顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:教育

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

現在オバ大生の私。学校では生徒、医院では教育者...両極にある立場を数日ごとに行ったり、来たりしています

今日は医院でお仕事でしたので、昨日までは生徒だったけど今日は急に教育者

coachi2
いつも言いますが『師を選ぶ』という事はとても大切です。

師匠と呼べる誰かと出会う事が、何事も上手になる近道。
皆さんは師から学ぶ事は、その優れた知識や技術だと思うかもしれませんが、これもいつも申し上げますが、知識や技術は経験を積めばある程度身につくものです。

師から学ぶべきものは、その『心』です。

医療に対する真摯な態度や、患者さんを思う気持ち。人と向き合う誠実な心。

...あまり言うと墓穴を掘りそうですけど
coachi1
でも、私自身がそう思うからこそ、キャリアを20年積んだ今でも自分を磨き続けなければいけないと思い日々人間性を磨く『努力』をしているわけです。(あくまでも努力ですので

本当はまだまだこんな事言えないんですけどでももう人生が折り返しになってしまいましたので、否応なしに若い世代に少しでも自分の経験を繋がないとと思うのです。

つまりは若い人たちのお陰で私も成長させて頂いているって事ですね

若い人はカラカラのスポンジのように、どんどん水を吸収していきます。この時期に師と呼べる先輩に出会えると人生は変わっていくのだろうなぁといつも思います。だから若い時に受ける教育が大切です。

老婆心ながら申し上げますが、心が素直なうちに師と呼べる先輩との出会いは人生を変えますよ

今日もYuちゃんにスケーリングを見て下さいって言われてチェックしていたのですけど、自画自賛で本当に申し訳ないけど、私が1から教えているので、上達が早いですね〜

彼女は新卒1年目ですけど、間違いなく世の中の1年目とは全く違います。この数ヶ月で大きな差が開きましたね。もう数年経験を積んだ衛生士さんのレベルです。

私が一番驚いています。だって、私なんかが教えた衛生士さんが目を見張るほど上達していくのですもの

教育の大切さをYuちゃんに教えてもらった次第です。有難うございます、Yuちゃん

さて明日はまた生徒です。私もまだまだ先輩から学ぶ事があります。プロフェッショナルな衛生士さんに。明日はご教授いただこうと思います 

さて。明日も早いので。

おやすみなさい 

【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】

完全予約制、個室診療
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント
画像診断(口腔内超高画質画像世界最高機種マイクロCTハイグレードX-ray
3台のPCと5台のモニター
ガスクロマトグラフィーRCR検査位相差顕微鏡

naomiブログをご覧の皆様、こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニング及び一般の方向けクリーニングのみの診察を始めました。詳しくは電話で問い合わせ下さい。

*************************

いつも私が皆さんにお伝えしている事。

私は患者様に歯科疾患についてのカウンセリングをするのですが、その時にお伝えする事の1つに海外の歯科予防事情があります。

実際に海外の歯科事情が知りたくて、スウェーデンやヨーロッパの歯科医院を見学に行った事もあります。今はインターネットが発達しているので、海外に行かなくても海外の情報を知る事ができる時代になりましたがやっぱり生きた情報を自分で見聞きするのに勝るものはありません。

私がいつも患者様にお伝えしている事ですが、虫歯や歯周病を予防する上で大切なのは、歯と歯の間のプラークをコントロールする事。

アメリカの歯科医師会(ADA)のいつぞやのスローガン「Floss or Die」フロスしますか?死にますか?というのがありましたね。日本ではなかなかフロスは定着せず...

それは日本の場合は子供の頃にフロスの指導をされる事がなく、しかもメインテナンス(定期的な歯科衛生士による歯のクリーニング)に来院する事が大切という事も認知されず、偶然に良い歯科衛生士と出会った患者様だけが大人になってからフロスの必要性を知るみたいな...



あるコミュニティーで見つけた写真。すごく良い写真なのでご紹介します。

elementaryschool3

小学校での 口腔衛生士指導の写真です。

elementaryschool

小学生にフロスの指導をしています。

elementaryschool2

この写真なんかすごいですよね。びっくりしました。ホルダー付きフロスです。

アメリカでは子供の頃から歯と歯の間のプラークをコントロールするという事を教育されているのです。

日本はどうでしょう?

小学校での歯磨き指導もままならず、歯ブラシは危ないからと行って口腔衛生週間しか持って行ってはならず、それで歯科疾患の予防とは、これいかに?

