顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

摂食嚥下

2022.11.10.セミナー 歯科と栄養

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 気がつけばすっかり秋ですね

******************************

皆様、こんばんは♡naomiです

2022.11.10.セミナー歯科と栄養

秋は学びの秋ですね。

今日は日本大学口腔リハビリテーション多摩クリニックのセミナーに参加しました♡

今日は、菊谷武先生と、栄養士の尾関さんのお話を聞きました。
卒業してからはや...数年。情報をアップデートしないといけませんね^^*

多摩クリニックセミナー2022

多摩クリニックでは毎年、年間でセミナーを開催しています。
来年もありますので、ぜひご興味がある方はぜひご参加ください。

 

セミナー2022.08.05 口腔機能発達不全症研修会に参加

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 今日も暑かったですね〜

******************************

今日は休診日ですが、夕方からwebセミナーに参加しました
日本歯科大学リハビリテーション多摩クリニック主催、口腔機能発達不全症研修会に参加しました。

食べるという機能は人間が獲得していくもので、身体の発達と密接な関係があります。
口腔機能発達不全症とは「食べる機能」「話す機能」「その他の機能」が十分に発達していないか、正常に機能獲得ができておらず、咀嚼や嚥下がうまくできない、構音の異常、口呼吸などが認められる病状のことを指します。

口腔機能発達不全症は保険収載されています。
これはひとえに日本歯科大学多摩クリニック菊谷武先生のご尽力の賜物だと思います。

2022.08.25 口腔機能低下症

食べることのまつわる悩み。。。うまく食べられない、詰め込み食べ、偏食。。。色々あります。

今日は、田村文誉先生、山田裕之先生が、食べる機能の仕組みや獲得の時期、身体の発達などについてわかりやすく説明して下さいました。

食べられない理由がコロナ禍の心因性だった。。。という今ながらの症例もありました

次回は10月27日にセミナーがありますまた詳細は後日お知らせしたいと思います。

私たちが学生の時には習わなかった分野です。ぜひ皆さま、情報のアップデートをして下さいね 

2022.07.07.口腔バイオフィルム感染症ぱーと2

本日は診療の後に日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック食べるを支える研修会に参加しました

2022.07.07.口腔バイオフィルム感染症

最近はオンラインのセミナーが増えたので、私としてはとても有り難いです。

昨日の東京都の新型コロナの感染者数は8000人という目疑う数字が出て増える予想はしていましたが、急激な数字の増加にやや恐怖さえ覚えます

オミクロンBA2かBA5置き換わりが起きておりBA5の感染力の強さが拡大の原因となっているようです。救いなのは重症者率が高くないとことですが、感染者が増えれば一定数の死亡者が出ますので手放しでは安心できません

それに、感染者が増えれば無症状で歯科院を訪れる患者さんの数も増えますから、私たちの対応としても、ガウン、マスク、フェイスシールド...全ての防護具を着用しなけいればならず油断ができなくなります。職業上の感染リスクが上がるということになります

とは言っても、歯科衛生士としてはどんな時も良い口腔衛生状態を保つことは必要だし、もうコロナも3年目ですから、何もしないで日々を過ごすというのも,,,正しくwithコロナ診療ということになります。

まだまだ当院では不特定多数の施設内への出入りは禁止されているので 、オンラインセミナーはありがたいのです

コロナ禍で私が心を痛めているのは、高齢者医療についてです。自分の親のこともあって、人ごとではありません。

うむ。。私も歳をとった

孤立する高齢者にとって社会資源として、包括支援センターやケアマネージャー、デイサービスや訪問サービスの利用は社会とつながる大切な資源だと思うのですが、このコロナ禍でその利用もなかなか難しい。

家族だけの出入りなら家族が気をつければ良いですが、人が特定されているとはいえ多数が出入りする訪問サービスは感染を持ち込まれる可能性もある。。。 

様子を見ている間にもう3年目なのですよね...社会との窓口が家族だけというのもなかなかキツいものがあります。

本当、そういう時代ですよねというわけで、ぜひ歯科医療従事者の皆さんには、在宅医療を学んで欲しい

というわけで私も摂食嚥下を学んだわけですが。今日もとても良い学びとなりました。
様々な学びがありましたが、私は歯科衛生士なので、口腔ケアに関するお話がとても興味深い話でした。

ケアと回収。唾液誤嚥によって誤嚥性肺炎が起こる。

誤嚥性肺炎で入院すると

死亡のリスクが高まる。30日以内の死亡率が10%から15%
身体機能が低下する 。身体機能70%低下。
家に帰れない。在宅復帰率が50%。
食べられない。30日経口摂取不能は40%、新規胃瘻増設率は10%。 

 つまり誤嚥性肺炎を起こさせないためには唾液を綺麗にしておくことが大切。

口腔内を良い衛生士状態に保つのは歯科衛生士の役割頑張らねば...

