顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

食べる

セミナー2022.08.05 口腔機能発達不全症研修会に参加

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 今日も暑かったですね〜

******************************

今日は休診日ですが、夕方からwebセミナーに参加しました
日本歯科大学リハビリテーション多摩クリニック主催、口腔機能発達不全症研修会に参加しました。

食べるという機能は人間が獲得していくもので、身体の発達と密接な関係があります。
口腔機能発達不全症とは「食べる機能」「話す機能」「その他の機能」が十分に発達していないか、正常に機能獲得ができておらず、咀嚼や嚥下がうまくできない、構音の異常、口呼吸などが認められる病状のことを指します。

口腔機能発達不全症は保険収載されています。
これはひとえに日本歯科大学多摩クリニック菊谷武先生のご尽力の賜物だと思います。

2022.08.25 口腔機能低下症

食べることのまつわる悩み。。。うまく食べられない、詰め込み食べ、偏食。。。色々あります。

今日は、田村文誉先生、山田裕之先生が、食べる機能の仕組みや獲得の時期、身体の発達などについてわかりやすく説明して下さいました。

食べられない理由がコロナ禍の心因性だった。。。という今ながらの症例もありました

次回は10月27日にセミナーがありますまた詳細は後日お知らせしたいと思います。

私たちが学生の時には習わなかった分野です。ぜひ皆さま、情報のアップデートをして下さいね 

セミナーのお知らせです!


☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】

医療の質は安全に比例いたします。





【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】



こんにちはmicro scalingR歯科衛生士naomiです
**************************

研修会のお知らせです。

日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニックの研修会のお知らせです。

2020.摂食嚥下超入門

お申し込みは、イベント・コミュニティ管理サービス Peatixイベントページからできます。

例年、平日の夜に東京の小金井で行われていますが、今年は新型コロナのため、web開催です 東京以外にお住毎の方や午後7時に間に合わないという皆様、ぜひこの機会をお見逃しなく

菊谷武先生のお話がこのお値段で聞けるのはお徳としか言いようがありません

ご興味ある方はぜひご覧ください。締め切りまじか10日までです 

食べるって摩訶不思議☆^^

ナオミブログをご覧の皆様、こんばんは〜♪ナオミです^^

聞いてくださいよ〜(i-i)先日、実家に帰って母と食事実家の近くのパン屋さんで、“コロネ”を楽しみにしていたナオミなんですが……

残念(i-i)なんと、この日にお限って、コロネがなかった〜(p_q`)シュン……

しかも、予定していたお蕎麦屋さん。母との約束にやや時間があったので、先に見に行ってみました^^;

OUT!店構えがすでに不味そう^^;ダメダメ。お店、チェーンジッ!

違うお店に行くことにしました^^

ところが……なんと、そのお店は臨時休業

さて、蕎麦屋めぐり^^

たどり着いた先は、はい。入ったことのないお蕎麦屋さんだったのですが、これが風情抜群で、お蕎麦も美味しい!古い旧家を改装してお蕎麦屋さんにしたので、風情抜群!池もあって、なんと鯉が。

だったので、ライトアップもほのかにしてあって^^

鴨南蕎麦を注文したのですが、ちゃんと鴨でした^^

え?だって、お蕎麦屋さんで鴨南頼むと、鳥南来ません?^^;私だけ?

母はもともと食が細いのですが、私を含めて子供が家を出てから、ますます食が細くなりました。でも、私とご飯を食べると、なんとも食が進むみたいで^^

食って、そういうものなんですよね。

よく施設に入ったお年寄りが、ご飯を食べなくて、栄養不足になってしまうので、無理やり口に食べ物を突っ込まれている姿を見ます。でも……

そう、食べないのにはおなかが減っていないってじゃけじゃない、理由があります。食べることって、本当に繊細な行為ですよね。

お口の健康を守る歯科衛生士だから。口の健康も、食も大切にしていただきたいと、心から思います。

歯がなくて、いつもはご飯が食べられなくても、目の前にお寿司があったら、食べるのです^^お肉が食べられなくても、目の前にステーキがでたら、食べちゃうのです^^だから、食べるって不思議です。

だから、食のケアって、食べる機能の回復だけじゃなくて、心理的側面も考慮してアプローチしないといけないのだと思います。

おりょりょ^^;まじめな話になっちゃった☆

役に立つぞーーーーー!ただいま無職中♪^^ナオミですが、これからもお口と体の健康、それから、美の追求!どんな形でもやってゆくぞーーーーーっ!

最近、ナーバスだったのでちょっと気合を入れてみます♪^^

ナオミブログには時々よりよく生きるヒントがあります歯医者さんでは歯の健康を守ることは教えてもらうかもしれませんが、もっと大きな、お口の機能のケアや、これから起こることについてはお話はきけません。

だって、歯科医師も、歯科衛生士も90歳の患者様と出会ったことがないからです。むし歯や歯周病は語れても、トータルなお口のケアは語れません^^

人生の最後までサポートできる自信があります^^自分ができなくても、その道のプロを紹介することも含めてね☆

いや〜ん(i-i)今日のご飯を載せようと思ったのに〜

また明日にします

 

Profile

hygienist naomi

Advanced Care Dental Office
Archives
QRコード
QRコード