顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

歯科

セミナー2022.08.05 口腔機能発達不全症研修会に参加

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 今日も暑かったですね〜

******************************

今日は休診日ですが、夕方からwebセミナーに参加しました
日本歯科大学リハビリテーション多摩クリニック主催、口腔機能発達不全症研修会に参加しました。

食べるという機能は人間が獲得していくもので、身体の発達と密接な関係があります。
口腔機能発達不全症とは「食べる機能」「話す機能」「その他の機能」が十分に発達していないか、正常に機能獲得ができておらず、咀嚼や嚥下がうまくできない、構音の異常、口呼吸などが認められる病状のことを指します。

口腔機能発達不全症は保険収載されています。
これはひとえに日本歯科大学多摩クリニック菊谷武先生のご尽力の賜物だと思います。

2022.08.25 口腔機能低下症

食べることのまつわる悩み。。。うまく食べられない、詰め込み食べ、偏食。。。色々あります。

今日は、田村文誉先生、山田裕之先生が、食べる機能の仕組みや獲得の時期、身体の発達などについてわかりやすく説明して下さいました。

食べられない理由がコロナ禍の心因性だった。。。という今ながらの症例もありました

次回は10月27日にセミナーがありますまた詳細は後日お知らせしたいと思います。

私たちが学生の時には習わなかった分野です。ぜひ皆さま、情報のアップデートをして下さいね 

2022.07.07.口腔バイオフィルム感染症ぱーと2

本日は診療の後に日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック食べるを支える研修会に参加しました

2022.07.07.口腔バイオフィルム感染症

最近はオンラインのセミナーが増えたので、私としてはとても有り難いです。

昨日の東京都の新型コロナの感染者数は8000人という目疑う数字が出て増える予想はしていましたが、急激な数字の増加にやや恐怖さえ覚えます

オミクロンBA2かBA5置き換わりが起きておりBA5の感染力の強さが拡大の原因となっているようです。救いなのは重症者率が高くないとことですが、感染者が増えれば一定数の死亡者が出ますので手放しでは安心できません

それに、感染者が増えれば無症状で歯科院を訪れる患者さんの数も増えますから、私たちの対応としても、ガウン、マスク、フェイスシールド...全ての防護具を着用しなけいればならず油断ができなくなります。職業上の感染リスクが上がるということになります

とは言っても、歯科衛生士としてはどんな時も良い口腔衛生状態を保つことは必要だし、もうコロナも3年目ですから、何もしないで日々を過ごすというのも,,,正しくwithコロナ診療ということになります。

まだまだ当院では不特定多数の施設内への出入りは禁止されているので 、オンラインセミナーはありがたいのです

コロナ禍で私が心を痛めているのは、高齢者医療についてです。自分の親のこともあって、人ごとではありません。

うむ。。私も歳をとった

孤立する高齢者にとって社会資源として、包括支援センターやケアマネージャー、デイサービスや訪問サービスの利用は社会とつながる大切な資源だと思うのですが、このコロナ禍でその利用もなかなか難しい。

家族だけの出入りなら家族が気をつければ良いですが、人が特定されているとはいえ多数が出入りする訪問サービスは感染を持ち込まれる可能性もある。。。 

様子を見ている間にもう3年目なのですよね...社会との窓口が家族だけというのもなかなかキツいものがあります。

本当、そういう時代ですよねというわけで、ぜひ歯科医療従事者の皆さんには、在宅医療を学んで欲しい

というわけで私も摂食嚥下を学んだわけですが。今日もとても良い学びとなりました。
様々な学びがありましたが、私は歯科衛生士なので、口腔ケアに関するお話がとても興味深い話でした。

ケアと回収。唾液誤嚥によって誤嚥性肺炎が起こる。

誤嚥性肺炎で入院すると

死亡のリスクが高まる。30日以内の死亡率が10%から15%
身体機能が低下する 。身体機能70%低下。
家に帰れない。在宅復帰率が50%。
食べられない。30日経口摂取不能は40%、新規胃瘻増設率は10%。 

 つまり誤嚥性肺炎を起こさせないためには唾液を綺麗にしておくことが大切。

口腔内を良い衛生士状態に保つのは歯科衛生士の役割頑張らねば...

口腔ケアはするだけではなく口腔ケアをすると一時的に口腔内の細菌数が増えるので、その細菌を回収する、術後の細菌数をコントロールする事が大切です。

なんてことを繰り返し学んでいるわけです

コロナ前はずっと参加していたのですが、コロナになってセミナーも滞ったり、私も参加できなかったり。。。

本年度は研修会が充実してますhttps://tamaclinic.peatix.com/view

2022年度研修会案内

次回8月25日ですぜひご興味ある方はご参加ください

 

新病名 口腔バイオフィルム感染症対策!

