顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:歯科医師


☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】
マイクロスコープホワイトニングスケーリング

完全予約制、個室診療、全過程録画保存
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント 

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

今日は祝日。皆様いかがお過ごしでしたか?私は母に誘われてNHKの公開録画に行って参りました

演歌の大御所北島三郎さんや吉幾三さん、石川さゆりさんや坂本冬美さん、早見優さんや榊原郁恵さん、きゃりーぱみゅぱみゅさんなど年齢層幅広い皆さんの歌を聞いて参りました。

やっぱりプロって凄いですね。伊藤四郎さんと郁恵さんのMCにも感激したし、とにかく感激しっぱなしの1日でした。

さて。最後にお仕事ネタを書かなくちゃね(笑)

先週からずっと歯石除去のお話を書いていますが。

定期的に歯科衛生士の歯のクリーニングを受ける理由の1つ。

「早期発見」

顕微鏡を使う歯科衛生士である私が得意とする、大きさ1mmの虫歯の発見。

1mmcaries


え?なぜ「顕微鏡を使う」「歯科衛生士」が発見するのが得意かって?

それはまず大きさ1mmではレントゲンに写らない。更の表面をピカピカ綺麗にしていなければ表面がプラークで白く曇って発見する事はできない。

つまり、一番1mm足らずの虫歯を発見できるのは、歯をクリーニングした直後であり、顕微鏡を使用している場合に限る。

虫歯の場合、エナメル質の欠損が1mmであっても、中で広がっている場合があるため、必ずしも見た目が1mmだからといって、その虫歯の深さが1mmとは限らない。もっと大きい場合もある。

一番私が怖いのは、虫歯が神経にどれだけ近いか?という事であり、一番避けたいのは神経の処置である。

まあ、その前に、「歯科医師に歯を削らせない」っていうのが前提だけど

歯を長持ちさせるためには、神経を取るのは絶対に禁忌であり(だからと言ってやみくもに削らないとか神経を取らない方がよいというのは間違い)神経を残すのが歯を長持ちさせるコツである。

神経を取らなければ歯の寿命は格段に延びる。

うちの先生にはいつも嫌がられる。

「よく見つけるよね...」

そうそう、もう1つ重要な事。

歯科医師と歯科衛生士の連携。

例えば私が1mmで見つけた虫歯を1mmで治療できる歯科医師じゃないと、私は虫歯があると断言できない。

つまり、1mmの虫歯を治せる腕がある歯科医師がパートナーじゃないと私の発見は無駄になるのである。

歯科医師と歯科衛生士は役割が違う。それぞれに技術がなければ上手くいかない。なぜなら予防は治療が終了した時がスタートであるが、不可逆的であり、予防から治療へ、治療が終わったら予防へと、その境界線はいつもシフトするのである。

そして歯科医師、歯科衛生士の間を行ったり、来たりするのである。

もちろん歯科衛生士へのシフトが大きい方が歯が長持ちするけれど、一生歯科衛生士の方へシフトという事はあり得ない。

なぜなら人間は生きていて、生まれた時から人間のベクトルは死に向かっていて、死に向かうという事は体が故障して行くという事だからである。

不老不死であるなら歯科医師も歯科衛生士もいらない。生きている限り歯科医師も歯科衛生士も必要という事になる。

治療と予防はある意味両輪である。つまり歯科医師と歯科衛生士もまた患者をボディーとする両輪である。どちらが欠けても車の安定は悪くなる...

そういう予防の概念を知る事も大切ですね。

明日は水曜日。また明日から頑張りましょう
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】

世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント
画像診断(口腔内超高画質画像世界最高機種マイクロCTハイグレードX-ray
3台のPCと5台のモニター
ガスクロマトグラフィーRCR検査位相差顕微鏡

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニング及び一般の方向けクリーニングのみの診察を始めました。詳しくは電話で問い合わせ下さい。

*************************

28b633fa
ただ今院長の歯のクリーニング中

今日は最後の患者様が早く終わったので。院長の歯のクリーニングをする事に。

「先生の歯のクリーニング今からする。」と顕微鏡アシスタントのSachiYuちゃんに言うと。

「ずる〜い。先生ばっかり

順番待らしいです...('д` ;)本日イリタニオフィス歯が綺麗ランキングが変動しました(爆)

というわけで、naomiクリーニングの結果が見たい方は、院長の歯に注目です

日々精進(´∀`*)、
明日も皆様の歯を綺麗に仕上げさせて頂きます♪

☆naomi



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは
チームマイクロハイジニストチームリーダー☆歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

今日も冷えますね。一昨日の雪の影響で地面から深々と冷えて参ります

今年も早いものですでに15日が経過しました。
日々有り難い事に、患者様が来て下さり、日々忙しいnaomiです

さて。クリーニング希望の患者様です。
歯周ポケットが深く数回に分けて歯肉縁下の歯石を除去を予定しています。

取りあえず、予定の歯の歯石を取り終え、全体チェックしていると...

