顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:IOH研究会


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

春爛漫。桜もそろそろ終わりですが日本の春はいいですね〜

先週の日曜日、第5回IOH研究会が無事に終了しました。
ご参加くださった受講生の皆様に、ここで改めましてお礼申し上げます 

image

半年に1度のセミナー。今年の春はあいにくの

image

講師のReiさんの作ったレセプション

BlogPaint

ご挨拶はご参加下さった皆様への感謝の気持ちしかないのですが...あー…Welcomeが間違っている…(^-^;あーWellよくcomeきていただいたということで♡

BlogPaint

いざ実習が始まると、この気の短い性格が...

毎回症例検討をするのですが、今回は歯肉を診る事をテーマにしました。

歯肉のどこが腫れてるの

それ、本当に腫れてる

腫れてるってどういうこと

に始まって、実際に患者さん役を見立てて指導してもらいます。

BlogPaint


私たちのIOH研究会という名称は、Ideal Oral Hygienist の略。理想的な口腔衛生士を育成する。
IdealのIは愛にかけています。つまり愛のある口腔衛生士を育成する。

本気で育成したいので、学校の先生のように厳しいセミナーです。スパルタです

セミナーのたびに、私たちも教えられる事があります。

歯科衛生士さん。たくさん知識を持っているのに。でも、ほとんどの人がロボットのように同じ事を繰り返し患者さんにお話するのです。

私たちの仕事は、予防でリスク管理です。リスクは患者さんんごとに違いますし、口腔衛生指導の前に、まずはきちんとその患者さんのリスク判定をしなければなりません。

歯肉の腫れがわかるというのはリスク判定の初歩の初歩。

今回は30代、40代と受講生の年齢が高かったので、初歩の初歩はクリアしているのですが、患者さんの声を聴けていたかというと、経験があるだけに指導になってしまい患者さんの心を掴む指導になっていませんでした。

でもさすがベテラン私たちが指摘する前にグループワークでその事に自ら気がつきました。

そして今回はリピーターちゃんが2名いたのですが、成長してます嬉しい
格段にアプローチが良かったです1回目に教えた事を実践していて素晴らしい

もちろん私たちの反省点もあります。

いつも後半、受講生のキャパシティーがいっぱいになってしまって、そのテンションで終わりを迎えてしまうので、いいのか悪いのか...悩みます

さて、そんなこんなで今回も無事に終了いたしました。

さて、毎回その1回が終わった後に次のセミナーを開催するかを決めています。

ジャジャーンはい、決まりました〜

次回は平成27年10月22日の日曜日にIOH研究会秋のセミナーを開催します

また詳細は決まり次第UPいたします 

☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【医療安全・感染制御・滅菌管理】 
〜〜医療安全〜〜 
医療の質は安全に比例いたします。
東京医療安全・感染制御研究会はこちら
http://www.iryou-anzen.jp/

〜〜滅菌保証〜〜

バリデーションと物理的・化学的・生物学的インジケータで大病院レベルの滅菌管理を歯科医院レベルにも。国内初のオフィス滅菌保証を全公開です。
東京医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部
http://sterilization.hatenadiary.jp


歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

皆様、こんにちは。naomiです連日暑いですね〜皆様水分摂取を忘れずに!

さて、お待たせいたしました。(あれ待ってない
第4回歯科衛生士en-rond IOH研究会セミナーの申し込みページを開設いたしました。
image

定員10名となっておりますので、ご興味ある方はぜひお申し込み下さい。

いつもは前半に感染制御の話をしていますが、今回は今までの参加者の皆様の声にお応えして、症例検討のみ行う号外編です。

ズバリ症例の見方オンリー!!

