【休診のお知らせ】


12月27日(金)午後から1月5日(日)まで
休診とさせていただきます。

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

新年あけましておめでとうございます

2014年もスタートしました。今年は「攻」の姿勢で頑張りますのでどうぞ皆様よろしくお願いいたします。

さて私の新年の初仕事と言えば。お節。毎年お節を手作りするのが年末年始の日課です。

osechi1

今年は三の重まで伊達巻きとかまぼこ、烏賊の松前漬け以外は手作り

osechi3

紅白の精進なますと鶏のお煮物

osechi2

そして締めはお雑煮。小松菜とささみの入った江戸雑煮でございます

写真で皆様にお見せするのはお恥ずかし限りですが...何しろ大雑把なO型の私。写真の整理は大の苦手。ブログにアップしておくのが一番の保存という事で...

毎年代わり映えしない我が家のお節ですが、この「変わらない」という事が良い事なのだと気がつきました。

今年も無事にお節を作る事ができ(1年が無事に終わった証)そして元旦に家族でお節を一緒に味わう事ができた(新年を無事に迎えられた証)。

毎日に変化がないとついそれが当たり前と思ってしまいます。しかしながら本当は「変わらないもの」「普遍のもの」はあり得ない。諸行無常が世の常。

変わらなく年末年始を迎えられたという事がこの上ない幸せである事に気がつき、そして感謝しなければなりませんね

年末にお節の食材を買い求めると、どこに行っても言われます。

「お節作るの?すごいね

ふーん...そんなものですかね...

あれ?もしかして、私がお節作るキャラに見えない...だけか

最近はデパートのお節が人気のようで早いうちに売り切れ。お節は買うものなのかな?

八百屋のお母さんと「お節は作る事にも意味がある気がするわよね。」と意気投合。
最近はお節卒業というのがあるらしく。お節が縁起を担ぐので、お年を召すと、もう目が出なくてもいいし、お金が入ってこなくてもいいし...ってな事で縁起を担ぐ必要がない。だからお節は卒業なのだそうだ

私はもう古い時代の人なのでしょうね古くて結構古いとか新しいではなく、日本人として大切にしなければならない日本の心があります。

今日はお雑煮の汁を作りながら、なんと日本食とはシンプルで難しい物かとしみじみ。他にないですよね。こんなにシンプルな味。シンプルでありながら奥深いお出汁の味わい。

シンプルというのは簡単という意味ではなく、削ぎ落とされた洗練された深みがあるという事です。

さて。私の仕事も今年はシンプルに磨きをかけて...

洗練されたシンプルさを今年は目指したいと思います。

さて。お天気もよい元日。皆様よいお正月休みをお過ごし下さい

今年もどうぞよろしくお願いいたします