check1

上顎のブリッジのポンティックの下から膿みが滴っています...

check2


頬側を見るとポンティックの下から膿みが出ています。

check3

毎度緒お馴染みのプローブで中を探ります
黒い目盛りは4mmライン。出血と膿の中で何かがプローブに触れます

check4

血液と膿みを洗い流すと...ムムっ何か見えます。

check5

何やら、歯の様ですが

まさか、ブリッジ(橋渡し)の下ですから。。。歯なんてことは。。。

check4

何やら...レントゲン像もおかしいですね

この患者様は歯科医師に「歯磨きの仕方が悪いから腫れて膿みが出る。」と言われていたそうです。
患者様はとても素直な方なので、自分の磨き方が悪いのだと言って一生懸命歯磨きをしていたそうです。

こんなの歯磨きしても治るはずがありません
原因はこの歯肉の中にある歯かもしれない何かであり、お手入れが悪い、俗に言う細菌によっておこる歯周炎とはわけが違います。

院長曰く。

「見えなかったんじゃないの?普通は14枚(部分的な歯のレントゲン写真)法撮らないし。撮れても(レントゲンの精度が悪くて)見えないよ。」

ですって...

はい?今なんて?

見えないっていったのこれが見えないの歯科医師でしょ

「マイクロスコープ無いし見えないんじゃないの?」

歯科用顕微鏡がないからって...これを患者様の歯磨きのせいにするのはちょっと...私には納得できません。

よく見てくださいよ...歯科衛生士の私がおかしいと思うくらいなのに

なんだかね...

診断力が重要ですね

**************************
チームマイクロハイジニストのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士Kimちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

**************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ
顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントAkiさんのブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは
チームマイクロハイジニストチームリーダー☆歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

毎日寒い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

このたび以前告知しておりました通り、歯科医師の先生方限定の歯のクリーニングを始めます。

歯石を取りたい

ステインを除去したい

歯を綺麗にしたい

歯周病が心配

セミナーの相互実習前で歯を綺麗にしたい

顕微鏡下でのクリーニングを体験してみたい

歯科衛生士教育の一貫としてクリーニングを体験してみたい...

受診の理由は様々あると思いますができる限りご期待に添えるようお手伝いさせて頂きます

診察に際して以下資料をお持ち下さい。

<お持ち頂く物>

・最近のパノラマ写真(必須)

・最近のフルデンタル写真10〜14枚(可能であればバイトウイングも)(必須)

・その他参考資料があればお持ち下さい。

*予約時間は1枠90分です。
*お口の状況によっては1回の診察ではご希望に添えない場合もございます。初診時にご相談下さい。

まさしく挑戦の年

先生方の歯を誠心誠意を持って綺麗にさせて頂きます

ご希望の方はお電話にてご予約をお願いいたします。
ご来院お待ちしております

**************************
チームマイクロハイジニストのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士Kimちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

**************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ
顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントAkiさんのブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

前回は私がいつもしている歯石除去の事を書きました。

今日は歯科医師が行う歯石除去と歯科衛生士が行う歯石除去の違いについて書いてみたいと思います

naomiが歯科用顕微鏡を使い始めた頃はまだまだ顕微鏡がメジャーじゃなくて、ネットを見ても顕微鏡ってキーワドがなかなか見つからなかったのですが、最近は「顕微鏡使ってます。」とか「顕微鏡を用いた治療の動画アップしてます。」とか、顕微鏡の知名度がだんだんと上がってきているように思います

私も時々、他の人の処置が気になって見てしまうのですが
なかなか歯科衛生士さんの症例に出会うことがありません。

「歯科衛生士が行うメインテナンス。」とうタイトルで動画もありますが、見てみると実際には歯科医師が作製したもので、歯科衛生士の症例であることはほとんどありません。まああってもクルクルで何の参考にもなりません

某雑誌社が動画とリンクして歯科衛生士の動画を載せてましたけど。。。微妙でした
歯ブラシがちゃんと当たっているかとか、クルクルとかうーん。。。私が参考にしたいのはそういうのじゃないんだけど

メインテナンスで一番重要なのは歯科疾患の原因になるプラークを除去する事なので、その処置や顕微鏡ならではの深いポケットの歯石の除去とか、そういうのを見たいんだけど

だいたいそういう症例は歯科医師が行っている物が多い。

でも。。。歯科医師が行う歯石の除去と、歯科衛生士が行う歯石の除去には決定的な違いがあります

歯科医師が行う歯石の除去は治療をベースに行われます。
一方歯科衛生士が行う歯石の除去は予防をベースに行います

症例をよく見ればわかります。

歯科医師が症例として出している動画はポケットが深くて、完全に歯周病に罹患しています。病的な症例です。少なくてもポケット4mmは越えてますね

でも、私、歯科衛生士が行う歯石の除去は深いポケットももちろんあるけど、まだポケットが深くならない極々軽度なポケット内の歯石の除去も行うという所が歯科医師と歯科衛生士では決定的に違います