口腔ケアはするだけではなく口腔ケアをすると一時的に口腔内の細菌数が増えるので、その細菌を回収する、術後の細菌数をコントロールする事が大切です。

なんてことを繰り返し学んでいるわけです

コロナ前はずっと参加していたのですが、コロナになってセミナーも滞ったり、私も参加できなかったり。。。

本年度は研修会が充実してますhttps://tamaclinic.peatix.com/view

2022年度研修会案内

次回8月25日ですぜひご興味ある方はご参加ください

 

新病名 口腔バイオフィルム感染症対策!

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

1週間がはじまりましたね〜連日猛暑だった先週今週はどうでしょうね。

今朝は久しぶりに雨が降ったので...一時物凄かったですけどおかげで建物の温度が下がったような気がします連日の猛暑で建物自体があったまっちゃって、室内でエアコンかけてもなかなか下がらない感がありましたから

昨日の日曜日は久しぶりに講習会に参加しましたコロナ前は日曜日によく講習会に参加してましたが、最近はオンデマンド配信を見ることが多くて、平日が多かったので。

さて、昨日は私が摂食嚥下を学ばせて頂きました日本歯科大学多摩クリニック、口腔リハビリテーション専攻の同窓会のさくら会が開催されました。前半に菊谷武先生のお話がありました。

菊谷先生はやはりすごいです。摂食嚥下分野に、次々加算をつけてくださって、現場で取り組みやすいようにご尽力されておられます。口腔機能低下症に点数がついたのも菊谷先生のおかげですし。

そして次なる加算目標として口腔バイオフィルム感染症を新病名として押されています。この病名が通れば口腔内の細菌数を客観的に検査して口腔ケアの指標として利用できます。

歯科衛生士にとっても影響のある病名です。私も初めて昨日お話しを聞いたので↑解釈がややうる覚えですが、ぜひ皆様にも知って頂きたいのでご紹介します。

7月7日に、菊谷先生のご講演があります七夕の夜ですがオンラインですので、お家で天の川と見ながら、セミナーにも参加して頂ければと思います。

2022.07.07 口腔バイオフィルム感染症

お申し込みはコチラ☆からhttps://biofilm.peatix.com

昨日の講演で興味深かったのは、歯が多い人は唾液中の細菌数が増加する

健康な人にとっては、歯が多いということは細菌数が少なく虫歯も歯周病もコントロールされているの指標となって、だから歯が多く残っている、となるのですが、ADLが低下した方では、歯が多く残っていることは、手の器用さを失い、歯を磨くことも認知できなくなると、逆に細菌の温床となり、唾液中の細菌数の増加につながると。

唾液中の細菌数が多いと誤嚥性肺炎になりやすくなります。

安易な口腔ケアは唾液中の細菌数を増やしますので、口腔ケア中の細菌の回収というのが大切となります

ぜひお時間ある方はご参加くださいまだ間に合いまーす
 

在宅診療に興味のある歯科衛生士さん!ぜひご参加下さい。


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

おはようございます

今日は在宅診療に興味のある歯科衛生士さんにお知らせです

2022.さくら会のお知らせ

私が卒業しました、日本歯科大学口腔リハビリテーション 多摩クリニック の毎年恒例のさくら会の研修会の日程が決定しましたので、お知らせしたいと思います↑詳しくはこちらをクリックしてね☆

本年度から歯科衛生士が働きながら受講できる歯科衛生士レジデント制度が発足しました

今年からの制度なので私もまだ詳しいことがわからないので、皆さんと一緒に受講したいと思っています

ま、レジデント制度の件は別としても、摂食嚥下分野、口腔リハビリテーションの第一人者である、日本大学の菊谷武先生のお話しが1,000円で聞けるのはお得すぎますしかも学生さんは無料です

1,000円じゃ失礼だと思いますけど...菊谷先生の、もっとこの分野(摂食嚥下分野)で歯科職、歯科衛生士が活躍してほしいという願いのもとの、歯科衛生士レジデント制の発足であり、さくら会の研修会であり、菊谷先生のご講演であります

