顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

教育

第33回 日本舌側矯正歯科学会 学術大会・総会ONLINEに登壇します!


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
****************************************

3回目の緊急事態宣言。皆様いかがお過ごしでしょうか?

この1年間、すっかり生活が変わり、2年目に突入しましたね...そして3度目の緊急事態宣言。
まだワクチンも未接種ですし、これから感染者ふが増えるととても不安です

感染者が増えると、患者さんの変更やキャンセルも増えますし、会社でコロナの患者さんが出たとか、濃厚接触の可能性があるとか...段々と身近になってきます

さて、昨日、第18回の首都圏滅菌管理研究会が終了しましたが、はいです。

来る2021年11月23日(火)〜29日(月)まで行われる 第33回 日本舌側矯正歯科学会 学術大会・総会ONLINEに登壇させて頂きます

コ・デンタル向けですが...

なんと歯科衛生士なら知らない人はいないと思いますが、教育講演になんと関野 諭先生が
そこと並びなんて...

第33回 日本舌側矯正歯科学会


はい、どうみても私部外者です(笑)
タイトルも私、歯科衛生士辞めます!〜新興感染症を経験して〜ととてもキャッチーになっております。一体何を話すのかタイトルだけだと謎ですね〜

8月31日まで早割となっております。ぜひ奮ってご参加下さい




第18回 首都圏滅菌管理研究会無事に終了!


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
****************************************

東京は再び緊急事態宣言下となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
再び昨年のこの時期と同じくSTAY HOME な週末ですね

でも、コロナの終息が見えない今、仕方ないと思います。何を優先するかですけど、長引けば長引くほどに、その傷あとも深くなりますからね...そして、なぜかまだこの感染拡大地区の東京では、医療従事者のワクチン接種が終わっていません

ここで感染者が増えれば、まだワクチン接種していない医療従事者にもかなりの負担がかかります。

なんだかかなり疑問のある政策です。本当に人の命を守りたいなら、感染者が増えた時のために(いえ、感染者が増えると思っているから緊急事態宣言を出しているわけで)医療従事者に先にワクチンを接種すべきです。高齢者の接種も大切だとは思いますが、医療が逼迫すれば、感染者の収容先がなくなりますし、優先順位がおかしいと思います。

さて、昨日、こんなコロナ禍の中でも久しぶりに私も幹事として参加させて頂いています、首都圏滅菌管理研究会の第18回のセミナーが開催されました。なんと1年ぶり…いえ、前回は秋の開催でしたから1年半ぶりの定期研究会でした(^◇^;)

でも、私としてはだいぶzoomに慣れて来て♡
今回は出番がありませんでしたが↓こんな感じに背景も作って見たり。
FullSizeRender

初めてのweb開催で、不手際もあったと思いますが、とにかく開催出来たことが今回の成果であったかと思います。

さて次です〜

明日から、次のミッションにとりかかります!
乞うご期待♡

最後に研究会に参加して頂きました皆様に厚く御礼申し上げます。

有難うございました!

歯科衛生士の心得


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
****************************************

毎週言ってますが、1週間経過するのが早すぎます...加速してますね

コロナ禍になってから、なんだか大人になり過ぎて、もう人生終盤だ〜みたいな気持ちになっちゃてまあそれは、母が入院した事もあって、気がついたら70歳で、もう高齢者だったと突きつけられたわけで、そしたら急に自分の年の存在感が増してきて。

更に、コロナで美容院に行けてないもんだから、ますます。鏡を見るたびに気落ちする。。。
なんだか物事。。。いえ、自分にスピード感が無くなってきて、気持ちが老けてる
本当、気持ちって大切ですよねー逆に見た目ってあまり関係ないですよね。本当は。

さて、世の中はコロナ禍と言っても、4月を迎えて、新生活を送り始めた方も多いと思います。コロナ禍の新生活って、なんだか堅苦しくて大変だと思うけど、そういう時代に当たってしまったのだから仕方ないですね...