以前参加した方はお分かりいただけるかと思いますが、いつもの後半の講義を前半に行ない(と行っても今回の症例は別のものです)症例の見方の「基本」を学び、基本をもとに午後は別症例を検討してきます。つまり午後は「練習」です。

繰り返し基本をもとに数をこなす事で「基本の考え方を身につける」事ができます。

いつも申し上げますが「師」つまり「コーチ」は選ぶべきです。

症例を診るべき項目を教えてくれるセミナーはたくさんありますが、では実際にどうアプローチするのかを教えてくれるセミナーはありません。かなり具体的なアプローチを学べます。

だって皆さん、よく振り返ってみて下さい。セミナーに行って、次の日からすごくそのセミナーが役に立って、人生変わった〜なんてことないでしょう?でも私達のセミナーは違います。

基本を身につけて実践すれば、必ず患者さんとの距離が近くなります。それは、テクニックという事ではなくて、患者さんをより理解するという事です 

先ほども申し上げましたけど「師」は選ぶべきです。そして「師」とはテクニックだけでなく、その考え方、人間性も含んだ「師」です。 

私達はちまたにいるテクニック売り屋ではありません。私の想いは、セミナーを受けて下さる歯科衛生士が、私と同じ気持で同じように説明し、患者様に接してくれれば、定期検診の患者さんが増える。

私1人が生涯で出会える患者様の数には限りがあります。でも、私の思いを次ぐ歯科衛生士さんが増えれば...1人増えれば2倍の患者さんが幸せになります。2人増えれば3倍の患者さんが幸せになります

 本当は人前に出るのはちょ〜苦手です。できる事なら出たくないし、外に出向くのは嫌いです。でも... 私達が声を上げていかなければ歯科衛生士の歴史が変わってゆかない。歴史とは勝手にできるものではなく、一人一人が何かを伝える事によって継がれていくもの。 また誰かが何かを感じて継いでくれるからできるもの。

歴史とはそうやって受け継がれていく。

歯科衛生士には歴史がない。予防が専門と言って豪語しているのに、20年前からメインテナンス率が上がっていない。虫歯は減ったけど、歯周病の罹患率は減ってない。虫歯が減ったのは歯科衛生士のせいじゃない。フッ素のお陰。歯科衛生士なんて本当はいらない。

では本当に歯科衛生士はいるのか それは...私にもわからないそれは患者さんが選ぶ事だと私は思う。まあ日本では保険制度で歯科衛生士がいないと取れない点数があるから医院ではとりあえず何もしなくてもいればいいみたいになってますから。そういう意味では必要なのでしょうけど。

でも私がやっている限り、ニードはあるし、私が患者さまに提供できる宝箱も間違いなくあります。 

今回は経験年数の制限はありませんので1年目のから数年経過している方までご興味ある方はぜひご参加下さい(1から症例の見方をやりますので1年目〜数年目の方が適当かと思います)

特に新卒でこれから患者さんを診ていきたいという衛生士さんには今回はかなりお勧めです。
早い段階で診る目を養っておくと実力がつくのが早いからです。

皆様のご参加をお待ちしております。

お申し込みは↓こくちーず歯科衛生士en-rond IOH研究会からお願いします

さて〜大学がお休みの来週は、オフィスで指導教官の役が待っています〜

そして、最近、新規の患者さんは担当していないのですが、大学が休みのこの時期だけ、枠が空いたので新規の患者さんを拝見します。

メインテナンスの患者様の変わらない変化(変わってないから変化って言わないか)も楽しみですが、新規の方をどう導くかを考えるのもとても楽しみです。導く方向によって人生を左右しますから、以外と責任が大きいのですけどね。

今、たかが歯の掃除に何言ってんだって今思いましたねーよく言われます。

でも、そう思う方はぜひ私に会いに来て下さい。きっとnaomiの愛が伝わって人生が変わりますなんちゃって。

では皆様、来週も頑張りましょう 

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様こんばんは。歯科衛生士naomiです

最近、皆様いかがお過ごしですか?私はボチボチやってます。それにしても、1週間の終わるのが早いこと、早いこと

今日はこのブログを通じてお返事したい方々がおりまして、ブログを書き綴ます。

今週は不思議な日で、なんと連日お手紙をいただきました。
1通はお礼状。Hさん、ご丁寧に有難うございますもしかして、ここで以前にお礼状のことを書いたので気を使わせてしまったかな...もし気を使わせてしまっていたらごめんなさい。でもお手紙いただけて嬉しいです

それから北海道からお手紙をくださったRitsukoさん。お手紙わざわざ有難うございます内容に関してのお返事はもう少しお時間を下さい。まだ正式に詳細を出していないので、改めてお返事させて頂きますね。

そてにしても...

