顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:歯科

naomiブログをご覧の皆様、こんにちは☆歯科衛生士naomiです♪

今日は院長が研修会のため休診。連休でっすー♪なんだけど、いつもnaomiは月曜日がお休みなのよね

さて、先週の月曜日に待ちに待った拡大鏡ちゃんがやって参りました〜

お師匠様が拡大鏡を貸してくださったおかげです

院長にお願いして買ってもらいました

拡大鏡は決して安いものではありませんからね。買ってもらえたことに感謝、感謝です。

今回購入した拡大鏡。眼科のメーカーの物。

拡大鏡もいろんなメーカーから出ています。レンズの善し悪しで値段は全く違うようです。

レンズはカールツァイスの物が一番よいと聞きます。

歯科衛生士さんの多くが使用しているのは、オーラルケアのサージテルですかね。

この購入にあたり、担当の方とお話をしたのですが、歯科衛生士は拡大鏡を買ってあげると院長先生が言っても、拒否するんですってーーーーーーーーー^^;先日も書きましたね☆

naomiなんて、待ちに待って、やっと購入してもらったのに!

いらない理由は、もう最初からただいらない とか、ださい とかなんだって。

ださいって。。。

何のために拡大鏡を使うのか理解しているのでしょうか?ねぇ。。。

施術の精度をあげるために使うんでしょう?見た目と施術の精度とどっちを選ぶわけ?しかも見た目だけで判断ですか。。。

本質を見ない人のなんと多いことか。がっかりです。

お師匠様にしばらく拡大鏡をお借りしていたのですが、やはり拡大鏡を使うと、拡大鏡なしでは処置に困ります。

特に歯を美しく仕上げる際には、ないと困る。

そう言って院長に購入をお願いしました。

本当に、その美しさの具合が全然違うんですよ〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚輝きが違う。

今回の拡大鏡の選択のポイントは

1.レンズの軽さ

2.ライト付きであること(レンズとライトが同軸であること)

3.焦点距離が長いこと

の3点です。

私も最初は何をどう選択すればよいかわからなかったのですが、一度使ってみると、選択のポイントが見えてきます。

毎日の処置で使う物ですから。

いくら“見える”と言っても、使い心地の悪い物はだめです。術者が疲労するような物はやはり避けるべきです。処置の精度が落ちます。

以前の物は眼鏡タイプで、鼻1点に力が集中していました。頭の後ろに回った紐をしめて固定していたのですが、固定がゆるいと落ちてくるので、紐をぎゅっとしめていました。

そのため眼鏡のパッドがあたるところが、いつも跡になり、いつか、ここだけシミになるんじゃないかって気になってました(笑)それでも、毎日使い続けましたよ、もちろん。

施術の精度は全くちがいますからね(☆゚∀゚)シミになろうが関係ありません。

ライト。これは、実は私が望んだのではなくて、院長が使う時にライトがあった方がよいという理由でライト付きを探してました

焦点距離。

焦点距離が短いと、どうしても施術の時に肩があがります。見ようと思うと近づかないといけないからです。結果、無理な姿勢となり、体に負担がかかります。

先ほども申しましたが、毎日のことですからね体に負担はいけません。

以上のような理由で、今回の物を購入となったわけです。
IMG_0005

でね〜更に発見がありましたよ〜

日々研究ですよね。物は使いこなしてなんぼですから。

実はうちの院長、ライトを買っても、歯科衛生士である私は使わないと思っていたようで(笑)

いえいえ、ライトがないと施術にならないよーーーーー

完全にnaomiの物です。うっしっし( ̄ー ̄)ニヤリッ院長が使う時はもう1つ買ってもらうとしますか(笑)

臼歯を見るには、ライトが必要です。

そして、歯を綺麗にする範囲が、このライトのお陰で広がりました〜

え?歯を綺麗にするって何?って?

