顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:顕微鏡

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************
IMG_7512


皆様、こんばんは。naomiです梅雨も空けて夏本番

さて、私はと言えば、一足早く夏休みを頂いております...と言っても、それは大学の話でして、大学が休みの分、クリニックで働きますつまり、結局今年の夏休みは無しでもお休みさせて頂いて大学行かせて頂いていますから。有り難いと思わなくっちゃ。

さてそんなこんなでブログの内容も大学で学んでいる摂食嚥下分野の事が多くなりがち。
最近なかなか症例らしい症例を出せないけど...

でもね、日々行っている事は同じなのですよ。歯のクリーニングやメインテナンス。

詳しい事は書く時間がとれないから、今日も簡単な写真とコメントだけで許して下さいっ

右下3番の近心。歯肉縁上に歯石があります。(矢印部分の白いところ)

BlogPaint

さて。この歯石がかなりな曲者でして

SRP2

ただ見ただけでは、すごく歯肉の状態も良いのに。発赤もないし、出血も無い、ただ縁上の歯石が付着しているだけ...のはずだったのに。歯科衛生士の感が働くわけです。ムムム...

この歯科衛生士の感というヤツが臨床ではとても大事。それが臨床家の経験というものです

SRP3

ここで愚痴るもの何ですけど、こんな歯石「除去できるはずがない

MAX2mmのポケット幅。2mm無理です...2mmって米粒の大きさと同じですもの

しかも私、数ミリの血管をいとも簡単に縫合する脳外科医や心臓外科医じゃないしただの歯科衛生士だしオーノー神様って叫びたいよ... トホホ

でもね、負けん気だけは誰にも負けない(本当かな若い頃はそう思っていたけど、最近はめっきり年をとったので、断言できないかも。)ので、どうしても見えたら除去したいのです。時間と患者さんが許す限り。

SRP4

諦めないと、こうなるのです...が患者さんが一番大変ですね...ごめんなさいといつも心の中でつぶやきます。いえ、実際に患者さんに謝ります口をあけている時間も長いし、水は苦しいし、私が下手なばっかりに...本当に申し訳ないです

そして申し訳ないのは、患者さんだけにではなく、アシスタントにも申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

そしてアシスタントには心から感謝です。
それは、私の手は2本しかなく、この歯石を見えるように風をかけ続け、水をずっと吸引してくれるのはアシスタントだからです。有能なアシスタント無しでこの処置はできないわけです。

顕微鏡の歯科衛生士YuちゃんNoriさん顕微鏡アシスタントAkiさんKanaさん、チームIrritaniのスタッフ無しには私の処置はないわけです。皆様いつも有難うございます

というわけで、最近は摂食嚥下の事しか書いてませんけど、ちゃんと本来のお仕事はしてますからね☆

予約が取れないのは大変皆様に申し訳ありませんが...

そこは様々に勉強している事をまた後で皆様に還元するという事で多めに見てくださいませ

来週も頑張んべ







☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

今日は花木今週も残りわずか!

さて。ここ最近はずっとメインテナンスの患者様を拝見していたのですが、新しい患者様がぽちぽちいらっしゃいまして。最近は腕の見せ所、歯石の除去をせっせと行っております。

今日の患者様は10年以上も歯科医院に行っていないとのことで、歯石も年期ものです。

SC1


最初は歯石の量も多いですし、硬さも硬いので超音波スケーラーで除去を試みました。世界的にもそうですが、歯科衛生士の皆さんは、超音波スケーラーがお好きですよね

先日の講習会でも、症例写真が出ていて、この歯石をハンドスケーラーで取ってくれと言われたら、皆さんどうしますか?ハンドスケーラーで取る人と会場に投げかけがあった時、即座に挙手しようと思ったのですが、すぐさま講師の先生が、「(ハンドスケーラーで取る人は)いませんよね(ハンドスケーラーで取るのは)それは昔の話です。」とおっしゃったので、手を上げようとした私、顔が赤らんでしまいました...私昔の人だったんだ

さて。物事の考え方は様々にあります。

私の持論を述べます。ハンドスケーラーを馬鹿にするなかれ。よく衛生士さんでも、ハンドスケーラーをほとんど使わないとか、最近使った事がないとおっしゃる方がいらっしゃいますが、ハンドスケーラーが使いこなせない人は超音波スケーラーを使っても、歯石の除去が下手だと思います。

