顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

滅菌技士

当医院に第1種滅菌技師が誕生!!


☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】

医療の質は安全に比例いたします。





【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】



こんにちはmicro scalingR歯科衛生士naomiです
************************************

今日はお天気もまずます皆様いかがお過ごしでしょうか

なんだか世の中が息づまっていて、非常にストレスフルな毎日ですね...って私だけか

母の一件があってから、自分でもよくわからないんですけど、なかなかやる気が起きない。。。睡眠はとっているんですけど、質が悪いのかな。朝起きると体が凝っていて疲れが取れない

よくよく考えると、毎日
これやらなきゃこれしなきゃこれやっちゃダメが頭を回っている事が多い

新型コロナが流行してから家事倍増もともと適当に外食していましたが今は朝昼晩全て手作り。買い物も控えていて毎日の衣服の洗濯も倍増。

気がつけば12時を回っていて。。。睡眠時間6時間は最低取りたいと思っているのですが万年睡眠不足という訳でお休みの日は半日寝溜めたまにはいいよね

さてそんな新生活で色んな事が滞っている中、おめでたい話題が
当院の歯科衛生士YUちゃんがこの度、日本医療機器学会第1種滅菌技師の資格試験に合格いたしました〜パチパチパチ👏
滅菌技士(技師)認定制度については日本医療機器学会 滅菌技師認定制度について をご覧ください。


第1種滅菌技師

医療機器学会からの一部抜粋:(滅菌技士(技師)認定の目的)
医療施設に関連した滅菌供給の知識と実践に優れた技士を養成し、学会として認定することにより、人類の健康と福祉および医療の安全に貢献することを目的とします。


当院では診療の前に患者さんに使用する器具を目の前で開封し、同封している科学的インジケーターの色を一緒に確認する事で、安心して診療を受けて頂いております。→当院の滅菌管理

YUちゃんの合格により、第1種滅菌技師YUちゃん、第2種滅菌技士Akiさんと2人も滅菌のスペシャリストが誕生しました〜あ。。。ちなみに私は滅菌技士(技師)の資格は持っていませんもともと歯科衛生士は資格がなくても滅菌のプロであるべきですし、歯科衛生士の資格は国家資格ですからね

私は資格はありませんが首都圏滅菌管理研究会幹事として、滅菌技士(技師)向けの研究会で第9回13回14回、15回と歯科器材の洗浄・滅菌、感染防止対策、滅菌保証についての講演をさせて頂いております。

あ、はいはい、資格のない僻みとも言えます(爆)

何はともあれ滅菌技士(技師)さんが増える事は我が医院にとって心強いばかりです。

患者さんにも安心して診療を受けていただけるかと思います

おめでとうYUちゃん

2019.11.28〜29 第46回 マイクロサージャリー学会に参加して来ました セミナー34

☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは今日はmicro scalingR歯科衛生士naomiです

*********************************** 

先週の首都圏滅菌管理研究会から早いもので1週間が経ちました。 
余興で歌を唄うと言う大役が無事に終了たら、翌日からドッと疲れが出てしまって翌日はぐったり。

平日に観劇のチケットを頂いたので見に行ったり、外科のオペ日があり、学会があり、そして口腔リハの同期と同窓会...

日本歯科大学東京短期大学 口腔リハビリテーション学専攻 同期

と盛りだくさんな1週間で、やっと今日がお休み。雨で山ほど溜まった洗濯を片付けて
と。


先日の学会の報告がてらブログを書きたいと思います。
11月の28日、29日と東京新宿で行われた、第46回 マイクロサージャリー学会に参加してまいりました

チームメンバー

 
残念ながら木曜日はオペ日だったので、オペ終了後からの参加となりました。↑オペの様子。
最高のチームメンバー、受付担当で滅菌技士Aki(左)と顕微鏡歯科衛生士で滅菌技士の資格も持っているYu(中央)♡手前味噌ですがこうやって紹介するとうちのスタッフはレベルが高い

