東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科診療 リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:摂食嚥下


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

皆様、こんばんはnaomiです
学校を卒業して早速。大学で学んだ事を患者様に還元。↓口腔機能評価中

BlogPaint

私がこの1年間学校で学んできた分野。それは口腔リハビリテーション学
主には、摂食嚥下。摂食嚥下というのは、ざっくり言えば、食べる事飲み込む事。大学では、その摂食嚥下に障害のある患者さんの治療を専門にしているクリニックで実習を重ねて来ました。

当初大学に入学する時の面接で、一般開業医で歯科医師が摂食嚥下分野の治療をしていないのに、なぜ今更大学に入って勉強するのか?と何度も聞かれました

確かに、対象となる患者さんが来ないクリニックで、そこにまた戻るのに、なぜ勉強するのか?というのは疑問だったのかもしれません。

当時の私にしたら、勉強するチャンスはなかなかないし、自分が知らない事を知る事が出来るのは凄く楽しい。行かせてもらえるなら、行きたいそんな思いでした。

面接で何度も聞かれたから、不合格かなーって思っていたほど(笑)

そして私もどうやって学んだ事を生かせるのかわからなかったけど、卒業した今、早速アイディアが閃き先日から患者様に還元出来るようになりました

私がメインテナンスで見ている患者様。長い方はもう10年を超えていて、だんだんお年もめしますし、世の中的な定義で言う高齢者の方も担当させて頂きます。

歯科衛生士の仕事は、患者教育と健康管理。私は虫歯や歯周病にとらわれず、健康教育を行えるシステムを歯科衛生士は持っています。それがメインテナンスです。

看護師さんの関わりとは違って、数ヶ月に1回、患者様が来院し続け、10年越えで関われるのです。
そんな仕事他にはないよですが、10年通って頂くためには、それなりの人間力が必要となります

最初は虫歯が歯周病の話をしていても、10年も通っていれば、話も尽きます

いつも思うのは、もっと何か患者様のためにできないかな。

と言うわけで、初めました。予防的な口腔機能評価。メインテナンス時に、口腔機能を評価し、問題があれば早めにアプローチしていく。お口の健康を守る事は、よりよく生きるため。素敵な人生を送って頂くために、口腔の健康は必要不可欠。そのためのお手伝いをするのが私、歯科衛生士です。

この口腔機能評価。行って見ると意外に...早速問題点が抽出できました。

次回検査結果をお話しして、口腔機能の低下を予防する予定でいます。

患者様の主訴に摂食嚥下障害や口腔機能の低下はありません。私が早期に発見してアプローチする事で、余計な事でお口の事、食べる事、生きる事に困らずに人生を楽しめる。

それが予防です。

楽しいーーーーーーーーーっ!

歯科用顕微鏡が入る前、私はもう歯科衛生士としては出来る事がないと思って、仕事がマンネリ化していました。 顕微鏡が入って、世界が広がって、歯科衛生士がめちゃめちゃ楽しくなりました。というよりも患者様のもっと役に立てる事が嬉しかった。

そして今回、久しぶりにその時と同じ気持ちになっています。まだまだ歯科衛生士として、患者様のお役に立つ事が出来る。新しく提供出来るものを得たのです。

まだまだ未完成ですが(手技ではなくてシステム)回数を重ねるごとに洗練されていくと思います。

当面は65歳以上のメインテナンスを受けている方を対象にしたいと思いますが、ご希望があればそれ以外の方にも応用していきたいと考えています。

具体的に何しているのかって?

それは秘密です結果が出てきたら公表したいと思います。

こんな事考えたり、やってる衛生士さんいないだろうな...多分、大学を出ていなかったら、こんな発想にはならなかったと思います。

私たちは3期生。まだ10人足らずしか卒業していません。そして皆、摂食嚥下分野で活躍してますので、一般歯科で、歯科衛生士が単独で形にしている人はいないと思います

還元。還元。全ては私が担当する患者様のためです 

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

おはようございます。
とり急ぎ、今から学校なのでちょー特急で記事を書きます。

本日、夜10時より、NHKプロフェッショナル仕事の流儀で、看護師の小山珠美先生の『食べる喜びを諦めない』が放送されます。

私が現在勉強している分野のお話です。

なんらかの障害があって口から食べられない方の食べる事の支援をする分野です。

見ていただけるとnaomiがどんな勉強しているかなーというのがわかるのと、将来食べられなくなる日が来たらこんな支援があるんだーなど、ちょっとご理解頂けるかと思います

