顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:感染

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは micro sailingR歯科衛生士naomiです 

****************************************

昨日は久しぶりに歯周病のセミナーに参加してきました。

といっても、歯周再生療法の話でしたので、歯石の除去やルートプレーニングの話ではありません。
歯周組織再生誘導材料や骨補填材を用いた再生療法の今です

歯科医師とともに目指す歯周病のゴールは歯周病で喪失してしまった骨の再生です。 

歯肉模型


↑こんな感じで歯科医師は模型実習もありました。

さて、実際には私たち歯科衛生士は歯周再生療法はできないので、その前の初期治療でどのような歯肉を作り上げて行くかが重要です。

講師の先生の医院では、最初の診断で再生療法をすると決まれば、ポケット底部までの歯石は完全に取らず、 歯周組織再生誘導材料を入れるスペースを残すそうです。

初期治療=何がなんでも歯石を除去する では無いわけです。
先日、 歯科衛生プランのセミナーにも参加しましたが、やはり最初に歯科医師の治療方針を良く理解しておく事が前提として大切です。
歯科医師の治療方針に沿って、歯科衛生士としての役割をこなす事、それがとても大切な事です。

当医院では歯周再生療法のケースは少ないので、私がガッツリ歯石を除去してます

それはそれで、私は責任重大ですよね〜 私の後に歯科医師が歯周再生療法のために歯肉を開いてくれるのならば、歯石を除去するのは適当で良いんですもの。

確かに再生療法のメカニズムも大切なんですけど、私、歯科衛生士の役割で最も需要なのが、炎症のコントロール。

なので最近は再度、炎症について復習しています。

復習になりますが、

炎症や免疫反応はストレスから体を守るための重要な生体防御反応です。

そして炎症の経過は5徴候というのがあり

発赤腫脹(局所)発熱疼痛機能障害 と経過します。

歯周病の時に私たちが一番遭遇するのが、発赤と腫脹です。

良く、患者さんに

歯肉を見てもらってここ歯茎が赤く腫れてますね。ここが歯肉炎です。なんて説明したりします。

これ歯科衛生士さんに質問すると面白いんですよ。歯科衛生士、良く勉強してますからね

歯周病になるとなんで歯肉が赤いの?って質問すると
炎症が起きているからです。

炎症があるとなんで赤いの?
炎症の5徴候に、発赤...があるからです。

炎症って何?
発赤、腫脹、疼痛、発熱、機能障害です

堂々巡りなんです

炎症について復習して見ましょう

炎症は原則的に
後毛細管細静脈(静脈性毛細血管が集合した後)で起こります。
秒単位の反応:感染や外傷が起きた組織では、血管から漏出した血漿成分(凝固因子、キニノーゲン、補体など)が発赤・腫脹、発熱、疼痛などの即時反応を引き起こします。
ブラジキニン(キニノーゲンの分解により生成される)は発赤や腫脹の原因となる血管拡張血管透過性を亢進する主要な因子。強力な疼痛因子。

分単位の反応:
血小板活性化因子、ロイコトリエンなどの脂質因子ヒスタミンセロトニンニューロペプチドなどが関与更に血管拡張血管透過性を亢進

時間単位の反応:
サイトカインケモカインなどタンパク質性生理活性物質など。
好中球の組織浸潤が起こった後、数日単位の慢性反応期に移行するとともにマクロファージリンパ球浸潤が主。


今日は図左の血管図だけを見て下さい。

好中球の働き:
炎症が起きるといつもは血管内を泳いでいる好中球のL-セレクチンが血管内皮細胞のシアロムチンと弱く結合して内皮細胞を転がるようなローリングと呼ばれる現象が起きます。→リンパ球の流速減速

内皮細胞に提示されたケモカインとローリング細胞上に発現したケモカイン受容体が結合するとローリング細胞上のインテグリンが活性化されて内皮細胞上と強固な接着を引き起こし、最終的に血管外へ遊走し組織内へ移入する。