いえいえ、それは企業秘密です

歯を綺麗にするというと、皆、すぐにホワイトニングとか思い浮かべますが、ホワイトニングではありません。

歯自体の本来の美しさを取り戻すことが、一番大切で、ホワイトニングはnaomiに言わせればおまけです。

日本人の場合、特に、歯を綺麗にするということがありませんからね。

日本の分類は、歯石をとる、着色をとる、ホワイト二ング。

これでは歯を綺麗にするには不十分です。細かい汚れやくすみが歯の表面にはあります。それを取り除くことで歯は美しくよみがえります

なんだか、このくくりって面倒だわね。

歯を単純に綺麗にしたいだけなのに。

歯石だけとりますか? とか

着色はとりますか? とか

歯石も着色も同じ歯の汚れです。

まあ、保険診療は病名に関して処置があるわけで、歯を綺麗にする行為には適応にならない。

着色は歯周病の原因になりませんからね。

よく考えれば、着色だって、歯の表面についた汚れで、歯に汚れが物理的についていつんだから、細菌だって付着しているに決まってる。

歯周病の直接の原因じゃないかもしれないけど、細菌の付着を助けている。違いますか?

歯科衛生士のメインテナンスは細菌をリセットすることです。着色もとって綺麗にする。当たり前のことです。

そんなの物理的に考えればわかることです。

学術的にきちんとしたことと、医療制度には隔たりがある。

naomiはnaomiが良いと思うものを純粋提供したい。患者さん幸せのために。

さて。長くなりました。

一日短いな〜

お掃除しますね☆(*゚∀゚)っ

つづき☆

naomiは何度も申し上げていますが、日本には日本に合った、日本に根差した“歯科予防”の姿があります。

海外のスケーリングはルートプレーニング、セレクティブポリッシングやPMTC、キシリトール、バーニッシュを真似したり、取り入れたりしても、日本人の歯科疾患を減少させることはできません。

これは“物”の話であって、“本質”ではないからです。

以前もご紹介しましたが、お師匠様曰く。

『イチローと同じバットを使ったからと言って、イチローにはなれない。』

これは“物は使いこなしてなんぼ”という意味なので、naomiが今伝えたいこととは少々違うのですが、“物”のとらえ方としては同じです。

歯科疾患の場合には、その国の生活習慣や、教育(医療従事者育成の教育も含む)国の医療制度、税金、歯科治療費、受診システムなど、他のたくさんの要素のうちの、上に説明した物は一部ってことです。

だから、単純に海外の真似をしても、日本では無理なのです

naomiが思うに、アメリカは、“歯科のマーケット作りに成功しているな”ということです。

マーケットと表現すると、なんだかお金儲けのようで嫌な感じがしますが、よいマーケット作りは患者さんのためにもなります。

歯は大切、歯並びが悪いことは自己コントロールができていないということ、定期健診は当たり前、そういう風に、マーケット市場を開拓して、そのシステムを作って、患者さんを受診させる。

ホワイトニングだも同じ。

歯が汚いのは人じゃない!ぐらいに国民を教育し、そのマーケットを作り上げる。

これがアメリカ。

日本みたいに、クルクルPMTCで歯が守れると患者さんをそそのかし、PMTCを受けたいという需要を生み出し、PMTCを受けさせる。このようなマーケット作りにはまると、ろくなことになりません

さて、そこで本題。

歯科衛生士という職業において、アメリカでは、やっぱり“スケーリング”“ルートプレーニング”な感じ。

先日誰かがブログに綴っていましたが、PMTCという言葉もないし、日本のようなエステティック感覚はないのです

さて、ここに実は裏の意味が働いているように思います。“だから海外はちゃんとしていて、日本はそんなことばっかりやっててだめなんだよね”と。

ところがnaomiが思うには、アメリカのマーケットは既にできあがっていて、今以上の物を提供する必要がない。スケーリング、ルートプレーニングで十分なのです。

日本は確かに、何を勘違いしたか、ワクワク歯科医院でクルクルPMTCで喜んでますけど(その内容はさておき)でも、その裏には、医療=サービス業という考えがあります。

特に日本の歯科の場合、保険診療、自費診療と選択があります。

ある意味、アメリカは国のシステムが出来上がっているから、日本でいう保険診療のようなもの。それ以上の工夫もできないし、それ以上工夫する必要がない。

でも日本の自費の場合、まったく枠組みがないから、何をしても自由。患者さんのニードに合わせて何でもできる。歯科衛生士がスケーリング屋である必要もないし、お口のエステをしててもいいんじゃない?

