顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:癌

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニング及び一般の方向けの歯のクリーニングのみのご受付を承っております。詳しくはお電話でお問い合わせ下さい。ご希望の衛生士がいる場合はお電話にてその旨もお伝え下さい。

平成15年の調査によると日本における歯科定期検診の受診率は20%。定期検診で歯周病の検査をしている所はわずか14.4%だそうです。当医院の定期健診(メインテナンス)では虫歯及び歯周病のチェックは必須です。

*************************

昨日、幹細胞を利用した新しい医療とその産業化ということで、東京大学医科学研究所 幹細胞治療研究センター長 中内啓光氏の話を聞いて参りました。

幹細胞の研究と言えば昨年、京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥氏がノーベル生理学・医学賞を受賞したことでも話題になりましたのでご存知の方も多いかと思います。

話の内容は大変興味深く、幹細胞を利用した医療の可能性が大きく広がっている事を感じられた1日でした。

・癌幹細胞の概念
・iPS技術を利用した新しい輸血のソース
・ES/iPS細胞から血液を産生する
・iPS技術を利用した新しい免疫療法
・iPSから臓器を作る
・幹細胞研究の産業化に必要なこと

人への応用にはまだクリアすべき課題があるようですが、マウスやラットの実験では各種血液成分ができるようになったり、臓器が作れたり、免疫細胞ができたり。医学の進歩は目覚ましいなぁと関心するばかり。

私、歯科衛生士naomiも医療人の端くれとして日進月歩の医療の進化にしっかりとついて行かなければ。

そして、私はいつも思います。

こうした医療の進歩は目覚ましく、たくさんの人が救われるのも確かです。

しかしながら、こういった技術の進歩で一番忘れてはならないのは、私達が神様から与えられた命、そして体、健康を病気にならないように守る事、自分を大切にする事。

病気になったら臓器を取り替えればいい。最新医療の進化はともすれば安易な考えを産みやすい。歯科で言えば、歯がだめになったらインプラント(人工歯根)にすればいいという声もすでによく聞かれます。

医学は先人達の並々ならぬ研究努力の賜物であり、その影でたくさんの命が消えて行ったのもまた確かな事実であります。

そのたくさんの思いを...その犠牲と言ったら語弊がありますが...その歴史を踏まえて今与えられた命に感謝し、さらに最新の技術の恩恵を受けまた感謝する。

その感謝の気持ちを忘れずに持ち続けてほしいと願うばかりです。

私の専門は予防。治療の進歩にともなって病因が明らかになり、また予防の手段も増えるというものです。歯も再生の時代に突入するのは時間の問題です。ともすればその進歩にともなって私達歯科衛生士の仕事は大きく変わるかもしれません。

でも...

また新しい歯を手に入れても、人が生きている限り再度病気に罹患する可能性があるわけですし、未病のうちに終わらせるという意味では予防教育は大変重要ですから、やはり歯科衛生士の仕事は重要ですね。

命の大切さを知って頂き、体を大切にする心を持っていただくようにモチベーションを高めるのが予防の原点のような気がします。

なんだか文章がまとまりませんが...

とにかく様々な意味で刺激を受けました。そしてまだまだ自分の不勉強を恥じ、世界の広さをまた知りました。

 明日も頑張ります

*************************
チームマイクロハイジニストのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士Kimちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

**************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ
顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ 
顕微鏡歯科アシスタントAkiさんのブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは。naomiです

昨日はフッ素の最新セミナーのお話を書きました

先日もイタリアのミネラルウォーターに含まれるフッ素のお話をしましたね・・・

とうとう来ましたよ〜さあ、皆さんどうしますか?

鎖国日本。世界の常識を受け入れますか?それとも否定し続け、日本という井の中の蛙で終わりますか?

08.07.07.Fこの写真を御覧ください。

今日、naomiがお仕事帰りに、コンビニエンスストアで購入したガムです

このガム。+Fとありますね!

実はこのガム、緑茶から抽出したフッ素を添加したガムです

drawing

“許可表示:本品は、緑茶フッ素を配合しているので、歯の表面を改善し、虫歯の原因となる酸に溶けにくい状態にします

とあります。

よく見てください。しかもこれ、厚生労働省が許可している、特定保健用食品ですつまり、体によい食べ物

drawing

さらに側面をひっくり返すと・・・

成分分析値の中に、緑茶フッ素280ug の記載が。

naomiの予防プログラムをお受けになった患者様は思い出してください。

フッ素は天然自然に存在する微量元素です。身近なところでは、お茶、魚介類に結構含まれています

とお話したことを覚えていますか?

