顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

歯石の除去

予防的歯石除去とは歯石を発見することから始まる


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
****************************************

先日も書きましたが、本当に月日の経つのは早いですね〜もう29日ですよ、29
今月ももう終わり。。。

コロナ禍なので、時が経つのが早いという事は良い事だと思います。嵐が過ぎ去るのを待つ。
時間が解決する事もあります。

でも、母の入院期間が長引いて困るというのもあります

コロナ禍では生きるとか老いるとか、考えましたね〜まあ自分もあと数年経つと大台に乗りますから、親が年を取るのも無理はないですけど...

さて、先日書きましたが、昨年はだったので、今年は牛歩でも進みたいと思います。
ただ新しい事を始めるとかではなくて、待ち遠しい春に向けて備える。今までやってきた事を地道に続けるだとか、停まってしまった事を再開させるとか。

そこでずっとサボっていた症例報告でもたまにはしていこうかなって思ってます

何しろ、大雑把なO型なので、動画の編集が面倒なんですよね〜
やり慣れないから時間もかかるし、思ったような仕上がりにしようと思うと、余計に時間がかかる

で、まあ、編集するんですけど、適当に

で、このライブドアブログ...

動画がそのまま貼れないんです普通、写真と同じでアップロードできますよね〜ここでは、YouTubeかニコ動しか上げられないんです。。。インスタとか、フェイスブックはスマホで編集した動画をそのままいけるんですけどね...


で、仕方なく、YouTube動画にあげて、ここにリンクを貼るわけです

 

歯石除去の動画っていっぱい出てるんですね〜特に再生回数が多いのは、めちゃくちゃいっぱい歯石がついている、歯が歯石で埋まっているような人の歯石除去の動画。すげ〜っってやつです

まあもちろん、歯石除去の動画って、歯科医師がアップしている事も多いですからね。
私も歯科衛生士ですし、初期治療と言って、歯周病の治療の一旦を担う時には、多量についた歯石を除去している事もあります。

歯周初期治療では歯磨きの仕方をお話ししたり、歯周病の原因となるプラークや歯石の除去を行います。

でもね、歯科衛生士の醍醐味は、その初期治療が終了して、メインテナンスに入った後の人生の終わりまでの何十年もの間、患者さんのお口の中を管理するのが、本当のやりがいだと思うんです。

だから、初回のわ〜すげ〜は凄いけど、 それが、じゃあ、10年後維持できてるの維持させたのの方が予防を担う歯科衛生士らしいと思うですよね〜

で、話が脱線しました

で、今日の↑動画は、メインテナンス中の患者さんの動画で、もう7、8年になるかなぁ。の患者さんです。

歯肉はすごくしまっているのに、風をかけると、ぽつっと歯石が見えるのです
歯周ポケットの幅は1mm〜1.5mm。深さも2mm程度と、全く病的な炎症がある歯肉ではありません。
こんな小さな歯石、しばらく放っておいても問題ないけど。

でも、この歯石がいずれ悪さをするならば、その芽は小さいうちに摘んでおいた方が良い。

実はこの歯石を発見できるかが、まずは勝負なのです 

メインテナンスも年数が経つと、↑みたいな歯石しかなくなります

地味だな〜私の動画

というわけで、マクロの世界をお楽しみ下さい 

 

顕微鏡の歯石除去はフィニッシュを確認しましょう。


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
****************************************

早いもので、年が明けたかと思ったら、今日はもう24日...コロナの感染も収まりがついていませんし、今年も波乱の年となりそうですね

お正月に時間があったので、ネットサーフィン(今は死後ですね)やYou tubeを検索したりと、バーチャルな世界の研究してました

暫くバーチャルな世界を見ていない間に、歯科衛生士さんの顕微鏡の動画が凄くなってってびっくりあれ、このアングル、私のちゃうみたいなアングルの動画が出ていたりして驚きました。

遂に、歯科衛生士もここまで来たか〜(かなり上から目線ですみません)と嬉しく思いました。
でも...歯石とってます、やってます、動画の多い事顕微鏡を使って、とってますというのはとても危ないです。

それは、手用での取り残しは明らかに取り残しとわかるので、例えばその次の段階として顕微鏡で拡大して取ろうと思えばとれます。しかしながら、顕微鏡で根面とわからないくらいに削ってしまった歯石は歯面との境界線がわからないので除去するのが大変困難になります。

つまり、顕微鏡で除去するのなら、最初で最後、絶対に除去する!もしくはあえて取らずに、最終的に除去が確実にできる方法を考えて取り掛かるというのがとても大切になります。戦略が必要。

つまり、下の写真にもありますが、

歯石1

↑歯石を拡大した歯石を見ると、顕微鏡を使っていない皆さんや、患者さんは、「おお〜すげ〜」と思うかもしれませんが、これは顕微鏡があれば誰でも撮れる写真です。

歯石2

↑次に、歯石にスケーラーを当てているとか、動画で歯石を除去している場面がありますが、これも顕微鏡があれば誰でも撮れます。全く凄くありません。顕微鏡使いの歯科衛生士さんなら、当たり前の事です。