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

1週間がはじまりましたね〜連日猛暑だった先週今週はどうでしょうね。

今朝は久しぶりに雨が降ったので...一時物凄かったですけどおかげで建物の温度が下がったような気がします連日の猛暑で建物自体があったまっちゃって、室内でエアコンかけてもなかなか下がらない感がありましたから

昨日の日曜日は久しぶりに講習会に参加しましたコロナ前は日曜日によく講習会に参加してましたが、最近はオンデマンド配信を見ることが多くて、平日が多かったので。

さて、昨日は私が摂食嚥下を学ばせて頂きました日本歯科大学多摩クリニック、口腔リハビリテーション専攻の同窓会のさくら会が開催されました。前半に菊谷武先生のお話がありました。

菊谷先生はやはりすごいです。摂食嚥下分野に、次々加算をつけてくださって、現場で取り組みやすいようにご尽力されておられます。口腔機能低下症に点数がついたのも菊谷先生のおかげですし。

そして次なる加算目標として口腔バイオフィルム感染症を新病名として押されています。この病名が通れば口腔内の細菌数を客観的に検査して口腔ケアの指標として利用できます。

歯科衛生士にとっても影響のある病名です。私も初めて昨日お話しを聞いたので↑解釈がややうる覚えですが、ぜひ皆様にも知って頂きたいのでご紹介します。

7月7日に、菊谷先生のご講演があります七夕の夜ですがオンラインですので、お家で天の川と見ながら、セミナーにも参加して頂ければと思います。

2022.07.07 口腔バイオフィルム感染症

お申し込みはコチラ☆からhttps://biofilm.peatix.com

昨日の講演で興味深かったのは、歯が多い人は唾液中の細菌数が増加する

健康な人にとっては、歯が多いということは細菌数が少なく虫歯も歯周病もコントロールされているの指標となって、だから歯が多く残っている、となるのですが、ADLが低下した方では、歯が多く残っていることは、手の器用さを失い、歯を磨くことも認知できなくなると、逆に細菌の温床となり、唾液中の細菌数の増加につながると。

唾液中の細菌数が多いと誤嚥性肺炎になりやすくなります。

安易な口腔ケアは唾液中の細菌数を増やしますので、口腔ケア中の細菌の回収というのが大切となります

ぜひお時間ある方はご参加くださいまだ間に合いまーす
 

学会誌に論文が掲載されました。

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆様、おはようございます今週も始まりますね気合いを入れて頑張りましょう

さてさて、先日の感染と消毒に引き続き、日本舌側矯正歯科学会の学会誌に論文が掲載されました

これもひとえに学会発表の機会を下さった先生方のお陰です 
いつも貴重な機会をいただけて有難いかぎりです有難うございます

JLOA学会誌

送っていただいた学会誌次回第34回の学術大会のご案内も♡
なんとも立派な学会誌で驚きです中身もほとんどがカラー 歯科矯正(簡単に言うと歯並びを治す)の学会なので患者さんの歯並びの経過の症例が多いのですが、カラーなのでとてもわかりやすいです。

JLOA 論文


そんな矯正のお話しの中に、私の感染の論文。畑違いの感もありますが、でも一般歯科でも矯正歯科でも感染対策は必須ですものね。。。本当、貴重な機会をくださった先生に感謝です

機会はあればぜひたくさんの歯科医療従事者の方々にご高覧いただきたいです。

今はだいぶコロナにも慣れてきましたが、パンデミック当初は、歯科医療従事者の誰もがこの新興感染症に不安を抱えていたと思います。

昨今はコロナもそうですが、少し前は新型インフルエンザが流行しましたし、MARSやSARS...ここ数ヶ月ではサル痘など様々な感染症が世界で流行しています

今後また新興感染症や再興感染症が流行する時に備えて、この機会にぜひ歯科医用従事者の皆様にも感染制御学に関心を持っていただければと思っています。

ここ数週間はコロナの感染者数も少なくなってきましたが、今月からインバウンドの受け入れがはじまりますので、さてどうなるでしょうね。。。

感染者が減るのは嬉しいことですが、私たち歯科医療従事者は、逆に今前以上に警戒が必要です。

患者さんたちの感染対策への意識が薄れていけば、感染して歯科医院へ来院される方も増えますし、無症状の感染者も増えます。歯科治療は飛沫、接触、空気感染が全て揃う処置が多いですから、全ての人が感染者としての認識で対応しなければなりません。

まあ、今までもスタンダードプリコーションの原則に従って処置を行なっているわけですから、油断なく継続すればよいということになります。

今朝のニュースで上海でロックダウンを解除したら、160人がクラスター感染とニュースでやってましたね...