滅菌技士(師)とは医療施設に関連した滅菌供給の知識と実践に優れた人材です。別の機会に滅菌技士についても詳しく書きたいと思います今日は学会報告を♡

第46回 マイクロサージャリー学会

以下に拝聴した内容を記録します

28日

【新時代シンポジウム2】16:00-17:30 Microsurgery における Fusion Imaging

マイクロサージャリーに応用可能な術中医療情報の取得および可視化技術の展開
正宗 賢 先生 東京女子医科大学先端生命医科学研究所

Augmented reality(AR)技術のマイクロサージャリーへの応用
塗 隆志 先生 大阪医科大学形成外科

AR(Augmented Reality)技術を用いた術中血管走行確認の取り組み
此枝 央人 先生 東京女子医科大学形成外科

光超音波トモグラフィを用いて大腿皮下の 3 次元血管地図フィルムを作成し、安全 な薄層化皮弁手術を行う
津下 到 先生 京都大学大学院医学研究科形成外科学

Microvascular Surgery における顕微鏡下 OCT の有用性と要改善点について
長西 裕樹 先生 済生会横浜市南部病院形成外科

リンパ管造影ナビゲーション下血管柄付きリンパ節移植:輸出リンパ管吻合 (ELVA)有 vs 無
山本 匠 先生 国立国際医療研究センター形成外科

光超音波イメージング画像のリンパ管・細静脈マッピングにおける Augmented Reality 技術の適用
梶田 大樹 先生 慶應義塾大学医学部形成外科

【イブニングセミナー 3】 17:40-18:40

マイクロ機器の世界情勢と将来展望~8K が拓く新しい医療~
光嶋 勲 先生 広島大学病院国際リンパ浮腫治療センター

29日

【ビデオセッション 2】8:30-9:10

1 人でもできる! ドナーサイトもきれいな PAP 皮弁挙上
棚倉 健太 先生 三井記念病院形成外科・再建外科/がん研究会有明病院形成外科

シンプルで助手いらず“1 人”で挙げる DIEP flap
矢野 智之 先生 がん研有明病院形成外科

安全な広背筋挙上のための外科的区分の提案
笠井 時雄 先生 高松赤十字病院整形外科

Short pedicle により行った足趾からの組織移植による指尖再建
五谷 寛之 先生 大阪掖済会病院手外科外傷マイクロサージャリーセンター

【特別講演 2】9:20-10:20 先行領域における Robotic Surgery の現況

1 消化器外科領域におけるロボット支援手術の現状と展望  
   宇山 一朗 先生 藤田医科大学総合消化器外科学講座

2 頭頸部外科領域におけるロボット支援手術の現状と今後の展望  
   楯谷 一郎 先生 藤田医科大学耳鼻咽喉科学教室

【新時代シンポジウム 3 】10:20-11:50 Robotic Microsurgery の近未来像

近未来の機器は外科医に易しい方向に進化すべきである
黒島 永嗣 先生 松本手の外科塾

ロボット援助下手術の現状と未来に向けたトレーニング
上村 哲司 先生 佐賀大学医学部形成外科

手外科・マイクロサージャリー分野での Robotic microsurgery の現状
市原 理司 先生 順天堂大学医学部付属順天堂浦安病院手外科センター

日本発 Microsurgery 専用ロボットの開発に向けて
門田 英輝 先生 九州大学病院形成外科

Robotic microsurgery 近未来像
光嶋 勲 先生 広島大学医学部国際リンパ浮腫治療センター

形成外科領域における Robot-Assisted Microsurgery の現状と展望
高成 啓介 先生 名古屋大学医学部形成外科

【ランチョンセミナー 7】12:00-13:00 手術用顕微鏡下 LVA の最前線

LVA に必要な Tips
山田 潔 先生 岡山大学形成再建外科学臨床リンパ学講座

KINEVO900 を使用したリンパ管吻合術の経験
前川 二郎 先生 横浜市立大学形成外科学

【一般演題:顎骨再建(1)】13:10-13:40

CAD/CAM モデルを利用した腓骨ダブルバレルによる下顎再建の工夫
黒沢 是之 先生 東北大学医学部形成外科

CAD/CAM モデルを利用した腓骨皮弁による上顎再建の 1 例
黒沢 是之 先生 東北大学医学部形成外科

下顎再建プレートを用いた下顎再建におけるプレート被覆法の工夫
姜 成樹 先生 愛知県がんセンター形成外科

腓骨皮弁を使用した double flap 下顎再建と肩甲骨弁を使用した下顎再建の比較
東野 琢也 先生 国立がん研究センター東病院形成外科

【一般演題:顎骨再建(2)】13:40-14:10

下顎区域切除後のプレート単独再建における合併症に関する検討