歯石の除去の動画が出回っていますが、私は動画に映っているスケーラーを見ただけで、その人の実力がわかります。顕微鏡には歯石が除去できるスケーラーとできないスケーラーがあるからです。除去できているできていないの前に、スケーラーが適切でない場合には、必ず取り残していますので、動画を見るに値しません。つまりどうせ取れてないなという事になります。

これは、顕微鏡と歯石除去の理論がよく理解していれば必然的に使用するスケーラーは決まってきますので、スケーラーの選択が誤っている人は研究不足と言えます

歯石3

↑大切なのは、このフィニッシュの写真です。歯石が無いことはもちろん、歯石を除去した根面がツルツル、歯周ポケットの底部が見える、このフィニッシュが写真もしくは動画で出ている衛生士さんは本物です。。。でもほとんどいません

この私の写真、一応、歯肉の中の歯石なんですけどね。風を吹いて歯石が見えたところから写真を撮っているので、歯肉の上の歯石(歯肉縁上歯石)のように見えますが、実は歯肉縁下歯石です。ポケットは浅いですけど。そしてよく見ると歯石た付着していたところ、ちょっと溝があるんですよ。窪みみたいな。歯石が付着するのはそれなりの理由があって、ちょっとした窪みだったりすると器具が当たらないし本当に除去が困難なのです。

歯石取れました〜♡

とか動画で言っているもしくは書いてあると、「はあ?どこが本気で言ってるのか」と思ってしまいます。根面確認してないだろって思います。

もし本気で言っているのなら、どうにもならない天狗ですね...

歯石の除去ってそんなに簡単じゃありません。可愛い歯科衛生士さんが、「取れましたぁ♡」「顕微鏡の世界を知ってほしいです♡」とか書いていると、おばちゃん衛生士の私は、なんだか腹が立ってきますはい、僻みです、認めまーす(爆)

私は、患者さんに、歯科衛生士がねーちゃん呼ばわりされるのが大嫌いです。
いい加減な仕事で、見た目や口八丁で患者さんを釣る歯科衛生士は嫌いです。

結果を出してこそプロだと私は思うので。歯石を確実に除去して炎症をなくすのがプロの技だと思うので(まあこれは歯石の除去だけしても難しい場合もありますがまずは歯石を除去しない事には話になりません)

私も歯科用顕微鏡で歯石を取りますが、取れない時は、患者さんに取れないとはっきり言います。取りたくないとも言います。顕微鏡を使っても取れない歯石がありますし、本当に問題のある歯周ポケット内の歯石なんて、はっきり言いますけど、取れませんよ。

多分、うちの衛生士のYUちゃんは一番わかっていると思います。実際に自分も歯科衛生士として歯石の除去をしていますし、私の手技もみてますからね。

うっすら残る歯石は、患者さんを更に不幸にします。顕微鏡を過信せずに謙虚に歯石の除去にあたるべきだと私は思います。

あー歯石取りたいな〜

私が受け持つ患者さんはほとんどがメインテナンス継続なので歯石がほとんどついてきません。特に縁下はついてきませんからね。良いか悪いか腕が鈍ります(笑)

でも今はコロナの感染拡大で、エアロゾルが発生する手技はリスクがありますからね。ジレンマです

さてまた明日から一週間が始まりますね。今週も頑張りましょう

 

マイクロスケーリングR。顕微鏡を使って歯石を見よう!除去しよう!

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様こんにちは、歯科衛生士naomiです
ダブル台風の爪痕が生々しい週末。皆様いかがお過ごしでしょうか?

久しぶりにマイクロクリーニングRの事を書きます。いつも同じように処置しているのだけれど、なかなか画像のダウンロードやブログを書くのが面倒で...つい。たまには皆様にもお見せしないとね。

メインテナンス中の患者様です。右上2番。遠心のマイクロスケーリングR。

microscaling1


一見締まった歯肉。長年の歯科衛生士の感が働く。ムム何かある歯科衛生士として良い処置をしようと思ったら、顕微鏡があるだけではだめ。経験値が物を言います。

microscaling2

ポケット深さ2mm足らず、幅もしかり。めいいっぱい開いても2.5mm程度

microscaling3

超音波スケーラーで歯石を粉砕していく。

microscaling4


歯肉を傷つけないように。慎重に...と思うけど。ポケット幅2mmだから...難易度高いよ

microscaling5

根面の全容が見えてくる

microscaling6

歯石が付着するには理由がある。根面溝。根面に一線の凹みがある

歯石の除去は一筋縄ではいかない。歯石の除去は従来の盲目的作業では限界がある。拡大鏡でも無理。根面溝が見えるほどの倍率と、見える明るさ。それを兼ね備えている顕微鏡でなければ処置は上手くいかない

