の中は変化していきます。それが10年後の予防です。

昨日のセミナーを受けたことで、またnaomiの中で何かが変わりました。

日々研究

明日からもまた頑張ります☆

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