好中球ローリング
参考文献:
“ホーミングレセプター”L-セレクチンが認識する細胞表面硫酸化糖鎖 内村健治
〔生化学 第85巻 第4号,pp. 244-252,2013〕



血流が増加→血漿成分の滲出と組織内物質の除去が活性化する。

血流速度低下→血管内をパトロールしている白血球の組織浸潤が促進される

つまり簡単にまとめますと。
血管は心臓からの血液を体全体に行き渡らせるためのバイパス。
水や栄養など様々な物を運ぶ道路です。

歯周病(炎症)では細菌の駆除や組織の損傷部位の修復をしなければなりません。炎症を早く抑えるために血管を膨らませて(血管拡張・腫脹)血液の量を増やします。
血液量が増えるため赤く見えます(発赤)。
またブラジキニンなどの産生によって痛みを伴う(疼痛)場合もあります。

細胞と細胞の間に隙間を作り(血管透過性の亢進)炎症を抑えるための血液成分(血漿成分)を漏れ出させます。

血管が膨らむことにより、血液の流れの速度が遅くなり、炎症を抑えるための物質(好中球他)が留まりやすくなり組織の中に入りやすくなる。

と言ったところでしょうかご理解いただけましたか?簡単に伝えるのって難しいー

私たち歯科衛生士にとってはこの炎症のコントロールが非常に重要になってきます。

そしてこの免疫反応というのは体の中で起こる事ですから炎症は局所でも炎症に対する免疫反応は全身的という事です。
続いて、創傷治癒の理解も大切なのですが...

少しづつまとめて行きたいと思います
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは micro sailingR歯科衛生士naomiです 

****************************************

先週の土曜日、Dr. Ulrich Kaiser (ウルリッヒ・カイザー )博士による
スキルアップ・洗浄滅菌技術特講に参加してきました。

Dr. Ulrich Kaiser (ウルリッヒ・カイザー )博士はDIN、EN、およびISOのワーキンググループ(バリデーション、滅菌、滅菌モニタリングのための生物学的・化学的インジケータ)のメンバーです。

 Dr. Yorichika Kaiser

なんと今回お昼にDr. Ulrich Kaiser 博士と一緒にLunchを頂くという企画がありまして、恐れ多かったのですがせっかくなのでご一緒させて頂く事にしました。そして意を決して1番のりで質問させて頂きました
 Dr. Yorichika Kaiser meeting

質問は
歯科用ハンドピースは(潤滑剤は)綺麗に洗浄できるのかという質問です。
Dr. Ulrich Kaiser 博士の答えはWDにコネクターが、中に水が通るようになっているのがある、フィルターがついていて、それと洗浄剤を使えば洗えるという事でした。ただし洗浄した後に潤滑剤はしなければならない。注油しないと機械が故障するからとのこと。

そこでダックって知ってますかと言われました。

ダック...最初は知りませんって答えたのですがお話してるうちに思い出してきました
第13回首都圏滅菌管理研究会で発表したのですが、デンツプライシロナ社のDACユニバーサルのことではなかろうか
洗浄・滅菌の質問1

唯一質問したメーカーの中で洗浄、滅菌の検証がなされていたのがデンツプライシロナのDACユニバーサル。
DAC1

DAC2

Dr. Ulrich Kaiser 博士曰くDACなら洗浄して潤滑剤も注油できて滅菌もできるとの事。
ただし、DACユニバーサルは、滅菌バックに入っていないので無菌性は保たれない。
でも、歯科用ハンドピースは歯科医師が手で持つし(通常歯科診療には未滅菌の検査用グローブを使う)無菌性を保っていても...(意味がない)

との事で、

歯科用ハンドピースは洗浄滅菌だけの問題ではなく、ユニットからの水や空気の問題がある、ヘパフィルターをつける、水や空気は滅菌できない、トータルで(感染制御を)考えなければならない。サックバックの問題もある。