ここへきて、時代が大きく変わっているのを感じているし、急に時代に取り残されたみたいな感覚が時々あります。でもそれは気がしているだけで、今日は昨日の続きだし、明日は今日の続きなわけで、単に感覚の問題です。でもちゃんとそれなりに若い世代のものにはついていけてないけど(そもそもついていくというのも可笑しいし、ついていかなきゃいけないっているのもヘン)大切なのはいつでも好奇心を持っている事と、チャレンジする事だなって思います。

分からないと言って何もしなければそこで終わってしまうし、分からないから知らなくていいと思えばそれもそこで終わってしまうし。

分からなければ、分からないから教えてって素直に聞けばいいだけで、そんなの年に関係ないですよね
そういう素直さは忘れたくないなって思っています。

さて当院でもたまたまですが、先月から新しく歯科衛生士さんが週2日きています。

年齢はもうベテランなので、手慣れてはいますが、当院のコンセプトを理解するには時間がかかります。
その手始めに、歯科衛生士とは何かと尋ねました。

これは歯科衛生士YUちゃんが歯科衛生士になった時にも教えたし、歯科衛生士さんに必ず伝える事ですが...質問すると大抵は、知識、技術、観察力などの答えが返ってきます。間違いではないけれど...

私が必ず教えることは
感謝

故、日野原重明先生が、子供にお話されている中で子供のうちは自分のためにたくさん時間を使いなさい、そして大人になったら人のために時間を使いなさいとおっしゃっていました。

昔のおばあちゃんたちは、世のため人のためになる人になりなさいとよく言ってましたね。

最近は人のためとか世の中のためとか古くさいんでしょうね考え方が個人プレーにシフトしているし、日本の道徳教育は無くなってしまったから(日本の古臭い精神論という言葉で過去においやられた感が強いですよね)そして、躾とハラスメントを履き違えて、人間としての教育はなされなくなったので、偏差値は高くて頭は良いけど、仕事ができない、コミュニケーションがとれない、言葉が話せない大人が増えましたよね...

子供を本気で叱れるのって、親しかいませんよね。その親さえ叱らないのだから、社会にでてきた若者を他人が叱るなんてできませんよね。手遅れって事です。まあ、中には躾はされてないけど、素直な心は失っていない人もいて、そういう人は改善の余地があります。

で、私が教えているのは、

私たち歯科衛生士は、自分の患者と言って、担当するとあたかも自分が偉い、凄い、働いてやってるかのようにいう人がいるけど、患者さんが来院してくれなければ私たちの仕事はない、院長先生の文句や、助手さんの文句をいう人がいるけど、院長先生が開業して医院がなかったら、私たちが予防処置をする活躍の舞台もない、私たちがクリーニングをしている間、助手さんが器具を洗ってくれるからクリーニングに専念できる、だから、医院に、院長先生に、スタッフに感謝しなくちゃ

と教えています。

そして次に
人としての器を磨きないと教えます。色んな事に興味を持って、人に感謝しながら生きることによって、人の話を聞くことももちろんだけど、自分の心の器が広がる事で、患者さんも信頼してくれるようになるのだと教えています。

仕事というのは、仕事の場というのは、自分を成長させる場だと私は思っています。

だから、お金や条件だけで、コロコロ仕事を変えて生きなければいけない今の人たちは可哀想に思うし、そういう考え方もあるって事を知った上で仕事を選んで欲しいなぁとも思います。

だって、人間が生きるって、最後は人との繋がりだもの。

年齢を経れば減るほど、人との繋がりがどんなに大切かわかってくるしそれが世の中というものだから。

どんなに若い人だって、年をとる。自分が年寄りを馬鹿にすれば同じように自分も馬鹿にされるし、皆がそういう考えでいれば、今以上に年寄りは馬鹿にされるようになっていくのです。

今はまだ昭和の古い人たちがいて、心の優しい人も残っているから、助かっている事も、本当は多いのですよね...若い人もそれに気がつけば良いのになーって思います。いつか自分がそういう目にあうのだから自分自身も、自分よりも下の世代をきちんと育てる事が大切だと思いますが...

でも今の人って、自分がいつも中心で、年下の時は上のせい、自分が上になったら下のせい、いつも誰かのせいにして大人になりきれていないなって思います。

そういう私もまだまだ未熟者。日々、学びだなって思っているんですけどね

さて、長文お読み頂きまして有難うございます

最後にお知らせさせて下さい。あと1週間になりました

私も幹事をさせて頂いております、首都圏滅菌管理研究会の第18回の研究会のご案内です。

↓お申し込みはこちらから

 https://www.shuto-mekkin.org/info/info-conf/18start/

IMG_1704

1.【感染症基礎講座XII】   
齋藤 祐平 先生(東京大学 医学部附属病院 手術部 講師) 

2.【シンポジウム】 「中材がどのように院内の感染制御に役立っているのか?」 
1)もう一度基本から理解する洗浄・消毒・滅菌 
酒井 大志 先生( 越谷市立病院 看護部 中央滅菌室・手術室 ) 
2)院内全体の滅菌物管理   
岩崎 直美 先生( 東京大学医学部附属病院 材料管理部 ) 
3)歯科での工夫   
岡安 麻里 先生( 東京大学医学部附属病院 口腔顎面外科・矯正歯科 ) 

