顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:歯科予防

韓国でも、キシリトール入りガムがたくさんありました(*^^*)

16171bdb5変換変換

キシリトールと呼ぶのは日本だけ?ザイリトールと呼ばれることの方が多い気がします。

ザイリトールのパーセンテージを表示して販売しているところが、日本より進んでますね。

歯に対する関心に比例しているような。日本は先進国なのに、歯に関してはまだまだ後進国だな。。

そんなことを思いつつ。マーケットで写真を撮りまくる怪しい日本人なのでした(^^;
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんにちは。naomiです

08.07.07昨日、フッ素の神様と呼ばれる

東京歯科大学衛生士学講座教授 

眞木吉信先生のセミナーに参加してきました。

naomiは鶴見大学短期大学、歯科衛生士科の卒業生で、昨日は同窓セミナーでした。母校を訪れたのは卒業以来。この15年間、大学に立ち寄ったことは一度もありません・・・

なぜでしょうね(笑)

学生時代には苦い思い出しかないからでしょうか(爆)

世界ではフッ素がむし歯の予防に必須と言われているのに・・・日本では今でも歯磨きでむし歯が防げるとか、砂糖の制限で虫歯が防げるとか・・・

大昔の予防法しか普及していません年間の砂糖の消費量。海外に比べて日本は少ないってご存知でしたか?砂糖と虫歯の相関関係をきちんと理解しないといけません。

鎖国ですからね。日本は

セミナーで興味深いスライドを拝見しました。

よく世界比較で12歳児の虫歯の状態のデーターが出ますが、日本でも12歳児のむし歯は年々減ってきています。

ところが。大人の虫歯はまったく減っていない・・・

海外の先生から質問があったそうです。

日本では12歳児の虫歯は少ない。そして歯科医師の数も多い。それなのになぜ日本は永久歯の虫歯が多いのか?と。

歯科医師が多いから・・・としか答えられなかったそうです。

歯科医師が多いから虫歯が多いって・・・なんだか変ですよね

本当に虫歯だっったのでしょうか?

最近は歯にひびが入っているから抜くと言ってインプラントを勧める歯科医師が増えていますのでご注意くださいね

日本人歯科医師のモラルを疑います。

日本は本当に鎖国です。

韓国は水道水へのフッ素の添加が決まったそうです。

世界的には、ウォーターフロリデーションとして水にフッ素を添加する国、ソルトフエロリデーションとして塩に添加する国。様々です。

ところが、日本ではそういったこともしないし、全身的にフッ素を取り込むこともない・・・歯科医院でフッ素を勧められることもなく、フッ素は毒だと信じている・・・

一向に大人の虫歯は減りません。なぜ?

治療が終わってもメインテナンスに来ることはなく、ほとんどの人が二次カリエス(治療したところも再治療)で痛い時だけ訪れる・・・

虫歯の原因菌であるミュータンス菌の定着は3歳までが勝負。日本で本当に3歳までの予防をしている医院があるのでしょうか?

フッ素は歯の萌出直後に一番効果があります。効果的にフッ素を使用し、歯磨きを習慣つけし、子供自らが自分で自分の歯を守るように関心を引く・・・

いないなぁ・・・そんなことしている衛生士。歯磨きをしてくれる医院はあります。フッ素を塗ってくれる歯科医院も・・・でも正しいホームケアを教えてくれるとか、子供が自分で歯を守れるように教育したり、情報提供してくれる歯科医院って・・・ない・・・

naomiだったら・・・

子供と仲良くなって・・・

年齢もよるけど・・・

歯って何本あるか知ってる?とか、歯って何するか知ってる?とか。ご飯ってどうして食べるのか知ってる?とか・・・すぐ歯磨きをするのじゃなくって、何で歯磨きするのか?何でお口の健康を守ることが大切なのか・・・

naomiが今大人の皆さんにお話していることを、子供のレベルに合わせた内容に変えて話したいです

歯医者さんで染めだしするより、歯を磨くより、一番大切なことです。

教育。始まりは“知ること”なのです。

子供は知れば自分でやります。興味があれば自分でやります。それが健康教育であって、セルフケアを助ける、本当の予防です。

naomiが毎年歯磨き指導に行っている小学校は、実は6月4日前後の虫歯予防週間の時しか学校に歯ブラシを持ってきていません。

私には子供たちの日常は知りえないことですが、そっと子供達が教えてくれたのです。

“本当はね、いつもは学校で歯磨きしていないんだよ”