私は、「何を使えば」と言う物の話をするのが嫌いです。技術は物で上手くなりません。技術の上手さは物を使いこなす人の技量です

ハンドスケーラーにはその良さがありますし、超音波スケーラーにはそれなりの良さがあります。どちらが良いという事はなく、ケースによって使い分けるのが本当のプロだと私は思います。

さて話を戻しますが、最初超音波スケーラーで除去を試みましたが、何しろ硬いのです。今回の場合は超音波では歯石の表面が削れていくだけで、亀裂が入らない。なぜか?それは歯石は硬いのですが、歯石の結晶の密度がやや粗い(日本語がややおかしいですが表現するとこんな感じ)つまり超音波では全て削りとって行く事になります。

うむ。これは大変。水は苦しいし、削りとって行くとうっすらと歯面に歯石の層が残る。

作戦変更。ハンドスケーラにチェンジ。

戦略は「はじきとばす。」「パキパキ戦法。」教科書的な歯面に平行にスケーラーを当てるという事ではなく、自分の思う方向に力をかけて割る。

めっちゃ早いっ超音波よりもあっという間に縁上の歯石が除去できましたね、物は使い勝手が大切です。さてここからは超音波スケーラの出番。
SRP1

超音波スケーラーには超音波の良さがあります。歯肉に埋まった砕けた歯石はまるでガラスの破片のよう。炎症が起きた歯肉にはさまり、ポケットの内縁上皮に突き刺さっていますこれが怖い。これを残したらポケットが閉鎖しない。

歯石を粉砕しながらイリゲーションできる超音波スケーラーはこんな時にうってつけ。
SRP2

SRP3

ただし、超音波スケーラーを使用するにあたり注意する点は、歯肉に当てない事。はい、ここで顕微鏡がなければ無理。手探りでの超音波の使用は、歯肉内面に超音波のチップが当たる事が多い。ポケット内面が炎症を起こしているから出血する場合もありますが、チップが内面に当たって内面から出血する事もあります。

SRP4


↑一見歯石が除去できたように見えます。ところがここが顕微鏡の盲点です。顕微鏡は見える物は拡大してくれます。しかし、見えない物を見えるようにしてくれる道具ではありません。透視はできない。つまり、見えない歯肉に埋まった歯石を発見するのは、顕微鏡を使いこなす私って事です。

SRP5

ほら。少し歯肉をめくると歯石が見える。顕微鏡で歯石を取る際に注意しないといけないのは、必ずケット底部を確認する事です。

SRP6

フィニッシュ歯石が取れると見える世界。それがこの根面。なぜか光輝く根面が見える。なぜ光って見えるのかわからない。でも、綺麗になった瞬間に「美しい」と心にわき上がってくる言葉があります。

それにしても、本当に歯石の除去は怖いです。見えるからこそ怖い。超音波スケーラーは確かに歯石を除去しやすけど、歯石がどんどん薄くなっていくから、最終的に歯面にうっすらと膜のように残る事。ハンドスケーラでは滑沢にできないから、次にチェックした時に粗造だから分りやすい。完全なる歯石の除去は見えないとできない。

そして見えても複雑でデリケートな根面を触るのは怖くて嫌だ... 簡単に歯石の除去と言う患者様や、歯科医療従事者はお断り。私とはその価値観が違う。私にとっては1回1回の歯石の除去は神経をすり減らす手術さながらだからその価値観を共有できない患者様を拝見する事はできない。

毎回歯石除去が終わるとホッとする。
私のゴールはもう少し先にあるけど、1回目の今日はここまで。そう、1回でここまで美しくなります。

SC2

SC1

何十年も歯石に埋もれていた歯はその美しさを取り戻す。
誰もが年をとると歯が黄ばむ、汚くなると思っているが、実は全く違う。歯は綺麗にすればその輝きを取り戻す。まるで新しく命を吹き込まれたように

綺麗というのは生命と同じだと私は思う。美しいという事は生命のエネルギーがまだまだある事を証明する。。。とこの発言。私ってばへーーーーーーっん(笑)返事だな。発言がおかしい

有り難い事に、今年のクリーニングの予約は全て一杯となりました...満員御礼です

明日もせっせとクリーニングに励みます。明日もガンバッペ












 


☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

こんばんは。世間様はもしかして3連休でもあたしは...

