顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:死

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは。歯科衛生士naomiです^^*

つれづれなるままに。

今日は思ったことを綴ります。

日本では“死”に関しての教育がありません。

人が死に行くことがどういうことなのか、家族の死に直面するまで何も知らない。

だから、ある時、家族に死が訪れた時、どうしてよいかわからなくなってしまう。

naomiは医療従事者だから。想像もつくし、ある程度のことが理解できる。

でも、普通の人はそうはいかないよね。。。

介護、医療現場で言われること。

在宅で看取ることの難しさ。

在宅で看取るということに、家族が精神的に耐えられない。

皆、住み慣れた家で死にたいと思っているのに、日本ではほとんどの人が病院で死を迎える。

在宅で死を迎えるということは、家族がその死と直面しないといけないから。

その覚悟ができるほどに日本人の心は成長しきれていない。

姥捨て山。日本に昔からあるこの言葉だが、これが日本人の死生観を物語っているように思う。

姥捨て山は死に関してのことだけど、でも“死”は“生”の裏返しである。死を追求すれば、おのずと生がいかなるものか理解できることであろう。

日本人は“死”を理解できない。つまり“生”が何であるかも本当は理解していないのかもしれない。

死の意味、生の意味を知っていたら、子供が親を刺し殺すなんてきっとならないのではないだろうか?

死を見つめること。それはいくつになっても大変なことだーね。。。

でも、naomiは信じているのです。人はどんな困難にも乗り越えられる力を持っているって。


どうやって文章を締めくくろうか考える。


適当なまとめが浮かばない。

人の死にこんなにも感情が交錯するのはきっと人間だけだろう。

“死”を悩む。それは人間の宿命なのかもしれない。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは!naomiです

先日・・・ブログを書いた、次の日、叔父は息を引き取りました・・・

御年53歳。数え年で54歳。短い一生でした。

叔父は小さい頃、尿毒症にかかり、生涯病院で一生を終えました。

自宅に返ってくるのは、年に数回。

そんな叔父が亡くなって、叔父の一生はどんな一生だったのだろうかと思いがよぎります。

幸せだったのかな・・・

一生病気をかかえながら、それでも最後まで本当に生きようとした叔父を見て、生きるということを本当に考えさせられました。

なんでそこまでして生きようとするのかなぁ・・・なんて苦しそうな叔父を見て思いましたが、でも、それが生きるってことなのかなぁ・・・とか。

昨日、告別式で、少々疲れも出たのか、昨日の夜から吐き気がして起きていられなくなってしまいました・・・今日は朝から病院スタッフに迷惑をかけました。

先生、そしてスタッフの皆に迷惑をかけしました。一番迷惑をかけたのは、患者様ですね・・・本当に申し訳ありません。

なんだか言葉になりませんね・・・

叔父のことを書こうと思うと、なんだか言葉になりません・・・

自分の人生の最後の日まで、責任を持って生きたいですね

明日はどうなるかわからないから。今日できることは今日しなくっちゃ


明日も、明日だけしか吹かない風があります。明日の風に乗って・・・明日もまた頑張って生きようと思います。

http://www.k3.dion.ne.jp/~iritani/

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ナオミブログをご覧の皆様、こんばんは!ナオミです^^

さっきまでネットサーフィンしてました^^でね、ある看護士さんのブログにたどり着きました。本当にたまたまなのですが、すごく…書いてあることに共感してしまいました。http://tiyoro.exblog.jp

ナオミは看護士さんじゃないんだけど、同じようにいつも“死”ってなんだろうって思っています。この看護士さんと同じように、駅のホームでここで誰かに背中を押されて電車にひかれてしまったら…死んでしまうんだなぁとか、たかーいビルや展望台の上から地上を見て、ここから落ちたら…とか…

私の中に、なぜか死がついてまわっている。なんでだろ。

人って、誰かに必要とされていないと、生きていけないのって、すごくわかる。必要とされていないって、ものすごく孤独で、ものすごく寂しくて、生きていても仕方ないって思う。。。深い、深い、孤独の闇。底なしの暗闇。

看護士さんのブログを見てたら、そんなこと……ふと思い出した。

生きている実感て、きっと、誰かが自分を必要としているときにものすごく感じるんじゃないかなぁ。だから自分の家族を持った人は家族のために生きる。家族のためなんていうけど、きっと、家族がいて自分がいるから頑張れる。家族のために自分がいないとだめだと思う、自分が必要だと思うから、頑張る。自分のいる場所がある。

でも…

最近は自分の居場所がない寂しい人が増えてるんじゃないかな…

心の居場所がない人が…

ナオミは、本当にいつも仕事のことしか考えてない。買い物をしていても、あ、これ、仕事に使えるな〜とか、テレビを見ていても、あ、これいい!まねしよう〜とか、いつも仕事モードで頭が働いている。

本も、仕事の本を読むし、暇な時間は仕事に役立つことに費やす。

でもね、ナオミの仕事って…自分が生きることだと思うの。

仕事=自分なの。生きている時間って、本当に短いから。ナオミが一番時間を使えるのは仕事の時間で、仕事をしているのが、私で、私が生きている意味でもあって、私が生きていることの証…

何かに向かって、走っているのが、ナオミなの。

だから、仕事ばっかりだねって言われると…すごく悲しいけど、でもね、生きている間に自分が生きていた証を残したいの。私しかやれない、何かをしたいの。だから、毎日を全力で生きてる。

そんな自分を人と比べると、すごく生き急いでいて可愛そうだなぁと思うときもある。もっとのんびりでもいいんじゃないかって^^

でも、生きている意味を人より早く見つけようとして走ることができるのは、すごく幸せにも思う。

だって、きっと、ナオミは今死んでも、後悔がないから^^

今日を全力で生きる。ナオミはあと何時間生きられるんだろう。そして、何人の人に出会えるのだろうか?

ナオミの生きている意味を探すたびは、明日も続きます^^

ぎゃっはっはーーーこんなこと考えてる、ナオミってかなりへ〜んっ!(爆)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