顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:拡大鏡

naomiブログをご覧の皆様、こんにちは☆歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

今日も暑い!

でも、もう8月末日。夏も終わろうとしているんですよね。。。ちょっと寂しいです 

さて。毎日せっせと歯科用顕微鏡を使ってメインテナンスしているわけですが、よく言われるのは、

「歯科用顕微鏡を歯科医師が使っているところはあるけど、歯科衛生士さんが使っているのは見た事はない(聞いたことがない)」 

まあ、言われればそうかもしてませんが
「そこが他の医院と違うところですよね〜」なんて患者様に言われると、ドキッとします。

歯科用顕微鏡の画像を毎日患者様にお見せしていますが、この画像を見せると、拡大の世界が当たり前になってしまって、なんだか感覚がおかしくなってしまうようです。

患者様も見えて当たり前的な感覚になるようです。例えばこのお中元に頂いたジュースの缶。

 
kan1

上から普通に覗くとこんな感じでしょ。

kan2
 
さて、これを歯科用顕微鏡で見てみると。最低倍率でこんな感じ。

kan3

そのまま拡大すると次がこんな感じ。

kan4

そして次の倍率だとこんな感じ。

kan5


更に次ぎの倍率だと。最大およそ24倍の倍率。

kan6
 
 拡大のイメージが少しおわかりいただけたでしょうか?

拡大して見えることは、普通なことではありません。実はものすごいことなのです 

そして、もう1つすごいことにお気づきになりましたか?

下の写真、一番低倍率の写真です。

kan3

よく、顕微鏡と拡大鏡をごちゃまぜに理解している患者様がいます。
また、歯科用顕微鏡と拡大鏡が同じだと言い張る先生や歯科衛生士さんもいます。

一番低倍率でも、倍率が違います。一番低い倍率でも、拡大鏡より大きく見えます。

更に。よく写真を見てみてください。

缶の底部が見えていますね。

これが歯科用顕微鏡の特徴の1つです。光が中まで入っているのです。しかも視線と同軸で。

拡大鏡で拡大すれば、倍率はあがるかもしれませんが、光は入りません。ライト付きなら別ですが、同軸で光がはいる拡大鏡は限られています。

同軸で光が入らなければ、見たいところに陰ができます。

歯科用顕微鏡ってすごいですよね。。。

すごいのですけれど、扱いもすごいです。すごく難しい 

歯科用顕微鏡を使っている歯科衛生士。確かにあまりいないかも。。。ね。。。

そのせいか、最近は先生の予約と同じぐらい、歯科衛生士の予約が混んでおります。有り難いことです。

せっせと皆様の歯を美しく仕上げて参りたいと思います明日も頑張ります 頑張れ!私(笑)

**************************

11月の日本顕微鏡歯科学会シンポジストとして発表します
歯科衛生士として歯科用顕微鏡の展望についてお話させて頂ければと思っておりますのでご興味ある皆さんはぜひご参加くださいませね 学会員じゃなくても参加可能です
 
顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ 

 
 

naomiブログをご覧の皆さま、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

最近、“歯科衛生士”と名乗るのが楽しくなって参りました

以前はあななに嫌いだったのに・・・“歯科衛生士”

これもお師匠様との出会いのおかげかな。

日本人として、日本の“歯科衛生士”を誇れるようになったからかな。。。

日本での歯科衛生士の仕事には限界があって、10年近く悶々としてきて、でも、歯科衛生士を続けていて。。。

限界の向こうに、新しい目標が見えたのは、お師匠様と出会ったおかげ。

ということはうちの院長のおかげか院長が弟子入りしなかったら、naomiはお師匠様と出会っていない。

人間て不思議です。未来が見えて心が明るくなると、今まで見えなかったことが見えてくる。

日本の歯科衛生士も捨てたもんじゃないなーって思う今日この頃なのです

さて、今日はある患者様が来院されました。

リコールには乗らない患者さんと、最初からわかっていたのですが。。。

初回のクリーニングの際、プラークコントロールが悪く、歯肉もモリモリ腫れていて。出血

知識レベルの高い患者さんだから、歯科衛生士ごときのnaomiの話・・・聞いてくれないかもなぁ。。。と思いながら、でも、患者さんだし、この歯肉をほっとけないっ!と思って、ご説明しました。

そしてたまたま3ヶ月後に気になることがあって、治療来院されたのですが、アポイントが詰まっていて、naomiが拝見することはできませんでした。

そして、本日。またも気になるところがあるということで、先生の枠で来院。

実は、事前に、naomiの患者さんに30分早く来て頂いて、この患者さんのクリーニングをしよう!と計画しました。

見て、驚いたよ~

すっごい綺麗なの.。゚+.(・∀・)゚+.゚

初回のクリーニングでは、1回しか拝見できなかったし、モチベーションが上がったかどうか、テクニックを習得したかどうか確認できなかったんだけど。。。

別人の歯肉でした

あ~これで安心。リコールには乗らない患者さんだけど、ホームケアをこれだけマスターしているのなら、こなくても安心だわ。(こなくて安心といっても、来た方がいいけど☆)

先生の治療の時は、全く歯磨きしていなかったから、naomiが担当したあの1回で何か感じてくれたのかなー?