学校で歯磨きできる環境を作らない大人達と・・・いいえ、むしろ歯ブラシをしながらふざけると危ないとか、流しが汚れるとか、学校で歯磨きをすることを反対する大人達。

対照的にいつもは歯磨きを学校でしないことを教えてくれる子供達・・・日本の歯科の現実です。

本当はこういうヘルスプロモーションを行政がやってくれればいいんだけど・・・行政も予算がないから^^;

でもnaomi医院でやっても費用が高いな・・・でもニードはあるかも。

大人になってから歯を失い、インプラントと人工の歯に数百万円かける・・・それよりも年に数約万分の1のお金を予防に使うことで一生の歯の健康を勝ちとる・・・

フッ素の使用方法も変わってきているし、今や子供でも500ppm以下のフッ素は意味がないそうです。日々勉強していないといけませんね☆

当医院は小児専門じゃないので、子供の治療はしませんが、他の医院に紹介しても、予防になってないんじゃ・・・な・・・なんだかすごくせつない。自分の患者さんのお子様なので、なんとかしてあげたいと思うけど・・・

でも、naomiの医院で引き受けることもできないし・・・

子供プログラムでもnaomiが考えようかなただし予防プログラムのみ。治療は他で行っていただくことになりますけど(笑)それでもいいって方だけ。そんなのありかな?

昔に比べて今は歯が残る時代に突入しました。

歯が残るということはそれだけリスクを背負うことになります。だって虫歯や歯周病を一生絶対に防ぐということはできませんから・・・

長くなりました。フッ素のセミナーはまたお勉強ブログにUPしますね☆

日本の歯科予防のあり方に疑問を感じるnaomiなのでした


大阪研修終了パワーUPDr.IritaniOfficeはこちら☆

衛生士が選べます月曜担当Akoブログはこちら☆

フッ素のセミナーをUPします☆naomiお勉強ブログはこちら

アシスタントさっちゃんのSachiブログはこちら☆

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは!naomiです

最近、naomiが拝見する患者様が少しづつ増えてきました。

といっても、現在のところ、歯科衛生士が私しかいないので、必然的にnaomiが担当することになります

予防をメインの仕事とするnaomiにとって、naomi医院に来院する患者様はとても難しい。何が?と申しますと、基本的にnaomi医院に来院される患者様はよりよい歯科医療を求めて、さまよえる患者様だからです。

たくさん、ネット調べて、行ってみては、また探して・・・また行ってみて・・・その繰り返しをしている方がとても多いのです

それがよいか、悪いかはnaomiが決めることではなくて、患者様自身が決めることですから、naomiは何も申しません。

ただ、予防を専門とする歯科衛生士として、思うことは、やっぱり歯を長持ちさせるためには、“かかりつけ”の歯科医師、歯科衛生士がいた方がよいと思うのです。

歯の病気というのはとても特殊です。体の病気には“自然治癒”というのがありますが、歯の病気、つまり虫歯に自然治癒はありません。

だから、取り返しがつかない。見た目は同じに修復しても、全く別のものなのです。

それでは、一度治療したら虫歯に二度とならないの?と言えば、そんなことはありません。いくら最高の治療をしても、お手入れが悪ければ、また虫歯になってしまうこともあるのです。

つまり、最高の治療と、長持ちさせるためのお手入れはセットなのです

そして、本当に将来歯を長持ちさせるためには、継続して同じ所で経過を追うのが、予防につながるとnaomiは考えています。

それは、歯科医師によって診療の方針が違うし、考え方も違います。

A歯科医師はなるべく歯を抜かないで治療する消極的な先生。B歯科医師は積極的に治療してその状態を保つのが信念となると、A歯科医院にかかった場合とB歯科医院にかかった場合には、治療の方法がまったくことなることになります。