はいはい、今日も世のため人のため、患者様のため、せっせと歯のクリーニングでございます。

最近は感染制御学の分野の記事を書く事が多くて、顕微鏡は下火...いえいえそんな事はありません。毎日クリーニングの患者様とメインテナンスの患者様を拝見しておりまして。でも、最初はクリーニングでご来院頂いた患者様も、2回、3回と足を運んで頂き、お口の中が綺麗になり、メインテナンスに移行し、最近は歯石を除去する症例も少なくなってまいりました。

私の仕事が楽になるという事は、患者様のお口の中が綺麗になっている証拠ですから、私にとってはうれしい限りです私も楽だしね

さてしかしながら、新規の患者様は日々いらっしゃるわけで。一時期クリーニングだけのご予約を承っていたのですが、まあそんなに反響もないから、もういっかってやめちゃったのですが、やめたら立て続けにクリーニングだけを受けたいという予約のお電話が 

ただお受けしても良いのですが、最近はなかなか予約がとれず、ずっと来院して下さっている患者様が予約をとれなくなるのが心苦しい...というわけでもう暫くは様子をみましょうかね 

日々顕微鏡を使用している私ですが、やっぱり顕微鏡はすごい

下顎前歯部。ポケット4mm。出血あり。

SRP1

下の前歯。歯石を除去する事で歯肉を下げたくないから。なぜ歯石を取ると歯ぐきが下がるのか?それは当然、炎症が起きて腫れているので、腫れが引くから歯肉が下がる...もありますけど、その他歯石を除去する時に、歯肉を傷つけ線維を切断すると覿面に下がります。

歯肉を下げたくないから。まずは歯肉を圧排。

SRP2

歯肉が超音波スケーラーに当たらないように圧排しながら歯石だけにチップを当てる。
SRP3

あとちょっと。ポケット底部、そして頬舌方向にもまた歯石が隠れている。
SRP$

フィニッシュ。もう少し、縁上の歯石を滑沢にして、修了。
あとは歯肉が自然に盛り上がってくるのを待ちたい、祈りたい

こんなの、やっぱり顕微鏡がないと取れない。ただし顕微鏡があれば誰でも除去できるというものではなく、きちんとしたトレーニングを積み、顕微鏡の扱いや超音波スケーラーの扱いができないと除去できません。

今や歯科医院にホームページは必ずあって、そこに書いてありますよね。「当医院は歯科衛生士も顕微鏡を使っています。」それは一種の自慢です。でも。そのホームページに上のような写真があった事はありますか?ポケット内の歯石除去の様子。もし使っていれば、当然医院の売りになるのですからホームページに載せるにきまってます。でも症例写真はない。どういうことでしょうね?

写真を見ると痛そうと皆さんは思われるかもしれませんが、この患者様も途中で気持ちよくなって寝そうになりましたとおっしゃっていました。メインテナンスの患者様もそうですが、殆どの患者様はクリー二ングの時に寝ていらっしゃるか、ウトウトする瞬間があります。歯石取り=痛いのではなく、痛い歯石除去=術者の技術が未熟なのだと思います。


さて。顕微鏡があると歯科衛生士としてストレスが少ない。それは歯石を完全に除去できるから、予後が良い。今までは歯石を取っても、実際には取りきれないから、出血がおさまらないし、排膿が止まらない場合もある

そんな時に感じる、歯科衛生士としての無力感。それがない。

全力を出し切らないと除去できない、技術的なプレッシャーは相当にある。はっきり言って、こんなの取れる訳ないじゃん!というレベルの歯石だってある。しかしながらそう思う自分とは裏腹に、動じずにじゃあ取りますねと言ってもう体が動いてしまっている自分もいる

まあ負けん気だけは昔から強い

さて。明日はと申しますと、なんと物好きな、連休なのにセミナーだったりする

でも意外にセミナーとか研修会とか嫌いじゃない。

人生は短い。自分がやりたい事を成し遂げるには意外と時間が短過ぎる。1分1秒無駄にせず時間を有意義に使わないと、あっという間に寿命がやってくる。

私にはまだ夢があるもん

20代の夢は、海外研修に行く事だった。それから歯科衛生士の雑誌に載る事だった。それから憧れの先輩衛生士みたいに講師になる事。

雑誌に載る夢は比較的早く叶った。エッセイも含めて何度か雑誌に取り上げて頂いた。
講師の夢は20代後半に、仲間と2回セミナーを開催した。その時は満員御礼で、でも、その時感じたのは、臨床ができる事と、講師は比例しないって事。

つまり、口八丁で講師にはなれる。私は臨床家として一流になりたいと思ったから、まだ若かったしセミナーは2回でやめた。

海外研修はもう少し時間がかかったけど、30代で夢かなった。次。40代で叶えたい夢は...