ある研究をした事がある。綺麗に洗浄・滅菌した歯科用ハンドピースを赤い洗浄液の中で回し、きちんと洗浄・滅菌したハンドピースと取り替えて噴射すると赤い水が出る。

いくら歯科用ハンドピースを綺麗に洗浄・滅菌しても、歯科ではデンタルチェアの問題がある。歯科医療従事者向けには洗浄滅菌だけでなくて特別なコースで教育を行っている。1人1つ歯科用ハンドピースを分解する。とのこと。

それから、ワクチンの話もしていました。歯科の感染では飛沫感染、エアロゾルがあるから。歯科医療従事者はB型肝炎のワクチンを必ずしている。

ワクチンをしていなかった時は歯科医師の7割が肝炎だった( ;´Д`)とか。

つまり、私たちがいつも思っている事と同じをDr. Ulrich Kaiser 博士はお答え下さいました洗浄・滅菌を確実にする事が大切だけれどその目的は感染制御。大きな視点で考える事が必要です。

感染制御の全体像

ちなみに、サックバックの問題については、以前にもご紹介したと思いますが(詳しくは歯科用ハンドピースシリーズをご覧下さい 第1回)、現在はユニット(デンタルチェア)にも歯科用ハンドピースにもサックバック防止機構がつけられていて対策が取られています。

サックバックが問題だと今頃行っている方々は情報をアップデートする必要があります。不必要に不安を仰ぐのは誰のためにもなりません。

そしてたとえサックバック防止機構の働きが不十分でサックバックしたとしても、歯科用ハンドピースの使い回しが原因で感染したという事例は確認できていません(こちらも先ほどの歯科用ハンドピースシリーズをご覧下さい 第8回

サックバック防止機構の有無で洗浄・滅菌方法に違いはあるか?という質問に対して、デンツプライシロナ社の回答では、サックバック防止機構があっても多少の汚染物の吸引の可能性があります。DACユニバーサルによる洗浄・注油・滅菌を推奨します。としています。

洗浄・滅菌 質問2


医療器具の再生処理の話になると、どうしても完全な洗浄、完全な滅菌の話となります。
それはもちろん、洗浄・滅菌を追求するならば当然の事です。

しかしながら、医療技術の進歩は医療機器の進歩でもあります。そしてその複雑さゆえに洗浄が困難なものも増えてきました。しかしその一方で複雑な医療機器が開発されたからこそ治療法が新しくなり患者が救われてきたというのも歴史的事実であります

歯科用ハンドピースがない時代においては、ダイヤモンドよりも硬い歯を削る事は出来ず、虫歯になった歯は抜くしかなかった...しかし、歯科用ハンドピースが開発された事で、虫歯の部分だけを削って詰める事ができるようになり、歯は抜かなくて済むようになった。。。

そして、その行為が感染するという事なら問題がありますが、歯科においては歯科機材の使い回しによって感染した事例は確認できていません。

感染した事例がないのに、洗浄滅菌が確実にできないから器具は使わずに虫歯になったら抜歯する。。。これはどう考えれば良いのでしょうか?患者さんの利益になるのはどちらなのでしょうか?

感染制御の観点から大きな視野を持って歯科医療機器の再生処理を論じて頂きたいものです。

さてもうすこし書きたい事があるのですが、長くなりましたので今日はこのへんで

おやすみなさい
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

****************************************

今日は台風が過ぎて久しぶりに良い天気ですね

さて、歯科衛生士の皆様、もうお申し込みはおすみでしょうか?
11月11日の日曜日に1年ぶりにセミナーを開催します。
先日、やっと論文の宿題が終わって、次はこのセミナーと、その前日にもう1つお仕事があります。
昨日から本格的にスライドを作っているのですが。。。

何を話そうかなーとずっと考えていて、でもなかなかスライドの神様が降りて来なくて
で、考えているのが、受講生のために、明日からすぐに実用できる技術。

今回は、私が担当するのは、メインが感染管理と口腔機能低下症の辺りがメインなのですが...
思い切って、実習を入れてみようかと考えています。フレイルとか口腔機能低下症とか、話は聞いた事があっても、実際に診療を始めないと実践する機会がない。

