顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:首都圏滅菌管理研究会


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

皆さま、お申込みはもうお済みでしょうか?

私の次のパブリックな講演はこちらになります!

image


最近は歯科の感染について、多くの講演や、記事がありますが、誰でも勉強すれば当たり障りのない話はできます。

講師が生業でなく、臨床家だからこその視点でお話しを、ここ、首都圏滅菌管理研究会ではさせて頂いています

貴重な機会を下さる、研究会会長の深柄和彦先生には、心から感謝しております

大学や企業所属ではないので、なかなか難儀な事が多くありますが、できる限りの力を使って…渾身の一撃!というやつです(笑)で毎回頑張っています。

教科書的な内容ではないので、皆様のニードにお答えできるかはわかりませんが、歯科業界に関わる、そして、歯科衛生士として、業界に一石を投じられたらと考えております。

研究会も、歯科衛生士の参加者が回を重ねるごとに増えています

歯科は医科と違って、開業医が殆どを占めます。

医科の中の大病院のように、大きな病院には国の予算も付きますが、歯科の開業医のような小さな病院には、予算も回ってこないのが実情です。

これは、医療だけでなく、日本全体が大企業優遇の世の中ですので仕方がないことかもしれません。

ですが、予算は大病院と開業医では区別されるのに、品質は同じレベルを求められます…

ここに大きな矛盾があります。

では、お金をかけた大病院が理想的の医療をしているか?と言えば、毎日のように、大病院のインシデントやアクシデントが紙面を賑わせます。

なかなか難しいのですが、私はできるできないではなく、私たち自身が医療職として、真理を追求する事がとても大切で、それが学問だと思うのです。

なかなか歯科では学問は学べない。

というわけで。。。ってどういうわけだかわかりませんが

今度の研究会では私が歯科の洗浄についてお話しします。
また目から鱗な情報が飛び出す事と思いますお楽しみに

ぜひご参加下さい。

皆様のご参加をお待ちしております。

naomi 

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

皆様、こんばんは。naomiです今日も雨がすごかったですね〜夏なお天気。

さて、今年からイリタニオフィスの歯科衛生士部門も人数が増え、今まで私だけではできなかた事をいろいろと形にしています。

特に今年度力を入れているのが、医療安全の部門。担当は歯科衛生士Noriさんです
(日々の医療安全の勉強会についてはこちらで公開しています。東京医療安全・感染制御研究会 facebook

一昨年、naomiが東京医療保健大学で学ばせて頂き、またそのご縁で首都圏滅菌管理研究会に所属させて頂いたのをきっかけに、更に勉強を深めるべく、今年は歯科衛生士のNoriさんが医療安全の部門を勉強しています。

元々は滅菌業務の追求から始まったわけですが、滅菌業務というのは臨床の業務であり、広くは感染制御という学問の中の1つにあり、滅菌をしていたからといって、感染を防げるか?と言えば、滅菌物の取り扱いもありますし、更には医療従事者のHIVや肝炎の感染の問題もあり、ワクチンの問題にまで波及しますし、針刺しの問題もありわけですから、「滅菌していれば医院が安全か?」というのはかなり疑問です。

ですから私達はもっと広い意味での感染対策に取り組んでいます。

そこで医院の医療安全のページをつくり(イリタニオフィスHP東京医療安全・感染制御研究会)、医療安全とは何か?に始まり、当医院の取り組みを皆様に周知しています。

また、滅菌業務に関しては診療前に患者様の眼の前で器具を開封し、滅菌完了を証明するインジケータという試験紙の色の変化を見ていただいており、それをホームページ上で公開し、自分の患者IDでいつでも自分に使用された器具の履歴を追う事(ひいては医療器具の医療器材滅菌管理トレーサビリティに通じる)ができるようになっています。(医療安全滅菌管理研究会・感染管理部のブログ

今までとやっている事は同じですが、ここへ来て皆様への周知ができるようになって参りました。

日々皆様へ安全な医療をお届けするために。

イリタニオフィススタッフ一同頑張っています。さて8月に入りましたね
今月も暑いですが頑張って参りましょう

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様、こんにちは来る7月18日日曜日、第10回首都圏滅菌管理研究会が開催されます。
申込が始まりましたので皆様にお知らせいたします

私naomiも第9回研究会で『歯科医療機器器材の再生処理における改善』というお題を頂いて発表いたしました。そしてご縁あって、研究会の幹事に仲間入りさせて頂きました。

