顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:椎間板ヘルニア

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは!naomiです

久しぶりに自分が患者として医療について思うことを書きます。あ・・・いつもそんなネタか(爆)

naomiは毎週椎間板ヘルニアでブロック注射をしています

この注射なしでは不安で、そして体の痛みを止めることができないし、痛みが再発したら、仕事も今みたいにできないし、日常生活にも支障をきたします。

naomiが行っているお医者さん、すごくよいのですが・・・

“よい”というのは、naomiにとっての“よい”なので、それが誰にでも当てはまるとは思っていませんが・・・

naomiがこの病院を“よい”という理由は、整形外科4件回って、どこも痛み止めとシップしかくれず、しかも効果がなく、痛みはひかず3ヶ月家で痛みのために転げまわっていたことから解放してくれたから。

そして、手術せずに、この苦痛からnaomiを救ってくれたから

なのですが、最近、この病院に行くのがすごく苦痛です。

なぜかというと、ブロック注射は予約なのですが、予約当日になって先生の都合が悪いといって、2週間に1回はキャンセルされるのです・・・当日携帯にメッセージが入っていて・・・

またか・・・と少々あきれ気味です

挙句の果てに、先生が必ず遅れてきます。

それも2時間近く。

もともと5時過ぎに来てくださいと言われているのですが、最近は注射が始まるのがおそらく7時・・・8時近くです。病院を出たのは9時。。。

その間、時間稼ぎの針と通電です。

この針と通電が苦痛ですずっと同じ姿勢でいなくてはならず、30分も同じ姿勢で寝ていたら・・・皆さん、想像してみてください。寝返りうたず、同じ姿勢、横向きなのですが、30分耐えられますか?

途中で、もう今日は注射はいいので帰らせてくださいとのど元まで出かかりました^^;

先生は毎回、毎回、口癖のように、“大変申し訳ございません!”と言いますが、はっきりいって、口だけだろ!と最近は思っています。この先生、もともとそういう先生なんだな・・・って。

毎週、毎週・・・

はっきり言って、時間泥棒です。naomiは病院の日は仕事が終らなくても早退します。このブロック注射だけは優先しています。

じゃないと、体が持たず、これ以上の無理は仕事に支障をきたしますから・・・

だから、ブロック注射の日の診療室は本当にすごい状態です。

本当はきちんと片付けたいのですが、目をつぶって(本当に本当に心具串九手本当に嫌なのですが・・・その日の片付けはやっぱりその日のうちに綺麗にしたい性格なのです)帰ります。本当に最低限の仕事だけをして。

ですから、次の日の朝は大変です。代わりのスタッフはいませんから、朝早く出勤することになります。いずれにしても自分にその仕事の残りが降りかかってくるのです

なのに、2時間遅れてくるなら、少しでも診療室を片付けたいのです!時間泥棒です。naomiは仕事よりも優先して、予約の時間に合わせているのに・・・遅れてくるのがわかっていて、予約をとるのははっきりいって詐欺です!

でも・・・

naomiは先生にそのことを言えません。なぜなら、自分の体のことを先生に握られているからです。

先生にそんなこと言ったら・・・おそらく先生に人間えですから、はっきりそんなこと言われたら面白くなく、処置に手を抜くでしょうね(笑)二度といけなくなります。

その治療を受けるために、相当なストレスを溜めるわけです。

自分の家族だったら2時間もまたせませんよねー他人だからできるのです。患者という“物”だから。結局先生にとって患者なんて“物”に過ぎません。

naomi医院に来院している患者様も、あるほかの病院に行って戻ってくると、必ずその病院の不満を訴えられます。でもその先生の技術は他では受けられず、患者様が我慢しているわけです。

医者の傲慢です。

あー病院がストレスだ・・・

まあ、待たされるのはわかったから、お願いだから時間稼ぎの針はやめてくれ〜って感じです☆

読書が進みます^^おかげで今日、読んでいた本が終りました♪次の本が読める〜^^

待つのはわかったら、本でも読ませてもらいたい・・・来週は長時間の針はしんどいので、待つのなら本を読んでいますので、お構いなくと言おうと思っています。

まあ、婦長さんやスタッフ、勤務医の先生もかなりかわいそうなんですけどね・・・同じ医療従事者として気持ちは重々わかります。遅れてくのは先生で、スタッフには責任がないのに、スタッフが深々と頭を下げるのですから・・・勤務時間も遅くなって・・・可愛そうです。