最近は重症化しないとコロナを軽視する傾向もありますが、60歳以上の方々には、インフルエンザよりもリスクが高い疾患です。 

自分が感染しないことも大切ですが、自分が感染しないことでまわりの人を守るということもあります。

日常生活を取り戻しつつ、なるべくコロナに感染しないwithコロナの生活習慣を 考えてゆきたいですね

さて今日はお天気がよいですね洗濯しよーっと。ではでは皆様、今週も頑張りましょう 

歯科衛生士のメインテナンス。飛沫の曝露に対する予防策は?


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆様、おはようございます今日は月曜日。今週も始まりました
毎週始まったなーって思っているんですけど

さて、もう2週間以上に渡るロシア🇷🇺とウクライナ🇺🇦の戦争

先日、ウクライナの一般の方が国外に出るシーンをやっていて、家族の一員であるペットを置いていくシーンがあったのです...十数時間に及ぶ移動に、ペットは対応できない私もニャンコを買っているので、その悲しい気持ちが伝わってきて,,,泣けましたペットって家族ですけど、平和じゃないと一緒にいられないのですね,,,

そう言えば、3.11の時、ニャンコ2匹を連れて、非常階段上り降りしたっけ,,,避難所に一晩泊まった時はニャンコは家でお留守番だった,,,あの時は一晩で済みましたけど、街が壊滅していたら、きっと、別れることになったのだろうなぁ,,,と思うと、胸が痛い

ペットと平和
 
今日も世界の平和を祈りますあー祈るだけしかできないのももどかしい。世界に何億人で人類がいるのに、立った一人の暴走を止められないなんて,,,

私が今日できること。それは今日を一生懸命に生きること。生きていればきっと困っている人の何かお役に立てるチャンスがきっと来ると思うから 

さて、歯科医院の感染対策。今日は歯科衛生士の処置における飛沫の予防について少々。

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ) 歯科衛生士 処置
写真は私が患者さんを歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用して、メインテナンスしている様子です。これから下に示す写真は赤い矢印の部分。顕微鏡のレンズの下の部分。レンズに直接物が当たらないようにキャップがしてあります。

オレンジの矢印は患者さんの口の部分です。患者さんの口からレンズまで、処置にもよりますが、大体20cmから30cmでしょうか。1人の患者さんが終わった後に撮影したものですが,,,いかがでしょう結構、処置した時に飛んだ、飛沫の跡がついていますね
歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)鏡筒
 当院では顕微鏡を使用しているので、かなりレンズから実際の目までは距離がありますが、顕微鏡がなくて裸眼だったらどうでしょう

となると、やはり、個人防護具であるアイウェア(ゴーグル)やフェイスシールドはあった方が良いですね

歯科衛生士さんが一人で処置を行う場合、得に奥歯の処置では、見えにくいと顔を近づけたりしますからね

と書くと、じゃあ全ての患者に、ゴーグルもフェイスシールドも全てやらなきゃいけないのとか、全てをやるべきって話になるのですけど、いやいや、違います。結果として全て装着する結果となったにしても、きちんとした理由のもとに装着することが大切です考察のプロセスがとても大切です。

きちんとした理由を考えて下さいね

ちなみに、私がの写真でゴーグルとフェイスシールドを二重にしているのは、マスクと一体式のフェイスシールドが目に密着しすぎて視野がとれないので、ゴーグルをして、隙間を開けて、フェイスシールドをしています意味なくフル装備にしている訳ではありません

目に飛沫が飛ぶ可能性がある、だから、アイウェア(ゴーグル)を使用するのです。

顔に飛沫が飛ぶ可能性がある、だから、フェイスシールドを使用するのです。

じゃあ、受付対応はどうでしょう

受付でフェイスシールドする必要ありますかいつだったか、外来に来た患者さんが受付で唾を飛ばしたなんて話もコロナ禍には聞きましたけど。受付で顔面に飛沫が飛んでくる可能性ってどれだけでしょう

暖簾のようなビニールの垂れ幕。なぜしているんですか
100歩譲って、飛沫防止でもいいですよ。でも、その垂れ幕、お掃除や消毒はどうしてますか毎回とは言わずまでも、1日1回ぐらいはお掃除や消毒してますか定期的に交換しますか