今回は記念すべき第10回である事もさることながら、日本の感染制御の歴史を作られてきた小林寛伊先生がご登壇されます。これは見逃せません

07

東京医療保健大学及びこの研究会で学ぶ事により当院の感染制御は飛躍的に進歩いたしました。

小林寛伊先生の『新しいものはポッとでてくるのではない、過去の学びを深める事で新しいものは生まれる。だから歴史を知る事は大切だ。』と教えられました。

本当にその通りだと思います。日本における感染制御の歴史を全て知っている小林先生のお話を聞ける機会はもうないというぐらい貴重です。

ぜひ、少しでもご興味ある方はご参加頂ければと思います

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

久しぶりのブログです。今年も早いものでもう1月が終わってしまいました...
つい先日お正月を迎えたばかりだと言うのに 

私の今年初のお仕事は、先週金曜日に行われた首都圏滅菌管理研究会の幹事の会合でした
かなりな緊張からの疲労で週末はバタンキュー

次回の研究会は記念すべき第10回大会。小林寛伊先生初め著名な先生方がお話し下さいます。詳細は研究会のHPで発表されると思いますのでもう少々お待ち下さい。
23
私は今回初めての幹事としての参加でしたが、畑違いの私を役員の皆様初め研究会の皆様が温かく迎えくれて下さって...まずはホッと一安心。研究会の皆様には感謝、感謝です

実はあまりにも外の活動の事ばかりを書いていると、患者さんに心配されます。

『naomiさん、辞めるんですか?』

辞めません

私の本業は臨床家ですから。
目の前の患者様一人を幸せにできなくて多くの人を幸せにはできないが持論ですもの。

ちゃんと本業のお仕事してます。久しぶりに症例を。最近は初回クリーニングの方が増えて来たので、歯石除去の症例がたくさんあります...が写真を選んで落としてきたり大きさを変えたり、ブログを書いたり...がなかなか時間がとれなくて紹介できないのが今の悩みです

さて、最近はよく『当院では歯科衛生士が顕微鏡を使用してメインテナンスを行っています。』というのを見ます。こう書いてあると患者さんとしては、顕微鏡があれば精度の高い歯石除去を行ってもらえると思うのでしょうね...

でも実際には全くそんな事ありません。

選ぶべきは顕微鏡があるかないかではなくて、自分の体を任せる人が信頼できる歯科衛生士であるかどうかです。なぜなら歯科衛生士の仕事は奥深く、その力量が問われる仕事だからです。

顕微鏡だけがあったところで患者様を導けるかどうかは別の問題。

下顎右側の頬側の写真です。
さて、この写真を見て私がどこを観察しているのか皆様はお分かりになりますでしょうか?
6番の近心の縁上歯石らしきもの?と思いますか?
SRP1
いいえ不正解です。私が気になったのはここです。縁下の歯石。これはポケットをよけて見える歯石を拡大したもの。上の写真のように、そのまま拡大したところで何も見えません。ポケットの中の異常に気づき、中を確認しようと思うのは、それは私の歯科衛生士としての経験からの臨床的感からです。
『むむむ... 何かある。』
SRP2
いつも申し上げますが器具の1目盛りは1mm。1mm強程度の歯石。こんな1mm程度の歯石なんて取らなくても問題ないかもしれません、でも、初発がこれで、この歯石がどんどん大きくなったり、この歯石に細菌が付着して歯周病が進行していく...

でもね、正直言いますけど、1mmの歯石の除去って半端なく神経使いますポケット幅2mm程度の中の1mmの歯石を歯肉の内縁上皮に器具が当たらないようによけながら処置するのですから、その集中度と言ったらありません。
SRP3
正確に歯石だけに器具を当てます。超音波で粉砕。歯石全体が1mm強で上の写真の小さい塊って何ミリよ?って話です
SRP4
健康な組織は美しい。上皮内面はなぜかキラキラしていて、歯石を除去した瞬間から歯面に付着しようとしてくる。人体の不思議。だから歯石除去直後はその姿を撮影するのが更に難しい。
image

歯科衛生士の仕事は奥深い。手技の確実性と知識と経験。顕微鏡があるないなんてどうでもいい。

だってヨーロッパでは顕微鏡で歯科衛生士が歯石の除去なんてしてない。でも80歳で20本以上の歯を残している。それは歯科衛生士の手技だけじゃない知識の伝授や導き方により患者様のお口の運命は変わってくる。だから信頼できる歯科衛生士である事が重要なのだ。

歯石はとってもまたついてくる。顕微鏡を使う衛生士よりも患者様のモチベーションを上げて二度と歯石のつかないテクニックをマスターさせる歯科衛生士の方がずっと価値がある。