それで患者さんが歯科医院に通ってくれて、歯を大切にしてくれるなら。だって、歯科医院に行く習慣がないんだから。日本は(笑)

アメリカなんかそんなことしなくっても、勝手に患者さんくるのだから、スケーリングだけしてればいいって話でしょう?そうじゃありませんか?

社会が違うのだから、同じ土俵で論じることがおかしい。

海外の衛生士の“日本のメインテナンスにはエステ的な要素がある“発言は“ちゃんとしたこともやらないで、何がエステ?何かおかしくない?!”という意味だとおそらく思います。

え?ひねくれてます?(笑)

だってね、海外に行く衛生士さんて、だいたい日本の衛生士業務に愛想を尽かして出て行くじゃありませんか、違いますか?

あまりにも日本を馬鹿にしすぎじゃないですかね~

あ、naomiは海外に出られないアホ組なので、日本の歯科衛生士はバカだって言われると腹が立つだけなんですけどね(笑)

マズローの欲求段階説というのがあります。

1.生理的欲求(physiological need)
2.安全の欲求(safety need)
3.所属と愛の欲求(social need/love and belonging)
4.承認の欲求(esteem)
5.自己実現の欲求(self actualization)

痛みがある場合の歯科治療は1~2程度になりますね。歯の痛みは食べること、命にもつながりますからね。

さらに、歯への関心が高まって、歯をもっと美しくしたい!と思えば、どの欲求段階は上がっていきます。

美容外科なんかが最たるものです。

美容外科も医療ですけど、でもその欲求にードは高い。

美しくなりたい、もっと綺麗になりたい。高次の欲求です。

だから、歯のメインテナンスがエステ的だから日本の歯科衛生士は馬鹿だという発言は、おかしい。

よく考えれば、治療ニードよりも欲求レベルからすれば上なのだから、そのマーケットを開拓しているということはもっと進んでいると考えるべきなのでは?

メインテナンスも、ずっと来院していれば、歯磨きも上手になるし、それに伴って歯石の付着も少なくなり、歯科衛生士が施術することは少なくなってきます。

いつまでも、毎回毎回歯石をとっているようなメインテナンスは受けていても仕方ない。通常だったら自然と口腔内が綺麗になっていきます。(全員とは言いませんが)

いつまでもスケーリング、ルートプレーニングと言い続けているのもそれは本当のメインテナンスなのか?ってことです。

メインテナンスで一番大切なのは、“通い続けること”です。それは細菌を定期的にリセットするということ、そして、かみ合わせなど異常がないかの早期発見、そしてモチベーションの確認と、モチベーションの向上です。

モチベーションを上げていくと、患者さんのニードはどんどんあがります。歯の治療だけじゃなくて、歯を奇麗にしたい欲求が上がっていきます。

この欲求にお答えしていると、必然的にエステ的、美の要素が入ってきます。

健康の先にしか美はありません。

病的組織に美しさはない。健康な組織だから美しい

その国によって、歯科の予防のマーケットの形は違います。

大切なのは、本質を見極めて、追求し続けること。

余りにも勘違いしている方が多いのではないでしょうか?

naomiはいかに患者さんの歯を美しくするかしか最近は考えていません。

でもそれは、歯石もきちんととり、健康な歯周組織を取り戻し、健全な歯面を取り戻し、そういう正常な組織があってこそ取り組めること。

美しさを追求して、エステ的感覚で仕事をしていますが、決してその工程に手を抜いていません

ホワイトニング1つにしても、その美しさはその前に行うクリーニングの精度で結果は全く違います。

多くの歯科医院では、ホワイトニングというと、歯の表面だけちゃちゃっと掃除してホワイトニング剤を塗るだけかもしれませんが、naomiはどちらかと言うと、ホワイトニング前のクリーニングに全力を尽くします。