3.【教育講演】 「実例で鍛える!材料部スタッフトレーニング」   
齋藤 篤 先生( 大阪大学医学部附属病院 材料部 副部長 ) 

4.【特別講演】 「感染症特別講座:感染制御の基礎と最近の話題」 
森兼 啓太 先生( 山形大学医学部附属病院 病院教授 検査部 部長 感染制御部 部長 ) 

5.ディスカッション

特別講演の森兼先生は、私が感染制御を学んだ時の講師ですCDCのお話をお聞きしました。

どれも楽しいな演題です皆様、ぜひコロナ禍でも学びの心を忘れずに、奮ってご参加下さい

ではまた1週間頑張りましょう 

全ての患者にどんな時にもスタンダードプレコーション Standard precautions with all patients, at all times

☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちはmicro scalingR歯科衛生士naomiです

*********************************** 

1週間、1週間、1日、1日、目まぐるしく世界が変わって行きますね...
不安もありますが、不安がっていても仕方ありません。

新型コロナの重大局面が現在ですから、どうぞ皆様、不必要な外出はせずに、人との距離を保ち、手洗いしてこの重大局面を乗り切りましょう

さて当医院も緊急事態宣言が出されればどうなるのかわかりませんが、基本的に医療機関には休診の要請はないようです。

とは言っても、近所の方ならまだしも、遠方より来院される方は交通機関の利用もありますし、診療スタイルがどう変わっていくのか、私たちも明日の事が見えません

ただ言えることは不安がっていても仕方ないという事。よく皆さん、最近は「免疫力」という言葉をお使いになられますが、笑う門には福きたる笑っていると免疫力が上がるといのはよくガンの治療などで言われる事です。

ですから何があっても気持ちだけは前を向いて笑顔で。そう私は考えています

2020.04.06.PPEsmile


さてこんな時期ですから、歯科医院の感染対策が気になっておられる方も多いと多いと思います。

当院では開業当初からStandard precautionsの概念に基づいて患者は全て感染しているものとして対応しています。マスク、グローブ、ガウンの着用、ゴーグル(眼鏡)や必要に応じてフェイスシールドを使用し感染しない、感染させないが原則です。

その感染症の種類や流行によって若干そのスタイルは変わってきます。
今は新型コロナの流行期ですから、フェイスシールドまでのフル装備です。↓サラヤさんのHPより

PPEの選択1

スクリーンショット 2020-03-02 13.43.15


歯科医院での感染管理はStandard precautions(誰もが新型コロナの感染者の扱い)の原則に基づいて
1.教育と医療従事者の防護→毎日ミーティングを行っています
2.手指衛生→診療に入る前には必ず手洗い、診療中のこまめな手指衛生、現在は患者さんにも手指衛生をお願いしています。
3.PPE→現在はphase3(図で言うと1番右)になっています。
2020.04.06 PPE

4.歯科器材の滅菌消毒→毎日ブログで滅菌状況と患者様に使用した器具に挿入してあるカードを公表してトレーサビリティーを行なっています。
7.環境の感染制御→常に除塵、消毒しています。
8.ウォーターライン(診療で使用する水質)→現在はphase3ですので次亜塩素酸水での診療を行なっています。

さて、最近はマスクやグローブ、ガウンなどの医療物品の不足が叫ばれており、これらの物品が不足すると感染のリスクが高まりますので、患者さんへの適切な医療のができなくなる可能性があります。これは本当に困った問題です。

実際にphase3で診療に当たって思う事ですが、今までの感染制御って嘘が多いですね。

医療現場ではStandard precautions(スタンダードプレコーション:全てが感染者、感染しない、感染させない)が原則と言われてきたのに、アメリカ、ヨーロッパ、日本でも続々と医療従事者、患者が感染していますし、日本においては新コロの症状がある人は入り口を分ける始末。

つまり、最初から感染症患者が来ない事が前提の妄想のスタンダードプレコーションであったという事です。

また、手指衛生についても手指衛生の5つのタイミングがありますが、これもまたこの通りにアルコール製剤で手指衛生していたら、あっという間に手が荒れました。5回も連続してアルコールを使うのは現実的に無理です。