逆にそれを長期で使用することで、細菌やウイルスの温床になりますよね

また、飛沫感染の予防ならともかく、その簾があることで、受付の空気が遮断されて、気流の流れが止まっていませんか受付の空気、淀んでいませんか

コロナ禍になって、今まで誰もやってなかったのに、急にスタンダードプリコーションと言って、フル装備で診療している歯医者さん増えましたけど、きちんと理解していますか

手袋やマスク、ゴーグル、フェイスシールドなどの感染経路を遮断するものを個人防護具と言いますが、これは、きちんと自分で考えて選択できなければ意味がありません。学術的な根拠を持って取り組んでほしいな〜と思うわけです

さて、そんな訳で。今週は原稿のゲラが上がってきてましてもうすぐ皆様に私が書いた記事がお目見えすることになりますね春とともに嬉しいです

今週も世界の平和を祈りつつ、お仕事頑張りましょう 

今日はHIVのはてな


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆様、おはようございます今日は月曜日。今週も始まりました
早いもので、もう3月に突入。あーもうすぐ年とっちゃうよ〜←私今月誕生日

さて、先週もロシアから目が離せませんでしたね
そして個人的なことですが、先日、人生の中でも指折りの屈辱的出来事がありまして、人生で初めて眠れない数日を過ごしました

と言っても、結構、私、忘却の人なので、だいぶ、ま、いっか、になってきましたけど、思い起こすと本当に腹が立つ出来事。馬鹿にしてんのか(あーまた汚い言葉を使ってしまった。。。(~_~;)大人気なく申し訳ないです。。。でも。。。本当に悔しかったのです、はい。そういうのって大人になるとあんまりないですよね。自分でもこの年になってこんな気持ちになるなんてびっくりしてます

だから、まったり海見たよ

海


最近、私の世界の中には静寂が見当たらない。心静かにと思って目を閉じてみても、外界の雑音や内なる心の呟きが雑音となって鳴り止まない。あ〜疲れているんだなーって思う。海はいいなー潮風と波の音に気を引かれて一瞬だけど心が無になる

コロナももう3年目だけど、加えて戦争が始まって...

と言っても今までも世界のどこかで戦争や紛争はあったのだけれど、今回のはショックが大きいですよね世界の邪気を受けちゃうんですよね、私。

とそんな不安定な気持ちと前向きな気持ちが浮き沈みしながら最近は過ごしております
意外に書くことがストレスの発散になっていたりして皆様に愚痴を聞いて頂いている形となりますね有難うございます

さて今日の感染についてのテーマはHIV感染症、エイズについてです。

皆さまはエイズと聞くとどんな病気と想像されますか

以下は東京都性感染症ナビからの引用です。
エイズとはHIVによって体の免疫力が低下し、その結果として様々な合併症が出た状態

先日ある先生のご講義を拝聴して、とてもHIVやエイズについてわかりやすくご説明頂きましたその先生がおっしゃるにはHIVは免疫応答の封鎖に特化したウイルスと表すことができると。

つまり、

免疫
先日、3回目のワクチン接種の話題での図をご紹介しましたね

ウイルスが入ってくると、樹状細胞がT細胞に情報を提供しヘルパーT細胞がB細胞に指令を出して抗体を作らせてウイルスを攻撃する。またキラーT細胞がウイルスそのものを攻撃する、という免疫の基本を書きました。
    
HIV

HIVは感染してから、

10日
の免疫の司令塔であるT細胞を徹底的に攻撃破壊します。
司令官であるT細胞が攻撃されるのでB細胞が抗体を作ることができません

本来なら、この免疫機能でウイルスを体内から排除するのですが、残念ながらHIVは一度感染すると体内から完全に排除することが難しいウイルスです。

そして感染からおよそ100日体内に残留するHIVのウイルス量が決まります。

そして感染から10年エイズを発症します。

感染してからおよそ10年かけて発症するわけですが、この10年後の発症をたったの10日で運命づけるのですから、HIV感染症とは恐ろしい病気です東京都性感染症ナビの図を引用します。

HIV感染からエイズの発症まで

HIVの主な感染経路は性行為です。また感染した母親から赤ちゃんへの母子感染や注射器や剃刀歯ブラシ、ピアスなどの使い回しによる血液感染もあります。

以前は不治の病と言われましたが、今は良いお薬がありまして、早い段階からお薬をきちんと服用すれば、免疫力を高められ、人に感染させることもありませんし、通常の人と同じに生きられます。高血圧や糖尿病と同じように今や慢性疾患のように扱われています

また、感染力が弱いので歯科で感染治療で感染することはありません

以前は日本の女性は結婚するまで貞操を守って...という時代もありました。
その頃に比べると、現在は性行為の状況も様変わり性感染症(性で感染する病気)も増えました。梅毒も急増しています特に20代〜40代の男性、女性では20代の感染が増えています

感染症に限らず病気は早期に発見された方が軽症で済みます

感染症の場合は特に人に感染させる可能性がありますから、少しでも気になる方は医療機関や保健所で検査や相談してくださいね

では今週も張り切って参りましょう
今週も世界が平和でありますように。

病院の膝掛け気にならない?エアフローの粉はどこまで飛ぶのか?