先日の歯科衛生士勉強会en-rondの報告ブログで、ヨーロッパのお土産にフッ素の錠剤を頂いた話を書きました。スウェーデンではサプリメントのように、フッ素の錠剤が薬局で買えます。イタリアも同じです

昨日もお話しましたが、世界的には、ウォーターフロリデーション、ソルトフロリデーションとして、歯磨剤やフッ素塗布のような局所応用ではなく、全身応用としてフッ素を使用し、虫歯予防を行っています。

日本にはフッ素の全身応用はありません。

フッ素を使うと癌になります、フッ素を使うとダウン症になります、フッ素を使うと骨がもろくなります、フッ素を使うと・・・

毒の話ばかりが万延しています

アメリカでは水道水にフッ素を添加して60年が経過しました・・・

日本流毒の事実が本当なら、アメリカでは癌が、ダウン症が万延して大変ですねぇ・・・アメリカ人は骨が弱くて骨折ばかりするのでしょうか?

以前にも申し上げましたが、naomiはフッ素推進派でも、反対派でもありません

選択するのは患者様です。

naomiは専門家として世界的状況、臨床データー、臨床経験に基づいてお話するだけです。世界的な事実を申し上げるだけです

日本でもとうとう、フッ素が“ガム”という食品に添加されました。

日本では食品として取り込んでよいフッ素量は定められていません。

でも、意外に日本人は普段の食事の中で自然のフッ素を取り込んでいるってご存知ですか?

海外の人たちよりも、フッ素を取り込んでいる量が多いんですよ

え?じゃあわざわざ、水や塩、錠剤に添加してフッ素を取り入れなくてもいいんじゃないかって?

うわべだけ見ればそういう理論になりますが、実は食物から取り込むのと、水などの溶液として取り込むのでは、フッ素の吸収率が全く違います

たかがフッ素ですが、奥が深いでしょ^^☆

詳しいことは専門的になりますので、お勉強ブログで後ほど。

まあそれにしても、何の世界でもそうですが、お金にむらがるなんとやら・・・

フッ素が特定保健食品に認められたとは・・・歯科医師、歯科衛生士がどんなにフッ素を普及させようとしてもできなかったのに、あっという間に、しかも、体にいい特定保健食品として出回るのですから・・・どうなっているんでしょうねぇ・・・

特保はものすごいお金の木ですから巨大なマーケット市場の裏で、フッ素をめぐって巨額なお金が動く・・・いいえ動いていることでしょうねぇ(笑)

鎖国日本、どうなる?フッ素

naomiはただ皆様の健康が、守れればよいのです。フッ素を使って患者様の健康が守れるなら、すばらしいことです。

今後の行方を見守ります(*・ω・)ノ


大阪研修終了パワーUPDr.IritaniOfficeはこちら☆

衛生士が選べます月曜担当Akoブログはこちら☆

フッ素のセミナーをUPします☆naomiお勉強ブログはこちら

アシスタントさっちゃんのSachiブログはこちら☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは!naomiです

私の大切な友達が、乳がんになり、昨日手術をしました。

先週末から入院していて、まだ術前検査をしているのかと思ったら、なんと昨日手術が終っていて・・・

今日、たまたまメールをしたら、オペが終って、ちょっと辛いけど・・・とメールが返ってきて、びっくりしてしまいましたΣ(・ω・ノ)ノ

友達の乳がん発覚から、偶然にもテレビで乳がんのことをやっていたり・・・タイムリーに乳がんの話題が飛び込んできて、ちょっぴり心がゆれました

そして、昨日、ある一冊の本がnaomiの手元に届きました。

そう。先日、テレビでやっていた、乳がんの患者さんの話。

“余命1ヵ月の花嫁”(マガジンハウス)

という本です。

私が見たのは、この本の主人公、長島千恵さんのまだ生きていたときのビデオ。恋人の太郎さんが、「毎日なにしているの?」と千恵さんにたずねると、鼻に酸素のチューブを入れた千恵さんが一言。

「生きてる」

生きてる・・・かぁ・・・

元気なときって、何してるの?って聞かれても、ピンとこないけど・・・だって生きてるって当たり前で、何してるって言われても、何もしてないって答えちゃいそうだし・・・

生きてる・・・かぁ・・・

結局長島千恵さんは死んでしまったんだけど・・・

毎日、できることを一生懸命にすることが本当に大切。

でも、そんな満足な一日をnaomiは毎日送っているつもり。人生に悔いなし☆

今、死の宣告をされたら・・・やりたいことは、南の島でのんびり毎日過ごすことかな何日も、何日も・・・海を眺めて、空をながめて・・・ただただ空が遷り変って行くのを見ていたいただただぼーっと。

1ヶ月ぐらい行っていたいですかねー^^

ただただ風を感じて、空を感じて、大地を感じて、海を感じて・・・自然の中のちっぽけな私。そんな気分をしばらく味わってみたいです。

友人は早ければ明日退院します。まずは一安心。

何もできないけど・・・心の支えになればいいなぁって。彼女にメールしています


命は大切です。生きているって幸せです。今日こうしてブログも書けるもの

http://www.k3.dion.ne.jp/~iritani/

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