顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:歯石とり

☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは今日はmicro scalingR歯科衛生士naomiです

*********************************** 

私はいつも患者さんの体を拝見させて頂いていますが、歯科衛生士としての月日が経てば経つほど人間の体が良くできてるな〜と日々関心するばかりです

そう、人間の体には無駄がないそして何か...例えば、病気とか...でもそれは意味があって起こっているという事。

例えば歯周病で歯ぐきが腫れているとすると、必ずそこには細菌がいる。だから腫れる。歯周ポケットは歯という硬い組織と歯肉という軟組織の間にある。硬い歯が歯肉を突き破って出ていると考えればその隙間から細菌が侵入するのを防がなくてはならない。

爪は伸びることによって指と爪の間の汚れを排除して行くけれど歯は伸びられない。だから、噴水のように歯肉溝浸出液をいう液体を出して歯周ポケットの中に汚れを排除する。

そう。人間の体の機能に無駄なものなどない。

だから、いつも歯のクリーニングをする時に、特に歯石の除去をする時に、歯肉を不必要に傷つけない事や、歯の根の表面を削り過ぎないように表層の歯石だけを除去するように心がけけるとか。

侵襲の少ない処置を心がけています。だから、むやみに超音波スケーラーでキーンとか、ハンドスケーラーでガリガリ根面を滑沢にしたりはいたしません。

先日6歳臼歯のお話をしましたけど...

うちの先生は小児歯科医ではないので子供の治療はしません。私は歯科衛生士として赤ちゃんからお年寄りまで全ての人を見続けたいと思うけど...もし小児歯科に行って経験を積むとすれば、歯科用顕微鏡をこんなにも好き勝手に使わせてもらえる環境を手放さなければならない。

本当、こんなに面白いものはない。歯科用顕微鏡

私が最近思っている事。歯科衛生士はどこへ向かっているのかなーって事なんだけど。保険点数に口腔機能低下症に対しての点数がついた事もあって、最近は子供の発達について業界がザワザワしている。赤ちゃんの姿勢とか、舌や唇の動きとか、食育とか。

歯科衛生士の原点は虫歯の二代疾患である虫歯と歯周病の予防であると私は思っている。

姿勢も機能も大切だけど。。。でも歯科衛生士が行う処置でエビデンスがある確かなものは 、歯石の除去しかない。

先日小学生の話を書きましたけど、確かに舌癖があって、やや不正咬合気味で、口腔周囲筋が緊張して居て口が開かないのだけど...

さっきも言ったけど、何にでも意味がある。舌癖は悪い事でやめるように言われるけど、じゃあなんで舌癖になるのか?って考えた事あるのかな。

例えば、舌の筋力が弱い?なんで弱いのか?
嚥下のポジションを獲得できてないから舌が前へ突出する?

舌癖があって歯列不正だから口呼吸が起こる?
それとも口呼吸だから口唇の筋力が弱くなって口唇閉鎖できないから口腔圧を陰圧にするために舌が突出すして陰圧を保つのか?

そもそも口呼吸の原因は何なのか?口で息するにはそれなりの理由があるわけで、単純にやめろというのでは解決にならない。鼻腔に問題があるかもしれないし、習慣性の口呼吸かもしれない。

鼻腔の診断をするには耳鼻科との連携が必要だし、単純に口頭の問診だけで口呼吸が問題と決めつけるには根拠が乏しすぎる。

そういう別の因子を全て排除してからこそ真の診断がつくのである。でも、そこを論じている人は誰も居ない。姿勢とかっていうけど。先天的な発育曲線の範囲以内なのか、それとも異常なのか、解剖学的に骨の異常はないのか?そういうよくわからない因子の事は論所ないで、歯科だけで問題を決めつけようとするのが私には理解し難い。

だから、私にとっての真実は歯石の除去の中にしかない。

必ず私だけで診断できる。だって単純。歯石がある→炎症が起きる。歯石を除去する→炎症が治る→治癒する。決まっているもの。

だから、私は歯科衛生士はもっと歯石を除去する事に心血をそそぐべきだと思う。歯石の除去ができないのに、全身の健康とか言われても。歯肉の炎症さえ抑えられないのに、健康に何もないもんです

人間観察って面白いですよね。この間観察していて思ったんですけど、乳歯って次に出てくる永久歯の栄養になるとかってよくいうじゃないですか。私小児歯科は詳しくないんですけど観察していたら理解できました。

2020.01.20.乳歯E

この写真は乳歯が虫歯になっているんだけど。。。隣のノーマルな歯が押してきているように感じるのは私だけでしょうか?