まだ内緒日々精進いたすとします。

それでは皆様よい連休をお過ごし下さい明日はインフルエンザのセミナーに言ってきまーす♪
 

【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】
マイクロスコープホワイトニングスケーリング

完全予約制、個室診療
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント
画像診断(口腔内超高画質画像世界最高機種マイクロCTハイグレードX-ray
3台のPCと5台のモニター
ガスクロマトグラフィーRCR検査位相差顕微鏡

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニング及び一般の方向けクリーニングのみの診察を始めました。詳しくは電話で問い合わせ下さい。

*************************

明日はもう月曜日。プライベートなお休みは10日が最後。週末は先週も、今週もセミナー。通常は月曜日がお休みのnaomiですが、先週も今週も出勤が決まっており、連続仕事に費やす日数13日目のnaomiです(笑)

どんだけ仕事が好きなんじゃ?(爆)

今日も午前中は日本成人矯正歯科学会に参加。午後は2000年から続いている歯科衛生士勉強会en-rondの定期勉強会。掛け持ちです。

さて。最近症例報告をしていないので、症例書きたいなぁ〜と思いつつ、日々が過ぎておりました。

今日も話題になっていましたが、なんでもYouTubeに顕微鏡を使った症例も含めて、歯石除去の動画が結構出ているようでして...最近はホームページやブログで症例を出しているのも目立つようになってきました。

特に顕微鏡は処置が録画できる、簡単にショット(写真)が撮影できるのが特徴ですし、顕微鏡があって症例を出していない医院は逆に言えばやってない、使っていないという見方もできるのかもしれません。

まだまだ、歯科衛生士の顕微鏡での症例は少いので安泰でしょうか?私もめでたく今年40歳になりまして、AKBのマリコ様ではありませんが「潰すつもりでかかって来い!」です。

私達の歯科衛生士勉強会en-rondも今年で13年目。歯科衛生士業界に様々に思う事があり、ついに来年セミナーを開催します!通常は受講生に人気のテーマでセミナーをするのだと思いますが、私達は話し合った結果「私達が次世代に伝えなければならない歯科衛生士として大切な事」をテーマにする事に決めました。

現在の歯科衛生士界は先輩衛生士が築き上げて下さいました。虫歯大洪水の時代を経て歯科衛生士として独立した予防ができる時代へとシフトして下さったのは先輩衛生士の大いなる活躍があったからです。この功績には心から先輩衛生士の皆様に感謝申し上げます。

しかしながら最近は歯科衛生士の本質が見失われていると思う事もしばしば...私達はどの時代にも忘れてはならない、歯科衛生士の本質を伝承して行きたいという思いで、セミナーを企画します。いつか誰かがやってくれると思って過ごして参りましたが、人を当てにするより自分達でやろうという事になり今回の企画となりました。会としてのセミナーは10年ぶりです^^*

また今後の進展につきましては逐次ご報告申し上げたいと思います。

さて。久しぶりに症例を出します。先日ある患者様がポケット2mmでも歯石はありますを読みましたと言われました。

ポケットという言葉は本来は病的な状態呼ぶ言葉です。じゃあ2mmで歯石がある状態は病的と呼ぶべきなのか...? 歯石があるというのは病気なのか?これを除去するのは治療か、予防か...

20-1

皆さんは顕微鏡があれば歯石が見えると思っていらっしゃると思いますが、顕微鏡があっても歯石を見る事はできません。顕微鏡は「見える物」をただ単に拡大してくれる物です。砂の中の見えない宝物をダウジングのように探し当てる物ではありません。

歯石が探せるか探せないかは顕微鏡を使いこなす能力とは別の能力。

20-2

歯石を探す能力、つまりその感が働けば上記のような行動になるわけです。器具(プローブと呼びますが)の目盛りは1mmです。

20-3

深さ1mm。幅1mmのポケット。

20-4

超音波スケーラーで除去。

20-5
 
歯石を除去するための器具の選択。それも能力。

20-6
 
別の角度から見るのも顕微鏡を使う上では非常に大切。1面から見ていると取り残します。プローブで圧排しているので歯肉が一時的に緩んだ状態です。

20-7
 
角度を変えれば開いているように見えません。

20-8

フィニッシュ。

ポケットととは基本的に病的な物を呼びます。 これは病的でしょうか?病的だとすればこれは治療の範囲に入ります。病的じゃないとすれば...これが将来歯周病になるリスクを減らす予防処置という事になります。

顕微鏡のメリットはこの1mmのレベルで歯石が見える、除去できるという事です。しかしながら、歯周ポケットに埋もれた歯石を見つける能力は、その歯科衛生士の力量次第、顕微鏡の力を借りても見えないものは見えません。