本当は、私が通っている大学もかなり凄いし衛生士さんが同じ事をしているので、そっちがでてほしいーと思うのですが、残念です。

オーノー時間がありません...ご興味ある方はぜひ御覧ください。

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

もう年末で皆様はお休みでしょうか。。。

実は私は25日に祖父が亡くなりまして、昨日お通夜で、本日告別式でした。
ほっと一息ついて、夕方自宅に戻ったところです。

今年もあと少しですが、今年は「命」について考えさせられた1年でもありました。

新しい命が誕生することもすごく奇跡的なことで、そして私は人類何千年の歴史の命を受けついできて生きているということ、そして、私の生きる能力は祖先から受けついでいることなどなど、いろんなことをきっかけに考えた1年でもありました。

亡くなった祖父は数え年で88歳。

先日主治医から、食事ができなくなって来たので、点滴か、胃瘻か、経鼻栄養の選択を迫られたそうで、実は母と会って話をする予定の日に、祖父は他界してしまいました。。。

食べることは生きること、生きることは食べること。

食べられなくなるということは、死が近づいていることを意味します。

私は母からその話を聞いた時、様々な思いがよぎりました。

それは、訪問で多くの患者さんを見てきたからで、生きさせられることと、生きることが違うということを現場で感じていたからです。

病院にとっては、食事は手間がかかるケアの1つです。人手も足りない中で、胃瘻や経鼻栄養は簡単なものです。餌を流せば言いわけですから。。。しかも処置には点数がつきます。処置をすれば病院の利益になります。

TPPで医療が自由化されて、民間企業が参入し、利益を追求した病院経営になるとはそういうことです。

母は、年齢も年齢だし、口から食べられなくなるのなら、それは仕方がないことで、胃瘻や経鼻栄養ではなく、食べられないようなら点滴で補って、なるべく自然に近い形でと主治医に言ったそうです。 

母は強いな〜

普通の家族は、たいてい死を看取るのが怖くて、とにかく少しでも長く生きながらえるようにしてほしいと望みます。だから病院は管だらけの人がいっぱいです。他人の私から見れば、生きているのか生かされているのかわからず、生きることとは何なのだろうか?と考えさせられる光景です。

想像してみてください。鼻に管をずーっと入れられているんですよ。意識がモウロウとしていたとしても、もし意識があったら痛いに決まっています。違和感があるに決まっています。

だから、管になるともっと意識がモウロウとします。虚ろな状態が増えます。管を付けるということはそういうことです。

私は思いますが、人は心と体で生きています。心が病めば病気になるように、病気になれば心が病むように、心と体は繋がっているのです。だから医療従事者の私達は心を体の両方をケアしなければなりません。

管になると、きっと生きる意欲がなくなっていくのだと思います。

ケアとは不思議なもので、人が手をかければかけるほど人は元気になります。(もちろん限界はあります。)だからケアの手を抜くための管では人は元気にならない。

母は祖父の死を受け止める覚悟が少なからずあったのだと思います。なかなか素人ではできない選択です。そういう選択をした母を私は尊敬します。

先日、すごくがっかりしたことがありました。

ある歯科衛生士さんが、訪問で食べられないお年寄りがいて、口から食べさせるにはどうしたらよいか?と質問したら、某衛生士さんが、ある食べ物で練習するといいと言っていました。。。

あまりにもお粗末な話のやりとりに、私は呆然でした。

食べられないから、とりあえず某食べ物を使って訓練。それはないよ歯科衛生士さんっ

診査、診断力が足りなさすぎます。

全身的既往、体幹の保持はできるのか、食事の時の姿勢、口唇閉鎖はできるのか、舌はどの程度動くのか、頬粘膜の状態、むせ、食事形態、手で食事がどのくら運べるのか、食事を認知できるのか。。。まだまだ書ききれないないほど観察するポイントがあります。

私の祖父も主治医から食事がとれなくなってきた、つまり摂食嚥下障害にあたるわけですが、祖父が某食べ物を使った訓練で食べられるようには、絶対になりません。

訪問は、歯科治療の集大成です。臨床ができない歯科医療従事者が、じーさん、ばーさんの話相手程度の認識でやり始めるからたちが悪い。人の体を扱う心構えがなってない!

お粗末さに涙が出ます。。。

ふうっ。クールダウン、クールダウン。

医療従事者は日々勉強だな〜と思います。 

年末最後まで愚痴になっちゃたな

あと2日。最終日はプラスで締めくくりたいと思います 
 

このページのトップヘ