2020.01.20.乳歯 Eその2

このやじるの先のあたり、歯が虫歯で崩壊して歯質がないのを良い事に、グイグイ押している気がしない?つまり、1つはグイグイ押してくるから歯質に影響して虫歯になった可能性と、グイグイ押しているからこのままいくとやや倒れて本来の位置よりもずれる可能性があるって事。いや〜難しい。

そう私はこれを見て、本当人間の体って良くできてるなーと思うのは、乳歯が吸収するのにも意味とがタイミングがあって生態が決めているって事。もし虫歯じゃなかったら隣の永久歯のポジションはちょっと違ったポジションになったと思う。

そして、もしこの歯を治療するとするならば、隣に食い込んでしまった分どうするか?という事もあるし充填する形態も変える必要があるのかもしれない。

それは今後の見通しとどう歯列を導いていくのかによるので、決まった答えはない。

未来を想像する歯科医療従事者の想像によって未来は変わってくるのだ

やっぱり歯科衛生士の仕事って奥が深いな〜

そう、でも小児歯科に通っていたのだよね...まあ、専門って言ってもそんなものなのかな。。。

やっぱり臨床はやめられませんよね。私も私、失敗しないのでの方と同じで論文書くより研究するより生身の人間を相手にする臨床家の方が断然好きです

さてー今週も頑張ります

ぜひ皆さんいつも言いますけど一生涯お使いできるマイハイジニストを持ってくださいね

*******************************

歯科衛生士naomiが勤務するイリタニオフィスはこちら☆ 
大人になっても予防は大切。いつからでも遅い事はありません 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは今日はmicro scalingR歯科衛生士naomiです

*********************************** 

早いもので今年も明けたかと思ったらもう2週間が過ぎてしまいました

先日友人と話しをしていた時に、今年の抱負は?と聞かれて、言葉に詰まってしまいました...

今年の抱負。。。か。。。

なんだか年と経るって切ないですね。若い頃は毎日がキラキラしていた気がするけど気がつけば輝きを失っているようなあ、それは自分次第か。結構守りに入ってるな〜と思います。

重度な歯周病の患者さんが来ないかなー最近はメインテナンス(定期検診の患者様)が増えて新規の患者さんが来院されても口腔内が綺麗な方が多くって。。。歯石を取る機会が少ない

あ、どこかで聞いたセリフ。

オペしたい〜ってやつです。

人間の体って本当に良くできていて、皆さんきちんと理解しているかどうかわかりませんけど、なぜ歯石を取らないといけないのか?って話です。

歯石は歯ぐきの上につく場合もありますし、歯ぐきの中に付く場合もあります。結構な確率で歯ぐきの中の歯石は取った事がないと患者さんがおっしゃいます。あとは取った事がある人では、麻酔をしてとか。

私は無麻酔で歯石を取りますが、歯科用顕微鏡があると結構な深さまで無麻酔でいけます。

あー歯石が取りたいなーーーーーーーーー誰かお願い、歯石取らせてーーーー
私、失敗しないので

さて。かくいう私も歯科衛生士歴が四半世紀を超えましたが未だにまだまだ勉強です。

当医院にはほとんど子供の患者さんは来院されませんが、先日小学生の患者さんを拝見させて頂きました。

そして何のご縁か先日ある患者さんに受付で50歳前後の第一大臼歯の喪失率って知ってますか?と突然聞かれました。確か。。。かなりな確率で無いはずだったけどどのくらいだったっけな4人に1人なんですね。4人に1人って多く無いですか?だって。

参考資料 厚労省 歯の喪失の原因

6歳臼歯喪失率


そうなのですよね...結構な確率で6歳臼歯と呼ばれる、初めて生えてくる大人の歯は、早くに喪失して行くのですよね...