ぜひ皆様、コロナも少し落ちついてきて、日常を取り戻していく中で、学びの機会も取り戻していただけると嬉しいです

さて〜私も母の介護中これから母の病院に付き添わねばならず、今日は時間がなーい

それでは皆様、今週も頑張りましょう 

歯科訪問歯科診療における感染予防策の指針


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆様、こんにちは

今日はお天気が良いですね桜が満開急に咲きましたよねここ数日が見頃でしょうか。。。

さて、先日、日本歯科大学東京短期大学 口腔リハビリテーション学専攻科のことを書きました。

私がここ最近感じている、摂食嚥下。。。つまり食べることの障害がある患者さんをなかなか歯科につなげないジレンマ

私自身は現状、一般開業医勤務なので、今現在は摂食嚥下の患者さんを直接みていないのですが、人の人生は点じゃないから、いつかくる機能低下の時に患者さんが困らないように、また御家族でお困りの方がいたらどこかへ繋げられる様にと考えています。

50歳以上の患者さんは、一度自分の機能を記録しておく意味でも、機能検査はしておいた方がよいと私は考えています

高齢者の食事量が減って痩せた飲み込みづらいむせる噛めない(噛まない)、など、自覚症状がある場合もありますし、自覚症状はなくご家族やまわりの方が気がつくこともあります。

特に定期的に歯科医院に来院している患者さんの場合には、歯科医師や歯科衛生士が気がついてあげることも大切です。

口腔機能低下症とは

加齢だけでなく,疾患や障害など様々な要因によって,口腔の機能が複合的に低下している疾患。 放置しておくと咀嚼障害,摂食嚥下障害となって全身的な健康を損なう。 高齢者においては,う蝕や歯周病,義歯不適合な どの口腔の要因に加えて,加齢や全身疾患によって も口腔機能が低下しやすく,また,低栄養や廃用, 薬剤の副作用等によっても修飾されて複雑な病態を 呈することが多い。そのため,個々の高齢者の生活 環境や全身状態を見据えて口腔機能を適切に管理す る必要がある。(日本老年歯科医学会

検査としては、口腔内の清潔度や乾燥具合、咬合力、口唇圧、舌圧、咀嚼機能、嚥下機能などを検査します
口腔機能低下症

下の写真は当院での摂食嚥下機能評価を歯科衛生士が行っているところです

歯科衛生士による口腔機能評価
舌圧プローブを使用して患者さんの舌圧を測る前に説明しています
(説明なのでグローブはまだしていません。)

そうなんです...コロナ禍になり、なかなか口腔機能低下症の検査をするのも難しくなりましたコロナ禍になってから、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手全員がN95マスクを常用しており、アシスタントにつく時はフェイスシールドが常用です。もちろん、ガウン、グローブは着用です。

あ、前置きが長くなりましたが、今日は口腔機能評価のことを書きたかったわけではなくて、お世話になった日本歯科大学教授の菊谷 武先生が委員を務める一般社団法人 日本老年歯科医学会から、歯科訪問診療における感染予防策の指針 2022 年版が出たことをお知らせしたくてブログを書いています

ぜひご興味のある方にはご一読いただければと思います

私も読んでみましたが、歯科訪問診療の感染対策というよりは、歯科診療室の一般的な感染対策のお話しです

訪問の特性とかもう少しあるとよいのにな〜と思いましたが、診療所の感染対策も含めてご興味ある方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか

ではでは皆様、大切な春の1日をお楽しみ下さい

今日も世界が平和でありますように

日本歯科大学東京短期大学 口腔リハビリテーション学専攻科 同窓会に参加♡


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆様、こんにちは

今日はえーと、3月何日でしたっけあ、もう28日ですねもう今月も終わりか〜本当に早いですね。桜もそろそろ満開になってくるのかな。桜のシーズンは大好きですけど一瞬なのですよね。。。

桜が終わるとあっという間に新緑の5月がきて6月の梅雨がきてまあそれも季節がある日本の四季を楽しめるってことなんですど、何もしないままに時が過ぎていきますよね

私は歯科衛生士のお免状は鶴見大学短期大学部 歯科衛生科ですが(なんと最近は 歯科衛生士 国家試験 合格率全国No.1だそうです)、その後2017年に日本歯科大学東京短期大学の口腔リハビリデーション学専攻科で学ばせていただきました。(どちらも誇りに思える大学です

卒業してから数年大学の同窓会に参加していなかったのですが、このコロナ禍を経て再び参加...と言っても顔を出す程度ではありますが、再び参加させて頂いています。

(↓ZOOMミーティングに向けてカメラ映りをチェック中とはいっても、ZOOMと言っても、久しぶりに先生ともお会いするから顔から緊張が抜けない背景も墨田区をアピールしようとソラカラちゃんを選んでみたりしたけど先生たちの前では披露できず...(爆))

ZOOM会議

理由は...(参加した理由だよ

コロナ禍になって母がうつ病になって、摂食嚥下分野の専門は食べることの専門なのに、母の食べることの支援は難しく,,,一筋縄ではいかない高齢者の扱いを目の当たりにし、そのご縁で参加させて頂いているSNSのグループでも、食べることに纏わる悩みがちらほら...

