☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

最近ふと思うこと。

「もしかしたら、私がやっている、歯科用顕微鏡を使用しての、歯石の除去やメインテナンスは、拡大鏡を含む従来の肉眼での処置とは似て非なるものではないだろうか? 

 従来、ポケットが4mm以上の深いポケットの中の歯石は、そのままでは除去が難しく。麻酔をして、歯肉を剥がして直接歯石が見えるようにし、歯石を除去して、また歯肉を縫合するという方法がとられていた。

術野が見えないから切り開き、直接見えるようにして視野を獲得し、施術を行う。 

これは、歯科に限ったことではない。医科だってその昔は開頭手術や開腹手術が行われていた。しかしながら、今やこのような侵襲の大きい手術は少なくなってきている。もちろん適応によってはまだ開腹手術も行われるが、できることなら小さい術野でというのが昨今の潮流である。

歯科は?歯周病の治療はどうだろうか?

同じではなかろうか。

今だに肉眼で歯石を除去して、再評価してポケットが残っているから麻酔してポケットを開いて歯石を除去するなんて、ナンセンス

20150311kenbikyou

ポケット6mm。上顎左側側切歯遠心。犬歯は唇側転位。第一小臼歯が近接しています。歯肉を避ければポケット内に大きな歯石が認められます。

20150311SRP

私は世代的に手用スケーラー(ハンドスケーラー)に固執したいけど、でももうそれは「昭和の女子」もう古い時代ですかね...いやいや、そう言われても、私は昭和の女。手用スケーラー派です時と場合によります。今の私があるのは、ハンドスケーラーのことを熟知していたから。超音波しかできない衛生士さんだったら今の私の処置はできない。

炎症がある歯肉は出血しやすい。それは、そこに細菌がいる証拠で、細菌をやっつけようと体の中心部から免疫細胞が血液に乗っかってどんどん運ばれてくる。血液が集まるから腫れて、赤みをおび、パンパンになった血管はちょっとした刺激で破れやすい...これほど出血しても患者さんは全く痛みがない。無麻酔なのに

20150311SRP3

使い分けができてこそプロ。学生の時、ハンドスケーラーと超音波スケーラーの利点、欠点を学んだ。その後、時代がハンドスケーリングはもう古いみたいになって、巷にはハンドスエーラーは使わないという歯科衛生士が増えた私は何度も言うように古風な女子ですからハンドスケーラーにこだわった。

20150311SRP2

こだわってきた結果がこの結果である
顕微鏡での歯石除去に限って言えば、超音波スケーラーを使用すると余計に除去に時間がかかることもある。意外にもハンドスケーラーを最初に使用する方が拍子抜けするくらい手早く歯石が除去できることもある

そして超音波で歯石の除去を行った後や、終盤に差し掛かった時に根面に残る歯石(処置2枚目の写真にうっすら残っている)を剥がしとるのはハンドスケーラーの方が向いている。いやハンドじゃないととれない

歯周ポケット内の歯石の除去は一筋縄ではいかない。手をかえ、品をかえ、自分の持っている知識や技術を最大限に発揮しなければこの症例のような難易度の高い処置にた対応できない。

いつも言うけど小手術。一般的な歯石除去とは似て非なるもの。

プロは結果が勝負。明日も一番勝負頑張ります