顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:着色

naomiブログをご覧の皆さま、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

今日もせっせとメインテナンス。

歯科用顕微鏡☆マイクロスコープで見え過ぎるのもいかがなものでしょうね・・・見えたら、取らねばならぬっ!という性分の自分がにくいっ

隣接面のレジンセメントの除去にはまりました。。。結構がっちりついていて。。。あ、当医院で治療した歯ではありません

さて。ポケット4mm以上の歯石はとれないのがこの業界の常識と申し上げました。しかしながら。。。

2mmのポケットにだって歯石はあるものです。左下6番の頬側面です。

17

私は歯科用顕微鏡、マイクロスコープを使う前は、

どうせ4mm以上のポケットの歯石はとれないのだから、モチベーションを高めることが一番の歯科衛生士の仕事だ

と思っていました。でも。。。

今はその考えは間違っていたかもしれないと思うようになりました。

追及すべきは、とにかく歯を綺麗にすること

歯垢も、歯石も、着色も、全ての歯の付着物、沈着物を取り除くこと。

そしてリスクを見つけだすこと

その追及こそが、歯科衛生士のしなければならなかったことだと思いました。

本質を見失ってはいけないなと、今、改めて感じています。あ、あくまでも私の個人的な、率直な思いです。

これが思いのほか難しい。。。

は~凡人で、才能ないからなー(笑)努力するしか能がない。

明日も頑張ります、です、ハイ

*********************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ

顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ

顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆さま、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

昨日の続きです。

この写真の着色の原因。皆さんは何だと思いますか?

28-3

実はこの着色、クロルヘキシジンによるものです。

さて、皆さんはどう考えますか?

この患者さんの歯肉は健康ですし、出血も認められません。

クロルヘキシジンを使い続ける必要があるのでしょうか・・・

28-1

着色除去後です。まだ点がありますね。最終チェック前なのでお許しくださいね

「医者の言うことよりみのもんた」

最近の患者さんの主治医はリアルな医者ではなく、バーチャルなネットです。

子供がバーチャルな世界に嵌ることを嘆く大人が多いですが、実は大人もバーチャルな世界の責任のない発言に救いを求めているようです。

うーむ、問題だと思うけど・・・何を信じるかは患者さん次第ですからね。なんとも言えませんね

着色をとるのにお金がかかると、患者さんはとりたがりません。でも、歯石はついているとだめだから除去して、着色は問題ないからとらないって。。。なんだか不思議です。

歯の表面がツルツルな方が細菌の付着が少ないに決まっていると思いませんか?

付着しているのが何か?ってことより、付着していることの方が問題でないでしょうか?

例えば、健康な歯肉は美しいし、健康な歯も美しい。健康って、つまり、自然な健康状態であれば本来は美しいのだと思うのです。

あ、あくまでもこれはnaomiの感じ方ですけど

さて。週末から今日までハイジーンワークをお休みしてました

また明日からメインテナンス、がんばりまーす

**********************

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆さま、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

今日は日曜日ですが、シンポジウムに参加してきました。ゲストスピーカーとしてスピードスケートの岡崎朋美選手が来ていて、なんと、妊娠9カ月なんですって!

出産後には現役復帰するそうですよ

岡崎選手とは同世代。同じ女性として夢を持って突き進む姿がnaomiは好きです
そして、出産かぁ。女性としてプライベートでも夢を叶えて。輝き続ける彼女を応援したい!そう思います。

さて。日々メインテナンスしていると、いろんなことがありますね。。。

今日のテーマは

あなたな〜ら、どうするぅ〜』です。

28-3


メインテナンスの患者様です。下顎舌側に着色を認めます。

お題その1自分の歯だったらどうしますか?

1.着色をとりたい

2.このままでいい

そしてもう1つ。
お題その2ブログをご覧の歯科衛生士の皆さんはこの患者さんをどうケアしますか?

1.着色をとる

2.そのまま放置する

3.着色をとる前に問診をして原因を探る

今日はお題までです

岡崎朋美選手の朋美スマイル、素敵でした

アンチエイジングという言葉が流行っていますが、予防を仕事とする歯科衛生士こそ、アンチエイジングの担い手ではないでしょうか?

