顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

COVID-19

ワクチン含めて感染制御を正しく学ぼう☆



オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
****************************************

超超、久しぶりのブログとなりました。。。^^;

私は先月あたりから、スライドの神様が降りてきまして、今月末締め切りのスライドの作成に追われておりました。数年に一度しかない機会なのに、アップアップで我ながら笑えます(笑)

ここ2年間はコロナでしたからね。。。物事が停滞していて、学びの機会も減りましたし(最近はかなり機会も増えましたが)学びの仲間とも会えないし、連絡もなんとなくとる気にならないし、生活環境は変わるし、世の中が停滞していたのもそうなのですが、私自身も停滞してしまいましたね...

でも昨日の日曜日は、久しぶりに平和な日曜日でしたね

人出も多かったですが、年配のご夫婦が中良さそうにお買い物していたりとか、年配の女性が1人でお買い物を楽しんでいたりとか、とにかく外に出る事を自粛し続けていたご年配の方がお出かけしている姿を見ると心からよかった〜と思えます

急に世界が激変しましたよね。

これもワクチンのおかげです

ワクチンについては、否定的な方もいらっしゃるかと思いますが、この急激な感染者の減少はワクチンの効果だと思います。もちろんそれだけではありませんが、ワクチンの効果が占める割合は大きかったように思います。

となると、オリンピックは強行的に行われたものの、オリンピック開催を駒に使ってにワクチンを勝ち取ってきた(と私は思っているのですが)前、菅総理の功績は大きいように思います。少し遅れましたが、結果、ワクチン接種のスピードはアップして今に至っているわけですから。

感染対策は後手後手だと言われますが、確かに当時はそう思いましたけど、日本は世界の中でも感染者数も死亡者数も格段に少ないですし、国内の言われ用ほど悪くなかったように思います。

ただ、今後世界を見ても、ワクチンの抗体価が下がってくる頃にブレイクスルー感染が増えてきますので、日本も今が一番平和で安全な時期であり、今後6ヶ月をすぎた頃から再び再燃する可能性はあります

今後は国民の抗体値をある程度に維持しながら(これはワクチンに頼るしかないのかな。しかし、ワクチンの今後の提供状況も問題となるので、まだまだ問題は散積だね。)感染者を抑えて、医療体制を整え、重症化を防いでいく、その間に薬の研究や治療法が確立させていき、まさにwith コロナの時代に突入していくのだと思います

ちょっとホッとできている緊急事態宣言後ですが、今作成しているスライドは感染制御の話を中心に作成しているのですが、日本で感染制御の歴史を作られてきた、名誉学長の 故 小林寛伊先生の功績が物凄く、先生が生きておられたらどうしていたのだろう、先生が生きておられたらどうおっしゃっただろうと時々考えます。

現代における感染制御の石杖を作り、国や地方自治体を含めた地域医療での感染制御も組織化し、インフェクションコントロールドクターやナース、チームを作り、感染制御の専門家を作り、感染制御の教育もしながら、感染症がアウトブレイクしたりパンデミックが起きた時の体制作りをされてきたまさに、その結果が今にあるわけです。

本当に凄い方です。勲章を受けてもおかしくないと私は思っています。

最近、日本人は歴史を重んじなくなったと思うのが私の感覚ですが、歴史に敬意を払い、大切に次の世代につないでいく事は大切ですよね。

学問は学べば学ぶほど、先人の歩いてきた道が見えますし、現在当たり前と思っている事は、歴史の積み重ねの上にできていますからね。

小林先生の授業を受けた時先生はおっしゃいました。
「今の若い人は、新しいものがぽっと出てくるように思っているが、どんな事でも今までの積み重ねがあってその中で新しいものが生まれてくる」

つまり若い人は新しいものを自分が急に発見したように思うかもしれないが、それは、生まれてからの教育もそうだし、周りの環境からの影響もあるし、意識をしなくても、今までの積み重ねに触れる事で、ひらめいて発見される。

うむ。奥が深くてしっくりくる言葉にできないけど

まとにかく、だから、歴史を学ぶ事はとても大切なのです

先日某歯科衛生士の雑誌を見たら、感染制御について驚くほどおかしな事が書いてあって、これを参考にする若い歯科衛生士さんはどうなるのかな。。。と。歯科医師が書いているのに、はあという事が多く、本当嘘を書くのはやめてもらいたいです...