でも、診療を始めようかと思っている人には、実践したことがないと敷居が高い。
だから、実践的に、評価をやってみようかと(あ、実際の患者さんとかではなくて全て体験して頂くとか)。

私しかできない、受講生にとっての徳になること...と考えて、顕微鏡でみるペリオの世界を紹介しようかなと思っています。と言っても、歯科衛生士が歯科用顕微鏡を使用するのはまだまだ少ない。

だから、顕微鏡の世界で見えた事を知識として生かし、肉眼で治療する際の精度を上げる

今回まだ受講生が少ないのですが、少ないから実習もできるし、私の持っているいろんな事が伝わるかなと思っています。


スクリーンショット 2018-07-08 21.39.42

2018年11月11日 歯科衛生士勉強会en-rondセミナーチラシPDF
*ご興味のある方にぜひご紹介頂けるとうれしいです

平成28年11月11日の日曜日東京ガーデンパレス(東京都文京区)にて1年ぶりにセミナーを開催します 

今回はあなたがかわれば患者さんもかわる魔法のセミナープログラムと称しまして、第一部は私、naomiが今求められる歯科衛生士像として、今話題の歯科医院における感染制御から、口腔機能低下症まで、歯科衛生士の旬な話をいたします。

第二部は、Rei歯科衛生士が、患者さんがかわる治療成功の秘訣を話します。こちらは参加された事がある方はご存知かと思いますが、ビシビシ厳しい愛の言葉が飛び交う実習付きのセミナーです。

私が前半で話をするのは久しぶりなので、今から私がドキドキです

お申込みはPDFを印刷して頂いてFAXか、もしくは下のこくちーずからお申込み頂けます。
こくちーず 歯科衛生士勉強会en-rond 2018年11月11日セミナー

定員10名となっております。まだ少し先のセミナーですがチラシが完成しましたので、皆様にいち早くお知らせいたします

また前日の11月10日に、第15回の首都圏滅菌管理研究会が開催されます。 
こちらの研究会のシンポジウムでも講演させて頂きます。
第15回滅菌管理研究会チラシ

滅菌管理研究会の研究会は、滅菌技師の方や滅菌技士に興味のある方におすすめです。
こちらはどちらかというと概論の話です。実践的な話は11日の丸々1日セミナーにお越しください。

それでは皆様とお会いできるのを楽しみにしております


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

****************************************

久しぶりのブログになりました。
最近は「講習会に参加しましたー」だけのなんだか自慢ブログになっちゃってました

本当、ここ数年忙しさが倍増してまして、なかなかブログをゆっくり書く時間がなくて

一昨年、日本歯科大学多摩クリニックに摂食嚥下を学びに1年間通学し、診療と3日と学校3日の過酷な1年間を過ごし、学校を卒業した直後から、有難い事に講演の依頼を頂く機会が増えまして、昨年は年間4講演をこなし(講演がお仕事の方にとっては年間4本なんて大したことないと思いますが)昨年末で一通り終了。

またまた有難い事に、今年の5月に講演の機会を頂き、こちらはなんと教育講演今年は年間1本で終了だ〜と思っておりましたら、その後にある季刊誌に投稿の依頼を頂き、なんとまた、今年の11月に講演の機会を頂きました。。。

本当に有難い事なのですが、今年は外部からの依頼は5月で終わりだとおもっていたので、自分達で企画しているセミナーをやっと再開できると思って企画していたので、11月に、しかも連日講演になってしまったのは痛いです。。。

トホホ・・・

さて、とりあえずは、私たち歯科衛生士勉強会en-rond(アンドンロ〜輪になってという意味のフランス語〜)のセミナーのご案内をまずはこちらでさせて頂きたいと思います