来週も苦痛だ・・・だけど、きっと来週はキャンセルです^^確立的には(爆)


当たり前の人としての医療を皆様に・・・naomi医院はこちらです☆

http://www.k3.dion.ne.jp/~iritani/

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ナオミブログをご覧の皆様、こんばんは。ナオミです^^

今日はすごく残念なことがありました。
先日から通っているペインクリニック。きっとよい病院だとブログでご紹介しましたが・・・

先日、2度目のブロック注射を受けました。
先日吐き気があったこともあり、注射の中身の薬について聞いてみました。

すると・・・
教えてもらえませんでした。

理由は・・・まあ簡単に言えば企業秘密らしいです^^;

企業秘密か・・・病院も競争が激化している昨今、先生のお気持ちもよくわかります。
わかるけど、でも・・・

患者として一言言いたいのです。
「先生ご自身は会って数回のお医者さんに、どんな薬かわからずに投与されて、不安はないですか?納得できますか?」

きっと、こんなことを言ったら、他にも病院はたくさんある、嫌なら他へ行けって言われてしまうんでしょうね・・・残念です。

利益優先。日本の医療界はすでに競争社会です。患者さんに選ばれなくては経営が危うい。
きちんと治療している病院ほど、もうからず、余計な宣伝に力を入れている下手な病院が儲かっているのが日本の医療です。

個人医院の先生はとてもやっていけません。宣伝にかけられる広告宣伝費は大手に比べると非常に少ない。

私が求めているのは、お金じゃない、きちんとした治療です。
安くなくても、適正な値段でよいのです。お金は貯めようと思えば貯められます。
安い低価格競争に医療が加担し、お金は払ってもいいからよい治療、正しい治療を受けたい!という選択ができないことの方が問題だと思います。

戦後、日本は医療保険制度のもとで、非常に大きな恩恵を受けてきました。
誰でも、最低限の治療を受けられる。

でも・・・それは最低限の収入を国が保証してくれたからできたのです。
医療費が莫大になり、医療費が削減され、病院経営が危うい昨今。患者様を見て医療を施すことはできなくなってきています。

1利益 です。利益をあげなければ理想的な治療を施す場所がありません。利益を出して理想的な治療ができるのならまだしも、生活がいっぱいいっぱいで、理想的どころが金儲けの保険点数の高い治療しかしない病院もあります。点数をとるために不必要な治療をするところもあります。

時代が変わっているのです。医療の姿も変わるべきなのではないでしょうか・・・

さて、私はこれからどうしましょう^^;

やりたくなければしなくてもいいのです。ブロック注射。

なんだか自分の体を人質にとられているようです。でも今まで何をしても効果なしだったので・・・続けてもよいのかなぁとも思いますが・・・
しばらく、また通電に通いたいと思います。

今日はさぼっちゃいましたけど^^;

最近、心の病・・・精神病などの心の病気じゃなくて、肉体的な病にともなう憂鬱とか、不安とか・・・そういう体とともにある気持ちのことをいろいろと考えています。

まだまだ私は医療に大して勉強が足りないみたいです。

日々勉強!頑張ります♪



Dr.Iritaniが開業します☆予約開始です^^よかったら見てください☆詳しくは院長ブログで♪


http://www.advanced-care.jp


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ナオミブログをご覧の皆様、こんにちは!ナオミです。

先日、PCの電源が入らなくなってしまいまして・・・家のパソコンで投稿です。
家のパソコンだとなぜか絵文字が使えないので、味気ないブログになってしまいますが・・・

もうすぐ春だというのに。ナオミの体にはまだ春がこないもよう^^;

でもね、最近病気も悪くないもんだなーって思っています。
病気にならなかったら、うちの猫ちゃんが昼間どんな風に遊んでいるのかとか、かわいい寝顔とか。昼間の町の様子やお花屋さんの季節に移り変わりとか・・・気がつけないことがいっぱいあったから☆

毎日がのんびりです^^

思いのほか闘病が長くなりそうなので、せっかくなので椎間板ヘルニアのカテゴリーを作りました。

先日からペインクリニックに通い始めたことはご報告しましたが、あれから、この病院でブロック注射を受けました。

以前別の病院で受けたときには、全然効かなくて、すごく痛かったので二度とするまいと思っていたのですが、ここの先生に勧められて、とりあえずよくなるものならとやってみました。

ところが・・・副作用で吐き気を催し、終わったあと、病院で吐き、帰宅途中で吐き、家に帰っても吐き・・・そのままバタンキュー^^;とても起きていられずぐったりしてしまいました。