いつも言いますけど、こういう事が日本の歯科衛生士の怠慢だと言うのです。

海外に行っていかにも予防を知ってる気になってる衛生士さんたくさんいますけど、予防の何を学んできたのでしょうか?スケーラーの使い方ですか?PMTCのやり方ですか?

歯科予防先進国のアメリカやヨーロッパと日本の大きな違いは教育とメインテナンスを受ける制度の違いでしょう?違いますか?

そういう社会の仕組みを無視して手技だけ真似ても意味がありません。

三つ子の魂百まで。大人になってからフロスの手技を習得するのはなかなか難しい...年齢とともに手も動かなくなりますし、新しい事を習得する能力が低下しますから...

皆さんお子さんには早いうちにフロスを教えましょうね
大人の皆さんはぜひフロスに挑戦してみて下さい 

もちろんnaomiクリーニングにお越し頂ければ親切丁寧にご指導いたしますご来院お待ちしております☆

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

誰もが憧れる上手なスケーリング(歯石除去)のための基本その1を今日はお話したいと思います。

歯科衛生士の誰もが学生時代に習い、そして習得しているはずのスケーリング

衛生士さんに練習用のマネキンを前に「はい、じゃあ、ハンドスケーラーで◯◯番のスケーリングしてみて」と言うと多くの歯科衛生士が何をするかと言うと

*******************************

あたふたしながらスケーラーを持ち上げその番号を見る。

次に器具の先端をまじまじと見て刃の向きを確認する。

◯◯番の歯を穴があくほどに見つめて顔を近づける。

スケーラーを無造作に動かし始める。

********************************

これだけの短い動作でもほとんどの歯科衛生士がアウト
何が問題か?いっぱい、いっぱい問題はありますけどぉ。ここで問題を指摘するならば

まず、スケーラーを番号を見なければ識別できない事。
先端の形状を見て、それが何番なのか即座にわからなければ上手なスケーリングは出来ないと私は思います

(まあ多くの医院にはキュレットスケーラーがきちんと揃っていませんから、今更ちゃんと揃ったスケーラーで処置してと言われても何番をどう使うのかわからないのが普通かもしれませんし更に誰が言い出したんだか、最近はハンドスケーラーは使わなくなってきているとか言って、超音波スケーラーしか使わないという衛生士もいるからびっくり仰天(゚ロ゚;)エェッ!?皆さんはどう感じていらっしゃるかわかりませんが、私にしてみたらそんな衛生士終わってるって感じです

次に刃の向きを確認する。
まあ5−6、7−8や13−14スケーラーは第1シャンクの角度がストレートに近いので確認の意味で見るのは良いですが、イチイチ刃の向きを確認しているようでは処置に時間がかかり過ぎます時間がかかるという事は患者さんが口を開いている時間が長くなるという事早さも上手なうちの要素の1つだと思います。

つまりここでの問題点は、スケーリングをする以前に器具の選択ができていないスケーリングするための器具に関しての知識がない。

相手をやっつけるのに、丸腰でどうする相手がピストルを持っているのに、とりあえず短剣で闘ってみよう的な(爆)つまり本体ならスケーリングする、患者に触れるなんてもっての他なレベル。それにまだマネキンですからね(←この意味いつかわかりますまだマネキンって意味が)

次にこの肩が異常に上がりそして覗き込んだ姿勢よく見かけませんか?この姿勢が大問題。

bad position

繊細な処置をするためにはニュートラルな体のポジションがとても重要です。こんな姿勢で処置できるわけないって(゚∇゚ ;)

これまたスケーリングする以前の問題です。

体のバランスが取れておらず、どこかに力がかかっていたら、そこに神経が集中してしまって、集中したいはずの指先に全神経(全意識)を集める事ができません

ポケット幅1mm、深さ2mmのポケット内の歯石を除去しようと思ったら、それはそれは神経を集中して歯肉を圧排して歯肉にスケーラーが当たらないように集中しなければ歯肉や歯の面に傷を付けます。

繊細な歯石の除去は毎回手術のように神経をすり減らしますこれがなかなか患者さんにわかってもらえないのよねすっごい疲れます1mm単位の歯石除去。

でもそれが予防ってもんでしょ?歯科医師にも真似できない歯科衛生士の得意技

つまり上手な歯石の取り方の基本の「基」は体のポジションです。大切なのは体幹を安定させる事です。

これ、スポーツ選手と同じですよね

つまりスケーリングとは、体を上手く使って動かす処置ですから、体を上手に使うという意味においてスポーツ選手と同じという事です。

動きの基本は体幹にありです良い動作をするためには、体の安定が大切って事です。

だからと言ってアスリートのように体幹トレーニングしろという事ではありませんから誤解のないようにお願いしますねまあ鍛えて悪い事はありませんけど

こうやって自分が誰かに教えるつもりで考えると、歯科衛生士向けのスケーリニングのセミナーって考えさせられますよね...