わざわざ住所を調べて、便箋や封筒を選んで下さって、手書きでお手紙を書いて下さる...何よりも私のために時間を使って下さることが本当に嬉しいです。そして有り難いです

取り急ぎお礼を申し上げたくて今日は短文ですが、これにて。

PCの速度がかなり遅くて...もうマシンが私の速さについてこれないみたいです
ブログ書くのに時間がかかる、かかる。あーもうっ

さて。いよいよあと10日。歯科の威信をかけて頑張らねば。今日もご指導頂きました。

さて今週もあと2日‼︎頑張りましょう(≧∇≦)

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様こんにちは、歯科衛生士naomiです

先日、今月末のプレゼンの提出が終了したので、今週はホッと一息...している暇はなーい!んだけど、ま、いっか

日々加速していく毎日ですが、今日は過去を振り返り。ブログを書きます

もう1ヶ月以上が過ぎました。歯科衛生士en-rond IOH研究会のセミナーから。まだ1ヶ月... もう1ヶ月...とも言えますね。

受講生の皆様からポツポツとお便りが前回もセミナー終了後に有り難いお言葉を頂きました。(前回のお便りはこちら

前回同様、ご本人には許可を取っていませんが、私もお返事する術がないので、こちらでご紹介がてらお返事いたしたいと思います。

メールは受講してくださったBさん。メールはすごく長文なのですがほんの一部だけご紹介します。

私たちのセミナーは実践型。

実習の後半Bさんは自分の不甲斐無さに落ち込んだそうですが、今回参加しなかったらこれからも流作業のように仕事をしていたと、今回参加して本当によかったとの事。

(そうなのです、前回も実習の途中で受講生が途中で頭が真っ白になって黙りこくっていました。)

そして、セミナーは日曜日。
月曜日の朝にリコールの患者さんを担当する機会があり、早速実践されたそうです。

以下はメールの本文そのままに。

「リコール患者さんといつもとは違う流れでお話をしてみると、今までの知らなかった、趣味や、仕事のことなど聞くことができ、それから歯みがきのことを聞いてきてくださいました。 患者さんの、いつもとは違う、やわらかい表情がうかがえました。 なんだか、嬉しくなりました。」

ヤッターBさんが私達のセミナーを通して、歯科衛生士として心温まる体験をした事が私も嬉しい

よく患者指導と言いますが、私は指導という言葉が嫌いです。私達の仕事は患者様が自ら自分で自分の健康を守れる様に導く事が仕事です。患者様自らの言葉をBさんが得た事は歯科衛生士として成長した証拠です。素晴らしい

そしてなんと更に嬉しいことに最後にこう結んでありました。

「 ...今回Reiさん、naomiさん、I.O.H研究会の方々に出会い衝撃を受けた私は、勝手に尊敬する、師匠のような衛生士さんを見つけた!と思っています。」

有難う。Bさん。ただの歯科衛生士の私達を師匠だなんて。嬉しいです有難う

私の願いは、技術ばかりや格好よさばかりが注目される現代に、20年も前からこれからは予防の時代と言われて何も結果を出していない歯科衛生士業界で、歯科衛生士という患者様の人生の舞台に立たせて頂き、人生を共に歩むという他にはない素晴らしい職業の本質を知ってもらいたい。

私がセミナーでお会いできるのは1回数人ですが、草の根で私達の思いを伝えていけたらと思います。

それに嬉しい事は重なって。受講生のCさんからも手書きのお手紙を頂きました。
手書きのラブレターってこの年になるとなかなか貰わないですよね日々お忙しい中、手紙を書く時間を私のためにさいてくれた…それだけで嬉しい。有難うございます 

よくセミナーの報告に、受講生からの声とか言って、すごい褒め殺しみたいな文章が書いてあるのってやらせだと思ってました本当にお便りもらえることもあるんですねー。感激です

私は自分自身、たくさんのセミナーに行きましたけど、後からメールやお手紙を出した事がないので、逆にセミナーを開催する側になってお礼状を頂くと不思議な気分。

でもそれだけ受講生の皆さんの心を動かしているってことでしょうか...有り難い。

私は歯科衛生士の仕事が得意じゃなかったけれど、25歳の時にこの職業で食べていこうと決めました。それしかできなかったから。でもこうやって続けてきて、今思う事はやっぱり歯科衛生士でよかった!