クリーニングをすること、そしてその過程に手を抜かないことが美しさの秘訣です

なるほど。ブログを書いていて思いましたが、日本の歯科衛生士ってすごいよ、やっぱり。モチベーションをあげる技術は、世界一だと思う。

もちろん、モチベーションをあげられる歯科衛生士であればってことだけど(☆゚∀゚)

隣の芝生は青く見える。でももしかしたら、自分の芝生はそれ以上に青かったりして(笑)

まずは足元の色を確認してから、隣を見てみるとよいのではないでしょうか?

本質を見極めましょう☆

naomiブログをご覧の皆さま、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

先日から、“日本の歯科衛生士像”に関して、naomiの中でスイッチが入ったらしく、ツイッターでかなり爆裂していたのですが、ツイッターはつぶやきなので、あまりに文章が長いと皆様にご迷惑かなと思い、ブログに綴ることにしました(*・ω・)ノ

naomi歯科衛生士歴17年。

若いころは海外研修や留学を夢みました

世界の最先端と言えば、アメリカ。そして予防先進国のスウェーデンやフィンランド。

いつしか年が過ぎ、大人になり、留学はともかく、海外研修の内容も理解できるようになり、大人数で参加する研修会に“お金”が見え隠れして参加する気になれず。。。

今でも参加したいのですが、大人数で、観光とかついているツアーが嫌なのです。どうせお金を払って行くなら、最後の最後まで研修したい。

多分、多くの歯科衛生士が、行くついでの観光を望んでいて、毎日盛りだくさんの研修を望んでいないからそういう企画になるんだと思うんだけど、ヨーロッパへの渡航費用を考えたら、1円でも無駄にしたくない!

最終日1日ぐらいは観光でもいいけど。帰るまでの時間調整で。見ると2日間ぐらいフリーだったり、研修も数時間で、夜のご招待パーティーとか。

なんだかねぇ。。。と思っているうちに、月日が流れてしまいました

ところが、ひょんなことから、海外視察のお仕事を頂き、研修ではなかったけれど、海外の歯科医院を実際に訪問することになりました。

スウェーデン、フィンランド、イタリア。

歯科医院の視察で感じたこと。

向こうの歯科医院もそんなに広いわけじゃありません。しかも各部屋個室。見学に入れてもせいぜい5~6人でいっぱい。

ゆっくり話を聞き、見られるのは、この人数しかありません。

でも。。。日本の研修会のツアーは最低10名?それでも割が合わないということで、人数を増やしています。

意味なし。

そして、もっと感じたことは、海外研修で学ぶべきことは、基礎ではなく、その国のシステムや社会背景だということ。

解剖学や生理学、薬理学など基礎の勉強は、日本でもできます。その教育の奥深さに違いはあれども、ヨーロッパ人と日本人の解剖が違うということはありません。

また歯周病の病因論に変わりがあるわけではありません。

それを海外で学ぶのは、“海外で勉強した感”に満足しているだけで、“海外に行く”必要がない。

海外で学ぶべきは、“海外に行かないと学べない物“を吸収することなのです

でもね。。。誰もそういうこと、教えてくれないんだよねー(笑)

海外=すごい という時代は終わったのです。

情報はインターネットや海外の書籍を通じて、どんどん入ってくるし、考え方の違いはあれど、知識に差がない時代になったのです

これも時代の流れですね☆

つづく(☆゚∀゚)

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは〜naomiです^^

今日2度目の登場

さっき、ニュースを見ていたら、続々とインフルエンザ感染者の増加が言われていますねみるみる感染者が増えている!

ニュースを見るごとに20人ずつぐらい増えています。現在92名。おそるべし増殖です。

とうとう来たか。

来ないわけないのです。感染しない、日本に蔓延しないなんて理由ないからです。

唯一の救いはまだ、強毒性じゃないってことですね。。。

これからはわかりませんけど。スペイン風邪の流行の時も、1回目は弱毒性で、2度目に流行したときに、多数の死者がでたようですから

東京に来るのも時間の問題でしょうね・・・

さて、では私達は何をしたらよいのでしょうか?