それは経験や知識に裏付けられた臨床的感です。

先日お師匠様がおっしゃいました。「師は選ぶべきでありそうそう師は見つからない 」と。歯科衛生士は患者を導く先導者。どの歯科衛生士を選ぶかでお口の未来は大きく変わります。

ポケット1mmでも歯石はあります。それを見つけ出し予防的に除去できるのが歯科用顕微鏡を用いる歯科衛生士であります。

担当衛生士は選びましょう 

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

すっかり秋らしくなってきました昼間は日差しが温かいですけど朝晩はちょっと冷え込みますね

さて。今日は器具の把持についてお話したいと思います。

ではまず復習です。スケーリングにいたるまでの4つの基本。はい皆さんご一緒にどうぞ

1. 姿勢
2. 把持
3. レスト
4. モーション

体のポジションを決めて、把持する、レストとる、動かす。

では器具の把持を顕微鏡歯科衛生士のkimちゃんにやってもらいましょう

pergrasp

ちょ〜っとハンドルが人差し指の付け根寄りだけど、親指と人差し指が円形を維持しているし、手首がニュートラルなポジションになっているのでOKとしませう

手首のニュートラルポジションとは、手首は真っすぐ、前腕と手掌が同じ水平に位置します。
皆さんじゃんけんぽんのグーをしてみてください。
goo前腕と手首、手掌が一直線になりますね。
これが一番力がはいるポジションだそうです

インスツルメントの持ち方の基本はModified Pen Grasp(改良ペングラスプ法)です.。゚+.(・∀・)゚+.゚

pen graspmodified pen grasp
左(A)はPen Grasp


右(B)がModified Pen Grasp




Modified Pen GraspはPen Graspと同じように親指、人差し指でインスツルメントを把持し、中指の腹の部分をインスツルメントに軽く添えて3本の指でインスツルメントを把持する方法です

中指はシャンクの保持と動きをガイドします。中指のポジションはインスツルメントの動きをコントロールし、インスツルメントの滑りを予防、側圧を最大限に利用するために必要不可欠なポジションですまたこの指はシャンクの振動を感じるためにも使われます

特に盲目下で行われる従来の顕微鏡を使用しないスケーリングにおいては、スケーリング後に根面が滑沢になったか根面をなでて確認しますから、この振動の伝わりをキャッチできるかどうかは施術のエンドポイントとしてとても重要となります。

これは探針(エキスプローラー)を用いたエキスプローリングと呼ばれますが、エクスプローリングについては順次説明します

各指の役割
はこちらをご参照下さい

つまり、このModified Pen Graspの持ち方ができていない人は、歯石の除去はできないという事です。
(まあ実際には持ち方というよりも、指の感覚で何をどのくらいどう感じているか?という事なので、持ち方の形が正しいだけというのはまたちょっと違うのですが、ブログだとなかなか説明が難しいですね

そして、この振動を感じる為には実は器具の選択も重要な要素になってくるのですが、皆さん自分が使う器具の事をどれぐらいご存知でしょうか?歯石を上手くとるためには、歯が広い知識と技術が必要となるのです。

器具の選択についても順次説明していきます

さて、最後になりますが、顕微鏡の歯石の除去において、この指の動きをコントロールするというのは非常に重要です。ポケット幅1mmの歯周ポケットの中の1mmの歯石を除去するためには繊細な動きと確実に動きを止められるコントロールされた動きが必要となります。

世の中顕微鏡さえあれば見えるから歯石が除去できると思っている方が非常に多いようですが、見えても基本的なスキルを習得していなければ歯石の除去はできません。基本的スキルがあった上で顕微鏡が初めてその力を発揮するのです

何度も申し上げていますが、1つ1つの基本が大切で、その積み重ねが大切で、その集大成が精度の高い処置となって現れる事になります

日々練習精進して参りましょう

**************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ

naomiブログをご覧の皆様、こんにちは☆歯科衛生士naomiです

昨日は、初めて『歯科用顕微鏡と私の臨床』というテーマでたくさんの人たちの前でお話をさせて頂きました。

今年の冬、顕微鏡に関する歯科衛生士シンポジウムが開催されます。 

昨年AMED日本で開催され、第1回目のシンポジウムが行われ、おそらく今年が2回目だと思います。そのシンポジウムにシンポジストとして参加することになりそうです。

本当は4月開催だったのですが、被災の関係で11月に延期となりました。私はあるシンポジストさんの代役です。

当医院は診療室が個室であり、歯科衛生士専用の診療室があります。そして、歯科衛生士専用の歯科用顕微鏡があり、歯科衛生士の私にもアシスタントがいます。

昨日は、お師匠様をはじめ、皆様に、『私(naomi)の顕微鏡』と言われました。
客観的に見れば、このような環境で仕事をしている歯科衛生士はほとんどおらず、非常に恵まれている環境と言えます。