いかに6歳臼歯を早い段階から守り始めるか。いかに6臼歯を虫歯にさせないかが100年時代を生きる時代の口腔予防の初めの一歩なのですよね。。。

そして小学生の患者さん。

6歳臼歯その1

すごく歯磨きが上手な患者さんだったけど。。。でもやっぱり6才臼歯の歯磨きは難しい。

6歳臼歯その2

そしてこれからこの後ろに7番目の第二大臼歯は生えてくるのですよね。。。しかも舌癖があって口呼吸気味。呼吸器の発達も心配

人生の早い段階で自分の口腔内の事を知る事ができる幸せ。最初に関わる歯科衛生士としての責任。。。もうすでにこの患者さんは他で歯科にかかっていて乳歯の治療をしているのだけれど...何で最初の最初に大切な事を伝えてあげないかな麻酔が痛くて歯医者さんがもう嫌いになりかかってた患者さん。

私に出会った事で、少しは歯医者さんを好きになってもらいたい。歯医者さんをというよりも、自分の体に興味を持って自分の体を大切にする事を学んでもらいたい。だって一生はまだまだ長いんだもの。

そして、私はこの小さな患者さんから、いかに早い段階からのアプローチが大切かって事を学ぶのです。。。そして、この小さな患者さんの歯をどうしたら守ってあげられるのかなって思うのです

子供って素直で可愛いですよね

そして。。。最後に、ブログ書いてて思うのは、歯科衛生士の仕事は歯石を取る事じゃない、患者さんの健康になりたいスイッチを押すことだって事です。。。

でもーーーーーー歯石取らせてーーーーーーーーー

はい。明日も頑張ります
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

あら気がつけば、顕微鏡アシスタントYuちゃんがとうとうカミングアウトしてる...

まるで鬼教官のわたくし自分ではわからないけど、真剣だとこんな顔しているのね〜

2014-03-14-12-16-31

人生は本当に短いですね...最近よく言いますけど歯科衛生士道まっしぐら、一心不乱に歯科衛生士やってきました。いつでもまだまだと思って。20代中にセミナーを開催したこともあったけど、当時はそれは私の目指しているものではなかった。

え?セミナーが上手くいかなかったのかって?いえいえ全く逆です。満員御礼で、2回目も開催したほどでしたもの

当時は若かったし、エネルギーもあって、ノリで突っ走っちゃった自分もいたし...でも今でも忘れないのは...きっともう誰もそんな事覚えてないと思うけど。セミナーが終了して、調子に乗っちゃった私たちはその後の打ち上げに直行するのに舞い上がっちゃってて...お化粧室に行ったりしてちょと帰り遅れた受講生をよそに、とっととエレベーターを降りた...

若かったですねぇ

受講生への感謝の気持ちも、確かに受講してくれて有難いとは思っていたけれど、でもそれにも増して自分達のセミナーの成功がうれしくて、調子に乗っちゃったんですよね。今思えば、最後の1人まで見送るような気持ちでセミナーをするべきだったなぁ...と。

もう15年も前の事なのに。

それから月日が流れて、今はなき風見健一先生のシャープニングのセミナーで講師養成コースを受講し、風見先生の前で模擬セミナー。1人でプレゼンした事もある。

その時お手伝いに行ったセミナーで...受講生からある質問を受けた。知ったかぶって答えてしまったのが運の尽き。実は全く答えが違くて...同じ質問を最後の質疑応答で他の方質問して、私の知ったかぶりが露呈した...ああ、初めて告白した。今でも忘れてない。

それももう5年以上前の話。ああ、本当に失礼な事をした。講師には本当に向いてない。

そもそも、最初に講師を辞めたのは講師はある程度知識があって、プレゼンが上手ければ誰でもできるとわかったからで、私が目指していた臨床がすごい人とはかなり違ったからだった。

それと、風見先生に「講師になるなら教える事を好きになった方がいい。」と言われたこと。教えるのが好き...かぁ...

人間的な器でしょうね...私の度量が小さくて、余裕がなかった。

それから、月日は流れて...風見先生がお亡くなりになった...そして時を同じくして、大切な人を2人同時に失った...その数年間は私の人生の中で大きな転機となったのだな。今思えば。

命の短さを知った事、そして先に逝ってしまった彼らに恥じない自分になる事。それは今まで誰かが歯科衛生士道を若い世代に教えてくれると人頼にしていた私を動かすモチベーションとなった。

私の生きている使命。私がすべき事。私にしかできない、次の世代に伝えなければいけない事。

まあそんな年になったのでしょうね。もう40歳超えたし80歳まで生きたとしても春はあと40回しかこない。無駄にできない。自分から前に進んでいかないと。

いつも書くときに迷う。書けば自画自賛になりそうで...

