顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

除去

歯科用顕微鏡に見る人工歯石

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

先日の講演会の収穫。臨床のデーター収集に注意を払うようになった。

plob

今までは、自分が見えてればいっかな〜と思っていたのだけれど、見せることを意識して記録するようになりました。

診療しながら、ピントを合わせて画像をとるのって難しい。。。あ、私にとってはってことですけど。

患者様の訴え。左上5番と6番の歯肉が痛い。

In cement

どれどれ歯肉の状態はどうかな。
特に問題なさそうだけど、5番の 遠心が歯間ブラシの丸い形状と同じになってきているな

「歯肉が痛いのはどんな時ですか?」と聞くと

「歯間ブラシを入れた時だけです。」とのこと。

空隙が歯間ブラシの形になっているような気がしたので、

「歯間ブラシのサイズは一番細いヤツですよね?」と、聞くと
(私達専門家には当然のことでも、やはり患者様は素人。思いがけないところに えと驚くような落とし穴があります。そういうことを、聞き出し、発見するのも歯科衛生士の大切な役割ですね )

「違う。」とのこと 

そう、患者さんは、太い歯間ブラシを無理矢理入れていたのです。。。

(隙間の大きさに合わない歯間ブラシは、歯や歯肉を痛めます。

という話をすると、ゴムの歯間ブラシがの話が出ます。ゴムの歯間ブラシはプラークをとるという意味においては無意味です。最近すごく流行っていて、歯科衛生士も勧めるからびっくりです。

物は何を目的に処方するか?というのがとても大切です。歯周病の原因はプラークですから。プラークが除去できなければ意味がありません。ゴムではプラークは除去できない。

歯肉のマッサージによる血流UPにならいいのかもしれませんが、エビデンスはありません。どなかたご存知でしたら教えてください。)

危ない、危ない。隣接面が歯間ブラシ状に形成されるところであった 

さて。そこは解決したのだけれど、おや?5番のインレーの表面がおかしい。

BlogPaint

セメントはみ出てるよ〜超音波スケーラーで除去。↓は除去後の写真です。6番近心にもついてますね
(5番も6番も当医院の治療ではありません。当医院では金属を使用した修復はしていません。)

In cement2
 
左下7番インプラント部。

implant cement

遠心は付着粘膜が少なく、歯肉が柔らかい。その粘膜に隠れて、セメントが。

このセメントって曲者です。だって、歯石と同じだから。人工的に歯石を付けちゃったようなものです

クラウンの豊隆の下なので、超音波だとクラウンに傷がつきそう。探針で注意深く除去します。
柔らかい粘膜、そして歯石による炎症。出血してきますね

implant cement2

とれましたよ〜

こういうセメントがインプラント周りに残っていると、インプラント周囲炎の原因になりかねないよね危ない、危ない。

 歯科用顕微鏡ってすごい。

もう3年ぐらいメインテナンスしているけど、見えてなかった。この患者様は体調が悪くて、当医院の歯科衛生士ルームにマイクロスコープが入ってから初の来院です。

正直、今まで見ていた患者様でも、リセット!という感じだから大変です。いろんなことが見える。見える。

肉眼の限界を越えられるのが歯科用顕微鏡☆マイクロスコープですね

昨日は、歯科衛生士の顕微鏡普及のための協力を仰せつかったので、肝に命じて更に精進いたします

************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ

顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ

顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ

歯の美しさ

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

歯科医療従事者はテレビや雑誌を見ると、歯が気になる方が多いようです。
私は昔からあんまり気にしていなくかったのですが、最近気になるのが、綺麗な歯です

気がついたのですが、私が歯に興味がないのは、日本人の歯って綺麗じゃないから見ていなかったのかもしてません

外人さんの歯ってすごく綺麗ですよね。スマイルも含めて。外人さんのスマイルには魅せられますね

下顎前歯の舌側です

25-2

歯石と着色を認めます。

25-1

残念ながら同じ歯の写真ではありません。すみません。。。

こちらも着色していたのですが、この写真は着色を除去した後の写真です

私は、スマイルラインを合わせた歯の表面の美しさも好きですが、ミラーにライトを反射させて歯を内側から照らして見る時の透通る美しさが大好きです特に処置歯がない歯は美しい

私は歯の美しさは色だけではないと思っています。

歯にはガラスの様な透明感があります。この透明感こそが歯の美しさの源。

できる限りはの裏側の着色もとるのが、naomi流クリーニング

ただし、全ての着色をとることが良いとも思っていません。

例えば歯肉が下がって、象牙質やセメント質が露出している場合。着色をとるのは、歯にダメージを与えることもあり危険なこともあります。

また、お茶やコーヒー、ワインなどを常用する患者さんでは、とってもとってもイタチごっこ、前歯はともかく臼歯は着色をとるのも難しいし、とる必要性がないと判断する場合もあります。

また、患者さんがそこまで希望しない場合もあります。

歯の状態、処置の難易度、患者さんの生活習慣、患者さんの考え、協力度により処置の内容は変わってきます。

ただただ綺麗にするだけじゃなく、そういう判断ができて、安全で歯を守るクリーニングができる。それがnaomi流スペシャルクリーニングだと思っています

クリーニングに関しては、日々研究です。歯科用顕微鏡マイクロスコープが入る前は、ほとんどの方を寝かせることができたクリーニングですが、顕微鏡が入ると、やや、それが難しくなります。

それは、顔の向きを変えたり、ユニット高さを変えたりすることもあるし、私の視線が顕微鏡の接眼レンズしか見ておらず、患者様の微妙な体の動きを感じきれないからというものあります

患者様を感じる私のセンサーが、視野が狭くなることで、働きにくくなっていることを感じます。そこをいかにカバーするか。今後の課題です。

顕微鏡を使っても寝てしまうメインテナンスができたら最高ですねただし、顕微鏡の特質上、ある程度の開口量がないと見えないという欠点もありますが。。。うーむ難しい。

日々研究です。

ふうっ

何はともあれ、やっぱり歯は綺麗な方がいいですね

明日も頑張ります

**********************

Profile

hygienist naomi

Advanced Care Dental Office
Archives
QRコード
QRコード