皆さん、私専用と言いますが、『歯科衛生士専用』であり、私専用ではありません実際には私しか衛生士がいないので、私専用と言われるわけです

端から見たらこの恵まれた環境で仕事ができるのうらやましいのだと思いますが、当の本人にすれば、相当なプレッシャーです。

四六時中、顕微鏡を使用していて、下手ではねぇ。。。でも物には才能があるからね。。。

ふむ。昨日はいろんなことを思いました。

でも、きっと、様々な流れが、私を導いており、その流れに逆らうことはおそらくできないことなのでしょうね。そしてその意味は何なのかな?って考えたりします。

顕微鏡を使う歯科衛生士として世に出るという意味。

他のシンポジストの衛生士さんは顕微鏡歴も長い。7年、3年、5年とキャリアです。どなたの代役かわかりませんが、このキャリアの中で、キャリア半年の私大丈夫か?

この分野はまだまだ未開。別の意味からすると、今がこの分野の道を決める大切な時なのだと、客観的に感じるのです。この分野の位置づけが、今決まろうとしているからです。

あー

そんな小難しいこと、私が考える筋合いもないんだけど

でも大切なんだよね。そういうこと。

その舞台に私があがっちゃうのか〜

なんだかな〜

と、わかりますか?

実は、こうやって、自らここで『出る』って言う事で、自分にプレッシャーをかけてるんです(笑)
わかるわけありませんね(爆)

私は怠け者なので。自分で自分を追い込まないと。成長できない。そこまでして成長する必要もないんだけどね。。。

今週詳しい打ち合わせがあります。

引き受けたからには、自分の最高のパフォーマンスで行きたいと思います。

楽しみだね。

緊張を楽しむ。昨日 sawakoちゃんが言ってました。強いなー
naomiはまだまだその域にはいけないな。。。できることをコツコツだな。


さてと。お買い物に行ってくるとします。

************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ

顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ

顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ


naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiです。

歯石除去は奥が深いっ!!!

歯石ってすごいな〜唖然とします。

左下8番ブリッジの支台歯です。6、7欠損の 4〜8のロングスパンのブリッジです。

20110518_152245816801(変換後)

この歯を失ったら。。。

38

もう10年近くお付き合いしている患者様です。
この歯はもう手遅れ?そう思いますか?いえいえ、私は最後まであきらめません。

たとえいつかだめになろうとも、その日まで、私ができる最大限の支援を続けるのがnaomi流。

20110518_161455346402(変換後)

ポケット7mm。すでに退縮もしていますから、ほとんど根尖まですね。。。

私が10年近く取り残した歯石です。

でも、肉眼や拡大鏡では、このレベルの視野の獲得は無理でした。医療器機の進歩というべきでしょうか。はたまた、治療技術の進歩でしょうか。

本当に根面を触るのは神経を使います。

20110518_162635613352(変換後)


歯石がとれた根面は本当に美しい。ツルツルなのです。綺麗。あれ。最後に綺麗になった写真をおとしてきたつもりが、うっすら残っているような(笑)いかんなー、ま、いっか。

それにしても。

こんな歯石、歯科衛生士がとるのは無理だよ〜といつも思います。

とるけど(笑)

とれないつもりで処置するんだったら、最初からやらない。

取ると言ったら、取る。気持ちだけは、いえいえ、技術も前向きです(爆)

でも、この歯石の除去は私のお手柄ではなくて、勉強熱心なアシスタントチームの歯科顕微鏡アシスタントsachiちゃんのお手柄です。

彼女がエアーをかけてくれないと、クリアな視野がとれないから。

彼女達、歯科用顕微鏡アシスタントさん達のおかげで、私の処置がスムーズにできて、患者様に大きな支援ができるわけです。

感謝☆感謝

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

あ〜それにしても、画像が暗いーーーーーーーーーー。

この顕微鏡、購入当初から、暗いのです。。。
これ、最大光量。クリアに映したくても機械的が無理。診療に差し障ります。

何度も業者さんに言ってるんですけど(≧ヘ≦) ムゥどうもにもこうにも。

いい加減にしてほしい。もう半年以上ですよーーーーーーーーーーーー。

そのうち、初期不良じゃないと言われそう。っていうか、最初からですからね!!!