顕微鏡でのSCやSRPは外科手術なのでアシスタント付きでサージャンになれる。公衆衛生の場に出れば昔憧れた小学校の先生。セミナーを開催すればセミナー講師。セミナーは自分達で一から企画するのでイベントスタッフ。患者さんを分析しようと思えばプロファイラー。身の上相談わ受けようと思えばカウンセラーにもなれます

患者さんの前では素敵な女性を演じようと思えば女優さんにだってなれますしね

自分次第で様々な職業になれるのが歯科衛生士の面白いところです。

次回のでセミナーは来年平成28年4月10日の日曜日に開催します。患者様に寄り添う衛生士になりたい方は是非ご参加下さい。  

さて。今週は久しぶりに歯肉縁下の処置が多く...

現在歯科衛生士学校の学生がいますが、初めて顕微鏡での処置を見てSRPの概念が変わってびっくりしています。 

学校で習うSRPは痛みを伴うので必ず麻酔して行う物だと教えられるそうです…が、私の処置は殆ど痛みなく、無麻酔で行う事が多いです。

次回は久しぶりに症例のことを書きたいと思います 

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様こんばんは、歯科衛生士naomiです

さて。しばらくのご無沙汰。セミナーも無事終了し、落ち着いてきたので、臨床のネタをブログにアップしようと思って昨日写真も用意していたのですが、今日、とびっきりうれしいお知らせが届きまして私がアップしようとしていたネタが吹っ飛んでしまいました

くしくも今日はセミナー後初のミーティングの日。朝からせっせと家事をこなしていると1通のメッセージが。ご本人には承諾を得ていませんが、私があまりにもうれしいのでちょっと控えめにご紹介させて頂きます。

それは先日セミナーを受講してくださったAさん。(アルファベットのAは本名とは全く関係がありません)Aさん曰く、私たちのセミナーのテーマでもある〜明日から使える...〜の通り、次の日から仕事に大きな変化があったそうなのです。

私たちが受講生の皆様にお伝えした「Why?」を考え実践したところ、患者様の表情がぱぁ!っと輝いたそうなのです。その後も患者様の表情が変わる瞬間を何度も目の当たりにしたそうなのです。

患者様の表情が変わる、つまり患者様の心を掴んだ瞬間です

 私たち歯科衛生士という職業は、患者様を健康へと導かなくてはなりません。時には友人のように、時には両親のように、時には後ろから背中を押す支援者のように、患者様とともに泣いて、笑って人生をともにする職業です。

しかしながら、患者様の人生に関わるという事は、一筋縄ではいきません。患者様の人生に関わらせて頂くためには何よりも「歯科衛生士という職業を超えた、一人の人間としての信頼」を得なければならないのです。

何よりも先に、患者様の信頼を勝ち得なければ、その先はない

信頼がないのに歯磨き指導しても患者さんは聞いていません。信頼がないのに長期に渡ってメインテナンスに来てくださいとお願いしてもそれは無理というものです。

つまり、何よりも大切なのは、歯科衛生士としての知識ではなくて、人としての信頼なのです。

歯磨き指導のセミナーは世の中に溢れています。そこでは様々なテクニックが紹介されます。マーケティング的なテクニックも多々あります。

でも、それはあくまでもテクニックでしかありません。テクニックはいずれバレます。それは歯科衛生士という職業が、他の職業と違って10年、20年と患者様とお付き合いする仕事だからです。一発テクニックでヨイショして物を買わせるのとはわけが違います。