つまり、大切なのは原則を理解し、感染を防ぐにはどうするか?という教育の部分です。こんな時こそ自分の頭で考える能力が求められます。新興感染症には誰も免疫がないのですから。
また、歯科での感染防止には、このほかに、ラバーダム防湿、バキュームテクニック(吸引)、4ハンドテクニック(上の写真:術者とアシスタントの手4つで器具の受け渡しをします。)も感染の予防に有効と言われています。
また、診療室の換気も大切です。換気扇が本当に部屋の空気を吸っているのか?またどのくらいの速度で?ガイドライン的には1時間に6回空気を入れ替えろとありますが、実際はこれまた現実的ではありませんでした。患者さんが終了するごとに、部屋の窓を全開する方がよっぽど早く空気が入れ替わります。

ガイドラインはあくまでもガイドラインであり、実行するスタッフの能力によって感染制御のレベルは変わってきます。そのため教育はとても大切です

明日にも緊急自体宣言が出そうですが、歯の治療が必要な方はいらっしゃいますので、さて、今週もまた頑張りましょう あ〜速く終息しないかな〜そして、一早いワクチンの開発を望みます

鬼コーチの教育!?

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

現在オバ大生の私。学校では生徒、医院では教育者...両極にある立場を数日ごとに行ったり、来たりしています

今日は医院でお仕事でしたので、昨日までは生徒だったけど今日は急に教育者

coachi2
いつも言いますが『師を選ぶ』という事はとても大切です。

師匠と呼べる誰かと出会う事が、何事も上手になる近道。
皆さんは師から学ぶ事は、その優れた知識や技術だと思うかもしれませんが、これもいつも申し上げますが、知識や技術は経験を積めばある程度身につくものです。

師から学ぶべきものは、その『心』です。

医療に対する真摯な態度や、患者さんを思う気持ち。人と向き合う誠実な心。

...あまり言うと墓穴を掘りそうですけど
coachi1
でも、私自身がそう思うからこそ、キャリアを20年積んだ今でも自分を磨き続けなければいけないと思い日々人間性を磨く『努力』をしているわけです。(あくまでも努力ですので

本当はまだまだこんな事言えないんですけどでももう人生が折り返しになってしまいましたので、否応なしに若い世代に少しでも自分の経験を繋がないとと思うのです。

つまりは若い人たちのお陰で私も成長させて頂いているって事ですね

若い人はカラカラのスポンジのように、どんどん水を吸収していきます。この時期に師と呼べる先輩に出会えると人生は変わっていくのだろうなぁといつも思います。だから若い時に受ける教育が大切です。

老婆心ながら申し上げますが、心が素直なうちに師と呼べる先輩との出会いは人生を変えますよ

今日もYuちゃんにスケーリングを見て下さいって言われてチェックしていたのですけど、自画自賛で本当に申し訳ないけど、私が1から教えているので、上達が早いですね〜

彼女は新卒1年目ですけど、間違いなく世の中の1年目とは全く違います。この数ヶ月で大きな差が開きましたね。もう数年経験を積んだ衛生士さんのレベルです。

私が一番驚いています。だって、私なんかが教えた衛生士さんが目を見張るほど上達していくのですもの

教育の大切さをYuちゃんに教えてもらった次第です。有難うございます、Yuちゃん

さて明日はまた生徒です。私もまだまだ先輩から学ぶ事があります。プロフェッショナルな衛生士さんに。明日はご教授いただこうと思います 

さて。明日も早いので。

おやすみなさい 

予防先進国アメリカと後進国日本の大きな格差

【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】

完全予約制、個室診療
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント
画像診断(口腔内超高画質画像世界最高機種マイクロCTハイグレードX-ray
3台のPCと5台のモニター
ガスクロマトグラフィーRCR検査位相差顕微鏡

naomiブログをご覧の皆様、こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニング及び一般の方向けクリーニングのみの診察を始めました。詳しくは電話で問い合わせ下さい。

*************************

いつも私が皆さんにお伝えしている事。

私は患者様に歯科疾患についてのカウンセリングをするのですが、その時にお伝えする事の1つに海外の歯科予防事情があります。

実際に海外の歯科事情が知りたくて、スウェーデンやヨーロッパの歯科医院を見学に行った事もあります。今はインターネットが発達しているので、海外に行かなくても海外の情報を知る事ができる時代になりましたがやっぱり生きた情報を自分で見聞きするのに勝るものはありません。

私がいつも患者様にお伝えしている事ですが、虫歯や歯周病を予防する上で大切なのは、歯と歯の間のプラークをコントロールする事。

アメリカの歯科医師会(ADA)のいつぞやのスローガン「Floss or Die」フロスしますか?死にますか?というのがありましたね。日本ではなかなかフロスは定着せず...