森 裕晃 先生 静岡県立静岡がんセンター再建・形成外科

下顎再建プレートと遊離前外惻大腿皮弁を用いた下顎硬性再建症例の検討~下顎 再建プレートを用いる意義~
安倍 吉郎 先生 徳島大学医学部形成外科

腸骨穿通枝骨弁による下顎再建の 1 例
北村 成紀 先生 福島県立医科大学医学部形成外科学講座

広範な軟部組織欠損を伴う下顎欠損に対する再建方法の比較
中村 亮太 先生 愛知県がんセンター形成外科

【一般演題:神経(2)】13:50-14:24

歩行困難であった再発性足根管症候群に対して後脛骨動脈穿通枝皮弁を用いて治 療した 1 例
萩原 祐介 先生 湧水方円会稲田病院整形外科/奈良県立医科大学整形外科

顕微鏡視下 Morton 神経腫切除術の治療成績
村松 慶一 先生 ながと総合病院整形外科/山口大学整形外科

腓骨神経麻痺に対する有茎腓腹筋穿通枝脂肪弁の有用性
森本 友紀子 先生 淀川キリスト教病院整形外科

陳旧性末梢神経損傷に対して人工神経移植術を行った 2 例
岡 邦彦 先生 香川大学医学部整形外科

コラーゲン使用吸収性神経再生誘導材(リナーブ)の使用経験
武田 真輔 先生 豊橋市民病院整形外科

【パネルディスカッション 4】14:50-16:20 リンパ浮腫治療の長期成績

下肢リンパ浮腫に対する外科治療の検討
山下 修二 先生 東京大学大学院医学系研究科形成外科学分野

リンパ管細静脈吻合術の蜂窩織炎治療成績
大西 文夫 先生 埼玉医科大学総合医療センター形成外科・美容外科

LVA の長期治療成績と、次なる改善点~術者バイアスを避け、第 3 者スタッフに よる評価徹底する~
三原 誠 先生 東京総合病院リンパ外科・再建外科

LVA における、静脈形成を活用した静脈逆流予防戦略の長期成績
秋田 新介 先生 千葉大学医学部形成外科

スーパーマイクロサージャリー確立後の LVA 長期成績
関 征央 先生 聖マリアンナ医科大学形成外科

集学的治療、集約治療を必要としたリンパ浮腫症例の長期経過
浜田 裕一 先生 福岡赤十字病院形成外科

下肢リンパ浮腫術後 10 年以上経過観察:手術効果に基づいたリンパ浮腫重症度分類
光嶋 勲 先生 広島大学医学部国際リンパ浮腫治療センター

以上が今回学会で拝聴したテーマです
改めて振り返ると結構たくさんの演題を拝聴したなと思います 

 初日は夕方からでしたが、オペの写真がたくさんあって、実は私は血を見るのが苦手だから看護師さんにはならずに歯科衛生士になったのに...結局なってみれば歯科にもインプラント手術もあるし、口腔ガンの手術もあるし、結局同じなのでした

それにしても、今回は皮弁症例が多くて、肉の塊を移植するのですから、初日は気持ち悪くなるかと思いました結果的には大丈夫でしたけど 

いやあそれにしても、先生方の手術の上手さと医療機器の進歩に驚きました、本当凄かった
もう少し拝聴した内容をまとめたいと思いますが、今回は長くなりましたで備忘録という事で 

*******************************************

後日、ARについて調べて見ましたので、引き続きご興味ある方はnaomiのお勉強ブログへどうぞ
 

2019.11.23 第17回 首都圏滅菌管理研究会が開催されました。セミナー33

☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちはmicro scalingR歯科衛生士naomiですいつもこんな感じで診療してます♡

2019 naomi

★ちなみに当院では院長やスタッフのメインテナンスもnaomiがしています写真は院長先生です

*********************************** 

一昨日、私も幹事をさせて頂いています首都圏滅菌管理研究会第17回首都圏滅菌管理研究会が開催されました。

今回は国立台湾大学病院 外科教授のLin先生、看護部長のLin先生、看護師長のWang先生をお迎えして特別講演としてご発表頂きましたそして歯科関連では「耳鼻科・歯科器材の中央処理」というテーマで東北大学病院 材料部の金澤 悦子 先生にお話し頂きました。

そして第2部は初の試み特別企画として会場を移動しての全国中材研の皆さまをお迎えしてのディスカッション。名付けて、どんと来い中材

以下内容を掲載しますが、最近は歯科関係の参加者もたいへん増えており、歯科器材の再生処理に関する関心の高まりを感じます。研究会に名ばかりですが唯一歯科職の幹事として参加させて頂いている私としては非常に嬉しく思います。

歯科は閉鎖的で、なかなか正しい情報が入ってこない...
医科、歯科の垣根を超えて学べる場がある事は非常に意味のある事だと考えています

さて以下内容を記載します。そして最後に私には大役が(笑)