「実習付きセミナー」でユニット上での実習があるならまだましだけど、でも未だかつてユニットがある実習でも体のポジションを教えてもらった事ってないな

大体「はい、じゃあ2人1組でプロービングして下さい。」とか「スケーリングして下さい。」とか
プロービングとかスケーリングが最初に来ちゃって。プリービングやスケーリングのやり方とか器具の使い方はわかっても、決してそれじゃあ上手くならないよね

(むふっ。これnaomiが書いたらいきなり実習で体幹から教えるセミナーが増えたりして(爆)
まあそれはそれで世の中の患者さんのためですからいっか(*゚∀゚))

だからいつまでたっても世の中の歯科衛生士のスケーリングは痛いど下手
私されたくないもん何度痛い思いをしたか

という訳で今日は基本の「基」体幹の安定、体のポジショニングのお話でした

ふうっ。
こうして考えてみると、スケーリングの動作に行き着く以前に大切な事がたくさんあって、実際のスケーリングの動作まではほど遠い道のりですな

世の中舐めてるんだよね。スケーリングを(*・ε・*)スケーリングってねぇ、すっごい奥深いんだ。ただ歯石が取れるって簡単に言うけど、取れるまでにはそれなりの知識と技術が必要なのです。

スケーリングをなめんなよっヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!

あ〜血圧上がるわぁ

そういえば、今日人間ドックだったんですけど、健康になるための8角形の輪で凹んでいたのが、運動不足と、この気の短い真面目気質でした(爆)

ぼちぼちマイペースで行きましょう

**************************

イリタニオフィスに新しくスタッフが仲間入り
顕微鏡歯科歯科衛生士Kimちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントAkiさんのブログ

**************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

もう皆さんご存知のように、イリタニオフィスに新しく顕微鏡診療専門歯科衛生士kimちゃんが入りました

そして私は今kimちゃんの教育係なわけですが
kimちゃんを教育する中で私自身、日々歯科衛生士教育について様々な事を感じています。

kimちゃん曰く、イリタニオフィスの歯科衛生士になる事は何年も温めていいた夢だったそうなのですが、実際に働こうと思うと歯科衛生士としてすごく覚悟がいって、なかなか言い出せなかったと言っていました。

イリタニオフィスで働くのって勇気がいる事なのですね つまり敷居が高い

そうかぁ...そうなんだ。

もしかしたら、このブログを今見ている衛生士さん、そこのあなたも、もしかしたらそんな風に思ってます?

あ、それよりも私が怖いからって感じでしょうか?

最近思うのです。私もいつまで臨床に携わっていられるかわからないから、私の持っているものを誰かに伝えないとって。

そこでkimちゃんの教育を機に、皆さんに私がkimちゃんに伝えている事と同じ事をブログにも書いて行こうかなって思っています

まあ実際には歯科衛生士の処置は実技が多いから、目の前で見ないとわからない事もあるんだけど、でもブログで伝えられる事もたくさんあるから。

そしていつか、ブログを読んで成長して下さった衛生士さんが、私の後を引き継いでイリタニオフィスで衛生士として活躍して下さったらなと思っています

皆さん知ってます?

「幸運の女神には前髪しかない」

いつもkimちゃんに言うのですが、自分の夢を叶えたかったら、チャンスが巡って来た時に、幸運の女神の前髪を掴める自分でいなきゃいけないって

つまり、どういう事かと言うと、いつか自分のユニットを持って歯科衛生士として自分の患者さんを見たいと夢見ているとしたら、じゃあ、ユニットあげるからさあどうぞって先生に突然言われた時に、「はい!やりますっ!」ってその日から患者さんを見れる自分じゃないといけないって事。

予防をやりたいと思っているのに、実際先生にはいどーぞと言われたら、「え?今ですか?自信がありません...」と言う人は一生チャンスが掴めないって事です。チャンスはそうそう巡ってくるとは限りません。