お願いしますよーーーーーーーーーーーーー!!!業者さん!!!!

**************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ

顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ

顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiですchu

今日は歯科衛生士の行う「メインテナンス」について。

日本では、定期的に歯のクリーニングに行くという風習はありませんが、アメリカやヨーロッパでは、定期的に歯のクリーニングに通うのが当たり前です。

この定期的な歯のクリーニングを私達は「メインテナンス」と呼んでいます。
では、「歯科衛生士の行うメインテナンス」では一体どんなことが行われているのでしょうか?

メインテナンス=歯石とり だと思っている方が非常多いのですが実はです。

メインテナンスにはいろんな側面がありますが、一番重要なのは、プラーク(バイオフィルム)を除去することです。つまり、簡単に言えば、

歯の表面にこびりついた細菌、歯周ポケットに入り込んだ細菌を取り除くこと」です。

歯石が主役ではありません。プラークが主役。プラークをコントロールすることが大切なのです。

20101015_135701073948(変換後)

針のような器具の先が白くなっているのがわかりますか?
これがプラークです。プラークは細菌の塊です。プラーク1mg中に数億の細菌がいると言われています

このプラークが歯と歯肉の境目についていると、歯肉に炎症が起こります。

炎症が起こると、歯肉が赤くなり腫れあがります。腫れて充血していますから、簡単に出血します。例えば歯ブラシが当たっても出血します。

よく歯ぐきから血が出ませんか?と言いますよね。

プラークを取り除いてみます。

20101015_135739278820(変換後)

じわ〜と出血してきます。

出血すると痛々しいですが、ちっとも痛くないのです

痛くないから恐ろしい。どんどん炎症は広がっていき、歯を支えている骨まで溶けていってしまうのです。骨が溶かされて、初めて、自覚症状となります。歯が揺れる。歯がしみて噛めない。

たかが磨き残し。されど磨き残しです。

皆さんが気がつかない、皆さんが除去できないプラークを除去する。
それが歯科衛士が行うメインテナンスの一番重要な仕事なのです

歯石はとったらつかないようにする。つまり、歯石をとったらつかない方法を教えてくれる歯科衛生士さんに担当してもらわないと意味がないってことです

そして、歯科衛生士の皆さん、皆さんはきちんと情報提供しなければなりません。
情報提供もれっきとした歯科衛生士の、そして重要なお仕事です

 Information(情報提供)

 Instruction (口腔衛生士指導)

 Cleaning(歯のクリーニング)


皆さんは、定期的に歯科衛生士のメインテナンスを受けていますか?

定期的にメインテナンスに行くアメリカでは、80歳で15本の歯を残しています。
定期的にメインテナンスに行くスウェーデンでは、80歳で21本の歯を残しています。

定期的にメインテナンスに行く風習のない日本人の残存歯数は10本未満です(´;ω;`)
(ちなみに歯は親知らずを覗いて28本あります)

さて、歯科衛生士の仕事を理解してもらう第一歩。いかがでしたでしょうか?

まだかかりつけの歯科衛生士がいない方は、ぜひこの機会に歯医者にGo(*゚∀゚)っですよ♪


naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

今日もせっせと、マイクロを使ってメインテナンスです(*゚∀゚)っ

さて。今日の1歩。昨日よりも、接眼レンズから目を離す時間を意識して減らしました

DSC_0046

これは、アシスタントちゃんがいるからできる技です

マイクロの世界は視野が狭くて、患者さんのお口の中への器具の出し入れに一番気を使います。

naomiが使うのは、エキスプローラーやスケーラーと呼ばれる、先が尖ったり、刃がついた器具。

歯しか見えないマイクロの世界では、器具が入る時に患者さんの口を傷つけることが一番怖いのです

お口の中に入ってしまえばいつも通り、問題ないのです☆入るまでがドキドキ。

そこをしっかりアシスタントちゃんが監視してくれているから(`・д・´)安心ですね。

今日、お見えになられた患者さんは、実はnaomiのメインテナンスを根底から変えた患者さんなのです。

それまでのメインテナンスは、視ることが中心で、目で判断してました。

クラウンの被せてある歯のマージンにプラークが入って、歯肉辺縁が白くなっていました。naomiは視ることで判断し、それを歯肉の色が白いもの、歯肉の貧血のような状態だと判断しました。