老化には、病的老化と生理的老化があります。生理的な老化はどうにもなりませんが、病的老化は防ぐことができます。

虫歯や歯周病の予防は、病気の予防であり、歯の健康はお口の健康、ひいては全身の健康維持増進につながるからです。

日本の医療費問題。さまざまな問題がありますが、本気で医療費を抑えたいなら、もっと日本は予防にシフトするべきです。日本の財政は日本国会社の役員達によって使い込まれ、すでに二進も三進もいかない。それなのに、医療費を無料にするいうのは、どう考えても無理なことです。

患者負担が無料と言うけど、本当の負担分は税金で賄えってことなのですから。税率はどんどん上がっています。税金が高くなるなら、医療費が無料になっても意味ありませんよね。医療費の払い先が病院窓口か国の税金窓口かの違いだけなのですから。

どうにもなりませんね。。。

今日、岡崎選手が言ってました。

「やるべきことをやるだけ」

そう、その通り。私もあれこれ考えずに「目の前の自分の患者様に、私のできる限りのことをする」それだけです。

明日は月曜日naomiはお休みです。今日の続きはまた明日書くことにします

**********************

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

歯科医療従事者はテレビや雑誌を見ると、歯が気になる方が多いようです。
私は昔からあんまり気にしていなくかったのですが、最近気になるのが、綺麗な歯です

気がついたのですが、私が歯に興味がないのは、日本人の歯って綺麗じゃないから見ていなかったのかもしてません

外人さんの歯ってすごく綺麗ですよね。スマイルも含めて。外人さんのスマイルには魅せられますね

下顎前歯の舌側です

25-2

歯石と着色を認めます。

25-1

残念ながら同じ歯の写真ではありません。すみません。。。

こちらも着色していたのですが、この写真は着色を除去した後の写真です

私は、スマイルラインを合わせた歯の表面の美しさも好きですが、ミラーにライトを反射させて歯を内側から照らして見る時の透通る美しさが大好きです特に処置歯がない歯は美しい

私は歯の美しさは色だけではないと思っています。

歯にはガラスの様な透明感があります。この透明感こそが歯の美しさの源。

できる限りはの裏側の着色もとるのが、naomi流クリーニング

ただし、全ての着色をとることが良いとも思っていません。

例えば歯肉が下がって、象牙質やセメント質が露出している場合。着色をとるのは、歯にダメージを与えることもあり危険なこともあります。

また、お茶やコーヒー、ワインなどを常用する患者さんでは、とってもとってもイタチごっこ、前歯はともかく臼歯は着色をとるのも難しいし、とる必要性がないと判断する場合もあります。

また、患者さんがそこまで希望しない場合もあります。

歯の状態、処置の難易度、患者さんの生活習慣、患者さんの考え、協力度により処置の内容は変わってきます。

ただただ綺麗にするだけじゃなく、そういう判断ができて、安全で歯を守るクリーニングができる。それがnaomi流スペシャルクリーニングだと思っています

クリーニングに関しては、日々研究です。歯科用顕微鏡マイクロスコープが入る前は、ほとんどの方を寝かせることができたクリーニングですが、顕微鏡が入ると、やや、それが難しくなります。

それは、顔の向きを変えたり、ユニット高さを変えたりすることもあるし、私の視線が顕微鏡の接眼レンズしか見ておらず、患者様の微妙な体の動きを感じきれないからというものあります

患者様を感じる私のセンサーが、視野が狭くなることで、働きにくくなっていることを感じます。そこをいかにカバーするか。今後の課題です。

顕微鏡を使っても寝てしまうメインテナンスができたら最高ですねただし、顕微鏡の特質上、ある程度の開口量がないと見えないという欠点もありますが。。。うーむ難しい。

日々研究です。

ふうっ

何はともあれ、やっぱり歯は綺麗な方がいいですね

明日も頑張ります

**********************

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiですきてぃちゃん?
定期的なメインテナンスのおかげで、予防先進国スウェーデンでは80歳で21本の歯を残していますきてぃちゃん?メインテナンス行く習慣のない日本では残念ながら10本以下きてぃちゃん?