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆様、こんにちは今日は月曜日。今週も始まりましたね〜

先週は、ロシアがウクライナへ侵攻したり、北朝鮮がミサイルを飛ばしたり、世界の平和が揺らぐ出来事があり、心穏やかでいられない、わたくしです 

私が一番衝撃を受けたのはこのニュースです。この平和な時代(と思っていた、いや思いたかった)に兵士を募集するという...すごく衝撃的な出来事でした。

ニュース
なんだか...切ないですね

戦争なのはわかっている、でも死ぬのは嫌だと泣きじゃくる子供の映像も衝撃的でしたけど。

友達の友達はみんな友達。世界中の誰もが隣の人を愛すれば平和になる。隣の人が隣の人を想い、その人がまた隣の人を思う。皆んなが皆を思い合う。

どうか世界が平和でありますように...

さて、世界のどこかで戦争が起こっていても、わたしができることは、今日を一生懸命生きること
わたしはわたしができることで世の中に貢献しようと思うのでした。

話は全く変わりますが、皆さん、病院の...あ、病院に限りませんけど、お店で貸してくれる、もしくはかけてくださる膝掛けって気になりませんか 

わたしは、 歯のクリーニングをする時に、エアーポリッシング(エアーフロー)をメインにしているのですが

 

懐かしい10年前の動画一般的な歯科医院で歯科衛生士さんがやっているPMTCとの比較を小生意気に紹介しています。若っいな〜最後まで動画を見て頂くと小生意気 の意味がわかります

コロナ禍になってから、歯科衛生士の処置をするのがとても躊躇われましたよね...毎回エアロゾルの発生ですものね

で、このエアーポリッシング、粉の粒子を歯に吹き付けてプラーク(細菌)を吹き飛ばすのですが、結構粉が飛ぶのですよね特に注意を必要とするのが、黒や紺のスラックス(今時は年齢関係なくパンツというのでしょうけど。昭和っぽい)を履いた男性です。

処置が終わるとパンツがうっすら白くなっている時があります。(ご本人は気がつかないほんとうっすらです。)これが結構膝辺りまで白くなっている時があるのですよなので、わたしは粉が目立ちそうなパンツの方には、オイフ(ディスポーザブルの手術用のドレープ)をかけてました

これがまた、術者のわたしより前方だけじゃなくて、後ろに机があるのですが、その机の上にも粉が飛んでいるのですあ、バキューム操作が下手なだけ

いえいえ意外と気にしていないと思いますが、結構飛んでますよ〜
エアーポリッシングに対する感染対策はおいおい話をするとして、今日は膝掛けがメイン

そう、つまり、膝掛けをかけている膝の辺りまで、エアーポリッシングでは粉が飛ぶって事です

膝掛け

術者としてそういう事を知っていると、このコロナ禍。膝掛けどうするって話になる訳です。もちろん膝掛けを使い回して感染する事はありません。ありませんけど...

そう、気になるやらないと気が済まないっ気がついてしまったら、見ないふりはできない

というわけで、当院では膝掛けは患者さん毎に交換です。おかげで毎日の洗濯が大変です

膝掛けってなかなか難しいのですよね...そもそも洗える素材を選ぶのが大変で、洗えてもテナントビルでは洗濯を干すところがない乾燥機は素材上無理なことが多いデザイン性もありますし...クリーニングの配達...業者もないし、毎日のこととなるとどれだけ費用がかかるのか

でもそう思って念じていると出会うものです速乾性の膝掛けをGET しました〜

というわけで、当院では、マスクやグローブ、エプロンなどと同様に、膝掛けも患者さん毎に交換してます

結構細かいことですけど、現場的でしょ机上の理論ではない、実践の感染対策でした

では皆様本日もお後が宜しいようで明日の朝も世界が平和でありますよう祈りながら...
おやすみなさーい 

口腔外バキュームのはてな


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
歯周病でお困りの方、ぜひ当院へ歯周病の管理が得意です歯石をとるのが大得意
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでみてくださいね
******************************

皆様、こんばんは今日はなんだか毎日がめちゃめちゃ早いですね
今日はお休みだったので、久しぶりに地元のcafeにランチしに行ってきました

まだまだコロナの感染者数が落ち着きませんが、そういう中でも人生のほっとした瞬間を大切にしたいですねcafeでスマホを見ていたらロシアがウクライナに侵攻した...という気なるニュースも飛び込んできて驚きましたが...

