顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:水


☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

今日も時間がないので早速始めます

私達が毎日使用する滅菌器。いわば皆様の診療に使われる器具を確実に滅菌する、滅菌消毒にかかせないチームイリタニの相棒ですが

当医院では高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)LISAを使用しています。(これはプレバキューム方式のヨーロッパ規格のクラスBの滅菌器です。詳しい事は今日他の章でも書いているので本日は割愛します)またLISAによる滅菌状況を毎日ブログ上にアップし、患者様自信が自分に使用された器具がきちんと滅菌されたものかどうか確認する事ができます。

結果はこちら☆→イリタニオフィス医療安全滅菌管理研究会

さてこのLISA。滅菌する際には高圧蒸気を使用しますが、蒸気を作る為には「水」が必要となります。ただし通常の「水」(水道水)は使用できません。当医院では精製水を使用しています。

さてなぜでしょうか?

今日はその謎について説明します

天然の水はゴミや塵の粒子、微生物、ミネラルなどの物質を含みます。
ミネラルは天然自然に存在する化学物質で、塩化ナトリウム硫酸カルシウム重炭酸ナトリウムなどがその例です。

ミネラルは水に溶けると水中で遊離しイオン荷電粒子します。電解すると水素イオンやカリウム、ナトリウム、カルシウム、鉄などの陽イオンと(カチオン:カソード陰イオン)に吸着するイオン)と陰イオンアニオン:アノード陽イオン)に吸着するイオン)になります。

アニオン(陰イオン)は酸、塩基、塩の残り物であるのが普通です。

硬水と軟水

水に多量の重炭酸カルシウム重炭酸ナトリウムが含まれている時、硬水と呼びます。硬水は水が石灰岩地形を流れた時に生成されます。硬水にはカルシウムイオンやマグネシウムイオンが溶け込んでいます

沸騰時などの高温時にこれらの物質は水に溶けず、重炭酸塩は不溶性の炭酸塩となり沈殿します。時間がたつと行くそうもの硬いスケール(水垢)となり水との接触表面に沈着していきます。

重炭酸は一時的には水に溶けますが、水を加熱すると沈殿するので重炭酸塩による硬度を一時硬度と呼びます

この沈着物は器材の変色や洗浄機の不具合の原因となります。ヒーターが熱の伝わらないスケール(水垢)に覆われると放熱を妨げ、結果オーバーヒートを起こし、ついには破損します。またスケールがあると昇熱に余分なエネルギーを要するのでエネルギー消費量も大きくなります。

イメージ的にはよく熱帯魚なんかの金魚ポンプにカルキが沈着しているのを見かけた事があるかと思いますが、あんな感じで沈着物が沈着します

これでどうして滅菌器に「精製水」を使用しなければならないかその理由がわかりましたね。

天然の水には多くのミネラルが含まれています。特に重炭酸カルシウムや重炭酸ナトリウムを含む硬水の場合、加熱した際にこれらの物質は水に溶けず沈着します。この沈着物が器具の変色に繋がったり、洗浄機の不具合を生じさせるというわけです

機械の故障はきちんとした滅菌ができないという事い繋がります。水の管理も大切な要素なわけです。

因に、一時硬度が全くない、あるいは非常に少ないものを「軟水」と呼びます。

さて次は「永久硬度」について説明します。
永久硬度は硫酸カルシウム硫酸マグネシウムなど非炭酸塩により生じます。これらは水中に溶解したままで加熱しても沈殿を起こさないので「永久硬度」と呼ばれます。二段階イオン交換逆浸透処理により永久硬度を取り除く事ができます

ミネラルは一時硬度の原因となるため除去するか水溶性の塩に変換する必要があります。これを軟水化と言います。不溶性のカルシウム塩やマグネシウム塩をイオン交換によって水溶性のナトリウム塩にする工程です。ナトリウム塩は水溶性なので残留を生じません。パイプのつまりや加熱時の機械の損傷を防ぐ事ができます。

はあぁ〜道のりは遠いぃなぁ...

きちんとした消毒滅菌を持続して行うためには、様々な事を知らなければならないし、水も水の特性にはじまり、表面張力、硬水、軟水、ミネラル...こんなに詳しく知っていないといけないんですね〜

ちょぴっと休憩ではまた続きは後ほど

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 naomiブログをご覧の皆様こんばんはnaomiです

naomiは歯科衛生士

日々虫歯や歯周病の予防について考えている今日この頃。

最近のテーマは“フッ素”

naomi医院では、唾液検査を行っています

唾液検査の問診の中に実は“フッ素の使用”という質問があります。

フッ素を使っていないと、虫歯のリスクが高くなり使っているとリスクが減ります

なぜフッ素を使っているか否かを虫歯になるリスクに入れるのか?それは世界的に、虫歯予防にはフッ素が必要不可欠だとされているから。

ところが、日本では フッ素=毒 というイメージが強くてなかなか浸透しない。

でも、なぜ?世界でこれだけ認められているのに、日本ではその効果が認められないのか?確かにとりすぎれば害はありますが、それはフッ素に限らないこと。

虫歯がなくなると歯医者が困るから(爆)なんてことを言う人達もいます。

naomiは・・・まあそういうこともあるかなぁーなんて軽く、適当に思っていたのですが・・・

あることをきっかけに、すごく疑問を頂き始めました。そしてその疑問はまだまだこれから解明しなければならない!