効き目のほどは、前の病院でうった時よりも調子よく、次の日は普通に歩くことができました。

われながらなんですが・・・こんなに自分が危ない時にも、“あ〜癌の患者さんの薬の副作用ってこんな感じなんだなぁ”とか、吐き気だけじゃなくって、のぼせもすごかったので、このまま意識がなくなるんじゃないかと思って、“人が死ぬ時って意外にあっけないものかもしれないな・・・”とか。いろんなことを考えました。

こんな時でも自分を冷静に分析している自分が怖い^^;

医療って心を癒すことが本当に大切。特に長引く病気には心を病みます。

このペインクリニックでは、麻酔科の先生が麻酔を打ちます。きちんとした消毒と、滅菌作業を行いました。きっと、ここの病院、よい病院です。

先生自身も持病をかかえており、残る道は骨移植だけだとか・・・

先生自身もブロック注射と理学療法で生きています。

患者になると、いろいろな思いが生じます。

患者さんに希望を与えること、癒すこと、共感すること、励ますこと・・・振り返れば、私はそんな心温まる医療従事者だったかな〜って思います。

まだまだ私の患者さん体験は続きます。

いつか・・・この体験をお返しできるといいなぁ・・・そう思っています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ナオミブログをご覧の皆様、おはようございますナオミです^^

先週日曜日から持病のヘルニアが再発^^;まあ再発といっても、以前から様子を見ているだけで治ったわけではないのですが…3ヶ月様子を見てきて、やや痛みがなくなってきたのに(i-i)急に痛みがひどくなってきて…

ここ数日は気力もなくて、ぼーーーーってとしています(p_q`)

といっても、しなければいけないことはあるので、洗濯やら掃除やら…ああ、悲しいかな(i-i)

先週の木曜日に5件目の整形外科に行きました。

今度のところは、ペインクリニックで、ナオミはなるべくならオペをしないて様子をみたいので、理学療法をしてくれるところを探してみました

以前他の病院でとったMRIを持参し、見てもらうと…

「うーん、ヘルニアが大きいからねぇ…症状が治まるものなかなか…」

自分のMRIですが、さすがに5件目となると、自分でも画像を見てどこがヘルニアで異常のあるところかわかってきました^^;

「確かに…かなり巨大なヘルニアだ^^;」

ヘルニアも、針は様子を見て症状が改善するのは小さなヘルニアのようで、大きなものはなかなか症状が治まらないようなのです

手術しようかなぁ…

とは思いながら、今度の病院でしばらく理学療法に取り組んでみることにしました^^

え?何をするかって?

先日は…

針でした^^;針をつぼに刺して…通電!ギャ━(*≧∇≦*)━☆★

ナオミは通電はものすごく精神的に合わないらしく、発狂するかと思いました(笑)もちろん、いいこちゃんな私は、最後まで治療を受けましたけどね^^

通電てすごく怖いんです…

皆さんも学生の時に蛙の実験しませんでしたか?

蛙に電極をさして、電気を流す実験…

まあ、人間の体なんて電気信号で動いているようなものだし、そう考えればなんともないことなような気もするけど…^^;自分の意識があるのに、自分の意思意外で体が動くのはものすごく怖いです(i-i)

しばらく毎日来なさいと言われました…チーン…^^;

来週からしばらく針通電の日が続きます(i-i)

さて、足に痛みがあると、頭までぼーっとしてきます。そして、異常に眠い!体が疲れます

そこで、ふと体温を測ってみました。

痛み物質が体の中にいっぱいあったら、どこかで炎症が起きて体温が上がっているに違いない。このだるさは寒気かなぁ…なんて思ってはかったら、なんと35度代^^;低かったのです…

でも、皆さん、低体温にも問題があるって知っていましたか?異常といっても、平熱によりますが…ナオミの場合は異常です。平熱36度6分ですから。1度も低い!

最近低体温の人が増えているみたいですよ。

体温が下がると、基礎代謝率が下がるし、エネルギー代謝も落ちます。もちろん、免疫力も低下しますつまりエネルギーを作れないし、免疫力も落ちちゃうてことです^^;体が熱を出すのは、体に入ってきた病原菌を熱で殺しているっていうのもありますからね☆熱にもきちんとした意味があります^^菌って熱に弱いから^^

あなどれない!体温。

ここ何年もの不摂生がたたっているようです(i-i)食事や運動。きちんととりましょうね☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