どうしても不器用でセルフコントロールが難しい患者様を次回必ず来院するようにモチベートできる歯科衛生士の方がよっぽど価値がある。

顕微鏡があるかないかとか、歯石が確実に除去できるかどうかなんて本当はどうでもいい話。

歯石なんて残っているに決まっている、顕微鏡があってもそれは今見えている世界の話。電子顕微鏡で確認したら確実になくなっているという保証はない。肉眼の時よりリスクが減っただけ。

歯科衛生士奥深し。

さて今週も精進するとします


 

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

半年に1回の恒例行事♡伊藤国際学術研究センター・伊藤謝恩ホール(東京大学)で行われた、首都圏滅菌管理研究会に参加してきました (内容に関する報告はnaomiお勉強ブログへどうぞ)

今回のテーマは市中感染の最前線。
今までは大病院のテーマが中心でしたが、今回は市中病院がテーマに。 何と今回は、naomiも演者として参戦です!

image

1.特別講演機А峇鏡症特別講座:手指消毒がどうして重要なのか」   
  森屋恭爾 先生(東京大学医学部附属病院 感染制御部 教授・部長)
2.教育講演:医療現場における滅菌保証のガイドライン2015解説
 「超音波洗浄装置項についての解説」城之内 幸宏先生(サクラ精機株式会社 学術部教育センター長)
 「ガイドライン2015のポイント」橋本章先生(株式会社ウドノ医機 研究開発部 部長)
3.シンポジウム:市中病医院における洗浄と滅菌における問題点  
 「市中病院における器材再生処理の現状と課題」
  酒井大志 先生(越谷市立病院 中央滅菌室手術室 医療業務主任)  
 「眼科領域における洗浄・滅菌について(仮題)」   
  杉田達 先生(医療法人社団達洋会 杉田眼科 院長)  
 「歯科医療機器器材の再生処理における改善」   
  戸田奈緒美 先生(イリタニオフィス 歯科衛生士)
4.特別講演供А崗嘆輯鐺盪覿製萢に関する話題」   
  大久保憲 先生(東京医療保健大学 副学長 教授)

人との出会いは偶然でもあり、必然でもある。 今回は神様の思し召し

昨年東京医療保健大学でご教授頂いた森屋先生、大久保先生、そしてなんと小林寛伊先生がお見えになり、一度に恩師3人と再会することができました 

今回は講師という大役を仰せつかり午前中は気が気でなかったけれど森屋先生のお話を聞き逃すまいとお耳はダンボ。昨年習った事を思い出し、改めて手指衛生の重要性を感じました。
(これを歯科に広めるのが私の使命‼︎)

2015年に滅菌保証のガイドラインが改訂となり午前中はそのお話を城之内先生と橋本先生がして下さいました。 午後は市中病院における再生処理の現状ということで、酒井先生が市中病院の現状を。また杉田先生が眼科領域のお話をして下さいました

お二人のお話は歯科にも非常に通じる所があり、心の中であるあると叫びつつ、お二人が全て私がお話することを代弁して下さいました 

私は今回は少し変わった切り口で歯科医療経済の話しを交えながら歯科の現状をお話しました。
反響はどうだったのか、、、

最後は大久保先生のご登壇。 内視鏡の洗浄カルバペネム耐性腸内細菌科細菌酸性水のお話と興味深い話が盛りだくさんでした。 

今回は講師という立場もあって、壇上を見上げているのとは違った先生方を見ることができました。
小林先生の「いつでもevidenceを持って…」というお言葉と、歴史を学ぶ大切さのお話がいつも身にしみます 

そして、歴史は流れ、次の世代へと引き継がれていきます。今回の講師のお話は首都圏滅菌管理研究会会長の深和彦先生から頂いたもの。(実は間でご縁を結んで下さった方がおり、人とのご縁は本当にどこで繋がっているかわからないものですね...本当感謝です有難うございます)小林先生のご意思を引き継ぎ、深先生のご尽力があって、今回第9回目を迎えました。

以前にブログで書いたかもしれませんが、大学の病院見学の際に、小林先生や大久保先生の病院スタッフへの接し方にとても感激したのを覚えています。親しみやすくスタッフに話しかける様子や、スタッフが気さくに先生方に話かけるのを目の当たりにして先生方のお人柄の良さを感じたものです。

そして今回深先生を初めてお側で拝見し、諸先輩方の意思を引き継ぐ素晴らしい医師である事、そしてこのお人柄だからこそ会長として皆をまとめているのだなとしみじみ感じました。人への御心配りがとてもお上手なのです。医師としても人としても尊敬できる方です。だから抜擢されたのですね。会長に。

そして研究会副会長の久保田英雄先生とも、今回初めてご挨拶させて頂きました。
歯科は閉鎖的でなかなか医科とのコンタクトがとれませんが、先生は医科歯科大学なので、もし何かあればおっしゃってくださいと優しいお言葉をかけて頂き、本当に研究会の皆様のお人柄の良さに感銘いたしました。

勉強になります。私も日々プンプン怒ってないで、穏やかに優しく
人の器を磨かなくては...ね...