それは日本の場合は子供の頃にフロスの指導をされる事がなく、しかもメインテナンス(定期的な歯科衛生士による歯のクリーニング)に来院する事が大切という事も認知されず、偶然に良い歯科衛生士と出会った患者様だけが大人になってからフロスの必要性を知るみたいな...



あるコミュニティーで見つけた写真。すごく良い写真なのでご紹介します。

elementaryschool3

小学校での 口腔衛生士指導の写真です。

elementaryschool

小学生にフロスの指導をしています。

elementaryschool2

この写真なんかすごいですよね。びっくりしました。ホルダー付きフロスです。

アメリカでは子供の頃から歯と歯の間のプラークをコントロールするという事を教育されているのです。

日本はどうでしょう?

小学校での歯磨き指導もままならず、歯ブラシは危ないからと行って口腔衛生週間しか持って行ってはならず、それで歯科疾患の予防とは、これいかに?

いつも言いますけど、こういう事が日本の歯科衛生士の怠慢だと言うのです。

海外に行っていかにも予防を知ってる気になってる衛生士さんたくさんいますけど、予防の何を学んできたのでしょうか?スケーラーの使い方ですか?PMTCのやり方ですか?

歯科予防先進国のアメリカやヨーロッパと日本の大きな違いは教育とメインテナンスを受ける制度の違いでしょう?違いますか?

そういう社会の仕組みを無視して手技だけ真似ても意味がありません。

三つ子の魂百まで。大人になってからフロスの手技を習得するのはなかなか難しい...年齢とともに手も動かなくなりますし、新しい事を習得する能力が低下しますから...

皆さんお子さんには早いうちにフロスを教えましょうね
大人の皆さんはぜひフロスに挑戦してみて下さい 

もちろんnaomiクリーニングにお越し頂ければ親切丁寧にご指導いたしますご来院お待ちしております☆

スケーリングが上手くなる方法1

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

誰もが憧れる上手なスケーリング(歯石除去)のための基本その1を今日はお話したいと思います。

歯科衛生士の誰もが学生時代に習い、そして習得しているはずのスケーリング

衛生士さんに練習用のマネキンを前に「はい、じゃあ、ハンドスケーラーで◯◯番のスケーリングしてみて」と言うと多くの歯科衛生士が何をするかと言うと

*******************************

あたふたしながらスケーラーを持ち上げその番号を見る。

次に器具の先端をまじまじと見て刃の向きを確認する。

◯◯番の歯を穴があくほどに見つめて顔を近づける。

スケーラーを無造作に動かし始める。

********************************

これだけの短い動作でもほとんどの歯科衛生士がアウト
何が問題か?いっぱい、いっぱい問題はありますけどぉ。ここで問題を指摘するならば

まず、スケーラーを番号を見なければ識別できない事。
先端の形状を見て、それが何番なのか即座にわからなければ上手なスケーリングは出来ないと私は思います

(まあ多くの医院にはキュレットスケーラーがきちんと揃っていませんから、今更ちゃんと揃ったスケーラーで処置してと言われても何番をどう使うのかわからないのが普通かもしれませんし更に誰が言い出したんだか、最近はハンドスケーラーは使わなくなってきているとか言って、超音波スケーラーしか使わないという衛生士もいるからびっくり仰天(゚ロ゚;)エェッ!?皆さんはどう感じていらっしゃるかわかりませんが、私にしてみたらそんな衛生士終わってるって感じです

次に刃の向きを確認する。
まあ5−6、7−8や13−14スケーラーは第1シャンクの角度がストレートに近いので確認の意味で見るのは良いですが、イチイチ刃の向きを確認しているようでは処置に時間がかかり過ぎます時間がかかるという事は患者さんが口を開いている時間が長くなるという事早さも上手なうちの要素の1つだと思います。

つまりここでの問題点は、スケーリングをする以前に器具の選択ができていないスケーリングするための器具に関しての知識がない。

相手をやっつけるのに、丸腰でどうする相手がピストルを持っているのに、とりあえず短剣で闘ってみよう的な(爆)つまり本体ならスケーリングする、患者に触れるなんてもっての他なレベル。それにまだマネキンですからね(←この意味いつかわかりますまだマネキンって意味が)

次にこの肩が異常に上がりそして覗き込んだ姿勢よく見かけませんか?この姿勢が大問題。

bad position

繊細な処置をするためにはニュートラルな体のポジションがとても重要です。こんな姿勢で処置できるわけないって(゚∇゚ ;)