チャンスは自分で掴まなくちゃ

大切なのは、これがチャンスだと感じ取れる感性と、チャンスを掴める自分である事。そしてチャンスを掴む勇気。

これは歯科衛生士の仕事だけじゃなくって何にでも言える事。

私が歯科衛生士道を書く事で、ブログを見て下さっている衛生士さんが、チャンスを掴める自分になってくれたらなって思います

あ〜私も年とったなぁ〜

まあ、というのも、先日体調を崩して1ヶ月お休みを頂いてしまったのですが、その時に私の代役がいないばっかりに、患者様に大変まご迷惑をおかけしてしまったからです

若い頃は、患者さんがついて来る衛生士がすごいって本気で思ってました。でも、ある時からそれは歯科衛生士のエゴだと思い始めました。

患者さんがついて来るって衛生士は自慢しますけど、でも歯科衛生士がその人を一生見ることなんてできない。そうできないのです。私の患者と呼ぶ事自体が間違い。

患者さんと心中する事はできない。

歯科衛生士って勝手ですよね。私の患者とか言っているくせに、人生の転機がくるとさっさと患者さんをおいてきぼりにする。結婚、出産、親の介護、もしかしたら交通事故で死亡とか

本当にできる衛生士とは、患者さんを自立させる、つまり、セルフプロモーションができる人材に育てられる衛生士だと私は思うのです。だから私がいなくなっても患者さんが自分で自分の歯を守れる。そういう風に育てられる人こそがプロだと私は思っています。

患者がついて来るのは依存というのです。

私達がするべき事は依存させる事ではなく、患者さんを自立させる事なのです

だから、私がいなくても患者様に迷惑がかからないようにするのが、プロとしての責任

という事で後輩教育も大切だね...って事です

さて長くなりました。

次回から少しづつnaomi流歯科衛生士講座でも開いてみるとします

これを読めばあなたもナンバーワンにはなれないけれどオンリーワンの歯科衛生士にはなれると思いますなんてったってnaomi流ですから。個性の強いオンリーワンです

さて。明日は人間ドックで検診です夜更かし禁止って書いてあったけど、すでに2時を回ってます

ぎゃーーーーっおやすみなさい





naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

日々衛生士歴7年ベテラン歯科生士☆歯科用顕微鏡@Kimちゃんを教育中7年の衛生士さんだから今更教育という表現もおかしいまあnaomiの歯科衛生士道の伝授とでもいいましょうか 

それにしても人の成長ってすごいですね

実はnaomiは今まで教育係になった事がないのです 
でも、だいたい、他に衛生士さんがいても、その人の診療を見ることはないし、どうやって診療しているかとか話をする事もない。

歯科衛生士の資格を取得した日から衛生士はプロであり、自分で勉強する事はあっても人に教えてもらう事なんて本来だったらないはず。それがプロというものだとnaomiは思う。

ただイリタニオフィスの場合は歯科用の顕微鏡を使用するという特殊な環境にあるので、その点で教える事があります

人ってツボをついて指導すると本当に早く成長して行くのですねびっくりします
マンツーマントレーニングってやっぱり成長が速い。でも、それはツボをつかないとダメみたい

自然にその人のツボがわかるみたい。私

多分、これ歯科衛生士を長年やってきた賜物だと思います

例えばですけど、歯ブラシのコツをお話するのに似ています。
コツがわかると、患者さんの歯ブラシの技術は見る見る変わって行く

技術だけでなくその他の指導もそうですけど、

「歯科衛生士は心に響く一発を患者さんのハートめがけて撃たなければならない。」

minefujiko

ドキュ〜ン的の中心に命中みたいなチャンスは一回限りしかも一発。

この的中心を見つけ出すのが長年衛生士をしていて得意になったもよう

さて。明日もせっせと教育

本当は。。。私が教えてもらいたいよまだまだヒヨッっこだもの。私。

私がコーチほしい

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

毎日蒸し暑いですね〜 もうお彼岸だというのにまだまだ暑い今日この頃。皆様お元気にお過ごしですか?

ちょ〜余談ですけど、カワ...ちゃん、コメント有り難うお元気?お子ちゃまも元気かなコメント頂けてちょ〜うれしいっありがとう

さて。naomiは毎日新人衛生士Kimちゃんの教育に追われています

といっても、Kimちゃんは歯科衛生士7年のベテランなので、教える事もないんですけどね

 歯科衛生士もいろいろ個性があります。

うむむ

やっぱりnaomi変わってるぅ と日々思うのです。

なんか、やっぱり普通の歯科衛生士と考えてる事が違〜う

何が違うって、思想...かな...