歯科用顕微鏡を使ってポケットの中の歯石を確実に除去している歯科衛生士はおそらく私だけである。世界でも類を見ない。歯周病の治療として歯石の除去をしている歯科医師はいるけれど、予防的に何の症状もない歯肉の中に付着している将来の病気の目の歯石を除去している歯科医療従事者はおそらく私しかいない。

それは顕微鏡があるだけではできない、歯科衛生士道を極め続けてきたからできる処置だから。

学会で発表した3年前、某学会で歴史が変わるチャンスがあった。日本はものすごいチャンスを持っていた。今までポケット4mmを超える歯石の除去は無理だと言われたきたけど、顕微鏡を使えばそんな限界簡単にクリアできる。しかも世界でも歯科用顕微鏡を使う歯科衛生士はまだいない。

日本では多くの歯科衛生士が顕微鏡を使い始めている。日本の歯科衛生士が動けば歴史は変わったが、様々な既得権益が絡んで、名誉欲やお金...そんなものに眼がくらみ、学問の道は閉ざされた。

あーあほらし。

お陰様でその技術は外に出ることなく、Yuちゃんに引き継がれる事となった。

私が教えているYuちゃんがものすごいスピードで進化。先日超音波スケーラーの練習をしたけれど、わけもわからずやらされたエキスプローリングの練習の成果が出ている。まだ歯石は除去まではできないけれど、学生だけどそんじょそこらの歯科衛生士に負けないテクニックを身につけている。

だよね〜歯石の除去の上手さは超音波スケーラーが使えることとは別。細かい動きができる手をどう作るかが重要なのだ。でも、それは誰も教えてくれない。だから痛い、下手、患者来ない

Yuちゃんは恵まれていると思う。教えてくれる先輩がいるという事は、上達が早い。でも、実はその環境を自分で掴んでいるとも言える。逃げ出す衛生士もいっぱいいるから。そこに果敢に挑んでくる彼女はある意味すごいと思う。しかも、私に挑んでくるわけだし

でも、人を扱う職業である歯科衛生士なのだから、そんな思いは当たり前だと思う。自分に負けるぐらいなら、歯科衛生士になんてならない方が患者のため。歯科衛生士道はそんなに甘く無い。

お陰様で4月のセミナーは満員御礼となりました。私のブログを見てという方も数名いて、これまたチャレンジャーな歯科衛生士がいるもんだと思うけど、でもその衛生士さん達はセミナーに申し込んだ時点ですでに一歩を踏み出している。その一歩がすでに成長なのである。まだお会いしてないけどそれは褒めてあげたい。会うのが楽しみです。

今ふと浮かんだけど、プロとは自分に負けずにその道を追究し続ける事。なのかも。

長くなりました。

とめどなくなりましたが、どうやら今年は次世代の衛生士さん達に何かを伝える年のようですね。

私は私の使命を果たすために。頑張ります

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

最近ふと思うこと。

「もしかしたら、私がやっている、歯科用顕微鏡を使用しての、歯石の除去やメインテナンスは、拡大鏡を含む従来の肉眼での処置とは似て非なるものではないだろうか? 

 従来、ポケットが4mm以上の深いポケットの中の歯石は、そのままでは除去が難しく。麻酔をして、歯肉を剥がして直接歯石が見えるようにし、歯石を除去して、また歯肉を縫合するという方法がとられていた。

術野が見えないから切り開き、直接見えるようにして視野を獲得し、施術を行う。 

これは、歯科に限ったことではない。医科だってその昔は開頭手術や開腹手術が行われていた。しかしながら、今やこのような侵襲の大きい手術は少なくなってきている。もちろん適応によってはまだ開腹手術も行われるが、できることなら小さい術野でというのが昨今の潮流である。

歯科は?歯周病の治療はどうだろうか?

