顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:直視

【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】

完全予約制、個室診療
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント
画像診断(口腔内超高画質画像世界最高機種マイクロCTハイグレードX-ray
3台のPCと5台のモニター
ガスクロマトグラフィーRCR検査位相差顕微鏡

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニング及び一般の方向けクリーニングのみの診察を始めました。詳しくは電話で問い合わせ下さい。

*************************

今日はあいにくの雨の週末。今日はまた冬の寒さでしたね〜皆様はいかがお過ごしでしたか?
私は、昨日、今日とセミナーに参加。一昨日の夜もセミナーに参加しておりまして。大忙しな週末。

さて。今日は久しぶりに症例写真をご報告。日々処置を記録しているのですがデーターの処理が面倒でなかなかUPできなくて(;´Д`) サボっております(笑)

さて。今日は歯科用顕微鏡を用いて歯石を直視で除去する意味を考えてみたいと思います。

メインテナンス中の患者様。といっても初診時の知覚過敏がひどく歯石除去を試みたものの全ての歯石を除去する事ができず、可能なだけ除去してあとはメインテナンスで様子を見て考えましょうとお話しました。

叢生でプラークコントロールが悪く、歯肉縁下の歯石が多量に付着、歯肉の炎症も強い、歯石は硬く板状についており、知覚過敏がすごい。

歯石の形状と知覚過敏の感じから判断するに、以前の歯石除去が原因で歯石が表面だけ滑沢化されて硬くなり、知覚過敏も不必要な根面の損傷によるものと判断。根面もむき出しになっており、予後不良と判断。

麻酔をしての歯石除去も可能なのかもしれませんが、私の判断では麻酔が切れた後に知覚過敏が増す事も予想され無理な処置はしたくない、できる事ならメインテナンスに通ってもらって、無理なく精神的にも肉体的にも時間をかけて処置して行きたいという判断。

でもこれは一発懸け的な所があります。もしこのまま来院が途切れれば歯石を残したまま患者様を手放す事となり、再び患者を不幸にする事は必須。ここはなんとしてでも、来院が途切れてもなんとか現状を維持できるまでの処置が済むまでは来院していただかねば。

歯科衛生士の仕事の難しさは患者様の導き方。

とすれば無理矢理な処置はせず、メインテナンスに通って頂くようにモチベーションを高める事、そしてそれなりの結果を出してメインテナンスの重要性を実感して頂く事が大切。

今回2回目のメインテナンス。3ヶ月後の1回目のメインテナンスで知覚過敏がかなり減少。ただし歯石の付着がある所はまだ痛みあり。この結果からプラークの付着による知覚過敏がコントロールが良くなった事によっておさまってきたと判断。

その後もポケット内のプラークを除去することおよび辺縁の歯石の除去を繰り返し行う事によって徐々に知覚過敏の軽減をはかる事に。

今回2回目のメインテナンスでは更に歯肉が引き締まり、隣接面に黒い物が見えてきたとご本人。

SRP-1
 
下顎前歯部隣接面に歯石を認めました。やった〜歯石がある事は喜べませんが、これだけ見えてきたのは歯肉の状態が変化した証拠。今日こそ全て除去するぞ と。

SRP-2

今日は「歯科用顕微鏡を使って直視で歯石の除去を行う意味」がテーマです。

まず歯科用顕微鏡を使用する意味その1。 歯石の底部を確認する事ができる。肉眼では縁から見える歯石が見えても歯肉の中の歯石がどこまでついているかを確認する事はできません。つまり予想で除去する事になります。

更に直視で歯科用顕微鏡を使用する意味は 写真でもご覧頂けますように両手が使用できるという事。

上記の写真では片手で歯肉を開いています。この状態でもう片方で器具を用いて歯石を除去できます。もしこれがミラーテクニックを用いるとしたら?ミラーの把持で手を1本取られますから、歯石の底部を確認しながらの歯石除去は無理という事になります。

つまり処置の制度が落ちる。

SRP-3

 除去後です。

書きたい事がまだまだあるのですが...長くなりましたので、次のブログでまたご紹介します 

最期に一言だけ。この患者様の歯肉からは出血もしませんし、深い歯周ポケットもありません、もちろん何の症状もありませんし、ご本人の訴えもありません(見た目が黒いという訴えだけ)。

つまり、このケースの場合病名はつかない。

ではこの歯石、誰が本気で取ってくれるのでしょうね?

これこそまさに予防的歯石除去。こういう歯石を含めて歯を綺麗にするのが歯科衛生士の役目では?