よく、講演会をすればいいのにって言われるのですが、面倒なのでいつも丁重にお断りしてきました。でも新人Kimちゃんが入って思うのですが、年齢的には後輩を育てないといけない年齢なのですよね

それはさておき、現在教育係を仰せつかっているわけですが、一番何が難しいかって、思想教育が一番難しい

思想というと、なんだか怪しいと思うのですが、他に良い表現が見つからないので

歯科衛生士にとって一番大切な事は何か?とか、(naomiが思う)一流の歯科衛生士の考え方とか...

多分、歯石と取るとか歯をクリーニングするとか、処置自体は誰でも同じなのだと思うのです。

じゃあ、何が違うか?と言えば、そこに到達するためのプロセス。考え方。

当医院では、歯周病の検査として歯周病菌の数や種類、ガス値の測定をしたりします。
もちろん、歯周ポケットの数値や出血など通常よく行われる検査もします。

世の中の歯科衛生士さんは、じゃあ、この患者さんどう見るの?と聞くと、どんな症例でも一辺倒に

「プラークコントロールが悪いので、まず歯磨きの指導をしてぇ、生活習慣を聞いてぇ、それと平行して初期治療をします。」

と答えます。日本中のほとんどの衛生士がそう答えると思います。

でも...

naomiの答えは

「患者さんは高血圧で、Pg菌が多い。将来的に血管系の病気で死んじゃう可能性が高いな...まずはPgを減らしたいな。」

です。その上で初期治療。

私にとっては、歯磨きが悪いとか、歯周ポケットが1mm浅くなるとか、出血がなくなるとか、そんな事は問題じゃないのです。目の前の患者さんの健康を守るために私が何をできるか?私はどうすべきか?なのです。

プラークや歯周ポケットしか見てない歯科医療従事社を私はペリオ野郎と呼んでいますペリオ野郎は口しかみてない。ううん。歯肉しか見てない。私はペリオ野郎は嫌いです。ガリガリ患者様の歯を痛めつけ、痛い思いをさせて、自己満足の1mmにこだわるからです。

その1mmが患者様の人生にとってどれほどのもんじゃいっくだらない。(私にとってはね
そんなの私の目指す歯科衛生士じゃないっ

私は歯科衛生士はお口を通して患者様の健康を守るのが務めだと思っていますから

だから初期治療の処置だけを見ていたら、私がやっている事も、他の衛生士さんがやっている事も同じ。
ただの歯石取りです。

この処置に至るプロセスの考え方が他の衛生士さんと全く違う

やばい...naomi...世間で衛生士として通用しない

この考え方を伝えるのが難しい。

よく、職人さんが弟子入りって言いますけど、弟子入りする意味がよくよくわかりました

考え方って、その人そのものだから、ちょっとやそっとじゃ伝えられない。四六時中一緒にいて、話を聞いて、毎日、毎日その思想が染み付いて、初めてその考え方が理解できる。

だから弟子入りして寝食を共にするんですね

なるほど。

にわか仕込みで伝えられるほど簡単なものじゃない事がわかりました。naomiの歯科衛生士道

まあ、私になりたいなんて奇特な歯科衛生士さんいないと思うから真似しなくてもいいんですけどね

でもね、きっとnaomi流歯科衛生士の形を知れば、もっと歯科衛生士が面白くなると思います。そしてそうなれれば、もっともっと歯科衛生士が好きになると思います

日々、本当に忙しいな〜

教えながら診療するのってすごく大変ですでも日々充実。

明日もまた頑張るぞ

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

今日は「できる」衛生士について考えてみたいと思います。

先日も書きましたが、歯科衛生士同士で処置を見合っていると、お互いに自分と同じ処置をしているように見えます。例えば新人がベテランの処置を見るとベテランの処置が自分と同じに見えるので、

「先輩だからって別にたいしたことないなぁ

と思うのです。

皆さんはどう思いますか

おそらく新人衛生士は

「そーだそーだその通り

ベテランは

「新人と私の処置が同じわけないでしょっ

と言います。

結論。新人の言う通り

きっとPCの前で怒っているベテラン衛生士も多い事でしょう
でも残念ながら同じですよベテランの皆さん。
年とってるからって何の根拠もなく新人より上手いと思うのは大間違いです。
そう思いたいのはわかりますけど

じゃあ先輩の意味ないじゃんっ!と思うかもしれませんが、いえいえそんな事はありません。

歯科衛生士にとって一番大切なスキルって何だと思いますか

それは「診断力」です

法律上歯科衛生士は診断はできません。
だから診断という呼び方が正しいかどうかはわからないけれど、初期治療を任される事が多い歯科衛生士。様々な検査(診査)から得た情報から治療計画を立てます。