同じではなかろうか。

今だに肉眼で歯石を除去して、再評価してポケットが残っているから麻酔してポケットを開いて歯石を除去するなんて、ナンセンス

20150311kenbikyou

ポケット6mm。上顎左側側切歯遠心。犬歯は唇側転位。第一小臼歯が近接しています。歯肉を避ければポケット内に大きな歯石が認められます。

20150311SRP

私は世代的に手用スケーラー(ハンドスケーラー)に固執したいけど、でももうそれは「昭和の女子」もう古い時代ですかね...いやいや、そう言われても、私は昭和の女。手用スケーラー派です時と場合によります。今の私があるのは、ハンドスケーラーのことを熟知していたから。超音波しかできない衛生士さんだったら今の私の処置はできない。

炎症がある歯肉は出血しやすい。それは、そこに細菌がいる証拠で、細菌をやっつけようと体の中心部から免疫細胞が血液に乗っかってどんどん運ばれてくる。血液が集まるから腫れて、赤みをおび、パンパンになった血管はちょっとした刺激で破れやすい...これほど出血しても患者さんは全く痛みがない。無麻酔なのに

20150311SRP3

使い分けができてこそプロ。学生の時、ハンドスケーラーと超音波スケーラーの利点、欠点を学んだ。その後、時代がハンドスケーリングはもう古いみたいになって、巷にはハンドスエーラーは使わないという歯科衛生士が増えた私は何度も言うように古風な女子ですからハンドスケーラーにこだわった。

20150311SRP2

こだわってきた結果がこの結果である
顕微鏡での歯石除去に限って言えば、超音波スケーラーを使用すると余計に除去に時間がかかることもある。意外にもハンドスケーラーを最初に使用する方が拍子抜けするくらい手早く歯石が除去できることもある

そして超音波で歯石の除去を行った後や、終盤に差し掛かった時に根面に残る歯石(処置2枚目の写真にうっすら残っている)を剥がしとるのはハンドスケーラーの方が向いている。いやハンドじゃないととれない

歯周ポケット内の歯石の除去は一筋縄ではいかない。手をかえ、品をかえ、自分の持っている知識や技術を最大限に発揮しなければこの症例のような難易度の高い処置にた対応できない。

いつも言うけど小手術。一般的な歯石除去とは似て非なるもの。

プロは結果が勝負。明日も一番勝負頑張ります

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんにちは☆歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

今日も暑い!

でも、もう8月末日。夏も終わろうとしているんですよね。。。ちょっと寂しいです 

さて。毎日せっせと歯科用顕微鏡を使ってメインテナンスしているわけですが、よく言われるのは、

「歯科用顕微鏡を歯科医師が使っているところはあるけど、歯科衛生士さんが使っているのは見た事はない(聞いたことがない)」 

まあ、言われればそうかもしてませんが
「そこが他の医院と違うところですよね〜」なんて患者様に言われると、ドキッとします。

歯科用顕微鏡の画像を毎日患者様にお見せしていますが、この画像を見せると、拡大の世界が当たり前になってしまって、なんだか感覚がおかしくなってしまうようです。

患者様も見えて当たり前的な感覚になるようです。例えばこのお中元に頂いたジュースの缶。

 
kan1

上から普通に覗くとこんな感じでしょ。

kan2
 
さて、これを歯科用顕微鏡で見てみると。最低倍率でこんな感じ。

kan3

そのまま拡大すると次がこんな感じ。

kan4

そして次の倍率だとこんな感じ。

kan5


更に次ぎの倍率だと。最大およそ24倍の倍率。

kan6
 
 拡大のイメージが少しおわかりいただけたでしょうか?

拡大して見えることは、普通なことではありません。実はものすごいことなのです 

そして、もう1つすごいことにお気づきになりましたか?

下の写真、一番低倍率の写真です。

kan3

よく、顕微鏡と拡大鏡をごちゃまぜに理解している患者様がいます。
また、歯科用顕微鏡と拡大鏡が同じだと言い張る先生や歯科衛生士さんもいます。

一番低倍率でも、倍率が違います。一番低い倍率でも、拡大鏡より大きく見えます。

更に。よく写真を見てみてください。

缶の底部が見えていますね。

これが歯科用顕微鏡の特徴の1つです。光が中まで入っているのです。しかも視線と同軸で。

拡大鏡で拡大すれば、倍率はあがるかもしれませんが、光は入りません。ライト付きなら別ですが、同軸で光がはいる拡大鏡は限られています。

同軸で光が入らなければ、見たいところに陰ができます。

歯科用顕微鏡ってすごいですよね。。。

すごいのですけれど、扱いもすごいです。すごく難しい 

歯科用顕微鏡を使っている歯科衛生士。確かにあまりいないかも。。。ね。。。

そのせいか、最近は先生の予約と同じぐらい、歯科衛生士の予約が混んでおります。有り難いことです。

せっせと皆様の歯を美しく仕上げて参りたいと思います明日も頑張ります 頑張れ!私(笑)