これまたスケーリングする以前の問題です。

体のバランスが取れておらず、どこかに力がかかっていたら、そこに神経が集中してしまって、集中したいはずの指先に全神経(全意識)を集める事ができません

ポケット幅1mm、深さ2mmのポケット内の歯石を除去しようと思ったら、それはそれは神経を集中して歯肉を圧排して歯肉にスケーラーが当たらないように集中しなければ歯肉や歯の面に傷を付けます。

繊細な歯石の除去は毎回手術のように神経をすり減らしますこれがなかなか患者さんにわかってもらえないのよねすっごい疲れます1mm単位の歯石除去。

でもそれが予防ってもんでしょ?歯科医師にも真似できない歯科衛生士の得意技

つまり上手な歯石の取り方の基本の「基」は体のポジションです。大切なのは体幹を安定させる事です。

これ、スポーツ選手と同じですよね

つまりスケーリングとは、体を上手く使って動かす処置ですから、体を上手に使うという意味においてスポーツ選手と同じという事です。

動きの基本は体幹にありです良い動作をするためには、体の安定が大切って事です。

だからと言ってアスリートのように体幹トレーニングしろという事ではありませんから誤解のないようにお願いしますねまあ鍛えて悪い事はありませんけど

こうやって自分が誰かに教えるつもりで考えると、歯科衛生士向けのスケーリニングのセミナーって考えさせられますよね...

「実習付きセミナー」でユニット上での実習があるならまだましだけど、でも未だかつてユニットがある実習でも体のポジションを教えてもらった事ってないな

大体「はい、じゃあ2人1組でプロービングして下さい。」とか「スケーリングして下さい。」とか
プロービングとかスケーリングが最初に来ちゃって。プリービングやスケーリングのやり方とか器具の使い方はわかっても、決してそれじゃあ上手くならないよね

(むふっ。これnaomiが書いたらいきなり実習で体幹から教えるセミナーが増えたりして(爆)
まあそれはそれで世の中の患者さんのためですからいっか(*゚∀゚))

だからいつまでたっても世の中の歯科衛生士のスケーリングは痛いど下手
私されたくないもん何度痛い思いをしたか

という訳で今日は基本の「基」体幹の安定、体のポジショニングのお話でした

ふうっ。
こうして考えてみると、スケーリングの動作に行き着く以前に大切な事がたくさんあって、実際のスケーリングの動作まではほど遠い道のりですな

世の中舐めてるんだよね。スケーリングを(*・ε・*)スケーリングってねぇ、すっごい奥深いんだ。ただ歯石が取れるって簡単に言うけど、取れるまでにはそれなりの知識と技術が必要なのです。

スケーリングをなめんなよっヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!

あ〜血圧上がるわぁ

そういえば、今日人間ドックだったんですけど、健康になるための8角形の輪で凹んでいたのが、運動不足と、この気の短い真面目気質でした(爆)

ぼちぼちマイペースで行きましょう

**************************

イリタニオフィスに新しくスタッフが仲間入り
顕微鏡歯科歯科衛生士Kimちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントAkiさんのブログ

**************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ

naomi流歯科衛生士道講座のお知らせ

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

もう皆さんご存知のように、イリタニオフィスに新しく顕微鏡診療専門歯科衛生士kimちゃんが入りました

そして私は今kimちゃんの教育係なわけですが
kimちゃんを教育する中で私自身、日々歯科衛生士教育について様々な事を感じています。

kimちゃん曰く、イリタニオフィスの歯科衛生士になる事は何年も温めていいた夢だったそうなのですが、実際に働こうと思うと歯科衛生士としてすごく覚悟がいって、なかなか言い出せなかったと言っていました。

イリタニオフィスで働くのって勇気がいる事なのですね つまり敷居が高い

そうかぁ...そうなんだ。

もしかしたら、このブログを今見ている衛生士さん、そこのあなたも、もしかしたらそんな風に思ってます?

あ、それよりも私が怖いからって感じでしょうか?

最近思うのです。私もいつまで臨床に携わっていられるかわからないから、私の持っているものを誰かに伝えないとって。

そこでkimちゃんの教育を機に、皆さんに私がkimちゃんに伝えている事と同じ事をブログにも書いて行こうかなって思っています

まあ実際には歯科衛生士の処置は実技が多いから、目の前で見ないとわからない事もあるんだけど、でもブログで伝えられる事もたくさんあるから。

そしていつか、ブログを読んで成長して下さった衛生士さんが、私の後を引き継いでイリタニオフィスで衛生士として活躍して下さったらなと思っています

皆さん知ってます?