以前にも書きましたが、再びご紹介します。

1 手洗い・うがいをする!

2 マスクを着用する(これは人に感染させないためです。咳エチケット)

3 人ごみを避ける!

またもし新型インフルエンザに関して健康不安があるようでしたら、全国の保健所で発熱窓口なるものが開設されているようですから、こちらで相談してみましょう。

全国の保健所の一覧をリンクします。http://idsc.nih.go.jp/hcl/index.html

数時間で鼠算式に感染者が増えているのに、あなたはまだ海外へ行こうなんて思っていませんか?

自分だけは感染しない!そう思っていませんか?

もしそう思っている方がいたら、感染者を増やしているのは、まぎれもない、貴方のその心構えです。

絶対に人ごとではありませんよ。

今日も、感染者が出た高校の職員の方がテレビで言っていましたが、

「まさか当校でこんなことになると思っていなかったので正直戸惑っている状態です。。。」

そう、誰もが自分達の周りには感染は来ないと、根拠のない自信に満ちています。

本当に感染しない?それは間違っていないでしょうか?よく考えてください。

感染をこれ以上拡大しないためには、皆さんの協力が是非とも必要なのですお願いですから真剣に考えてください

とにかく、手洗いうがいをしましょう

マスクはしていれば感染しないというデーターは実はありません。感染させない効果はあっても感染しない効果のデーターは出ていません。

マスクがあればいいってもんじゃないのです。

意識を変えましょう。あなたも感染する可能性があります。

まず手を正しく洗いましょう!手の平、手の甲、指の間、指先、親指の周り。そして、外出したら、うがいをしましょう!

そして不必要な人ごみへの外出、渡航は避けることです。

今日はせっかくなので、もう少し具体的な予防を付け加えてみます。

家に帰ってきたら、まず、手洗いです何よりも優先しましょう。

手を洗う石鹸は液体を使いましょう固形石鹸は、不特定多数の人が触りますし、表面に汚れや細菌が残っている可能性もあります。

そして手洗いのタオルはこまめにとりかえましょう濡れたタオルは細菌の温床となります。

それから、もし万が一体調が悪い、インフルエンザかな?と思ったら、無理して外出せず、自宅で養生、もしくは発熱外来で相談しましょう。

そして会社の上司の皆さん、ぜひ体調が悪い社員を無理して出社させるようなプレッシャーは与えないでくださいね!

仕事が休めない・・・

無理して出社して、会社がインフルエンザで閉鎖なんてことにもなりかねませんから。病院へ行くのは大目に見てあげてくださいね!

だからといって、社員の皆さん、インフルエンザにかこつけて、安易にお休みするのは辞めましょうね(笑)モラルある行動をお願いします

さて、どうなるのでしょうね。

感染がこれ以上広がり続ければ、強毒性にウイルスが変化することもあります。

皆さんで協力して感染を広げない努力をしましょう

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは〜naomiです

連休が開けて、今日からnaomiもお仕事です。

naomiの今日の午前中のお仕事は内職( -д-)ノ

新型インフルエンザの予防対策です!

なんだか日本はおかしな国で、テレビの報道を見ていると、マスクさえしていれば新型インフルエンザは防げるようないいっぷり。

海外に渡航している人たちも、マスク、マスク・・・

本質を見失っています。

マスクをしてりゃあいいってもんじゃないでしょう!