治療全体の治療計画は歯科医師が立てますが、歯科衛生士が初期治療を行うのであれば私は初期治療における計画(私はこれを歯科衛生士のケアプランと呼びます)の立案が必要だと思っています。

通常歯科医師が行う歯周治療の手順は以下です。

1 診査
2 診断
3 治療計画
4 初期治療
5 再評価 → (メインテナンス)
6 歯周外科
7 再評価 → (メインテナンス)
8 最終補綴 矯正 咬合
9 メインテナンス

では歯科衛生士が立案するケアプランとは?

まずは目的。最終的なゴールをどこに設定するか?

炎症の喪失を目的とする、ポケット値の減少を目的とする、細菌数の減少を目的とする、ガス値の減少を目的とするなど、他にも様々にありますがこんな感じです。勿論全て当てはまる方もいますし一部当てはまる方もいます。

次にこの最終的なゴール、目標に向けて施術内容を考えます。

クリーニングの回数や使用する物(消毒薬や内服薬を使用するかしないかなど)、施術期間に行うモチベーション戦略(現状のモチベーションのレベルの把握と、施術期間中にどのくらいまでモチベーションを上げるか、上げられるかの考察)、TBIを含めた健康教育のための情報提供(現状の知識レベルの把握と施術期間中に伝えるべきことや伝えること、また長期に渡って提供する情報の内容。)などを考えてプランを立てます。

このゴールの設定は初期治療が終わるまでの短期の目標と、その後歯周外科処置が必要となる場合には、それを含めた後、そしてメインテナンスも考えた数年単位の長期のものとに分けられます。

ゴールが設定できなければ、結果が明確に出せない。その方によって結果も当然違います。

闇雲に全員歯石をとりゃあいって物ではありませんし、全員の施術のゴールが歯周ポケットの減少ではないし、炎症の喪失でもありません

こういう歯周病のゴールしか見ていない歯科医療従事者をペリオ野郎と私は呼んでいます(笑)
ペリオ野郎はたった1mmのポケットの減少で一喜一憂します。

患者さんの人生においてその1mmの減少は何か意味があるのか?
勿論意味はあります。ありますけど、患者さんにとって意味があるのか、価値を感じられるのか?という事です。

1mm減りました、出血がなくなりまして、よかったですね、すごいことだと洗脳するのは辞めましょう。

本当にすごいと思えは、患者さんが自らすごいと思いますよ。それは細菌数の変化だったり、ガス値の減少だったり、自分の感覚だったり。それが患者さんを感動させるという事です。感動すれば患者さんは勝手に動きます。人は感じて動くものだそうですからそして心から感謝されます。

心から感謝されると末永くメインテナンスに通って下さいます

歯周病の治療にとって一番大切な物は何でしょうか?

メインテナンスですよね術後メインテナンスに通っていただけないなら、手術する意味はないし無駄で侵襲しただけの治療で終わってしまいます。1mmの変化が大切なのではなく、1mmの変化とその後のメインテナンスがセットで大切なのです。

診査、診断をし、ケアプランを立案し、施術し、目標設定した結果が出せるのがベテランです。
まあ、新人の頃から何も考えずにただただ月日を過ごしてきたベテランでは診断力も新人と同じレベルだと思いますけど

このケアプラン立案するための診断力を鍛えるのが難しい

本当、この辺りを伝えるのって本当に難しいべたでnaomiの診療に付いてnaomiの説明を聞かないと私の視点は伝わらない。

歯石が取れるとか、顕微鏡が使えるとか、歯を綺麗にできるとか、そんな衛生士は全然すごくありませんそんなの器用な新人だったら誰だってできます。

プロの歯科衛生士として自己責任において診断が出来、ケアプランが立案でき、施術ができ、結果が出せる。それがベテランです。

だから1回の処置だけ見ていても新人と同じに見えるのは当然です
処置は、歯石除去をはじめ似たような物なりがちだからです

教えてくれる人がいるっていいですよね

私はそういう人がいなかったから。大変遠回りしましたし、大変苦労しました。

うちのスタッフは恵まれていると思います。naomiが全て教えるもの
実力が付く事間違いなしというか、実力が付くように育てますからねぇ。ちゃんと付いてくればね 

忙ちい〜

来週も衛生士とアシスタントの教育しながら患者様の予約MAX

 頑張りますよ〜

このページのトップヘ