この患者さん、実はアレルギーがあるのですが、naomiはこの患者さんの歯肉を見て、これじゃアレルギーに更に悪いなぁ。。と思っていたのです。

慢性炎症はアレルギーを助長するんじゃないかって。

だって、免疫反応がづーっと続くんだもの。

歯周ポケットの内面の面積ってすごく広いんだよね。全部の歯で手のひらぐらいだっけ?

手のひらがいつも炎症で、つまり炎症ってことはわかりやすく言えば、手のひらが化膿していると考えるとわかりやすいかな。

手のひらがいつもグチグチしてるんだよ?膿とか出てこれって怖くない?手のひらは目に見えるからね。歯周ポケットは見えないから。

慢性炎症はTNF-αがいっぱい。いろんな悪さをします(ノ◇≦。)

あ~人生変わったなーこの患者さん。

歯のお手入れって一生物だね!

よき歯科衛生士との出会いは、歯の寿命を何十倍も何百倍も長くします

この患者さんには拡大鏡やマイクロは使ってないよ~

歯科衛生士の歯を守る本質はここにあります(*゚∀゚)っ

さて、連休ですね☆予定がないけど。。。何しようかなー(笑)

そういえば、拡大鏡、まだゴーグルつけてないの^^;

フレームの色、間違われちゃって。

うちのなんだけど、まだ借り物

写真見ると変(笑)

naomiブログをご覧の皆様、こんにちは☆歯科衛生士naomiです♪

今日は院長が研修会のため休診。連休でっすー♪なんだけど、いつもnaomiは月曜日がお休みなのよね

さて、先週の月曜日に待ちに待った拡大鏡ちゃんがやって参りました〜

お師匠様が拡大鏡を貸してくださったおかげです

院長にお願いして買ってもらいました

拡大鏡は決して安いものではありませんからね。買ってもらえたことに感謝、感謝です。

今回購入した拡大鏡。眼科のメーカーの物。

拡大鏡もいろんなメーカーから出ています。レンズの善し悪しで値段は全く違うようです。

レンズはカールツァイスの物が一番よいと聞きます。

歯科衛生士さんの多くが使用しているのは、オーラルケアのサージテルですかね。

この購入にあたり、担当の方とお話をしたのですが、歯科衛生士は拡大鏡を買ってあげると院長先生が言っても、拒否するんですってーーーーーーーーー^^;先日も書きましたね☆

naomiなんて、待ちに待って、やっと購入してもらったのに!

いらない理由は、もう最初からただいらない とか、ださい とかなんだって。

ださいって。。。

何のために拡大鏡を使うのか理解しているのでしょうか?ねぇ。。。

施術の精度をあげるために使うんでしょう?見た目と施術の精度とどっちを選ぶわけ?しかも見た目だけで判断ですか。。。

本質を見ない人のなんと多いことか。がっかりです。

お師匠様にしばらく拡大鏡をお借りしていたのですが、やはり拡大鏡を使うと、拡大鏡なしでは処置に困ります。

特に歯を美しく仕上げる際には、ないと困る。

そう言って院長に購入をお願いしました。

本当に、その美しさの具合が全然違うんですよ〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚輝きが違う。

今回の拡大鏡の選択のポイントは

1.レンズの軽さ

2.ライト付きであること(レンズとライトが同軸であること)

3.焦点距離が長いこと

の3点です。

私も最初は何をどう選択すればよいかわからなかったのですが、一度使ってみると、選択のポイントが見えてきます。

毎日の処置で使う物ですから。

いくら“見える”と言っても、使い心地の悪い物はだめです。術者が疲労するような物はやはり避けるべきです。処置の精度が落ちます。

以前の物は眼鏡タイプで、鼻1点に力が集中していました。頭の後ろに回った紐をしめて固定していたのですが、固定がゆるいと落ちてくるので、紐をぎゅっとしめていました。

そのため眼鏡のパッドがあたるところが、いつも跡になり、いつか、ここだけシミになるんじゃないかって気になってました(笑)それでも、毎日使い続けましたよ、もちろん。

施術の精度は全くちがいますからね(☆゚∀゚)シミになろうが関係ありません。

ライト。これは、実は私が望んだのではなくて、院長が使う時にライトがあった方がよいという理由でライト付きを探してました

焦点距離。

焦点距離が短いと、どうしても施術の時に肩があがります。見ようと思うと近づかないといけないからです。結果、無理な姿勢となり、体に負担がかかります。

先ほども申しましたが、毎日のことですからね体に負担はいけません。

以上のような理由で、今回の物を購入となったわけです。
IMG_0005

でね〜更に発見がありましたよ〜

日々研究ですよね。物は使いこなしてなんぼですから。

実はうちの院長、ライトを買っても、歯科衛生士である私は使わないと思っていたようで(笑)

いえいえ、ライトがないと施術にならないよーーーーー

完全にnaomiの物です。うっしっし( ̄ー ̄)ニヤリッ院長が使う時はもう1つ買ってもらうとしますか(笑)

臼歯を見るには、ライトが必要です。

そして、歯を綺麗にする範囲が、このライトのお陰で広がりました〜

え?歯を綺麗にするって何?って?

