顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:総会

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

****************************************

皆さま、連休はいかがお過ごしでしたか?
やっと連休が終わり、私的には、今週からやっと元の生活が始まります

やっと少しですが自分の時間がある今日。ブログの続きを書いています。やっと書けた(笑)

医学会総会3日目。
 
記念講演
過去と現在を直視し、今後の震災に備える
名古屋大学減災連携研究センター福和伸夫 先生

がんを免疫力で治す
京都大学高等研究所
本庶佑 先生 ←本庶先生のエッセイは必見です。ぜひ拝読して下さい

閉会講演1
東海道新幹線から超電導リニアへ
葛西敬之 先生

閉会講演2
iPS細胞研究の現状と医療応用に向けた取り組み
山中伸弥 先生

医学会総会最終日。
恐れ多い方ばかりの講演でした

しかしながら、このクラスの方々のお話を一挙に聞ける事はなかなかありません
福和伸夫先生の地震の話が非常に興味深いものでありました。地震から見た歴史、経済、政治、地形、住まい、生き方など...自身として振り返り、自分の専門分野から世界を眺めて見るのも良いのかもしれないと思った次第です。

また、ノーベル賞を受賞される先生は、さすがに勉学だけでなく、研究者としての心構えや、人のために役に立ちたいなど、志が高く、そのお人柄に心より敬服いたします。

私のような凡人にとって、頭の良い方々は当然志も高いであろうという期待があり、またそうであってほしいと願う心がある。どの分野でも同じだが、一線級を行かれる方の志は本当に高い

昨今はこのような志を持った(頭が良いとか悪いではなく)人として尊敬できる立派な大人が少なくなったような気がしている...

が、しかし人の振り見て我が振り直せ。
自身が志のある人間に近づくように努力する事こそ大切なのだと、改めて気がつかされます。

暫く、このページが下書きのメモの状態でアップされている事に気がつかず、先生方の名前にも敬称略がされており大変失礼な文章になっていました。大変失礼いたしました。

気がつけば、もう学会に参加してから2週間が経過してしまい。。。

私の予定からすでにすでに数十分オーバーしているのでございました

最近、なぜだかずっと悶々と考え事をしています。

私が追求するべき事、本当に時間を費やす事が何なのか?組織に属さなければならない故の無駄な時間ではなかろうか?とか、はたまたそれもご縁で、その中で自分のやれるべき事を成すのが私に与えられた
使命なのか?

つまりは私が凡人であり、一人では何もできな事の表れであるのであろうが、この心の整理がつかずに、日々悶々としている。

こう愚痴愚痴していると、やればいいんだとお叱りを受けそうですが、この悶々とした日々が、例えるなら、芽吹きの春を迎えるには必ず寒い冬があるのと同じで、 悶々とした苦しい日々が芽吹くための準備のための必要な期間である事は薄々と感じているのです。。。

にしても、悶々とするなーまだこの悩みは暫く続きそうです

それでは皆さま、今週もまた頑張りましょう 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

****************************************

医学会総会2日目。

歯髄細胞を利用した再生医療
歯髄幹細胞を用いた歯髄・象牙質再生治療:さらなる発展を目指して
中島 美砂子 先生 (国立長寿医療研究センター)

糖尿病合併症に対する歯髄幹細胞療法の有用性
成瀬 桂子 先生 (愛知学院大学歯学部 内科学講座)

乳歯歯髄幹細胞による小児何知性疾患の新規治療の開発
田口 智章 先生 (九州大学大学院 小児外科学分野)

歯髄幹細胞の基礎医学と細胞治療における期待
本田 雅規 先生 (愛知学院大学歯学部 口腔解剖学講座)

記念講演
やれる理由こそが着想を生む〜はやぶさ式思考法〜
川口 淳一郎 (宇宙航空研究開発機構 JAXA)

野生の思考と未来の人材育成〜ゴリラに学ぶ〜
山極 壽一 (京都大学)

 ここまで見えるようになった精神神経疾患
脳神経回路と脳タンパク質老化の可視化:認知症に打ち勝つダイナミズム
渡辺 宏久 先生 (名古屋大学 脳とこころの研究センター)

神経疾患の脳内神経回路病態はここまで分かった
松田 博史 先生

精神疾患の脳内神経回路病態はここまで分かった
飯高 哲也 先生 (名古屋大学 脳とこころの研究センター)

他施設共同大規模MRIデータ解析による精神疾患の脳病態解明
笠井 清登 (東京大学大学院医学系研究科 精神医学分野)

2日目も無事に終了お昼過ぎの講演はお部屋が暖かくて、薄暗くて、睡魔に負けてしまいましたが...

今日こころに残った言葉は

JAXAの川口淳一郎先生の

「夢で飯が食えるのか?」と良く言われるが、

「夢も見れないで飯が食えるか

です。確かに。

自分に置き換えて最近の私は、年をとったせいかつい守りに。もう終活とか行っちゃって
反省しました。それから、京都大学総長の山極先生のゴリラのお話を聞くのは2回目だったのですが、動画のゴリラの群れの話が泣けて、泣けて

いつも先生は猿とゴリラと人間の違いをお話して下さいます。

猿は強いものが餌を独り占めしますが、ゴリラは餌を分配します。猿にはない行動です。そして今日は群れの中で片手を亡くしたゴリラの子供をボスゴリラが気遣い、それにつられて、他のメスゴリラや子供のゴリラが片手を亡くしたゴリラを気遣う姿が流れていました

人間はゴリラに近いと言いますが、先生は最近は人間が猿化しているとおしゃいます。

人との繋がりが脆弱になった今、これからの人間の幸せのかたちとは?
人は人との繋がりの中でしか幸せを感じられない。でも、その繋がりがない。そしてバーチャルで得られない繋がりをバーチャルの中に求める。

しかし、バーチャルがリアルにするのは不安で、そしてリアルに繋がる事に不安がる...人と繋がりたくても繋がれない世の中で、バーチャルで繋がりを求める心歪みが子供の自殺率をあげている。

日本は本当に貧しい国になったなと私は思っている。学力の話ではなくて、人間が生きて成長する事。精神があまりにも幼稚な大人たち。。。

昨日に引き続き、私が思っている事と同じ事を考えている大人がいる事にちょっと安心したりする。

子供に夢がない国に未来はない。子供が不安で自殺をする国に未来はない。。。

さて、明日は最終日。もう1日頑張ります
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