ここのcafeはテラス席があってお店の外でもお食事などが楽しめます
ちょこちょこ芸術的なイベントをしているのですが、今回は世界で一番小さなキャンバス展を開催してました。

むむむ。。。マイクロスコープの小さな世界で仕事をしているnaomiとしては見逃せない
作品を見ながらマイクロケーキの盛り合わせを頂きましたちっちゃな、ちっちゃなキャンバスに描かれた作品たちが可愛かった

世界で一番小さなキャンバス展


コロナ禍で映画も音楽のコンサートも行けなくて(仕事柄、今だに閉鎖空間に近づけないでいます)、なかなか芸術的なものに触れる機会がないので今日はちょっと楽しかったですテラス、めっちゃ寒かったけど

さて、今日は口腔外バキューム(Dental External Oral Suction)のお話です
コロナ禍の前から注目されていたのですが、コロナで更に注目を浴び、品切れとなった商品です。

口腔外バキューム

当然、当院でも注目してました
どんな感染対策も自分の中でしっくりこないと実践できないわたくし。実体験してみました。(検証したのは2020年、パンデミック初期の頃です。)

どのくらい吸引するかとか、どの方向からが良いのかとか。

結果から申し上げますと、微妙何しろ顕微鏡を使うので吸引口の場所が限られる

口腔外バキューム実証

吸引口の向きとか、ポジションも勿論、自分たちで検証。患者さんのようにユニットに寝て、実際に使う場所に口腔外バキュームを置いて、吸引口を患者さん(恥ずかしながら私)の口の近くに寄せて、簡易的に、診療室にあった、アロマ線香の煙を使って、距離と吸引力や設置の場所を検証しました

厚生労働省委託事業「歯科診療における院内感染対策に関する検証等事業 一般歯科診療時の院内感染対策に係る指針(第2版)の質問11にはエアロゾルや切削粉塵の飛散を低減させる。したがって、歯科治療時は診療室内の汚染を減少させるために口腔外バキュームの常時使用が強く求められるとあります。

更に、吸引口は縦にすると良いってあるのですが、縦にすると患者さんの胸に当たるので実用的な使用方法じゃないような...

引用論文を見ると、全て国内の文献だけなんですよね海外での報告は掲載されていません。

海外ではコロナ禍のここへきて使用している方がたまーにいる程度。感染予防のマストにはなっていません

当院では効果的ではないのですが、もし使用するならば、前回ご紹介した(換気のはてな)医院の換気、診療室内の気流についても参考にして頂き、自施設の換気や気流との兼ね合いも考えなければなりません

今現在、歯科の感染対策はこれだけやれば感染しないというものはありません。
様々の組み合わせで感染のリスクを低減させることが大切です

なぜ日本では口腔外バキュームがこんなに流行しているのかそれは診療報酬に入っているからですが...

個人的感想ですけど、意味あるんですかね。

今回のコロナで皆さん理解したと思いますが、歯科用ハンドピースの滅菌をしても、口腔外バキュームを使用したとしても、コロナの感染は防げませんよね。なぜなら呼吸器感染症で、両方とも感染経路の確実な遮断になっていないからです。

感染経路の遮断にはグローブやガウン、マスクなどのPPE(個人防護具)の着用と手指衛生が重要です

普段、グローブも交換できず、使い捨てガウンを着る余裕もなく、エアロゾル感染や空気感染の感染予防の要となるN95マスクも入手できず、手指衛生のためのアルコールも供給されない、費用負担もない中で、なぜ滅菌や口腔外バキュームに診療報酬がつくのか、私には...よくわかりません

機械を揃えることが、患者さんのためになるのかすごく疑問。患者さんのためにも現場の歯科衛生士のためにもならない。だってもっと必要なものあるよ

私は歯科の現場に正しい感染対策が広がることを切に願っています。私は歯科衛生士が好きでこの仕事をやっていますが、職業感染するのを前提で、わかっていて仕事をするなんておかしいです

歯科衛生士ももっと自分たちの職業感染について考えるべきですし、雇用主である歯科医師もスタッフの安全にもっと責任を持つべきです。米国では雇用者の安全は法律で守られているのにこのよくわからない現状は、業界全体の問題です

歯科衛生士は患者さんと一生関われる、一生患者さんのお口の健康を守り続けることができる素晴らしい職業です。歯科衛生士の将来の担い手たちを守るためにも、業界全体で考えるべき問題です。

今日も寒かったですね今年は例年になく冷えるような気がします。
今週もあと2日。ラストスパート頑張って参りましょう

ワクチン接種で大切な人たちを守ろう!

