顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:歯科疾患予防

☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは今日はmicro scalingR歯科衛生士naomiです

*********************************** 

私はいつも患者さんの体を拝見させて頂いていますが、歯科衛生士としての月日が経てば経つほど人間の体が良くできてるな〜と日々関心するばかりです

そう、人間の体には無駄がないそして何か...例えば、病気とか...でもそれは意味があって起こっているという事。

例えば歯周病で歯ぐきが腫れているとすると、必ずそこには細菌がいる。だから腫れる。歯周ポケットは歯という硬い組織と歯肉という軟組織の間にある。硬い歯が歯肉を突き破って出ていると考えればその隙間から細菌が侵入するのを防がなくてはならない。

爪は伸びることによって指と爪の間の汚れを排除して行くけれど歯は伸びられない。だから、噴水のように歯肉溝浸出液をいう液体を出して歯周ポケットの中に汚れを排除する。

そう。人間の体の機能に無駄なものなどない。

だから、いつも歯のクリーニングをする時に、特に歯石の除去をする時に、歯肉を不必要に傷つけない事や、歯の根の表面を削り過ぎないように表層の歯石だけを除去するように心がけけるとか。

侵襲の少ない処置を心がけています。だから、むやみに超音波スケーラーでキーンとか、ハンドスケーラーでガリガリ根面を滑沢にしたりはいたしません。

先日6歳臼歯のお話をしましたけど...

うちの先生は小児歯科医ではないので子供の治療はしません。私は歯科衛生士として赤ちゃんからお年寄りまで全ての人を見続けたいと思うけど...もし小児歯科に行って経験を積むとすれば、歯科用顕微鏡をこんなにも好き勝手に使わせてもらえる環境を手放さなければならない。

本当、こんなに面白いものはない。歯科用顕微鏡

私が最近思っている事。歯科衛生士はどこへ向かっているのかなーって事なんだけど。保険点数に口腔機能低下症に対しての点数がついた事もあって、最近は子供の発達について業界がザワザワしている。赤ちゃんの姿勢とか、舌や唇の動きとか、食育とか。

歯科衛生士の原点は虫歯の二代疾患である虫歯と歯周病の予防であると私は思っている。

姿勢も機能も大切だけど。。。でも歯科衛生士が行う処置でエビデンスがある確かなものは 、歯石の除去しかない。

先日小学生の話を書きましたけど、確かに舌癖があって、やや不正咬合気味で、口腔周囲筋が緊張して居て口が開かないのだけど...

さっきも言ったけど、何にでも意味がある。舌癖は悪い事でやめるように言われるけど、じゃあなんで舌癖になるのか?って考えた事あるのかな。

例えば、舌の筋力が弱い?なんで弱いのか?
嚥下のポジションを獲得できてないから舌が前へ突出する?

舌癖があって歯列不正だから口呼吸が起こる?
それとも口呼吸だから口唇の筋力が弱くなって口唇閉鎖できないから口腔圧を陰圧にするために舌が突出すして陰圧を保つのか?

そもそも口呼吸の原因は何なのか?口で息するにはそれなりの理由があるわけで、単純にやめろというのでは解決にならない。鼻腔に問題があるかもしれないし、習慣性の口呼吸かもしれない。

鼻腔の診断をするには耳鼻科との連携が必要だし、単純に口頭の問診だけで口呼吸が問題と決めつけるには根拠が乏しすぎる。

そういう別の因子を全て排除してからこそ真の診断がつくのである。でも、そこを論じている人は誰も居ない。姿勢とかっていうけど。先天的な発育曲線の範囲以内なのか、それとも異常なのか、解剖学的に骨の異常はないのか?そういうよくわからない因子の事は論所ないで、歯科だけで問題を決めつけようとするのが私には理解し難い。

だから、私にとっての真実は歯石の除去の中にしかない。

必ず私だけで診断できる。だって単純。歯石がある→炎症が起きる。歯石を除去する→炎症が治る→治癒する。決まっているもの。

だから、私は歯科衛生士はもっと歯石を除去する事に心血をそそぐべきだと思う。歯石の除去ができないのに、全身の健康とか言われても。歯肉の炎症さえ抑えられないのに、健康に何もないもんです

人間観察って面白いですよね。この間観察していて思ったんですけど、乳歯って次に出てくる永久歯の栄養になるとかってよくいうじゃないですか。私小児歯科は詳しくないんですけど観察していたら理解できました。

2020.01.20.乳歯E

この写真は乳歯が虫歯になっているんだけど。。。隣のノーマルな歯が押してきているように感じるのは私だけでしょうか?