今回のコロナもそうですが、感染制御を知る事は自分を感染症から守る事になります。
正しい知識をぜひ身につけてほしいです。


手前味噌になりますが、下記に紹介しています、舌側矯正歯科学会に登壇させて頂きます。
感染制御の事を盛りだくさんにお話ししますので、ぜひご参加ください。

ま、私の話じゃなくてもいいのですが、感染制御を正しく学ぶ機会にぜひ触れていただきたいです

いつもそうですが、今回も生みの苦しみを味わった、我ならが良いスライドができあがりました
あとは、動画で提出なので、録画ができるか不安ですが...頑張ります

*************************
お知らせです

来る2021年11月23日(火)〜29日(月)まで行われる 第33回 日本舌側矯正歯科学会 学術大会・総会ONLINEのコ・デンタルセッションに登壇させて頂きます


第33回 日本舌側矯正歯科学会


タイトル私、歯科衛生士辞めます!〜新興感染症を経験して〜ととてもキャッチーになっております私の得意分野...まあ得意と言えるかは謎ですが、感染制御を大学の講義で学ぶ機会を頂いた事をきっかけに、歯科での感染制御についてのお話で呼ばれる事が多くなりました...

もうコロナ2年目で感染対策についてはコロナ振り返りの勢いですが、ぜひご参加頂けると嬉しいです

ぜひ奮ってご参加下さい

セミナー2021.9.20 第36回 環境感染学会・学術大会 2日目

環境感染学会2021

環境感染学会にweb参加しています(*´꒳`*)今日もたくさん学んだぞ♡

*******************************************
第 36 回の学術集会てのテーマは『一竜一猪』一竜一猪』とは、努力して学ぶ人と怠けて学ばない人との間には大きな賢愚の差ができるということてだそうです

今日拝聴したセミナーを記載します。(敬称略)

特別講演2
9月20日(月)8:30~9:10
ウイルス性肝炎の感染制御
四柳 宏 (東京大学医科学研究所附属病院)

ワークショップ3
9月20日(月)8:30~10:00
対象を考慮した隔離予防策(隔離と解除)
1)C. difficile感染症患者の隔離予防策
中村 敦(名古屋市立大学大学院医学研究科 臨床感染制御学/名古屋市立大学病院 感染制御室)
2)カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)感染症対策と隔離と解除
折田 美千代(鹿児島大学病院 B棟2階病棟)
3)インフルエンザの隔離予防策
三浦 美穂(久留米大学病院 感染制御部)
4)老健施設での隔離予防策
松島 由実(社会医療法人畿内会岡波総合病院)

特別講演3
9月20日(月)10:10~10:50
新型コロナウイルス感染症が我々にもたらしたもの −現状と今後の対応の課題−
賀来 満夫(東北医科薬科大学医学部 感染症学教室)

特別講演4
9月20日(月)11:00~11:40
VPD を考える 多屋 馨子(国立感染症研究所 感染症疫学センター)

ランチョンセミナー17
9月20日(月)12:00~12:50
感染対策チームが知っておきたい滅菌供給業務(CSSD:Central Sterile Service Department)の実際
久保木 修(スリーエムジャパン株式会社 医療用製品事業部)
共催:スリーエムジャパン株式会社

理事長講演
9月20日(月)13:10~13:50
日本環境感染学会の歩みと将来展望
吉田 正樹(東京慈恵会医科大学 感染制御科)

会長企画:Expertが斬る8
9月20日(月)14:00~15:30
1)朝野和典がこれからの感染制御のあり方を斬る
朝野 和典(大阪健康安全基盤研究所)
2)環境整備を斬る ~パンデミックに備えた建築とは~
堀 賢(順天堂大学大学院医学研究科 感染制御科学)
3)山本善裕がこれからの感染症教育を斬る
山本 善裕(富山大学附属病院 感染症科)

シンポジウム12
9月20日(月)15:40~17:10
洗浄・消毒・滅菌を極める 
1)器材の洗浄
大石 貴幸(済生会横浜市東部病院 感染管理対策室/神奈川県医療危機対策本部室)
2)消化器内視鏡の感染対策−本邦における取り組みと課題
佐藤 公(JCHO 山梨病院)
3)歯科領域の器材管理
畑 了子(北海道医療大学 歯科クリニック 看護部)
4)洗浄 ・ 滅菌分野の課題と対策
深柄 和彦(東京大学医学部附属病院 手術部/同 材料管理部/同 病態栄養治療センター)

