naomiブログをご覧の皆様、こんばんは〜naomiです

皆様、ご存じですか?

naomi医院のスーパーアシスタントsachiちゃんは大の映画好き映画のお話になると目が輝いています.。゚+.(・∀・)゚+.゚

そんなsachiちゃんの影響?(笑)naomiも映画を見ました。

感染列島なんだ結局仕事につながるのね^^;って感じだけど・・・

先日、新型インフルエンザセミナーに行ったこともあって、タイムリーに見たいなぁと思っていたところ。

naomiは映画評論家じゃないので、映画の出来のことはよくわからないけど、naomiは気に入りました(*・ω・)ノ

映画ってそれぞれの人がそれぞれに感想を持っていいと思います。

良かったところは、頭で描いていたパンデミック(世界的な感染症の大流行)のイメージが、映像で見るとよりリアルに想像できたところ。

先日のセミナーでスペイン風邪の大流行の写真が出ていました。部屋にベッドが所狭しと並べられている写真。同じ光景が映画の中で再現されていました。

パンデミッックと社会と、人々の思い。

歯科医師、歯科衛生士は今や医療人ではないかのような扱いを受けていますが、naomiは歯科衛生士だって医療職だと思っています。

皆さんにぜひ感じてもらいたいのは、医療職の人たちがどんな思いで命と向き合っているか。それを見てもらいたいと思いました。

以前秋葉原の殺傷事件が起きたときブログにトリアージのことを書きました。患者様の状態に合わせて、救助の優先順位を決めて助けていく・・・

この時トリアージが適正だったか議論が起こりました。

でも悪いのはトリアージで患者様に優先順位をつけた救急隊員じゃなくて、人を殺した犯人です。

この映画を見れば、トリアージをどういう思いで医療職の人たちがしているかご理解いただけると思います。

壇れいが呼吸器をはずすところ、国仲涼子の発した言葉。ぜひ皆様に見ていただきたいところです。(詳しくはは秘密どうぞ映画をごらんくださいませね♪)

涙腺の弱いnaomiは、何度も涙がでちゃった^^;まあ内容的にはちょっとやりすぎな部分もありますが一度は見てもらいたい映画です。

これを見たらインフルエンザの予防に予防注射をしてもらえるかもしれないし、手洗いうがいに気をつけてもらえるかもしれないし(爆)

それにしても・・・大切な人を失うのはつらいことです。

毎日家族や友達、患者様・・・大切な人たちと過ごせる今日の日に感謝、感謝

今日も笑顔と感謝を忘れずに


院長もパワーUPDr.IritaniOfficeはこちら☆

KoiちゃんのAkoブログはこちら☆

naomiお勉強ブログはこちら

アシスタントSachiちゃんブログ