いえいえ、それは企業秘密です

歯を綺麗にするというと、皆、すぐにホワイトニングとか思い浮かべますが、ホワイトニングではありません。

歯自体の本来の美しさを取り戻すことが、一番大切で、ホワイトニングはnaomiに言わせればおまけです。

日本人の場合、特に、歯を綺麗にするということがありませんからね。

日本の分類は、歯石をとる、着色をとる、ホワイト二ング。

これでは歯を綺麗にするには不十分です。細かい汚れやくすみが歯の表面にはあります。それを取り除くことで歯は美しくよみがえります

なんだか、このくくりって面倒だわね。

歯を単純に綺麗にしたいだけなのに。

歯石だけとりますか? とか

着色はとりますか? とか

歯石も着色も同じ歯の汚れです。

まあ、保険診療は病名に関して処置があるわけで、歯を綺麗にする行為には適応にならない。

着色は歯周病の原因になりませんからね。

よく考えれば、着色だって、歯の表面についた汚れで、歯に汚れが物理的についていつんだから、細菌だって付着しているに決まってる。

歯周病の直接の原因じゃないかもしれないけど、細菌の付着を助けている。違いますか?

歯科衛生士のメインテナンスは細菌をリセットすることです。着色もとって綺麗にする。当たり前のことです。

そんなの物理的に考えればわかることです。

学術的にきちんとしたことと、医療制度には隔たりがある。

naomiはnaomiが良いと思うものを純粋提供したい。患者さん幸せのために。

さて。長くなりました。

一日短いな〜

お掃除しますね☆(*゚∀゚)っ

naomiブログをご覧の皆さま、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

聞いた話。

「拡大鏡ってどうなのですか?歯科衛生士さんで使っている人っているんですか?」

「正直言って、歯科衛生士さんは、先生(歯科医師)が拡大鏡を買ってあげるといっても、断る人がほとんどですね。。。」

・・・

はぁ?

世の中の歯科衛生士は、拡大鏡を買ってあげると言われても、断るんだぁ・・・

終わったな・・・日本の歯科衛生士。

あ、もともと終わっていると思っていたけど、またまた心底思っちゃった。

アメリカが学生時代から拡大鏡を使って実習していると聞く中で、日本の衛生士は、買ってやると言われても断るとは。

ありえない。

日本の歯科衛生士はどこかのお役所の職員みたいだ。いるだけ。医院で保険点数を請求するだけのためにいるってことだ。

はっきり言って、迷惑。

世の中そういう歯科衛生士が多すぎて、そういう衛生士をベースに、ひとくくりに「歯科衛生士」と呼ばれる。

医療の世界で向上心なきものは、去れ!と言いたい。

なぜなら、医療は日進月歩で、常に進化しているから。

それについて行こうとしないものは、医療従事者である格はない。

例えついていくのが、難しくても、ついて行こうとする気持ちが大切。

私だって、新しいことに挑戦し続けるのは、しんどいし、自信ない。でも、患者さんのためと思って、努力しようと思っているのに。

もうね、がっかりというか、信じられないというか・・・

相手にしたくない、歯科衛生士。

いつも私は周りの人に言っている。「歯科衛生士、嫌いなんだよね。」

愚痴ばっかり、言い訳ばっかり。

はっきり言ってしゃべりたくない。

まあ、こういう発言をすると、とかく言われるのが、「偉そうに。何様のつもり?」

ますます相手にしたくない。

私はただ、私がすごいとか、そういうことじゃなくて、患者さんのために努力しない歯科衛生士が許せないだけ。

そのくせ、言うことは一著前に、「患者さんのためにやってます。」

ふざけんなっ!っつーの。

だって、うちの患者さんを見ればわかる。

他の医院で歯石もとったことあるし、歯磨き指導も受けてるし、定期的に歯科衛生士にメインテナンスしてもらっている人はたくさんいるけど、全然口腔内、よくなってないじゃん!

無責任なんだよ、歯科衛生士!

そういう衛生士を一時でも信じて、通っていた患者さんの貴重な時間を返せっ!

歯科衛生士は、患者さんの一生を左右する存在です。

よい歯科衛生士に出会えば、出会ったその日から歯の寿命は延びる。

確実に5年、10年の差はあります

院長には、相手にするなと言われます・・・下を見るなって・・・

でも、同じ歯科衛生士として頑張ってもらいたいじゃないですか、もっと日本中の患者さんのお口お健康を守ってもらいたいじゃないですか・・・

つい、だめと思っていても期待してしまう自分がいます。。。(笑)

さて。ま、いっか。切り替え、切り替え。

気分を切り替え、相手にしないことにします

さて、明日からまた頑張るぞー♪






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