感染の広がりがなぜ世界的になっているのか?それは交通手段の発達で、人が早く遠くへ行けるようになったからです。

感染を防ぐためには人や物の移動を制限しないといけない。

でもそんなことは現実的に無理。

だって、昨日だけで4万人でしたっけ?世界中から日本へ入国したのですから。

日本に感染者が現れるのは時間の問題と一部で言われていますが、naomiもそう思います。

日本の対応はお粗末。

医者もインフルエンザの患者を断る始末。

そこでnaomiも何かできないかぁと思って、今日はsachiちゃんと内職です。

正しい手洗いの方法、そして何が大切なのかを草の根運動で1人1人に伝えようと考えました。

感染の予防には、まず、他人事と思っている、そのことから改めなければなりません。

他人事と思っている限り、感染者は必ず出るし、感染は広がり続ける。

一番大切なのは、マスクをすることじゃなくって、他人事と思っているその心を改めることです。

まずは自分のこととして真剣に考え、そして行動することです。その行動の1つが手洗いであり、マスクであり、人ごみに不用意に出ないということなのです。

いくらマスクをしても、感染者がたくさん出ている海外に出向いているようでは、無意味ってことです。自ら感染源に飛び込んでいるのに、マスクしてるから大丈夫なんて、おかしいでしょう?よく考えてください

そう、あなたは運良く感染しなかっただけなのです。運良くね。マスクのおかげじゃなくって、たまたま感染しなかった。ただそれだけです。

これが本質です。

そこで、“インフルエンザの予防にはあなたの協力が必要です!”と一筆入れて、マスクと正しい手洗いの方法を書いたチラシを作りました。

作製の様子は院長のブログへどうぞ。写真・・・とり忘れた^^;

歯科衛生士のnaomiでも、医療に携わる者としてできることがあるっ!

草の根運動ですが、新型インフルエンザの予防に努めたいと思います!

院長のブログはこちら☆内職の様子が見られますよ♪

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは〜naomiです

ううっ苦しい・・・

実はnaomi、7月にあるセミナーで発表するのです・・・

テーマは決まっているのですが、なんともアイディアが湧きません・・・

しかもその期日は今月一杯。時間がないよぉ(T_T)

それにしても、我ながらnaomiらしいなぁ(笑)

7月に発表すとここで公言して、実は自分にプレッシャーをかけています(爆)

先日、勉強会で第一回目の発表しました。緊張したぁ^^;

4人でジャンケンして順番決めて、3番目に勝ちました。順番の残りは当然1番か4番普通は1番って嫌じゃないですか?

ところがnaomi、「じゃ、1番やります。」って1番最初にさせていただきました

実力はないけど、度胸だけは据わってる?!(爆)

7月の内容もいろいろ考えます。

まず1つはお師匠様が求めている(求めているであろう)内容にするか・・・それとも、今回は見知らぬ歯科医師の先生や、歯科衛生士の皆さんが来るので、歯科衛生士の皆様が“来てよかった〜♪”と言ってもらえる内容にするか・・・

私としては、歯科衛生士さんに、何か伝えられたらと思うのだけど・・・これが難しい。

naomiがいつも発表する時に考えることは、“歯科衛生士なんだからこれは知っていてほしい!”っていうメッセージかな・・・発表というよりも、歯科衛生士へのメッセージをこめてスライドを作っているなぁ、そういえば。

でも、今回はちょっと違うのよね・・・

なんだかよくわからないのだけれど、人のことじゃなくて自分のためのスライドを掘り下げるというか・・・自分のために作ったスライドがすばらしいものだったら、それは人も感動させるというか・・・

上手く言えないけど、そんな感じなんだよね。

15年目にして基礎に立ち戻らなければらなない、今、naomiにできること・・・

だから今までの15年のことなんてどうでもいいことで、その話をしても仕方ない。

でもnaomiには今まで歩いてきた15年しかないのだから、これまた難しいなぁ・・・

何もない、“無”から何かを生みだすってすごく難しい。。。だって人に伝えられる“物”が何もない。

新卒1年目で講演するのと同じこと。。。でも、今回はセミナー費を頂くしな・・・人からお金を頂くということは大変なことです。

それは自由診療で日々お金を頂いているnaomiにはわかりすぎるくらいわかっています。naomiが提供している歯科衛生士のプランの値段が患者様を満足させなければ、患者様は2度と来院することはない。