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
歯周病でお困りの方、ぜひ当院へ歯周病の管理が得意です歯石をとるのが大得意
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでみてくださいね
******************************

皆様、こんにちは♡
今日は日曜日ですが、 午後から新型コロナアップデートしてました_φ( ̄ー ̄ )

2020.02.05.感染フォーラム
 

色々アップデートしたことがありますが、1番興味深かったことは治療について
伝えたいことはたくさんあるけど、今日はこれ

皆さん、オミクロン系統は重症化しないとおっしゃって、なんだか安心している方が多いようですが、今、流行しているオミクロン系統にはまだ決め手になる治療薬がないのです

インフルエンザと同じとおっしゃる方もいますが、インフルエンザは日常的に使える薬があります。

環境感染学会 薬物療法
 (環境感染学会 COVID-19に対する薬物療法の考え方 第12版)
 
オミクロン系統の治療は、感染当初はウイルスの増殖に伴う症状が強くでるので、中和抗体(ウイルスに結合し、ウイルスが細胞に感染する機能を邪魔する:中和する)の補充および抗ウイルス薬を使用して、自己免疫を活性化させるとともにウイルス量を減らし、後半は宿主の免疫反応によって起こる肺障害や臓器障害に対応するために抗炎症薬を使用して免疫を抑えます。

つまり、コロナに感染すると、最初はウイルスが体の中で増えることによって症状がおきるので、体の中のウイルス量を減らすために、中和抗体薬や抗ウイルス薬を使ってウイルス量を減らし、数日経過すると今度は、人間の免疫反応によって肺やその他の臓器に症状がでてくるので、それを抑えるために抗炎症薬を使うということになります。

ワクチン接種をすると中和抗体が増えますからワクチン接種をしておいて中和抗体量を増やしておいた方が良いって事ですよねしかもワクチン接種をしていれば、ウイルスをやっつける自己免疫の初動が早いので重症化しづらい。

3回目のワクチン接種がなかなか進んでいませんが、ぜひ皆さん、ワクチン接種をして下さい半年が経過すると抗体価は半分ぐらいへってます。ちなみに私は半年で60%減少してました ワクチン2回やったから安心ではなくて、もうワクチンの効果がほとんどなくなっていると考えた方が良いです。

ほとんどなくなっているのですから、ブレイクスルー感染してもおかしくないし、ましてやオミクロンに感染するのも無理はありません。 

私たちは年末にすでに3回目を接種済みです3回目のブーストは凄いです60%減っていましたが、減った60%分を獲得するどころか、ブースター効果で2回目に獲得した抗体価の10倍を獲得しましたただ今の私のライフは45,000でございます感染後のようなポイント数でございます

今日も東京都の感染者数は日曜日では過去最高だそうです。

マスコミは、なぜか、先日からピークアウトという言葉を使ってますが、何の情報操作でしょうか❓
3回目のワクチン接種の行手を阻むマスゴミですね。とにかくご高齢の方は情報に惑わされずにワクチン接種しましょう( ´ ▽ ` )ノ

それから子供の感染が増えてますが、周りの大人がワクチン接種をしていると家庭内感染を減らせます。子供を守るためにもワクチン接種をしましょう。ワクチン接種をできない方のためにもね(^_−)−☆

人類はコロナと戦うためのワクチンという武器を持っています。ワクチンがなかったスペイン風邪の時代と思うと、本当に幸せなことだと思います。今も命の危険があるにも関わらず、ファイザーが良いとかモデルなが良いとか選んでいますものね本当に命がかかっていたらそんな減らず口叩けませんよね。

そう、それだけ平和ってことです。日本は何はともあれ医療も充実しているし、ワクチンもそこそこあるし、薬も一応あるし、平和なのですよね...