私が前回ご紹介した症例(歯周病の原因になる歯石除去の事)もポケット3.5mmです。

まだご本人にも自覚がなく、症状もない、ポケット3.5mmの患者様の歯。この歯石除去を誰がしてくれるのかという事なのです

もちろん歯科医師がしてくれる?いえいえ、そんな歯石先生達除去しませんよ歯科医師の先生達そんなに暇じゃないもの。それにご本人に症状ないんでしょう?やるわけないじゃないですか。病気じゃないんだから。歯科医師は治療をするのが仕事なのですから、未病の状態でやるわけがありません

ポケットが浅くても歯石は付着しますポケット1mmや2mmに付着した歯石。でもこれ放っておけば将来必ず悪さをします。歯周病の進行に繋がります。

ここが歯科衛生士の腕の見せ所です重度歯周病の治療は歯科衛生士よりもずっと腕の良い歯科医師の先生達にお任せしておいて歯周病の芽を早期に摘み取ろうではありませんか

今までも何度も申し上げておりますが、歯科医師と歯科衛生士は役割が全く違います。
同じ歯石の除去をするのにも、そのベースの考え方が違えば結果は全く違ってきます治療ベースで歯科医師の治療を受けるか、予防ベースで歯科衛生士のクリーニングを受けるか。

さてあなたはならどうする

満員御礼明日も1日頑張ります

**************************
 
イリタニオフィスに新しくスタッフが仲間入り
顕微鏡歯科歯科衛生士Kimちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントAkiさんのブログ 

**************************

 東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは!naomiです

さて、ブログをご覧の皆様に、質問がありまーす♪

歯科医院で一番偉いのは誰でしょうか?

〇科医師

∋科技工士

歯科衛生士

せ科助手

さあ、誰が一番偉いでしょうか?

答えは……

歯科医師

Boo Boo答えはNOです。はずれ

正解は歯科衛生士

最近、本当の予防って何かなぁってずっと考えています。

そして、患者の話を聞いたり、歯科医院のホームページを見たりしていて、今日の結論に達しました。

なぜ歯科衛生士が偉いかと言えば、歯を削らない職業だからです。

そして、歯を削る前に予防し、一生涯虫歯は歯周病から守ることができる職業だからです。

患者様は、虫歯になってから、一番よい治療を求めて彷徨いますが、結局治療してしまったら、将来の虫歯や歯周病のリスクは増えることになります。

先日行ったカリオロジーのセミナーでまたまた確信しました。

先日行ったカリオロジーのセミナーでは、歯周病の前に、必ずカリエス(虫歯)のリスク検査をしなさいと先生はおっしゃいました。

なぜか?

それは、歯周病の治療をすると、歯肉が下がって、歯の根の部分が見えてきます。

当然虫歯のリスクが高くなります。

虫歯は虫歯菌が産生する“酸”によって歯が溶かされてしまう病気ですが、歯の表面のエナメル質の溶かさるPH(臨界ペーハー)は5.7歯の根の部分のセメント質やエナメル質の下にある象牙質が解ける臨界PHは6.2。

そう、つまり歯の根が見えるということは虫歯のリスクが高くなるということなのです。

ところで、個人的に臨界HPについて疑問があります^^;そういえば先日のセミナーではDentinの臨界PHが6.2と言っていたような^^;

Dentinとは象牙質のこと。根の部分はセメント質。Cementumの臨界PHは言ってないなかったような・・・Cementumの臨界PHではなく、Dentineの臨界PHと教授が言ったことに意味があるのか?なぜCementumeと言わなかったのか確かめなくてはいけませんね・・・

セメント質の臨界PHを調べるのは簡単ですけど・・・

これは解決しなければ!!!さて。どうやって解決しましょ^^;教授に直接EnglishMailで質問か???^^;

いずれにしても、リスクが高くなる!