スクリーンショット 2018-07-08 21.39.42

2018年11月11日 歯科衛生士勉強会en-rondセミナーチラシPDF
*ご興味のある方にぜひご紹介頂けるとうれしいです

平成28年11月11日の日曜日東京ガーデンパレス(東京都文京区)にて1年ぶりにセミナーを開催します 

今回はあなたがかわれば患者さんもかわる魔法のセミナープログラムと称しまして、第一部は私、naomiが今求められる歯科衛生士像として、今話題の歯科医院における感染制御から、口腔機能低下症まで、歯科衛生士の旬な話をいたします。

第二部は、Rei歯科衛生士が、患者さんがかわる治療成功の秘訣を話します。こちらは参加された事がある方はご存知かと思いますが、ビシビシ厳しい愛の言葉が飛び交う実習付きのセミナーです。

私が前半で話をするのは久しぶりなので、今から私がドキドキです

お申込みはPDFを印刷して頂いてFAXか、もしくは下のこくちーずからお申込み頂けます。
こくちーず 歯科衛生士勉強会en-rond 2018年11月11日セミナー

定員10名となっております。まだ少し先のセミナーですがチラシが完成しましたので、皆様にいち早くお知らせいたします

また前日の11月10日に、第15回の首都圏滅菌管理研究会が開催されます。 
まだオフレコですが、こちらの研究会のシンポジウムで講演させて頂く予定です。

まだ予定ですので、詳細が研究会ホームページに掲載されましたら正式にお知らせしたいと思います。

地方からお越しの方は、ぜひ、両日ご参加頂ければと思います 

。。。にしても。。。。連日重ならなくても。。。ねぇ。。。

いやいや、頼られているうちが花頑張ります 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは!naomiです

昨日、時間があったのでお掃除機をいつもより念入りにかけました。

よくよく見ると・・・naomi医院のお掃除機には、「ハウスダストセンサー」なるものが^^

お掃除機をかけて、多分ほこりとか・・・ゴミがあるとセンサーが光るのですいつもは、そんなのゆっくり見ている暇がなくって、次々お掃除して行くのだけれど、一度気になると、センサーが光らなくなるまでかけたくなっちゃって・・・

ご存知の通り、naomi医院は絨毯ですので、光る、光る何回往復させても光るのなかなか性能がいいわね〜^^なんて感心している場合じゃなくって、気になり過ぎて掃除がなかなか終れない!!!

掃除機をかけながら・・・

やっぱり掃除をきちんとすると、時間がかかるわよねー清潔とか感染予防とか言うけど・・・このチリとかホコリがある状態で、滅菌、消毒とか論じてても意味ないよなぁ・・・

だいたい、私が見る限り・・・

歯科医院ってすごく汚い(病院も汚いけど)・・・

私がいつも気になるのは、印象材といって、型をとる材料なのだけれど、それが固まって乾燥したものが、必ず座るチェアの背もたれの継ぎ目に詰まってる!!

ここが綺麗な医院って、まず無い・・・でも、毎日椅子は拭いているんですよ^^;なんかおかしいですよねーーー

そんな掃除の仕方しかしていないのに、消毒、滅菌について専門職ぶって論じてる、歯科医療従事者っておかしいよなぁ・・・と思ってしまいました

まじめにセンサー見ながら掃除機かけてたら30分かかった!

更に、その後、消毒室の床を雑巾がけ。もちろん、モップとかじゃなくって、手拭です、手拭モップもありますが、モップってしょせんモップ。きちんとやりたい時はなんでも雑巾と手に限ります!

我ながら、古い人間なのです・・・え?あ・・・もうおばさんですからね^^;

いろんな便利なお掃除道具が出ているけれど、naomiはやっぱり雑巾がけが基本だと思っています。

うふふっ綺麗

でも・・・一日たったら、またこの繰り返しなのよね・・・

医院を綺麗にするには気力と体力がいりますわ^^;


医院の清潔の基本はお掃除です!掃除してから感染を語りませう♪

http://www.k3.dion.ne.jp/~iritani/

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