テクニックで数回のメインテナンスには応じてもらえても、5年、10年、20年のメインテナンスには応じて頂けません。では長期のメインテナンスに応じて頂くにはどうしたらよいのか?それは先ほども申し上げたように、歯科衛生士という職業を超えたところにある、一人の人間としての信頼です

そんな事をセミナーではお伝えしています。つまり真の意味で患者様に寄り添うという事。

私の目標は、40歳以上の80%以上が歯周病という日本のお粗末な現状の打破です。もう20年以上も前から「これからは予防の時代」と言われ続け、TBIのセミナー受講生もこの20年間に数万人いると思いますが、歯科衛生士は全く結果を出していない。

国民のために何の役にも立っていないのです歯科衛生士はメインテナンスが大好きなのに、日本のメインテナンス率は数パーセント多くても、20%程度と言われています。まさしくWhy?です。 

それは歯科衛生士たちがテクニックと称したいかにも勉強したという小難しい理論を、セミナー当日はわかった気になって帰るけど、実際次の日に実践しようとするとテクニックの実践の仕方がわからないからです。

つまり、テクニックはいらないのです。

それが私の20年の臨床の結果です。この20年間、散々テクニックを学んできました。テクニックはマーケの世界から入ってきますから、次から次へと新しい言葉、手法が出てきます。

そして私が最終的に10年近くの患者様を数多く担当させて頂いる今、私の姿を客観的に分析すると、どうみても「大阪のおばちゃん」なのですつまり、テクニックは必要なかったのです。

大阪のおばちゃんには誰でもなれます。だって同じ人間ですもの

今朝、Aさんのメッセージを読んで目頭が熱くなりました。Aさんの成長が自分の事のようにうれしく思えますし、何よりAさんに共感された患者様の気持ちを思うと胸が熱くなります。

私が一人で一生に支援できる患者様の数には限りがあります。でも、私たちが教えた受講生が患者様を幸せにし、更にその受講生が指導した後輩が患者様を幸せにしていけば、鼠算式に患者様が幸せになってゆきます。

歯周病率80%の減少だって夢ではありません 

よかった。今回は初セミナーでどうなる事かと思いましたけど、一人でも受講して実践できたって方がいただけで私としてはホッと一安心です。もちろん不満足な方もいると思います。期待通りじゃなかったとか...ですから安心といっても私たちも日々進化です。

でも今日の一言は「うれしいーーーーーーーーーーーーっ」です。

さて。次回は10月4日に第2回目を開催する事になりました。大きなテーマは今回と同じですが、内容はアレンジします。またまた斬新な企画をご用意しておりますまたそのうちですが、続編としてスケーリングなどの実践セミナーも企画していく予定です。私たちから目が離せませんね

ただいまチラシ及び申し込み用紙を作成中です。
今回予定が合わなかった方、また興味を持って見て下さっている皆様、ぜひ次はご参加くださいね

お申し込みなど詳細が決まったらまたご報告いたします皆様のご参加を心よりお待ちしております。

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様おはようございます、歯科衛生士naomiです

先週の日曜日に私たちの歯科衛生士勉強会の15周年を記念する第1回I・O・H研究会セミナーが開催されました。歯科衛生士勉強会en-rondは2000年の2月20日に発足された勉強会。 

発足当初は30名ぐらいメンバーがいましたが、女性ですからそれぞれに環境も代わり、最近は細々と数人で活動してきました。毎年、今年は続ける?なんて相談しながらでも、会を発足した以上、1人でも継続したい人がいるならば最後まで付き合うと私は決めています。

さて、そんなメンバーと一緒に、一昨年からせっかく勉強しているのだから、外に発信しようという意見があって、それと相まって、世の中の歯科衛生士の講師に物申す!じゃないけど...年をとると講師の良し悪しや思惑がわかってくる。
口だけ八丁の講師もたくさんいるし...っていうか、そんな人ばっかりか誰か本質を教えればいいのにってずっと話していたんだけど、なかなかそういう講師が現れないので、自分たちで企画しようという話になって。

ついに2年越しの企画を実現しました

image

写真は仲間のKoiちゃんと

naomi and akiko

今回のセミナーは午前中に感染制御学について私が講義。午後はReiさんによる臨床説明のセミナー。

午前中の内容は
・感染制御学とは?
・感染制御学の歴史
・感染制御の実際
・滅菌バリデーション 
午後は実習
・自己紹介
・患者誘導
・症例検討会

本当は、午後は臨床説明とテーマにあるように、症例を検討してきちんと患者さんに説明するまでの企画だったのだけど、蓋を開けてみたら、説明する前の目のつけ所が「口」に偏っていて...