メインテナンスの目的はプラークの除去。ヨーロッパでは、プラークの除去にエアーポリッシングが用いられています。数年前、スウェーデンの歯科医院を見学しましたが、その時も衛生士さんがエアーポリッシングをしていましたが、日本では見た事のない器具。何をしているのかわかりませんでした??

20101026_151549028887(変換後)

例えば着色しているこの歯。

20101026_151638711905(変換後)

器具で表面をこすると、線がつきます。

20101026_151718318179(変換後)

ポロポロと歯の表面がむけてきます。

実は歯の着色は、湯のみ茶碗や、コーヒーカップの着色と違って、歯の表面にうっすらと膜ができてそれが着色している場合が少なくありません。

患者さんの多くは、着色は見た目の問題だから、お金をかけてまでとらなくてもいいとおっしゃいます。果たしてそうでしょうか?この着色は審美的な問題だけでしょうか?

20101026_155724190773(変換後)

このポロポロむけてくる膜が、細菌の付着の原因になるとは思いませんか?
エアーポリッシングで除去して行きます。エアーポリッシングとは、歯の表面に粉の粒子を吹き付けて、歯の表面の汚れを取り除く方法です。

器具でこそぎ取るのと違い、瞬時に綺麗になりますきらきら

20101026_161437590863(変換後)

いろんな歯科衛生士さんがいて、それぞれにいろんな考えがあると思います。

実はヨーロッパでは、このエアーポリッシングを歯肉縁下に使っています。縁下チップが出ており、縁下のプラークの除去を行ってます。

しかしながら、今現在、私の考えとしては、エアーポリッシングは歯肉縁上、エナメル質に限ると考えています。歯肉は軟組織。私の下手な技術で傷はつけたくありませんから、無理はしません。

もちろん、今後研究や器具が進んで私でも絶対に歯肉が傷つかない器具がでてきたら、その時は使ってみたいと思っていますし、今後勉強する中で考えが変わっていくかもしれないけどうれしい

歯肉辺縁は丁寧にハンドインスツルメントで除去していきます。

20101026_162054968249(変換後)

いかがですか?1枚目の写真と比較してみてください。

まだ少し隣接面が着色していますがしずく2まだまだ限られた時間の中で撮りたいショットをとるのが難しく。記録に気を取られると処置が遅れてしまいます。
処置が終わらなければ本末転倒なので、撮影はそこそこにして、処置に集中ですきてぃちゃん

もちろん最後にはこの隣接面の着色もとり、患者様に手鏡を見ていただいて確認します。

いくら私達が歯科用顕微鏡マイクロスコープで歯を綺麗にしたところで、それが患者さんの心を動かさなければ意味がない。私はそう考えています。

だから、勝負は、患者さんが最後に鏡を見た瞬間ですjack-o'-lantern

その瞬間に、患者さんの心が動けば(心が動くというのは「綺麗〜きらきら」とか「白〜いラブラブ」など患者さんが感動してくださることです)naomiのクリーニングは成功ですひゃほーーい

世の中にはたくさん人を感動させる仕事があります。例えばミュージシャンの方やバレリーナの方がコンサートや舞台で人を感激させたり。私はそういうのを見るとすごくうらやましい。

自分の好きなことで人を感激させるってすばらしい。そういう人間になりたいと思っているからうれしい

でも何の取り柄もない、凡人のnaomiには無理かな。。。と思っちゃうんだけど、でも、こんな私でも、歯科衛生士として、ユニットという舞台で、人を感激させることができる。そして、その感動は伝播していく。

私の患者さんが、自身のブログで歯の大切さや歯の手入れのこと、いろんなことを綴ってくれています。すごくうれしいわくわく

凡人の私でも、誰かのために役立てるんだなって。そんな仕事。歯科衛生士。

歯科衛生士ってすばらしいたま

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