お金はどんな人にだって、とても大切なものです。それを頂くのですから、それなりの覚悟や責任がなければ無理です。

だとしたら・・・今のnaomiにできることは。。。

素直に今の自分を語ることかなぁ。素直に自分を語って、また1から、皆さんと一緒に勉強していきたい、歯科衛生士として“真の理論”を皆さんと一緒に考えていきたい、そんな思いを伝えられればいいのかな・・・

だとすると、スライドは少々学術的なものから離れるな^^;

さて、それがお師匠様のお目にかなうかどうか・・・

えーい、ままよ。だめならだめで破門されるまでよ(爆)

自分の能力を超えるものはできないのだから、naomi流でいっちゃいましょう

駄目だしされるのは重々承知の上。持ち前の度胸だけでやるしかないわね

学術的なことは今勉強中だし、基礎の専門家じゃないし、今のレベルではnaomiには無理だ^^;

さてではちょと練りに入りますね☆


院長もパワーUPDr.IritaniOfficeはこちら☆

先日一緒にシャープニングのセミナーに行ったよAkoブログ

naomiお勉強ブログはこちらさぼってます・・・

アシスタントSachiちゃんブログ

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは〜naomiです

09.02.26.ope.jpg火曜日はインプラントの手術でした。久し振りにnaomiが第一アシスタント。

前回は外回りだったし、その前は第ニアシスタント。メインは久しぶりです。

うちの院長は某大学のインプラント治療部の出身なのでインプラントは得意中の得意なんだけど・・・

でも実際にイリタニオフィスでのインプラント手術は少ない。

なぜか?それはすぐに歯を抜かないから。

どこの歯医者さんもすぐに歯を抜いてインプラントにしましょうと言います。

でも、頑張れば抜かなくてすむ歯もたくさんあります。いいえ、ほとんどが抜かなくてすみます。

歯を安易に抜かない。だからインプラントは少ない。

ちゃんと歯を残そうと考えている歯科医院のインプラントの症例数って実はそう多くないんじゃないかな・・・

歯周病で有名はヤンリンデ先生は、発表の中でインプラントのたくさん埋まったレントゲン写真を出し、これが歯科医師の治療の未来か?といつも問かけていました。

一時・・・ううん。今もそうだけど、歯周病の治療のゴールがあたかもインプラントのように業界が流れている。そんな気がするな・・・

歯周病で歯がなくなったら、インプラント。

最終手段ではあると思うけど、それが歯科医師としての最高の治療かと言えばそうじゃないのかも。

だって、歯科医師だって歯を守った方がよいものね。

ま、でも歯科医師は治療がメイン。歯を守るのは歯科衛生士と言いたいな(笑)

抜いてインプラントをして、得意げに腕自慢をするのはいかがなものか・・・

でも、インプラント治療は歯を失った患者様にとっては最高の治療でもあります。そのことは事実。

ここでの話はインプラントが良いとか悪いとかそういう話じゃなくって、歯科医療従事者としてどんな理念を持って治療にあたるかが大切ってこと。

最初から歯を守る、残す努力をしないで、インプラントの道を選択して得意になるのはいかがなものか?ということ。

インプラントになったということはその歯を守れなかったということ。そうだよね。そういう見方もある。

インプラントもひどい治療がたくさんあります。

当医院でも他医院の抜去の症例がちらほら・・・

入れ歯で満足しているのに、インプラントを無理やり進められて逃げてきた患者様も知っています。

この業界おかしいよ。

今年はなんだかインプラントやサイナスが多いな

でもやるたびに準備がスムーズです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

さっちゃんの成長が目覚ましいっ

やるたびに自分で工夫してスピードUP助かります。

明日はさっちゃんがお休み・・・(´;ω;`)さみしい・・・

明日は忙しいぞー

明後日はこいちゃんが出勤こいちゃんとの仕事はお久しぶりだな^^

日曜日はお師匠様のセミナーで、月曜日はいつもは休日だけど、来週は出勤^^;昨日は取材で午前様だったし・・・体力もつか?来週まで?(爆)

歯科衛生士15年目。キャリアは(年数だけだけど^^)増えるけど、体力は落ちますな(爆)