医療従事者は大変ですけどね 
医療従事者の方々の負担を減らすためにも、自分でできる感染対策、やってくださいね

マスクをする、手を洗う、3密を避ける、換気する。必要のない人との接触は避ける。人と接触するときはお互いに感染しないように気遣う ワクチン接種を積極的に行う

では、また明日からも頑張りましょう♡

歯科医療における医療安全

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
歯周病でお困りの方、ぜひ当院へ歯周病の管理が得意です歯石をとるのが大得意
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでみてくださいね
******************************

今日は週末、土曜日で、世間の皆様はお休みでしょうか
この働き方改革の時代に、大手企業は土曜日、日曜日を休みにしていく中、エッセンシャルワーカーという体の良い名前をつけられた歯科業界は、このコロナ禍でもエアロゾルにまみれながら診療を行なっています

昨日、朝のNHKのニュースで、アナウンサーのまこちゃんが、この大変な時に頑張っている人に感謝したいとおっしゃって、例えば歯科医院とかと歯医者さんのことをなぜかおっしゃったので、どんな情報操作だと私は勘繰ってしまったのですが

コロナはエアロゾル感染だと皆さん騒ぐ割には、歯科の感染対策には全く興味がなく、近くて安い牛丼屋さんのキャッチフレーズのような歯科医院がお好きなのですよね

私、歯科衛生士、好きでやってますけど、巷の歯科衛生士さんって本当に大変ですよね。ワクチン接種しない先生のもとで、個人防護具(手袋やマスク、ガウンなど)の提供もない中で、歯石除去とか平気でやってるんですからね。同業者として大丈夫か と内心思っています

歯科は感染しないから歯科では医科のような感染対策はしなくてよい 
そんなフレーズのもとに今まできましたけど、このコロナになって、皆、突然に感染対策しだしましたよね。

おかげで、当院はえらい目にあいましたよ今まで個人防護具なんて使ってなかった医院が突然、グローブを買い占め、ガウンを多量に発注し、突然滅菌しだしたから滅菌バックも入手困難になり、挙げ句の果てにヘッドレストカバーや紙トレーまで欠品しましたからね。

常時購入していた私たちの分がなくなりました。。。

まあ、このコロナ禍で少しは歯科の感染対策への意識も高まったことでしょうけど

ちまたでは、大病院を中心に医療安全なんて言われて、医療安全のチームが作られて予算もついてますけど、クリニックなんて医療安全の医の字も知らないような状況です。

でも今時の歯科衛生士さんは医療安全を勉強しているようですよね。現場は30年前から化石化してますけど

おまけに歯科の感染対策って言うと、滅菌消毒のことだけ言ってきて、やれ、手袋を取り替えてないとか、歯科用ハンドピースを滅菌してないとか、滅菌器はプレバキュームが当たり前とか。キーワドだけ拾って中身を理解しようとしない人が本当に多いですよね。。。

とは言っても、歯科における感染制御を語れる人もいないし、教育できる人もいませんからね。自分たちで情報を集めて考えるしかありません。 

下の図は、昨年11月に開催された、第33回 日本舌側矯正歯科学会の教育講演でお話しさせて頂いた際に使用したスライドを少し変えたものですが、歯科の医療安全において、器具、器材の滅菌消毒なんてほんの一部に過ぎません。

それに、はっきりと器具、器材の滅菌不良が原因とされた感染事例は私が知る限りありません。

歯科医療現場における医療安全


今回コロナで医療従事者が辞めたり、感染したりして、マンパワーが不足して、医療現場が回らなくなりましたよね。

もう少し詳しく言うと、手指衛生のためのアルコールや感染経路を遮断する個人防護具(マスク、ゴーグル、フェイスシールド、手袋など)が不足し、医療現場における安全が脅かされ、結果、医療従事者の安全が確保できなくなり、結果、患者の安全も守れなくなって、医療安全の崩壊を招いたということですよね。

歯科医院でも同じですよね。現場の歯科医師、歯科衛生士の安全が確保されなければ、歯科診療なんてでいませんよね。

知らぬが仏って言いますけど、歯科衛生士って本当、感染の事を知らないから、このコロナ禍でも辞めることなく働いているし、職能団体や無神経な経営者も平気でこんな時に口腔ケアとか言ってますからね。知っていてその上で自覚を持って仕事をしているならいいですけど、この業界そうじゃないですからね。。。

業界で考えてほしい問題です

歯科衛生士の離職率が高いってさぁ、当たり前だよ。この時代に、もう死語...死語も死語だけど3Kですよね。キツイ、汚い、給料安い。

そんな業界に未来ないっつーの。

でも、そうは言えども、歯科衛生士って本当に大切な職業で、歯科衛生士が関わることでの患者さんへのメリットってすごく大きいと思うのですけどね。

だからこそ、働き易い業界を目指して頂きたいです

さて、今日もあと半日。気張っていきましょ〜 
 
Profile

hygienist naomi

Advanced Care Dental Office
Archives
QRコード
QRコード