時々いませんか?そういう患者さん。

ところが歯肉が白いことを気にした患者さんは、口腔外科を受診。プラークが入り込んでいただけとなったわけです。。。

それからnaomiのメインテナンスは目だけではなく、全て触れるというメインテナンスに変わりました。

でも、よく考えれば、プラークフリーにすることが、メインテナンスの目的ですから、これは理ににかなっているし、いいえ、理にかなっているどころか、mustなのです。

だから、他の医院でやっている、リスク(危険)部位だけのチェックとか、リスク部位だけのプラーク除去とは全く違います。

歯の表面つまり、歯肉縁上のプラークコントロールは、歯肉縁下の細菌層に影響を与えるので、表面のプラークをフリーにすることは大切だけど、歯周ポケットに入りそうになっているプラークを除去してあげることはもっと大切だとnaomiは感じています。

それこそここが歯周病のリスク部位

今日も患者さんの歯肉を視ながら、

「歯肉頑張ってるなー」

って思っちゃった。

それは、歯肉の縁の部分は細菌が入らないようにしっかりと歯肉を取り囲んでいるから。

歯肉は歯をギュッと締め付ける事で細菌が入らないようにしている。

頑張ってるんだよー歯肉ちゃん

だからその周りに、隙あらばポケットに入ろうとしているモリモリに増殖した細菌を除去することが、どんなに歯肉の助けになることか。

全ての歯の全てのプラーク、そして隣接面のプラークを除去する。それがnaomi流のメインテナンスです

全ての歯を視るから、時間がかかる

そこがねー^^;やっぱり時間がかかるのは、患者さんも嫌がりますからね。。。

まだまだ課題が残ります

よし!明日また頑張るぞっと言いたいところですが。。。

明日はすみません、naomiはお休みさせて頂きます。。。

え?さぼり?

はい。。。さぼるとも言うかな。。。

イリタニオフィスの仕事とは関係ないけど、毎年恒例、小学校の歯磨き指導に行って参ります

この指導、naomiが25歳の頃から頼まれているので、今年で何年だ?^^;12年?13年?実は小学校の先生より、この活動の方が長いのです。。。

今計算したら、初年度に指導した3年生の子供達は、すでに成人した?

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

絶対にそんなことないけど、そんな私達が関わった子供が、歯科衛生士になったら面白いな(爆)naomiも年をとるわけだぁね^^;

昨日も最後に書いたけど、まだ原稿読んでないよー(爆)

さて、まじめにこれから原稿読みます

************************* 

個室診療☆東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師

顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ
はこちら

顕微鏡歯科アシスタントSachiちゃんブログ


顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ
 

 

naomiブログをご覧の皆様、こんにちは☆naomiです

週末、naomiはお師匠様のセミナーに歯科衛生士として初!参加させて頂きました

まずは快くお休みさせてくれた院長、そして、アシスタントのsachiちゃんYUちゃんにお礼を言わないと。皆の協力あってこその参加。本当に感謝です

皆のおかげで無事2日間を終えることができました。

ご報告します☆

無事終了。 ディプロマもらったよ

本当に内容の濃い2日間でした IMG_3110チームかいてらす。 歯科医師10名、歯科衛生士1名





IMG_3120
naomi先生だって〜先生。 照れますね。普段呼ばれなれないし 顕微鏡は1人1台









IMG_3129これが神の手です この手を目指して皆が一丸となって頑張りました〜





IMG_3109懇親会^^*帰りのバスが最高でした。 ダーク一色(笑) 楽しかったです 衛生士1人でどきどきしたけど参加してよかった☆




IMG_3132そして2日目。 チームかいてらす解散式 写真は期待のもっちー先生の授与式です




チームの皆様、本当にお疲れ様でした

顕微鏡にチャレンジするのは本当に大変なことです。

顕微鏡はあればいいってものじゃなくって、使いこなさないと意味がないからです。 いろんな先生が顕微鏡を使い始めていますが、使ったふりをしている先生も数多くいます。

患者さんは気軽に、「顕微鏡治療」と、本当に、簡単に言いますが、その裏で歯科医師の先生達がどれだけの努力をしているか、どれだけの精神的プレッシャーと戦っているか、少しでもわかってもらえたらいいのになーってnaomiは思います。

そういうことがわかれば、もっと歯科医師って尊敬されるのに。

この業界は暗いけど、チームかいてらすのような先生達がいる限り未来は明るいな〜って思います。 そして明るい未来に、naomiも少しでも貢献できたらなと思うのでした

さて〜明日から練習だ〜そして7月の研修会に向けて、勉強します☆

このページのトップヘ