【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】

完全予約制、個室診療
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント
画像診断(口腔内超高画質画像世界最高機種マイクロCTハイグレードX-ray
3台のPCと5台のモニター
ガスクロマトグラフィーRCR検査位相差顕微鏡

naomiブログをご覧の皆様、こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニング及び一般の方向けクリーニングのみの診察を始めました。詳しくは電話で問い合わせ下さい。

*************************

今日は春爛漫時折突風が吹きますが初夏を思わせる陽射しですね。

上野も人で大賑わい。知人に招かれまして第62回日本書道院展に行って参りました。

14shodouten

行きつけのカフェでよく顔を合わせる間柄の彼女。書道家を目指しているなんて知らなかった...

14shodouten2

それにしても『書』で食べていこうというのは、平凡ボンボンな私からするとただただ感心するばかり。

昨日たまたまコーヒーを入れるプロの方と話をしましたが、新人がカウンターでコーヒーを淹れるとお客が帰る、次回は来ないなどあるらしく...反骨精神でそれを乗り越えなければならないのだとか。

どこかで聞いたような話だなぁと。

歯科衛生士もしかり。担当が辞めれば同じ処置をしていても来院が途切れる。プロとは物売りではなく、自分への信頼も買って頂いているのだ。

私にも新人の頃があり、そんな事...あったかな...とふと。
思い起こせば私が勤めていた医院には歯科衛生士は私1人と言う事が多く、人と競った事があまりない。

ああ、歯科助手のAちゃんだ。

Aちゃんのコミュニケーション能力はぐんを抜いていた。患者様の心を掴むのがとても上手で誰もがAちゃん、Aちゃんと彼女の名を呼んだ。

歯科衛生士の資格にどれだけの価値があろうか。

『私は歯科衛生士です。国家資格を持っています。』と自慢した所で患者様が『はいそうですか。』と私の言う事を聞いてくれる事はない。

資格なんてあってないような物だ...

Aちゃんとの出会いは衝撃的だった。

彼女が歯科衛生士でなくてよかった。
きっと私はいつまでも劣等感を持ち続ける事になったでしょう(笑)

懐かしい思いでです。

さて。また明日から一週間が始まります。

春ですね。春は心は前向きになる季節。何かを始めるにはちょうど良い季節ですね。

今年は何をしよう。

精進します