院長もパワーUPDr.IritaniOfficeはこちら☆

衛生士KoiちゃんのAkoブログはこちら☆

naomiお勉強ブログはこちら

アシスタントSachiちゃんブログ

 naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆naomiです

日曜日は歯科衛生士ネットワークen-rond(アンロンド)の12月勉強会。その勉強会に向けてスライドを作成したので、ブログがすっかりご無沙汰に^^;

たまりにたまったご報告なのですが、順番にご報告していきたいと思います。

12月の6日にインプラントのセミナーに院長とアシスタントのさちりんと一緒に参加してきました。その報告もなかなか書けなくて・・・

08.12.06.seminer2.jpg今回のテーマは“インプラント治療における口腔衛生管理”

前回はインプラント手術における滅菌・消毒でしたね☆

今回は術前・術後の注意ほか、インプラントと天然歯の違い、メインテナンスの話でした。

講師は前回同様、歯科衛生士の安武まゆみさん。

08.12.06.seminer.jpg内容がすごく充実していたのですが、時間がなくて、じっくり聞けなかったのが残念

でも、今回のen-rondでまとめた“生物学的幅径”のことについてもお話があったので、とても参考になりました。

詳しいことは、お勉強ブログでですね・・・

かなりさぼってますけど(爆)

土曜日はフッ素の神様と呼ばれる、眞木吉信先生のフッ素のセミナーアドバンスコースにも参加したし・・・

これも報告しないとな^^;

とりあえず今日はここまで☆


院長もパワーUPDr.IritaniOfficeはこちら☆

フッ素セミナーに一緒に参加KoiちゃんのAkoブログはこちら☆

naomiお勉強ブログはこちら

アシスタントSachiちゃんブログ

naomiブログをご覧の皆様、おはようございます!naomiです

つ、つ、ついにっ!当医院のプロモーションビデオが完成しました〜

作製にあたってのメイキングオブはこちら☆

完成!歯科医院のプロモーションにしてはすごすぎる・・・^^;

イリタニオフィスプロモーションビデオはこちら♪

プロモーションビデオはMr.SUGIYAMAが作製しています。フューチャリングイマジネーションのHPはこちら☆

歯科医院のプロモを変える、時代を変えるすばらしいできばえです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは〜naomiです

連休も今日で終わりですね・・・

仕事は好きですが、明日から仕事かと思うと、少々憂鬱なnaomiです

え?それって本当は仕事が好きじゃないのでは?って?するどいご指摘ですねぇ〜^^仕事は好きですよ☆でも、本当の本音を言えば、南国の海辺で毎日ハンモックに揺られていたい・・・と思います(笑)

今回のGWはイタリアで過ごしましたが、イタリアといえどもお仕事ですから、見学の日は朝からピリピリしています。ホテルを出る前からポケットにレコーダーを装着し、MEMO帳はすぐに取り出せるように、バックの端に準備。

カメラもケースから取り出して、ポケットに入れておきます

もちろん、前日にバッテリーの確認、電池の交換は必ずです。

取材というのは1回切りの勝負。特に海外では、後でもう一度教えてくださいということはできません

聞き逃し、撮り忘れは致命傷です。

ですからかなり緊張します。

たった2・3時間と言えども、その集中力はすごく、終ると、どっと疲れが出ます

午後は観光地を見に行けるとわかっていても、naomiの心の中はもうそれどころじゃありません。終った安心感と、緊張感のほぐれで半ば頭が真っ白です

今回も無事に終了。よかった〜

イタリアのいろんなところを見たけど、それよりも取材が終ったことが本当にほっとしました^^

イタリアの歯科事情については、仕事としてまとめてから、落ち着いてからブログにUPします☆

イタリアで一番感激したのは、ラファエロの絵。ラファエロの絵の色の鮮やかさ・・・一番感激しました☆^^ラファエロの壁画を見ることはnaomiの長年の夢でしたから。

また行けるとよいなぁ^^

さて!気合を入れて明日からまたお仕事するとします!!!


明日から診療です☆naomi医院はこちら

 

このページのトップヘ