私たちとしては、歯科衛生士とは「人を診る」職業だと思っているので、なかなかその視点が出てこなくて...そこを引き出すのが精一杯。説明までいけませんでしたちょっとした誤算。

でも、そこ重要ですからーっ

講師のReiさん。意外にビシバシッ私と違ってメリハリがあって素敵なんです
Reiさんはスウェーデン、スイス、イタリアと海外研修に数多く参加していて、臨床経験も20年以上のベテラン。松風の講師を務めた事もあり講師としても実力十分。

Reisan

実は私の個人的な目的として、今回、このReiさんを世の中に出すのが目的の1つだってもったいない私が知る衛生士の中で一番本質を理解している衛生士さんだと思うのだものまあ私が世の中に出すなんて本当に厚かましいし、私が言わなくても外に出ていく人なんだけど

期待通り、セミナーは大好評でした

keikosan

実習担当Keikoさん。今回は縁の下の力持ち

akikosan

そして同じく実習担当Akikoさん。今回は皆さまとの連絡役も担当

という4人でセミナーを担当。全員がそれぞれに役割をこなし、今回のセミナーは大成功というのは私たちの勝手な思い込み(願い)ですけど(笑)もちろん次への反省もあります。次回はその反省を生かして更に良いセミナーにしたいと思います。

1回目が終了したら、継続して次の開催をするかどうか決めようってまして、で、結果、次回を開催することになりました〜

次回の開催日時は来る10月4日内容は今回と同じですが、1回目に参加した方も更に知識を深められる内容にアレンジしたいと考えています

私たちのセミナーでは、臨床で役立たないと意味がない。聞いただけではダメッ実践していただかないと意味がない。今回もそのつもりで企画したけど、内容が盛りだくさん過ぎて実践は...どうかなぁ〜頭でっかちにしてしまったようで、企画した側としては気になるところです。

もっと実践できるように内容を絞らないといけないな

という事で、これからまた当日まで何回も企画会議が行われる事でしょう

私たちのセミナーの売りは、実践型であることですからね。

それにしても、今回のセミナーで私が感じた事を率直に言えば...これだけ患者さんの全身を見ようという方向に業界が変わってきているのに、実際に歯科衛生士がやっている指導は、口の指導だけ。ベテランの歯科衛生士さんでも全身的に、そして人として患者さんを診ているかどうかは...疑問符。

考える歯科衛生士になってほしい、そういう衛生士を育成しなくちゃ。

今回は満員御礼だったけど...次はどうかなぁ。
ブログをご覧の歯科衛生士の皆さん、是非ご協力を( -д-)お願いします!お知り合いの方にぜひ宣伝してくださいませね。

あー...でもいつも爆裂している私だからなぁ...無理かな...ま、ぼちぼちマイペースで行きます

そうそう、そう言えば受講生の中に、右上7番の遠心の歯石除去が得意ですっていう衛生士さんがいました。うらやましいっ私なんて未だに歯石だ取れなくて困っているのに...

さて。もうこんな時間、明日も頑張りますかねー臨床家ですからね。

ではでは皆さま、また10月にお会いしましょうまた詳しくはfacebookまたはブログを通じてお知らせしたいと思いますご興味ある方はen-rondのfacebook pageもチェックhttps://www.facebook.com/dental.hygienist.enrond

そうそう、今回私のブログを見てご参加下さった衛生士さんが定員10名のうち3人もいました。歯科衛生士道。なかなか短時間では伝えきれませんが...今回のセミナーで何少しでも感じとっていただけてたらうれしいです。そして期待はずれだったらゴメンなさい

兎にも角にもご参加有難うございました

このページのトップヘ