顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:癒し


☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

ふう。もう金曜日か〜('д` ;)

なんだか環境が変わると、自分の心の中もグルグルと様々な想いが駆け巡り...

私は自分の位置を周りと比べて決める癖があるので、周りが目まぐるしく変化すると自分を見失いないそうになる。

そこでふと自分に尋ねてみる。

「それ、本当にしたい事?私の本当にしたい事はなんだろう?」

「それが私にとって幸せな瞬間?」 

すると、 聞こえる。

「違う、違う。」

「それちっとも幸せじゃないよ。」

私がしたいのは...

「何か人のお役に立ちたい。」

「人が喜んでくれる何かをしたい。」

すると自ずと見えて来る。

名声を得る為に講演するのは柄じゃない。この業界のために人肌脱ぎなと言われても、それは誰かの利益のためで、それが誰かのためで...私利私欲団体の中にみを投じるのもしんどい。

違う違う。私がしたい事はそういう事じゃない。

自分が有名になりたい講演はお断り。
同じ講演だったら後押ししてくれる皆へのお世話になった感謝の気持ちでならいいよね。

もっと何かの形で勉強したい?

確かに勉強はしたいけど、でも「勉強するだけ」は自分の自己満足でしかない。人のために何かをするために勉強する。その方が、うん、うん、納得できる。

私が何かする事で、人が喜んでくれるなら。それが私のしたい事だとニュートラルに戻る。

ふうっ。自分軸、自分軸。

本当、東京の時間は目まぐるしくて、性に合わないな〜といつも思う。

本当はのんびり屋な私。田舎暮らし、いいな〜

あ、決して心が疲れちゃってるわけではありません(笑)
40歳を越えて人生折り返したので。時間を無駄にしたくない。だから行くべき道を見極めなくちゃ。

今日は患者様を拝見していたら、心の中に「癒し」じゃなくて「ゆらぎ」という言葉が浮かんできて。この患者さんを癒したいと思っても癒せない。癒したいというのは私のエネルギーだから。ゆらゆらゆらり。ゆらぐ患者とともに揺らぐ。エネルギーに同調する。結果エネルギーが衝突しなくて良いエネルギーが流れる。


患者さんのゆらぎに合わせてゆらいでいればその方が癒しに繋がる。

そんなくだらない事を考えながら診療している私でした(笑)やばい、やばい...やばい人ですね、私(笑)

それと、私ってばへたれですね(笑)グイグイ前へ出ていくキャラじゃないところがどうもだめみたいです

明日は週末女子大生の日です。気合いをいれてガンバッペ

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

最近ブログが意味もなく長いので、今日は手短に(笑)

先ほど、あの有名なパッチアダムスのモデルとなった、ハンターアダムス医師の番組を見てました。

そこでふと思い出したこと。

院長の入谷と一緒に訪問に回っていた時のこと。

明るく元気なお婆ちゃん、Mさんを拝見していた時のこと。確か入れ歯の作成だったと思うのですが、その後も定期的に伺ってました。

その頃はご自宅でした。

でも、ある時、また見てほしいと連絡をもらって伺うと、ちょっと鬱になっていました。

でも、私達に会うと、Mさんは元気に微笑んでいました。Mさんはとってもおしゃれで、真っ赤な口紅がとても似合っていて。すごく素敵でした。

その次だったかな・・・伺うと調子が悪くてベットで寝てました。

もちろん、治療は思うようにできなかったけど・・・

眠れないとMさん。ベットのそばで手を握ってあげると、安心したように目を閉じました。そのままnaomiの手をずっと握っていて・・・

次の患者さんもいるから、おじいちゃんが、もう時間だからっていったんだけど、手を握ったままで。

naomiもなんだか手を離せなくって。。。

ぎりぎりまで手をつないでいました。

その後、施設に入ったか・・・だったかと思うんだけど。

番組見てたら久しぶりに思い出しました。

歯科医療従事者として、その日、入れ歯の治療ができなかったことは、つまり仕事を果たしていないことになるけど、でも、歯科医療従事者として、何かできたことがあるとすれば手を握って安心を与えたこと。

それが医療行為かと問われれば、医療行為じゃないかもしれないけど、でも、患者さんに愛情を注ぐことが、医療の根底になければいけないんじゃないかと思う。

手を握っても病気を治すことはできない。

でも、病んだ患者さんの心を癒す、心の治療ができるかもしれない。

ふと。思い出しました。

やっぱりアダムス医師はすばらしい。

医療の知識も技術も大切だけど、患者さんに対する気持ちが何より大切なんじゃないかな。。。

子供の頃、頭をぶつけちゃった時。母がなでなでしてくれると痛みがとんでいったように。

機械的に絆創膏を貼られるよりも、誰かのなでなでの方が痛みがやわらぐ。

癒しってそういうものだよね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