**************************

11月の日本顕微鏡歯科学会シンポジストとして発表します
歯科衛生士として歯科用顕微鏡の展望についてお話させて頂ければと思っておりますのでご興味ある皆さんはぜひご参加くださいませね 学会員じゃなくても参加可能です
 
顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ 

 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは〜naomiです

08.10.26.micro.jpg昨日naomiはマイクロスコープのセミナーに参加してきました。ハイジーンワーク(歯科衛生士業務)におけるマイクロスコープの活用法と意義について、そしてシャープニング(歯石をとる器具を研ぐこと)、スケーリング(歯石をとること)、相互実習をしてきました。

参加者のほとんどが、医院の先生がマイクロを使用しており、いずれ歯科衛生士も・・・と考えいる医院の歯科衛生士さんばかり。

まだまだマイクロを使っている衛生士さんも少なく、日頃質問できる人がいないので、とても参考になりました。

特にポジショニングは基礎。明日から実践したいと思います

それにしても・・・

歯科衛生士は本当に働く医院で行く道が違うなぁ・・・

naomiだってイリタニオフィスにいなかったら、今の自分じゃないし、例えばいくらマイクロに興味があっても、その先生と出会わなければマイクロは使えない・・・

働くにはその先生やスタッフとの相性もあるし、業務内容もある、更に自分のやりたい仕事をできる医院との出会いは本当に少ない。

naomiは恵まれているとしませう(爆)

かなりプレッシャーですけどね。本当は。

先日ある患者様に、naomiさんの歯石とりは痛くないけど本当にとれているんですか?と言われました^^実はこれよく言われます^^;

でも、うちの医院にはマイクロスコープがあります。

治療に回れば当然私がクリーニングした歯を先生が見るわけで・・・いいえ患者様もことあるごとに見る機会があります。

だからすごくプレッシャーなんですよ〜

他の医院の歯石とりと当オフィスの歯石とりはどう違うのですか?ってよく質問されますが・・・15分足らずで適当にやる歯石とりと、マイクロで見ても大丈夫な歯石とりは違うでしょう?当然^^;

まだまだ技術も勉強も足りません。どんどん進化するし。

お休みにまったりするのが楽しみです^^

今日は食パンを2クール焼き、只今2回を焼きあげ中です

先日小麦粉を変えたら本当に美味しくなったのですでね、暇な時間は国産小麦粉と製粉会社をネットでリサーチ。生産者の顔まで見る、これ大切。特に最近そう思います。

あ、そうそう、念願の食パン型、今日買いました〜

はまってます、うちのオーブンで美味しい食パン!

お料理を作っていると本当にたくさんのことを考えます。こだわることの大切さとか、道具も使いこなす大切さとか・・・仕事に通じる気づきがたくさんあります。

こだわって頑張っている農業生産者の方のことも見えてくるし、食材を探すことで、流通見えてきます。

今日買った小麦粉は国産小麦ですが生産者が見えない。生産会社と書かれてあるけどとても小麦粉農場がある場所じゃないし、粉を買って自社で袋つめをしているだけ?とも考えられるし、じゃあその小麦粉の出所は?となって、製粉会社を調べたんだけど(笑)

おたくですかね(爆)

食べることは大切です。これはnaomiの仕事の上でも永遠のテーマ。だって生きることは食べることであり、食べることは生きることだから。

口の健康を守るnaomiの仕事です!!!