つまり、10年後のお口の状態は全く違うということになります。つまり歯科医院を変えるということは、ゴールをその都度その都度変えることになります。

転院すれば、それはまったく違った先生と歯の将来を共にするということなのです。

うーん、なんか上手に伝えられません・・・

本当は身近な家の近くに、信頼できる歯科医師、歯科衛生士さんを見つけることが、一番大切なのです。それは80歳、90歳になった時にはじめて分かります。かかりつけの医師がいることが身近にいることがどれだけ大切か・・・

あなたが寝たきりになった時、あなたの歯を助けてくれるお医者さんはいますか?あなたのお家まで、来てくれる先生はいますか?予防とは死ぬまで続きます。その時まで責任を持ってあなたを見守ってくれる歯科医師、歯科衛生士さんはいますか?そう、そういう先生や歯科衛生士さんが身近にいることが、本当に大切なのです。

あくまで、naomiの個人的な意見です。ただ、歯科医院で働いているnaomiがそんなこといっても、「それはあなたの医院に通ってもらいたいからそういんでしょっ!」と言われてしまいそうで、説得力にかけますね・・・

でも、そんな風に非難されることなんてどうでもよくって、naomiは患者様のためにあえて言いますそれがnaomi流愛情

北欧でなぜ予防が成功しているか、どうして予防が成功しているとわかるのか?それは、患者様が同じ医院に、かかりつけの医院としてずっと通っているから、データーがとれるのです、だからこそ、歯科医師も真剣です。自分の入れた歯が30年後、壊れてしまっては、患者様から怒られます。だから真剣なのです。

今日でお別れしてしまう患者様だったら、2度と会わないのですから、適当でいいやと思ってしまうかもしれません。(実際、まじめな先生はそんなこと思わないと思いますが)でも、30年後も目の前の患者さんが自分の所に来ると思うと、心構え、気持ちが違いますよね。人間の心理としては

気持ちが入ります。そのお口に対して、責任があるかないか・・・とても大切なことだと思うのです。

でも、naomiはそんな歯科医院を転々とする患者様が好きです^^そんな転々とする患者様をnaomiの医院にお引止めするのが、楽しいのです^^いかにして、当医院に継続して通って頂くか、そんなことばかり考えています

当医院に限らず、1つの医院に末永くかかることが、将来的に歯の健康を守ると本気で信じているからです☆少しでも長期の予後を、予想してお伝えしたいからです。

でもね、でもね、矛盾しますが、最終的に決めるのは患者様です^^他の医院に次また行くのは、それはそれで患者様が選択したのですから、naomiとしては大歓迎なのですnaomi医院卒業ってやつです^^卒業も大歓迎

どうせだったら、次に行った医院のすばらしいところを教えてくれるといいのになぁ〜(笑)

長くなりました。

転々としていた患者様が、naomi医院で定期的に通ってくださる場合もあります

だから、1回、1回が勝負なのです^^真剣です。予防に、歯を綺麗にすることに、1回1回真剣です。それは次もまたnaomiを選んでいただいたきからです。

今日は、歯科衛生士さんのクリーニングをしました^^見ず知らずの歯科衛生士さんです。患者様として来院してくださいました。

やはり同業だと緊張します

さて、今日のnaomiのクリーニングで当医院での診察は終わりでした。さて、定期健診に来てくださるでしょうか?来てくだされば、本望ですねっ!プロに選ばれる、医院になるわけですから(笑)

さて、また明日もnaomiファンを増やすぞーーーーーっ!(爆)ぜひnaomiの丁寧なクリーニングを受けにいらしてくださいませ♪


1回1回真剣勝負っ!歯を綺麗にいたします☆naomi医院はこちらです

http://www.k3.dion.ne.jp/~iritani/

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