私は学校を卒業して、一応プロと呼ばれる部類なのに、何のお役にも立てないもどかしさ。

高齢者が食べられないといっても、それを精査できる人が周りにいない。そして食べられない高齢者というのは要介護が高いことが多く、遠方へ出向けない。つまり、近所でアプローチできる人に出会わないといけないのです。

ところが、往診範囲16km。摂食嚥下を評価してくれるところを紹介できない、このもどかしさ

専門職に繋がりもしない。これが現実。

問題は、摂食嚥下をきちんと見られるお医者さんや歯医者さんがいるいないということだけでなく、その専門家につなげる人が少ないというのが問題です。

高齢者の場合、ほとんどが日々を生活の一部としての生活援助として介護職の方が入っていることが多く、食べる問題をどこに繋げたらいいのかわからない方が多いような気がします。(もちろん人によりますが)

私たち歯科界でもまだまだ摂食嚥下に対しての理解が乏しい ということも問題です
(しかしながらこの分野の専門は絶対に歯科です。それは食べる行為には絶対に口や歯という口腔器官が関わっているからです。ここに問題があるかないかは、歯科職意外は精査できません。だからこそ歯科職の早い成長が大切。それが患者さんのため

そこで前置きが長くなりましたけど、もっと歯科衛生士が摂食嚥下に詳しくならなければというわけで...大学の同窓会の活動目的の1つは歯科衛生士の専攻生を募集することが目的ですから、私も協力したいなと思いまして、同窓会に数年ぶりに参加したわけです

ここ重要:来る7月3日 日曜日に日本歯科大学東京短期大学口腔リハビリテーション学専攻科 卒業生のさくら会によるセミナーが開催されます。日本歯科大学 教授の菊谷 武 先生がご講演されます。詳しくは決まり次第お知らせしますので、皆さんご予定を空けておいて下さいね

人生の最後の楽しいはずの食事が苦しいものであってはいけない...
自宅で人生の最期を迎える方のお手伝いがしたいという若い頃からの使命は健在です(*´-`)

なんか、さっき、大学の正式名称なんだっけ,,,とか思って、HP見てたんですが、ちょうど卒業や入学シーズンで若い人の笑顔あふれる、活気溢れる映像とか画像とか見て、なんかいいですよねー

いや、ぜんぜん、負けてる気してないけど(笑)あ、歯科衛生士の仕事に対してのモチベーションっていう意味だけど。

ここ数年コロナでモチベーションも低下気味だったけど、少しづつ上を向いていきたいです

今日も明日も明後日も...世界が平和でありますように

セミナーのお知らせです!


☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】

医療の質は安全に比例いたします。





【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】



こんにちはmicro scalingR歯科衛生士naomiです
**************************

研修会のお知らせです。

日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニックの研修会のお知らせです。

2020.摂食嚥下超入門

お申し込みは、イベント・コミュニティ管理サービス Peatixイベントページからできます。

例年、平日の夜に東京の小金井で行われていますが、今年は新型コロナのため、web開催です 東京以外にお住毎の方や午後7時に間に合わないという皆様、ぜひこの機会をお見逃しなく

菊谷武先生のお話がこのお値段で聞けるのはお徳としか言いようがありません

ご興味ある方はぜひご覧ください。締め切りまじか10日までです 

自立尊厳原則と善行原則のはざまで

☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは micro scalingR歯科衛生士naomiです 

***********************************

昨日、私が専攻科でお世話になりました、日本歯科大学多摩クリニック主催の第3回食べるを支える研修会に参加してきました

1部
食形態の調性〜嚥下調整分類2013、発達期摂食嚥下障害(者)のための嚥下調整食分類2018〜
管理栄養士 尾関 麻衣子 先生

2部
さまざまな代償法
摂食嚥下専門クリニックにおけるICT(MCS:Medial Care Station)を用いた多職種連携
戸原 雄 先生

そして最後に教授である菊谷 武 先生 から締めのお言葉がありました。 

第3回 食べるを支えるセミナー

尾関先生...学生の時には在宅に一緒に訪問させて頂いて食事指導を見学させて頂きました。
いつもメジャーを持ち歩いていらして、上腕周囲長を測定したりして在宅では難しい筋肉量の把握をしていらっしゃいました