今日はスーパーで葉付きの大根を買いましたエコバックからはみ出てて、恥ずかしかったけど、でも、新鮮な大根が手に入ったことに感謝、感謝なんだかうれしかったです。

大根の葉っぱのはみ出た自転車に乗りながら、サラリーマンの間を塗って、農家のおばはんのように、帰って来ました。でも、それが本当にうれしいから不思議。

はたから見たらちょー変なおばさんですね(爆)

さてご飯炊こーっと。


花の歯科医院Dr.IritaniOfficeはこちら☆

人気急上昇中KoiちゃんのAkoブログはこちら☆

naomiお勉強ブログはこちらさぼってます^^;

映画大好きアシスタントSachiちゃんブログはこちら☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、おはようございます☆naomiです

お久しぶりにコメントを頂きました(・◇・)ゞ

コメント欄でお答しようと思ったのですが、文字数が限られていて書ききれなかったので本文でお答します

コメントはこちらを参照ください☆

さてyama様から「歯石は自分でとっていいの?」とのご質問がありましたので、その回答です

歯石をとることをスケーリングといいますが、スケーリングの方法には大きく分けて2種類あります。

1つは超音波をはじめとする器械を使うスケーリング。最近はパワースケーリングと呼ぶようですが・・・

もう1つは器械を使わない、人の手で、鎌のようなスケーラーという道具を使って歯石をとるハンドスケーリングです。

最近はスケーラーが売っています。naomiが見たのは100円ショップでしたけど、結構いろんなところで売っているようです。

yama様だけじゃなくって、他の患者様からも、最近よく聞かれます。スケーラーを買って自分で歯石をとっていいのかって

答えは“ハイ、どーぞ。”です。ただし自己責任において。


皆さんは自分の髪の毛を自分でカットしてますか?

今のご時世、カリスマ美容師さんと同じハサミをネットで購入するのは造作もないことだと思います

ではそのハサミを入手したからと言って自分で上手にカットできますか?

髪の毛は切るのに失敗したら再生しますが、歯は再生しません。

ついた歯石を自分で無理してとるよりも、つかない努力をした方がどんなに歯にやさしいことか・・・とnaomiは思うのですが、いかがでしょうか?

歯石ってもともとは柔らかい汚れなんですよ。それが石灰化して(固くなって)歯石になるわけですから、柔らかいうちにとっちゃえばなんら問題がないのです

歯石がつくということは明らかにお手入れ不足なのです

それでも歯石をご自分でとりたい方は、自己責任で“ハイ、どーぞ。”です。

歯石と歯の区別はつきますか?境界は非常にわかりづらいです。歯の表面は唾液で塗れているし、器具は滑るし、歯石だと思ってガリガリやっているところがエナメル質だということは十分に考えられます。

更に、中途半端に歯石をとると、その表面がザラザラして余計に細菌が付着しやすくなります。

naomi達は歯石をとった後は必ず研磨をします。

yama様がおっしゃっているハンドミキサーのような器械というのはおそらく“ブランカ”という歯を研磨する道具だと思います。

自分で歯の研磨ができて、ヤニがとれるとかいうのが売りだったような・・・^^;

以前、東急ハンズさんでよく見ました。雑誌にも載っていたような。

研磨のペーストの粗さは一体どのくらいなんですかね?研磨のペーストも様々な種類があります。クレンザーで台所の流しをスポンジでゴシゴシすると汚れは落ちますが、傷つきますね。

ヤニは落ちても歯にダメージはないのでしょうか?研磨の粒子もピンキリです。

naomiは研磨の粒子の大きさを選んで使っていますやたらに色素が落ちるからと言って研磨剤をゴシゴシはやりません。

それからシリコンのチップ。

シリコンのチップにもひどいものがありますね。

磨いているうちにその摩擦熱でシリコンがボロボロと削れてくるものがあります。歯科用のものでもひどいものがありますね...安いかもしれませんが、naomiは絶対に使いません。

使っているとnaomiが怖くなってきます。これ,
大丈夫???^^;

シリコンの固さもありませすね。シリコンが固くて広がらない物は歯の全面に当たらないので、結局、研磨できません

たかが歯石とり、たかが研磨ですけど、いろんなことを考えてnaomiはやっていますけど、それでもご自分でチャレンジしたい方はどーぞ。どーぞ。
 

ということでお答になりましたでしょうか?yama様。

歯ブラシは使い勝手がよいみたいで、よかったよかったです。

私服姿は恥ずかしいですね・・・(*´Д`*)
 

また次回のご来院の際、歯ブラシの使い勝手を教えてくださいね☆
 



院長は今日もミナー参加中♪ですDr.IritaniOfficeはこちら☆

naomiお勉強ブログはこちら

アシスタントさっちゃんのSachiブログはこちら☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