日々新しい出会いがあり、お仕事を下さる方があり、患者様がいる。本当日々感謝 です。

今日から師走。今年もあと1ヶ月を切りました...早い...日々を大切に。今日も頑張りましょう 

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様こんにちは、歯科衛生士naomiです早いもので今年も後2ヶ月。11月に入りましたね...

先日の木曜日、日本成人矯正歯科学会の秋季セミナーの講師という大役が無事終了いたしました。
早めに会場入りしましたが、気がつけばPCのコネクターが無い...( ̄▽ ̄;)!!講演30分前に猛ダッシュでコネクターの手配に走る...

講演8分前。無事に会場に戻ることができ、もう汗だく。でも、直前に度肝を抜かれる出来事が起こったおかけで腹をくくることができました( ̄ー ̄)

image

 あらら。御髪が乱れてますわね(笑)今回のお題は感染に纏わるお話という事で、今回は誰でもできる手指衛生士とワクチンを中心にお話ししました。

歯科ではとかく感染管理と言いますと、イコール消毒、滅菌とイメージされる方が多いのですが、消毒や滅菌はもっと大きな感染制御学分野なの中のほんの一部。 今回は大きな感染制御学の概要からお話しさせて頂いきました。

そしていつもは段々に話しを絞って消毒や滅菌の話しをさせていただくのですが、消毒、滅菌の話しをすると必ず言われるのが自費ですか?保険ですか?の質問です。

ですので、今回はどんな環境にいても、自分の心意気さえあれば誰でも、いつでも、どこでもできる、手指衛生士とワクチンのお話しをさせていただきました。

image

有難く感謝状を頂きました。

naomiのお隣は日本成人矯正学会常務理事の相澤一郎先生です。今回のお話しも相澤先生からお声がけ頂いたものです。(相澤先生の書籍。医歯薬出版から臨床の疑問に答えるリンガルブラケットQ&Aが絶賛発売中です!)

先生は以前にも研究会に呼んでくださり、私に講師を任せて下さいました。人前で話す機会がない素人の私に2回もお声がけ下さいました。

講演が始まる前も応援して下さり、終わった後も優しくお声がけ下さり、有り難いですね。

私はものすごいあがり症で人前に出るのが苦手なので、こう言った講演のお話しをいただくと気が引けてしまうのですが、ふと客観的に見れば、お声がけしてくださる先生方のお気持ちとして、私を育てて下さっているのですね。

そのお気持ちに気がつくと外に出るのが苦手だと言うのは自己中心的で、本当は私の気持ちなんてどうでもよくて、お声がけくださった方の気持ちに精一杯礼を尽くすことが私のするべきことなのだなと思うのです。

こうやって人は人間として成長していくのですね。つい表舞台に出ると人からどう見られているかとかどう見られるかばかりが気になって気持ちが卑屈になりがちですが、視点を変えればそんな事はどうでもよくて感謝の気持ちをお返しする気持ちになれば緊張もなくなるような気がします。

いつでも背一杯に...もとい、精一杯に(笑)

さて次は来月末のこちらです!

45

来月11月29日の日曜日。首都圏滅菌管理研究会で再生処理の最前線というテーマの中で、歯科医療機器機材の再生処理における改善を話します。

今回は歯科分野ではなく、医科分野の研究会での発表なので、今までとは違います。見てお分かり頂けるかと思いますが、演者のほとんどが医師そして企業の上層部の方々と言う...私ただの歯科衛生士...(; ̄Д ̄)場違いも甚だしいでしょ?もう笑うしかありません(笑)

53

畑違いの中で、ペーペー歯科衛生士の私がいかに歯科の事を分かりやすく伝えるか...責任重大なお鉢が回って参りました...またまた新しい挑戦です。

ふうっ。

自分の役を果たそう!人に惑わされず自分軸で頑張る...そう自分に言い聞かせて。

このような大役が回ってくるのも何かのご縁。ご縁に感謝し自分にできることを精一杯お返ししたいと思います。

今週も張り切ってまいりましょう(*・ω・)ノ

では。私はこれからインフルエンザの予防接種に行ってまいります♡

このページのトップヘ