2020.01.20.乳歯 Eその2

このやじるの先のあたり、歯が虫歯で崩壊して歯質がないのを良い事に、グイグイ押している気がしない?つまり、1つはグイグイ押してくるから歯質に影響して虫歯になった可能性と、グイグイ押しているからこのままいくとやや倒れて本来の位置よりもずれる可能性があるって事。いや〜難しい。

そう私はこれを見て、本当人間の体って良くできてるなーと思うのは、乳歯が吸収するのにも意味とがタイミングがあって生態が決めているって事。もし虫歯じゃなかったら隣の永久歯のポジションはちょっと違ったポジションになったと思う。

そして、もしこの歯を治療するとするならば、隣に食い込んでしまった分どうするか?という事もあるし充填する形態も変える必要があるのかもしれない。

それは今後の見通しとどう歯列を導いていくのかによるので、決まった答えはない。

未来を想像する歯科医療従事者の想像によって未来は変わってくるのだ

やっぱり歯科衛生士の仕事って奥が深いな〜

そう、でも小児歯科に通っていたのだよね...まあ、専門って言ってもそんなものなのかな。。。

やっぱり臨床はやめられませんよね。私も私、失敗しないのでの方と同じで論文書くより研究するより生身の人間を相手にする臨床家の方が断然好きです

さてー今週も頑張ります

ぜひ皆さんいつも言いますけど一生涯お使いできるマイハイジニストを持ってくださいね

*******************************

歯科衛生士naomiが勤務するイリタニオフィスはこちら☆ 
大人になっても予防は大切。いつからでも遅い事はありません 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは今日はmicro scalingR歯科衛生士naomiです

*********************************** 

早いもので今年も明けたかと思ったらもう2週間が過ぎてしまいました

先日友人と話しをしていた時に、今年の抱負は?と聞かれて、言葉に詰まってしまいました...

今年の抱負。。。か。。。

なんだか年と経るって切ないですね。若い頃は毎日がキラキラしていた気がするけど気がつけば輝きを失っているようなあ、それは自分次第か。結構守りに入ってるな〜と思います。

重度な歯周病の患者さんが来ないかなー最近はメインテナンス(定期検診の患者様)が増えて新規の患者さんが来院されても口腔内が綺麗な方が多くって。。。歯石を取る機会が少ない

あ、どこかで聞いたセリフ。

オペしたい〜ってやつです。

人間の体って本当に良くできていて、皆さんきちんと理解しているかどうかわかりませんけど、なぜ歯石を取らないといけないのか?って話です。

歯石は歯ぐきの上につく場合もありますし、歯ぐきの中に付く場合もあります。結構な確率で歯ぐきの中の歯石は取った事がないと患者さんがおっしゃいます。あとは取った事がある人では、麻酔をしてとか。

私は無麻酔で歯石を取りますが、歯科用顕微鏡があると結構な深さまで無麻酔でいけます。

あー歯石が取りたいなーーーーーーーーー誰かお願い、歯石取らせてーーーー
私、失敗しないので

さて。かくいう私も歯科衛生士歴が四半世紀を超えましたが未だにまだまだ勉強です。

当医院にはほとんど子供の患者さんは来院されませんが、先日小学生の患者さんを拝見させて頂きました。

そして何のご縁か先日ある患者さんに受付で50歳前後の第一大臼歯の喪失率って知ってますか?と突然聞かれました。確か。。。かなりな確率で無いはずだったけどどのくらいだったっけな4人に1人なんですね。4人に1人って多く無いですか?だって。

参考資料 厚労省 歯の喪失の原因

6歳臼歯喪失率


そうなのですよね...結構な確率で6歳臼歯と呼ばれる、初めて生えてくる大人の歯は、早くに喪失して行くのですよね...

いかに6歳臼歯を早い段階から守り始めるか。いかに6臼歯を虫歯にさせないかが100年時代を生きる時代の口腔予防の初めの一歩なのですよね。。。

そして小学生の患者さん。

6歳臼歯その1

すごく歯磨きが上手な患者さんだったけど。。。でもやっぱり6才臼歯の歯磨きは難しい。

6歳臼歯その2

そしてこれからこの後ろに7番目の第二大臼歯は生えてくるのですよね。。。しかも舌癖があって口呼吸気味。呼吸器の発達も心配

人生の早い段階で自分の口腔内の事を知る事ができる幸せ。最初に関わる歯科衛生士としての責任。。。もうすでにこの患者さんは他で歯科にかかっていて乳歯の治療をしているのだけれど...何で最初の最初に大切な事を伝えてあげないかな麻酔が痛くて歯医者さんがもう嫌いになりかかってた患者さん。

私に出会った事で、少しは歯医者さんを好きになってもらいたい。歯医者さんをというよりも、自分の体に興味を持って自分の体を大切にする事を学んでもらいたい。だって一生はまだまだ長いんだもの。

そして、私はこの小さな患者さんから、いかに早い段階からのアプローチが大切かって事を学ぶのです。。。そして、この小さな患者さんの歯をどうしたら守ってあげられるのかなって思うのです

子供って素直で可愛いですよね

そして。。。最後に、ブログ書いてて思うのは、歯科衛生士の仕事は歯石を取る事じゃない、患者さんの健康になりたいスイッチを押すことだって事です。。。

でもーーーーーー歯石取らせてーーーーーーーーー

はい。明日も頑張ります
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