【特別講演】 「台湾大学病院における医療機器管理の方針」
Policy of medical equipment management in Taiwan National University Hospital. Ming-Tsan Lin 先生(国立台湾大学病院 外科教授)
Dr.Lin

「台湾大学病院における手術器械・器材のマネジメント」
Management of surgical instruments and medical devices- Sharing the experience of National Taiwan University Hospital. Hui-Ling Lin 先生(国立台湾大学病院 看護部長)
Ns.Lin

「台湾大学病院手術部、材料管理部の運営」
Sharing of the practical operation of the operating room and center supply department of National Taiwan University Hospital. Fang Wang 先生(国立台湾大学病院 看護師長)
Ns.Wang

ちなみに、ナースのWangさんには2年前に台湾大学病院視察の時に手術部を案内して頂きました。
向かって右がWangさん、左から2番目がnaomiです

台湾手術部視察

【ポスター演題発表】
(1701) 「滅菌ラップの包装時間に関する調査 連続包装、2重包装、スマートフォールドの比較」
(1702) 「A病院における第1滅菌技師の活動報告」 【教育講演1】「手術器械管理の”今” 〜トレーサビリティって何?〜」 久保田 英雄 先生(東京医科歯科大学 医学部附属病院 材料部 副部長)

【教育講演2】
「耳鼻科・歯科器材の中央処理」 金澤 悦子 先生(東北大学病院 材料部)

【ディスカッション】 第2部(特別企画 水上音楽堂にて 17:15開場 17:30開始)
どんと来い中材!〜日本中に正しい再生処理を広めよう〜

〈ディスカッサント〉
北海道中材業務研究会
旭川感染管理ネットワーク
宮城県滅菌技法研究会
茨城県滅菌業務研究会
首都圏滅菌管理研究会
新潟県中材業務研究会
京滋滅菌業務研究会
北摂セントラルサプライ研究会
広島感染防止及び滅菌業務研究会
熊本県滅菌業務研究会
鹿児島滅菌供給を考える会 ICCSネットワーク研究会

【全員懇親会】

最後に懇親会の首都圏滅菌管理研究会の出し物として...余興。お歌を熱唱
最高の仲間と最高のパフォーマンスをしました♡

konshinkai

気がつけば、研究会の中でも年配の方になり...50前のおばちゃんがまさか舞台に立つなんて思いませんでしたけどご来場頂いた皆さまが少しでも楽しく過ごせて頂いておりましたら幸いでございます

私、いつも思うのですけれど、やっぱり歯科衛生士最高おそらくなんでも専門職ってあると思うのですが、専門職同士の結束ってあると思うのですよね。職業人だから初めて会っても仲良くなれるみたいな。

今までも歯科衛生士というだけで広がってきたご縁がたくさんあります

そして今は歯科衛生士という職業を通じて、医科や医療機器の皆様と繋がるきっかけとなり専門職って楽しいと共感できる仲間がいるって最高です♡

最近は若い人たちが大人とのコミュニケーションをとりたがらない傾向がありますが、コンピューターの中でたくさんの情報や知識があって頭は良くなるかもしれないけれど、心の成長、人間としての成長は人との中で磨かれて行くのもです。結局煩わしいけど人間は人の中でしか生きられないものなのですから。

だとすれば、様々な人間中でその関係性を楽しんだ方が人生お得(徳)です
私たち大人だって今の若い人のように大人との関係を疎んだり嫌がったりしたものです。それは時代に関係なく人間関係とは煩わしいものなのです。それをどう考えてどう社会と繋がって行くのか。それは個人の自由ですが、考え方次第で世界が広がります。

高度なコミュニケーションの能力って人間にしかないものですよね

さて、この企画も約10日前に役が決まり、当日は雨風で気温も低く、野外での開催でしたのでどうなる事かと思いましたが、研究会のテーマのごとく「どんと来い」終わって見れば楽しい思い出となりました首都圏滅菌管理研究会の会長である東京大学手術部教授の深柄和彦先生はじめ、メンバー皆さまのお陰で楽しい時間を過ごす事ができました(この10日間密かに毎日練習してました(笑))

特に共に歌った2人は心の友ですっ
ここに感謝を申しげまして、本日のブログは終了したいと思います

次回研究会は6ヶ月後になります。また詳細が決まりましたらUPしたいと思います

2019.10.26 セミナー30 第24回 サプライカンファレンス

supply


始まります!
Profile

hygienist naomi

Advanced Care Dental Office
Archives
QRコード
QRコード