2日間胸いっぱいの学会でした。

昨年の学会は学会直後にコロナとなり、感染の先生方は大忙し。
学会も延期になり...やっと開催できた学会。

私も今回はweb参加ですけど、少しコロナ前の日常を取り戻したような気がして嬉しかったです
実際にはwithコロナで思い通りにならない事もたくさんありますが...

でも、学ぶ事は楽しいですね

少しづつ...世の中も変わっていきますね

セミナー2021.9.20 第36回 環境感染学会・学術大会 1日目

環境感染学会2021

環境感染学会にweb参加しています(*´꒳`*)今日もたくさん学ぶぞ♡

*******************************************
第 36 回の学術集会てのテーマは『一竜一猪』

『一竜一猪』とは、努力して学ぶ人と怠けて学ばない人との間には大きな賢愚の差ができるということだそうです

シンポジウム1
9月19日(日)8:30~10:00
COVID-19 から医療者をまもる
1)COVID-19 職業感染ならびに針刺し切創についてのアンケート調査
國島 広之(聖マリアンナ医科大学 感染症学講座)
2)COVID-19 ワクチンを想定した予防接種における個人防護具の使い方
吉川 徹(独立行政法人労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所/一般社団法人職業感染制御研究会「医療用感染 防護具の適正使用等に係る研究班」)
3)職員の発熱時にどうするか
菅野 みゆき(東京慈恵会医科大学附属柏病院)
4)COVID-19 クラスターからの職員の守り方
黒須 一見(国立感染症研究所 薬剤耐性研究センター)

教育講演1
9月19日(日)10:10~11:30
COVID-19 ワクチン
西 順一郎(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 微生物学分野/鹿児島大学病院 感染制御部)
COVID-19 に対する治療薬・ワクチンの開発促進の現状と課題
佐藤 淳子(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

ランチョンセミナー2
9月19日(日)12:00~12:50
紫外線技術Up to Date −感染対策のゴールドスタンダードへ−
1)パルスドキセノン UV 有効性のエビデンス
北川 浩樹(広島大学病院 感染症科)
2)COVID-19 対策での実際
中村 ふくみ(都立墨東病院 感染症科)
3)多剤耐性菌対策での運用
山下 恵美(一般財団法人平成紫川会小倉記念病院 感染管理部)

特別講演1
9月19日(日)13:10~13:50
単回使用医療機器(SUD)の再製造 大久保 憲(医療法人幸寿会平岩病院)

委員会企画2
9月19日(日)13:50~15:20
[消毒薬評価委員会]環境消毒薬の評価指針
1)本邦における消毒薬有効性評価基準標準化の必要性
和田 祐爾(丸石製薬株式会社 学術情報部)
2)諸外国における評価方法・基準
梶浦 工(吉田製薬株式会社 研究開発本部)
3)「環境消毒薬の評価指針 2020」を活用してみて
尾家 重治(山陽小野田市立山口東京理科大学 薬学部 薬学科)
4)COVID-19 流行で明らかとなった環境消毒の重要性
森屋 恭爾(東京大学 医学部 感染制御学)

スイーツセミナー4
9月19日(日)15:20~16:10
医療関係者の帯状疱疹予防の重要性について考える 医療関係者のためのワクチンガイドラインより 乾燥組換え帯状疱疹ワクチン シングリックス筋注用を中心に
三鴨 廣繁(愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学)
共催:グラクソ・スミスクライン株式会社

教育講演8
9月19日(日)16:20~16:50
微生物学から見た感染制御
斧 康雄(帝京平成大学 健康メデイカル学部 医療科学科/帝京大学医学部 微生物学講座)

イブニングセミナー2
9月19日(日)17:00~17:50
エアロゾル感染対策
中澤 靖(東京慈恵会医科大学 感染症科)
共催:株式会社モレーンコーポレーション

ふう〜今日もいっぱい学んだぞ〜
Profile

hygienist naomi

Advanced Care Dental Office
Archives
QRコード
QRコード