ヨーロッパではフッ素を歯磨き粉の中に入れるだけでなく、サプリメントのように体内に取り込む錠剤が薬局で売られています。これは先日のen−rondの勉強会の報告のブログでご紹介しましたね☆Reiさんのお土産です^^naomi医院にもイタリアで入手したフッ素の錠剤が飾ってあります。

ところが、日本にはフッ素の錠剤がありません。

これは、まあ薬の部類に入るような気もしますので、ちょっと話の横に置いておくとします。

ところで、↓の写真を見てください

drawingこれ、今日naomiが近くのスーパーで買ったイタリアの水です。

ROCCHETTA と SUIO というイタリアでもメジャーな水です。この目でイタリアでも売られているのを見ましたからメジャーな水に間違いありません

イタリア人も飲むお水です。

他にもう1つULIVETOというお水があります。実は診療所に置いてあります。

では次の写真を見てください。

drawingこれはROCCHETAの成分表示です。

赤線の部分をよく見てください。

フッ素が入っています。

 

drawingさて次にこの写真。

これはSUIOの成分表示です。

黄色の部分をよく見てください。

フッ素が入っています。

今日は手元にないのですが、実はULIVETOの成分表示にもフッ素の記載があります。(機会があれば写真をUPしますね☆)

フッ素が入っています。

ところがこの商品を日本でネットで調べると、成分表示が載っているのに、フッ素はすっとばされています。書かれていません。

フッ素よりも微量のミネラルの表示はされていますが、フッ素は書かれていないのです

これって一体どうなっているのでしょうか?

謎です。不思議です。

日本のフッ素の情報が正しければ、イタリアではダウン症が生まれる確率が高いということになりますね・・・(なんでもフッ素を飲んでいるとダウン症の子供が生まれるそうですから)

イタリアでは癌患者が非常に多いことになりますね・・・(なんでもフッ素を使っていると癌になるそうですから)

イタリアではお年寄りの骨折が多いことになりますね・・・(なんでもフッ素を使っていると骨がもろくなるそうですから)

日本は水道水にフッ素は含まれていません。

さらに錠剤としての服用は認められていません。製品がありません。

歯磨き粉に含まれる含有率は法律によって1000ppmと決まっています。(ちなみにヨーロッパでは1500ppmです)

歯磨き粉ではなく、フッ素のジェルやスプレー、洗口剤もありますが、それらを使用している人は日本国民のほんの数パーセント以下です。皆さんの周りにほとんどいませんよね?歯磨き粉以外のフッ素の製粉を使っている方

こんなにフッ素と接点がないのに、どうしてフッ素が体に悪いとわかるのでしょうか?

謎です・・・

そして日本人の虫歯は諸外国に比べて全然減っていなくって、80歳で残っている歯は数本・・・5-6本で、定期健診に歯科医院を受診している人の割合は全体の30%以下です

どう思いますか?この現状。

naomiはフッ素推進派でも反対派でもありません。

科学的根拠と世界的な状況、すべてをお話して患者様が最終的には選択すればよいと思います。

でも・・・少なくても今までお話してきた現状を見ると、フッ素に関してとても公平な情報が日本で出回っているとは思えない・・・

予防とはその国の社会的背景や、生活習慣にも目を向けなければいけないのです( -д-)ノ歯磨き粉やフッ素の製品だけ見ていては、毎日の水の中のフッ素のことは置き去りになってしまいます。

病気の予防は生活、生き方と深く関わっているのです。

でも、こんなフッ素の話とか・・・今まで聞いたことがありません。

みんなヨーロッパで使っているもののマネだけ。文化、教育、経済・・・そういったものを見ていない。ただフッ素入りの錠剤、歯磨き粉しか見ていないのです・・・

日本には日本の風土にあった歯科の予防があります。ヨーロッパのやり方をそのまま持ち込んでもそれは無理です。

そういう予防の概念を・・・残念ながら語ってくれる衛生士さんはいませんとても残念なことです。

来月フッ素の神様と呼ばれる先生のセミナーに行きます.。゚+.(・∀・)゚+.゚

また皆様にご報告します☆


毎日パワーアップ♪Dr.IritaniOfficeはこちら☆

naomiお勉強ブログはこちら

アシスタントさっちゃんのSachiブログはこちら☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