そのカリオロジーのセミナーでnaomiの心の中でストンと落ちたものが、虫歯の経験値。

naomiが使っている唾液検査のテストの中に、今までのう蝕経験値としてデーターの入力があるのです。

う蝕の経験値は今から頑張っても取り返しが付かない!なぜ、データーとして組み込むのかずっと疑問でした。

でも、よくよく考えれば、どんなに精度のよい治療をしたとしても、その精度は絶対ではありません。

天然自然の歯にはどうしても劣るのです・・・

つまり、歯は削れば将来の虫歯のリスクが増すということなのです。

ですから、一番偉いのは歯科衛生士

天然自然の歯を残すことができるのは、歯科衛生士です。

ただし、条件があります。よき歯科衛生士との出会いが、まだ歯に異常がないときに・・・というのが条件です^^

欧米のように、欧州のように、定期的に歯科医院に通う習慣があったなら、日本人の歯はもっと残っているのでしょうね・・・

そして、歯のあるすばらしい人生を心豊かに死ぬその日まで楽しめるのでしょうね・・・

生きることは食べること。食べることは生きること。

そして生きるということは、体の健康のみならず、心の豊かさとも繋がってくるのです。

一心同体。心と体は表裏一体なのです

心豊かに生きるために・・・お口の健康を守りましょう♪


naomi医院はこちらです☆

http://www.k3.dion.ne.jp/~iritani/

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは!naomiです

今日はチーム医療について書いてみたいと思います。

最近のコメントにも書いたのですが、naomiは歯を削る歯科医師が嫌いです。

“歯は一生使う、大切な体の一部”そして

“人生の最後を豊かに生きるために絶対不可欠なもの”

そう、食べることは生涯を通じて楽しむことのできる、唯一の楽しみだからです。

だから、必要以上に歯を削る歯科医師は嫌いです。

そして、naomiは歯を守る歯科衛生士ですから、naomiが見ている患者様が先生の治療に回るということは、naomiの努力が足りなかったということになります。

もちろん、naomiだけが頑張っても毎日のホームケアが一番大切ですから、患者様との二人三脚となるわけですが、二人三脚のチームワークを築けないということは、歯科衛生士としては失格です。

自分には常に厳しく。それがプロとしての責任だと思います。

歯を必要以上に削る歯科医師は嫌いですが、その反面、歯科医師の先生を心から尊敬しています。

それは、歯科衛生士のnaomiだけが頑張っても、患者様のお口の健康を守ることはできないからです。

歯科疾患は皆様ご存知の通り、一度かかったら自然治癒はありません。

一生、虫歯も一本もなく、歯周病にも一回もかからないという人は、いるかもしれませんが、極、極まれだと思います。

だとしたら、やはり、歯科医師の存在は大きいものがあります。きちんとした治療なくして、予防はありえないからです。

合っていない詰め物を歯科医師がしたら、それを予防しろと言われても、はやり二次的に虫歯になりますし、歯科衛生士だけの力では無理なのです。

GWに訪れたフィンランド。フィンランドでは歯科の予防にとても力を入れています。

どのように力を入れているか?と言えば、フィンランドの歯科教育では、“口は体の一部”という考え方と、“歯科治療はチームである”という考え方がベースにあります。

ですから歯科大学での教育は、1人の患者様に対して、歯科医師と歯科衛生士がチームを組んで、その患者様に何が必要なのか一緒に研修してゆきます。

日本では残念ながら、歯科医師と歯科衛生士は別の教育で、一緒に研修することはありません。今はそういう学校もあるのかな・・・少なくともnaomiの時はありませんでした

そう、歯科医師と歯科衛生士は役割が違い、お互いの立場や視点を理解するために、一緒に研修するのです。

教育からして違います。

naomiも常々、歯科医療はチーム医療だと思っています。それぞれの役割をしっかりと果たせば、どんなにレベルの高い医療が提供できることか・・・

歯科衛生士はミニ歯科医師ではないし、歯科医師の言われるままのお人形ではありません。レベルの高い衛生士さんは自分でその方のお口の中の診断(厳密に言えば、歯科衛生士が診断することはできませんが、他に適当な言葉が見つからないので、診断と書かせていただきます^^)ができますし、予防に関してのケアプランを立てることができます。

長く歯科衛生士をしていれば、だいたいこの先どんな治療が必要になるのか?もわかりますし、自分がその患者様の全体治療の中で、どんな部分を担って、どの部分を歯科医師にお願いするかが必然的に見えてきます。

歯科医師にいちいち、“予防をしろ”だの、“歯磨き指導しろ”なんて言われません。

“先生、ここの歯周ポケットが深いので、チェックしてください”“ここが削れているのでかみ合わせのチェックをしてください”という風に、自分の判断で、歯科医師に話せるのがプロの歯科衛生士です。

この“自分で判断できる”というのがプロなのです

もちろん、その判断が正しいかどうか、その判断に基づく処置が必要かどうかは、歯科医師が判断します。あくまでも、歯科医師にその患者様の情報を提示するのが歯科衛生士です。

あなたのかかっている歯科衛生士さんはそういう歯科衛生士さんですか?

ぜひ、せひかかりつけの歯科衛生士さんを持ってくださいね☆人生の最後をより豊かに生きるために


チーム医療を実践しています。naomi医院はこちらです☆

http://www.k3.dion.ne.jp/~iritani/

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