今回は日本摂食嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食学会分類2013を解説して下さいました。 

学会分類2013

は日本歯科大学多摩クリニックが協力している一般社団法人 食べるを支える会食分類から引用しました。 

健康長寿ネットによると嚥下食とは、飲み込みや咀嚼といった嚥下機能の低下がみられる場合に、嚥下機能のレベルに合わせて、飲み込みやすいように形態やとろみ、食塊のまとまりやすさなどを調整した食事のことを言います。嚥下訓練に使用される嚥下訓練食品も含まれます。

この食べる機能と食形態をわかりやすくしたものがこの表です。

この嚥下調整食の分類が理解できていると、例えば、病院で退院する時に病院では嚥下調整食2-2だったと言えばその機能と照らし合わせて食形態を調整できます。また病院と病院や介護施設全ての共通言語となり、美味しく安全に食べる事が継続して支援できます。

切れ目のない支援
こちらも日本歯科大学多摩クリニックが協力している一般社団法人 食べるを支える会からの引用。

ブログを書いていて思いますが、摂食嚥下の事を説明するのって結構難しいですねつまりは自分の中で整理できていないという事ですね

健康な皆さんにとっては毎日美味しく口から食事をする事は当たり前かもしれません。しかし病気や加齢が原因で噛んだり飲み込んだりする食べる機能が低下することによって、美味しい食事が口からとれなくなる事があります。
食べ物が認知できない、食べ物が上手く口に取り込めない、噛み砕けない、唾液と混ぜる事ができない、食べ物をひと塊りにできない、飲み込めない、誤嚥するなどが摂食嚥下障害です。

これは認知機能に問題がある事もありますし、唇や舌などの口腔機能に問題がある場合もあります。

そんな時、どう食事をとるか。食事とは楽しみでもありますが、栄養を摂るという生命維持に不可欠な要素でもあります。食事ができないという事は生命維持に関わる大事件です

だからどうやって栄養を摂るかどうやって食べるかというのはとても重要になります。

ざっくり言えば、その使えない口腔機能の部分を調理で補っている食事が嚥下調整食です。

次に飲み込みが上手く行かない場合の代償法、顔を傾けて飲み込む、主食と飲み物を交互に嚥下する、顎を引く、一口量を調整するなど。
戸原先生が具体的に紹介して下さいました。

最後に菊谷教授が生活の場における支援の難しさについてお話しされました

生活のための食を支えるために、本人の意思を尊重しなければならない自立尊重原則と医療者として誤嚥や窒息のリスクを減らすことに努めなければならない善行原則このはざまで私たちは悩む
先日ご紹介した小山珠美先生は病院の看護師さんなので、どちらかといえば急性期を担当し後者の善行原則が優先されます。

しかし、病院を退院し在宅医療になり、余命が限られた人であればリスクはあっても自立尊厳の原則を尊重するべきかもしれない。
その時々、また個人によって選択する道は違う...

菊谷先生曰く
万策尽きたのか。最後まで食べたという記憶は残された家族の記憶の中にもとどまり続ける。一方、なぜ食べてはいけなかったのか、他に方法はなかったのかと思い悩みながら送ってしまった家族にとって、この思いは悲嘆からの回復の妨げになる

人生の最終段階における摂食嚥下リハビリテーションは、「長寿を享受した人の人生の総仕上げに立ち会う」という意味を持つ。人生の大先輩に対してわたしたちは何ができるだろうか...

人生の最期を支える医療職として考えさせられますね 

最後まで自分の口で食べ続けるために!かかりつけ歯科衛生士を持ちましょう。

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは micro scalingR歯科衛生士naomiです 

****************************************

先日、お江戸日本橋歯科医師会が主催する、要介護者歯科保健講演会に参加して来ました

すっごく楽しみにしていた講演会

それは、小山珠美先生がご登壇されたからです。
小山珠美先生はNPO法人口から食べる幸せを守る会の理事長でいらっしゃいます。

私はNHKのプロフェッショナル仕事の流儀という番組が大好きなのですが、その2016年5月16日の放送で小山珠美先生が紹介されました。珠美先生のスプーン1本で口から食べる事を取り戻していく患者さんの姿にとても感激しました。