「幸運の女神には前髪しかない」

いつもkimちゃんに言うのですが、自分の夢を叶えたかったら、チャンスが巡って来た時に、幸運の女神の前髪を掴める自分でいなきゃいけないって

つまり、どういう事かと言うと、いつか自分のユニットを持って歯科衛生士として自分の患者さんを見たいと夢見ているとしたら、じゃあ、ユニットあげるからさあどうぞって先生に突然言われた時に、「はい!やりますっ!」ってその日から患者さんを見れる自分じゃないといけないって事。

予防をやりたいと思っているのに、実際先生にはいどーぞと言われたら、「え?今ですか?自信がありません...」と言う人は一生チャンスが掴めないって事です。チャンスはそうそう巡ってくるとは限りません。

チャンスは自分で掴まなくちゃ

大切なのは、これがチャンスだと感じ取れる感性と、チャンスを掴める自分である事。そしてチャンスを掴む勇気。

これは歯科衛生士の仕事だけじゃなくって何にでも言える事。

私が歯科衛生士道を書く事で、ブログを見て下さっている衛生士さんが、チャンスを掴める自分になってくれたらなって思います

あ〜私も年とったなぁ〜

まあ、というのも、先日体調を崩して1ヶ月お休みを頂いてしまったのですが、その時に私の代役がいないばっかりに、患者様に大変まご迷惑をおかけしてしまったからです

若い頃は、患者さんがついて来る衛生士がすごいって本気で思ってました。でも、ある時からそれは歯科衛生士のエゴだと思い始めました。

患者さんがついて来るって衛生士は自慢しますけど、でも歯科衛生士がその人を一生見ることなんてできない。そうできないのです。私の患者と呼ぶ事自体が間違い。

患者さんと心中する事はできない。

歯科衛生士って勝手ですよね。私の患者とか言っているくせに、人生の転機がくるとさっさと患者さんをおいてきぼりにする。結婚、出産、親の介護、もしかしたら交通事故で死亡とか

本当にできる衛生士とは、患者さんを自立させる、つまり、セルフプロモーションができる人材に育てられる衛生士だと私は思うのです。だから私がいなくなっても患者さんが自分で自分の歯を守れる。そういう風に育てられる人こそがプロだと私は思っています。

患者がついて来るのは依存というのです。

私達がするべき事は依存させる事ではなく、患者さんを自立させる事なのです

だから、私がいなくても患者様に迷惑がかからないようにするのが、プロとしての責任

という事で後輩教育も大切だね...って事です

さて長くなりました。

次回から少しづつnaomi流歯科衛生士講座でも開いてみるとします

これを読めばあなたもナンバーワンにはなれないけれどオンリーワンの歯科衛生士にはなれると思いますなんてったってnaomi流ですから。個性の強いオンリーワンです

さて。明日は人間ドックで検診です夜更かし禁止って書いてあったけど、すでに2時を回ってます

ぎゃーーーーっおやすみなさい





ハートにドキュン☆

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

日々衛生士歴7年ベテラン歯科生士☆歯科用顕微鏡@Kimちゃんを教育中7年の衛生士さんだから今更教育という表現もおかしいまあnaomiの歯科衛生士道の伝授とでもいいましょうか 

それにしても人の成長ってすごいですね

実はnaomiは今まで教育係になった事がないのです 
でも、だいたい、他に衛生士さんがいても、その人の診療を見ることはないし、どうやって診療しているかとか話をする事もない。

歯科衛生士の資格を取得した日から衛生士はプロであり、自分で勉強する事はあっても人に教えてもらう事なんて本来だったらないはず。それがプロというものだとnaomiは思う。

ただイリタニオフィスの場合は歯科用の顕微鏡を使用するという特殊な環境にあるので、その点で教える事があります

人ってツボをついて指導すると本当に早く成長して行くのですねびっくりします
マンツーマントレーニングってやっぱり成長が速い。でも、それはツボをつかないとダメみたい

自然にその人のツボがわかるみたい。私

多分、これ歯科衛生士を長年やってきた賜物だと思います

例えばですけど、歯ブラシのコツをお話するのに似ています。
コツがわかると、患者さんの歯ブラシの技術は見る見る変わって行く

技術だけでなくその他の指導もそうですけど、

「歯科衛生士は心に響く一発を患者さんのハートめがけて撃たなければならない。」

minefujiko

ドキュ〜ン的の中心に命中みたいなチャンスは一回限りしかも一発。

この的中心を見つけ出すのが長年衛生士をしていて得意になったもよう

さて。明日もせっせと教育

本当は。。。私が教えてもらいたいよまだまだヒヨッっこだもの。私。

私がコーチほしい

弟子入り

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

毎日蒸し暑いですね〜 もうお彼岸だというのにまだまだ暑い今日この頃。皆様お元気にお過ごしですか?