ポケットは浅いですが歯肉縁下の歯石。きっと誰も見つけてくれないし除去してくれないと思います。

そう。誰も真剣に考えてくれないけど、必ず未来の危険分子になるお口の異常を発見して対処するのが私なのです
 
では。今日はタイポドントを使用してブラケットの装着をさせて頂きました。歯科医師って本当に大変ですね...衛生士でよかったです 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiです
今日もせっせとメインテナンスをしておりました。

下顎前歯部です。左下1番の舌側歯頸部に歯石を認めます

20101113_155734327161(変換後)

歯石を超音波で粉砕していきます

20101113_155737630464(変換後)

どんな時も直視を心がけています。できなくても、とにかく挑戦すること。
それしか今の私にはできないから

20101113_155739265432(変換後)

水を出すと途端に歯石た見えなくなってしまいます

20101113_155841527696(変換後)

とれた

マイクロスコープの不思議。マイクロスコープは立体のはずなんだけど、実際に覗くと平面のように見えるのです奥行きの感覚がつかみにくい。naomiが下手だから?

そこで、角度を変えて確認することにしました

20101113_155942788959(変換後)

あら。やっぱり。まだ歯石がついていますね。確認してよかった

20101113_155944924428(変換後)

再び超音波で除去していきます。

20101113_160003009180(変換後)

とれました

顕微鏡の何が一番難しいって、それはポジショニングです

確かに、ミラーテクニックでは、ミラーが少しでも動くと画像の遠近が変わり、焦点が合わなくなります。直視の方が安定しています。

でも、この直視をするポジショニングを習得することが、とても難しいのです。

日々精進あるのみ

今日は歯科衛生士仲間と久しぶりにお酒を飲みました。4人のうち2人が歯科衛生士だけどケアマネ。実際にケアマネとして働いています。

介護の現場の話を久しぶりに聞きました。私も以前は在宅を回っていたので、とても懐かしく、そして、近況が聞けたことはとても勉強になりました

最近つくづく思うことがあります。

それは、私は3◯歳ですが、この年で、何の不満もなく歯科衛生士が続けられているということはすごく恵まれていて幸せだということ

歯科衛生士は国家資格でありながら認知度が低く、過酷な労働です。だから皆、やりたい歯科衛生士の道をあきらめて、何か1つを優先して妥協して仕事をするしかない。

だから私は幸せなんだと思う。

幸せって本当に身近なところにありますね

さて、明日はお休みだよ。

充電してまた来週がんばるぞ〜


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士のnaomiです

今日から、歯科衛生士ルームのユニット位置が変わり、アシスタントチェアーが入るスペースができました。アシスタントさんが座って診療できるようになったのですアシスタントさんの無理な体勢がいつも気になっていたので、ちょっと一安心。少しはよくなったかな。

イリタニオフィスはチーム診療なのです先生のチームは治療チーム、私達は衛生士チームと呼んでいます(笑)

さて。naomiは今日もせっせと顕微鏡と格闘です

でもとにかく毎日、できる限る顕微鏡を使う、ワーキングビュー、そして、とにかく直視する、ダイレクトビューを実践するように心がけています。

思ってできりゃあいいけどね

20101109_160629900578(変換後)

上顎の3番。口蓋側。

20101109_160642312991(変換後)

簡単に直視とか言いますけど、このポジションすごく難しいんですよ〜

顕微鏡を使っている先生でも、多くの先生は、上顎口蓋側は、ミラーです。

今日は他にも、下顎前歯部の舌側に歯石がついている患者様が来院されて、その時もダイレクトビューに挑戦。

うーむ、まだまだ角度が甘いなー

患者さんが苦しくならないと思うポジションと、ダイレクトで見えるポジション、自分が楽に診療できるポジション。いろんなことが頭を交錯し、なかなか上手くいかない。

まあ、これは仕方がないことですね。これができるようになるには、きちんとしたトレーニングをして、最低2年から3年と言われていますから

私の診療はまだ始まったばかり。焦っても仕方ありません。できることを毎日コツコツ続けるしかできないのです。

今日もやっちゃたよ〜

昨日、私が見ている画像と、録画画像の焦点が一緒になるように調整したのに。今日診療が始まったら、またずれてる焦りました。。。毎朝確認しないとね!

日々、山あり谷あり。

毎日、診療が終わりに近づくと、おっいい感じと思うんだけど、次の日診療が始まると、あれっおかしい。。。こんなはずじゃ〜の繰り返しなのです。。。

進歩しているのかどうか。。。それは謎です^^;

でも、患者さんを相手にしている以上、そんな弱音は吐いていられませんね。少しでも早く上手くできるように進むしかありません。

明日もがんばるぞーーーーーーーーーーと自分に言い聞かせてと。

明日に備えるとします

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