歯石の除去には取りどきがある。たった1mmの歯石を外科処置で歯肉を開いて除去するなんて、今やナンセンス。時代は開腹手術から内視鏡手術の時代になったのだ。

顕微鏡を使う事が大切なのではない。顕微鏡を使いこなす事が大切なのです

歯科衛生士の担当制って?歯科衛生士の責任の話

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様こんにちは、歯科衛生士naomiです


2日。世間様はゴールデンでウィークでお休みのところも多いようですが、私はせっせとお仕事です。

ふむ。今日も中程度の歯周病の患者様を拝見しながら、歯科衛生士による歯石や付着物及び沈着物の機械的除去と口腔ケアは奥が深いなぁとシミジミ…

さて。もし皆さんが歯周病の治療で何が1番大切かと問われたら、何と答えますか?歯石や付着物及び沈着物を機械的操作で確実に取ることでしょうか?それとも歯科医師が行う歯周外科で歯槽骨を再生することでしょうか?どちらも大切なことですが私はそれよりも大切なことがあると思います

それは長期にわたるメインテナンスです

たとえ完璧に歯石や付着物及び沈着物を機械的操作で除去したとしても、また歯石や付着物及び沈着物がつかないとは限りませんし、いくら完璧な手術をしてもその状態がずっと続くとは限りません。必ず現状を維持、もしくは健康増進のためにメインテナンスが必要です。歯周病を勉強している人なら必ず知っています。

メインテナンスがなければ歯石の状況や手術の効果も半減…どころか、意味がないものになります。

では日本で定期的にメインテナンスに通っている方はどれくらいいるでしょうか?

データにもよりますが2〜20%と言われています。つまりほとんどの人が歯石を取ったり、手術をしてもメインテナンスに来院していないということです。

私たち歯科衛生士の力のさなを思い知らされます。歯科衛生士の一番重要な仕事は患者様のモチベーションを高める事。

裏を返せば歯石や付着物及び沈着物の除去ができなくても良いってことですねモチベーションを高められる話術だけあればいい。

私はあまり話術が得意ではないので、話術で患者様を来院させられる衛生士さんがとっても羨ましいです

先日来院の患者様です。右下2番。遠心〜遠心隅角。深さ2〜5mm。無麻酔下。

ポケット根面に歯石や付着物及び沈着物があります。この場所の深さは2mm。実は問題なのは舌側にかけて。遠心舌側隅角は深さが5mmあります。
SC2
この歯はやや捻転しており、遠心から舌側にかけて歯石があるのですが、舌側からは直視ができず、またエアーも届かないため歯石の確認ができず、唇側からのアプローチを試みました。超音波スケーラーを用いてまずは直視で可能なところを除去。
BlogPaint
舌側に回り込んだところは直視では見えません。直視の視野から歯石が消えたらからと言って歯石や付着物及び沈着物が除去できたわけではありません。何事も見たのかです。だから見ます。マイクロミラーを使って歯肉を避けて根面を確認します。やっぱりあるよ
SC4
これは非常に難しいテクニックです。できれば直視が理想的ですが、臨床は理想的なケースばかりではありません。この場合はマイクロミラーテクニックで歯石や付着物及び沈着物の除去を行うしかありません。だって隣接面直下は見えないもの...あ、私が下手なのかもしれませんね

ポケット底部には歯石がなく、宙に浮いた状態で歯石が付着していて、5mm。因みにポケットの幅は1.5mm程度です。器具が入らない、入らない

でもどんなに困難であっても、私が担当するとなったからには全力を傾けます。責任を持って処置を行います。そこに歯科衛生士だからという甘えはありません。だって、この患者さんは来院してくださる限り私が担当するのですもの。患者さんの一生の健口を背負う...責任を感じているからこそ本気です。いつも私を信頼し患者様を担当させてくださる院長にはいつも感謝しています

それはさておき、毎回処置中に思います。今回はもう無理、こんな歯石や付着物及び沈着物の除去できないよってね。でも、私には担当になった責任があるから。もし万が一1回で歯石が取れなくても、いつか除去できればいいし、重要なのはメインテナンスに通って頂くこと。

だいたい、顕微鏡がない歯石除去って必ず歯石が残ってますし、顕微鏡があってもとれないものはとれないよ。でも、ヨーロッパでは顕微鏡なんかなくても80歳で20本以上の歯を残していますよ。日本は10本以下ですけど。だから歯石や付着物及び沈着物が完璧に除去できるかどうかなんて問題じゃないんです。本当は。そういう事も全て私は患者様に説明します。

SC5

もちろん全力を尽くせばなんとかなるケースがほとんどですけどねていうか、その前に判断してますから。いけるかどうかって。そういう事も含めて歯科衛生士の総合力が試されます。

さて。明日は久しぶりに実家の母に会いに行きます。親子孝行もたまにはしないとね

皆様もよい休日をお過ごしください。
Profile

hygienist naomi

Advanced Care Dental Office
Archives
QRコード
QRコード