ちょ〜余談ですけど、カワ...ちゃん、コメント有り難うお元気?お子ちゃまも元気かなコメント頂けてちょ〜うれしいっありがとう

さて。naomiは毎日新人衛生士Kimちゃんの教育に追われています

といっても、Kimちゃんは歯科衛生士7年のベテランなので、教える事もないんですけどね

 歯科衛生士もいろいろ個性があります。

うむむ

やっぱりnaomi変わってるぅ と日々思うのです。

なんか、やっぱり普通の歯科衛生士と考えてる事が違〜う

何が違うって、思想...かな...

よく、講演会をすればいいのにって言われるのですが、面倒なのでいつも丁重にお断りしてきました。でも新人Kimちゃんが入って思うのですが、年齢的には後輩を育てないといけない年齢なのですよね

それはさておき、現在教育係を仰せつかっているわけですが、一番何が難しいかって、思想教育が一番難しい

思想というと、なんだか怪しいと思うのですが、他に良い表現が見つからないので

歯科衛生士にとって一番大切な事は何か?とか、(naomiが思う)一流の歯科衛生士の考え方とか...

多分、歯石と取るとか歯をクリーニングするとか、処置自体は誰でも同じなのだと思うのです。

じゃあ、何が違うか?と言えば、そこに到達するためのプロセス。考え方。

当医院では、歯周病の検査として歯周病菌の数や種類、ガス値の測定をしたりします。
もちろん、歯周ポケットの数値や出血など通常よく行われる検査もします。

世の中の歯科衛生士さんは、じゃあ、この患者さんどう見るの?と聞くと、どんな症例でも一辺倒に

「プラークコントロールが悪いので、まず歯磨きの指導をしてぇ、生活習慣を聞いてぇ、それと平行して初期治療をします。」

と答えます。日本中のほとんどの衛生士がそう答えると思います。

でも...

naomiの答えは

「患者さんは高血圧で、Pg菌が多い。将来的に血管系の病気で死んじゃう可能性が高いな...まずはPgを減らしたいな。」

です。その上で初期治療。

私にとっては、歯磨きが悪いとか、歯周ポケットが1mm浅くなるとか、出血がなくなるとか、そんな事は問題じゃないのです。目の前の患者さんの健康を守るために私が何をできるか?私はどうすべきか?なのです。

プラークや歯周ポケットしか見てない歯科医療従事社を私はペリオ野郎と呼んでいますペリオ野郎は口しかみてない。ううん。歯肉しか見てない。私はペリオ野郎は嫌いです。ガリガリ患者様の歯を痛めつけ、痛い思いをさせて、自己満足の1mmにこだわるからです。

その1mmが患者様の人生にとってどれほどのもんじゃいっくだらない。(私にとってはね
そんなの私の目指す歯科衛生士じゃないっ

私は歯科衛生士はお口を通して患者様の健康を守るのが務めだと思っていますから

だから初期治療の処置だけを見ていたら、私がやっている事も、他の衛生士さんがやっている事も同じ。
ただの歯石取りです。

この処置に至るプロセスの考え方が他の衛生士さんと全く違う

やばい...naomi...世間で衛生士として通用しない

この考え方を伝えるのが難しい。

よく、職人さんが弟子入りって言いますけど、弟子入りする意味がよくよくわかりました

考え方って、その人そのものだから、ちょっとやそっとじゃ伝えられない。四六時中一緒にいて、話を聞いて、毎日、毎日その思想が染み付いて、初めてその考え方が理解できる。

だから弟子入りして寝食を共にするんですね

なるほど。

にわか仕込みで伝えられるほど簡単なものじゃない事がわかりました。naomiの歯科衛生士道

まあ、私になりたいなんて奇特な歯科衛生士さんいないと思うから真似しなくてもいいんですけどね

でもね、きっとnaomi流歯科衛生士の形を知れば、もっと歯科衛生士が面白くなると思います。そしてそうなれれば、もっともっと歯科衛生士が好きになると思います

日々、本当に忙しいな〜

教えながら診療するのってすごく大変ですでも日々充実。

明日もまた頑張るぞ

Profile

hygienist naomi

Advanced Care Dental Office
Archives
QRコード
QRコード