時を同じくして、私は2016年に日本歯科大学付属病院 口腔リハビリテーション多摩クリニックで、日本歯科大学東京短期大学口腔リハビリテーション専攻科生として1年間摂食嚥下を学ばせて頂いておりましたのでその感激はひとしおでした。

そして珠美先生は看護師さんですが、人生の最後まで口を使って食べる事をサポートする事は私たち歯科職がやるべき事でもあるという気持ちがフツフツと湧きました。

ただし私は開業医勤務です。専攻科では毎日摂食嚥下障害の患者様を拝見していましたが、現在は元の診療所に戻りましたので、ほとんどが健康な患者様です。そこで私が得た知識と毎日の業務にギャップを感じますが、しかしながら私、歯科衛生士の本当の仕事は「予防」です。
ですから、患者様が最後まで口を使って食べ続けられるように、若い時からの予防を担うのが本来の重要な役目。当然最後まで食べ続けるには、噛む(咀嚼)事が大切ですし、粉砕した食物を唾液と混ぜてひと塊りにする(食塊形成)ためには、舌や頬の機能が大切ですし、もちろん飲み込む機能の維持(嚥下)も大切です。
これらの口腔機能の低下を早期に発見して元の状態に戻す事は非常に重要な役割です。

そして、それは健康な時より歯科医院に定期的に来院して頂き、接する機会が日常の一部となっているからこそ気が付ける事であり、一生関われる場でもあります。つまり定期的な健康予防教育の場が確実にあるという事です。
これは歯科のメインテナンスシステムでしかなし得ない事です。

先日私のもう10数年のお付き合いのある患者様が3ヶ月に一度のメインテナンスで来院されました。何度かブログに登場していますが、元々はその患者様のお母様の往診に行ったのがきっかけでのご縁です。お母様が亡くなり、そして娘さんである患者様も高齢者になりました。
そんな患者様に、ふと、ほっぺたに空気を入れられますか?冗談のような話ですが、できないのです何度かやって頂くと感が戻って来たようで頬を膨らます事ができました。ほっぺたに空気を入れてご自分でも家で動かして下さいねと伝えました。

何気ない一言。これが歯科衛生士にしかできない関わりです。

そして私の役目は歯を守る事ですが、この歯を守るためには、今となっては歯科用顕微鏡が手放せません。病院に勤務して摂食嚥下に関わる事はとても興味があるし楽しいと思うけど、でも歯科用顕微鏡を使用した世界にも例がないメインテナンスを手放すのは私には無理楽しくて仕方ないですもの。誰も取れない歯石を除去するの

だから私は開業医でしかできない歯科衛生士の役割をこなしたいと思います。

一生口から食べる続けるためには、かかりつけの信頼できる歯科衛生士を持つ事です。若い時には歯を守りながら将来の事を教えてくれて、人生の最後にお口の事での困りごとがないようにきっと導いてくれると思います。

私もそんな歯科衛生士でありたいと思っています

ちなみにお口から食べる事(経口摂取)の重要性は、私が首都圏滅菌管理研究会でお世話になっている深柄和彦先生が論文を出されています。簡単に私が皆さんに知って欲しい論文の内容を説明しますと手術後の回復には免疫力が大切ですが、静脈点滴など腸を使わない栄養療法を行なっていると栄養は補填できても腸管免疫が低下して感染防御機能が低下するというものです。

つまり腸管免疫を低下させないためにも(感染防御機能を低下させないためにも)口から食べ物を入れる事が大切だという事です。
栄養摂取の術後早期自立 外科と代謝・栄養47巻6号 2013年12月 

腸の飢餓「Gut starvation」用語についての説明は
Gut starvation 外科と代謝・栄養48巻5号 2014年10月

余談ですがGut starvationという用語があるのなら、ぜひOral starvationという用語が広まらないかなぁーと個人的意見です。   

この論文では最後に、長期間,食事摂取量回復が見込めない場合は,在宅経腸・静脈栄養も考 慮しなければならないケースもある...とあります。

この経腸栄養には違った問題があり、在宅でいかに家族やチームで食べる事を支えるか...そういう事も大きな課題ではありますが、その事についてはまた別の機会に考えたいと思います。

最後まで口から食べ続ける事は人間が生きる尊厳。
さて今週もまた患者さんのお口のサポート頑張ります
Profile

hygienist naomi

Advanced Care Dental Office
Archives
QRコード
QRコード