顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:心

naomiブログをご覧の皆様、おはようございます。naomiです

今日は成人の日。naomiにもそんな日があったなぁ・・・と振り返りつつ、今日成人式を迎える方々にお祝の言葉を送りたいと思います。

この連休、ブログをご覧の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

昨日、たまたま深夜にテレビを見ていたら、NHKの課外授業 ようこそ先輩 という番組の再放送をしていました。

音楽家の長淵つよしさんが、鹿児島の母校で、生徒達に作詞の授業をして最後に曲を完成させるという番組でした。

生徒達と桜島に散歩に行ったり、男子生徒と銭湯に行ったり、そんな中で生徒達の本当の気持ちを引き出し、生徒達の心からの言葉で卒業の歌を作るという内容でした。

とても印象的がったのが、長淵さんが、秋葉原の殺傷事件を引き合いに出して、なぜ1人でもかけよって、犯人を止めようとしなかったのか俺は腹が立ったというくだり。

生徒達とこの事件をディスカッションします。

怯えてうづくまって犯人を見ているだけの人、遠巻きに見ている人、なぜ駆け寄って助けようとしないのか・・・

大人になってなくなるのは“感じる”ということ。社会に出るとすぐになくなるものは“感じること”すぐ麻痺するんだと熱く語っていらっしゃいました。

感じなくなったら、人間は終わり。生きる屍だと・・・

“感じる”

希望や夢もそうだけど、大人になっても感じ続けることって、難しい。

実は社会は“感じる”ことは必要としてなくって、いろんなことを感じていると、疲れてしまって社会に適応できない。

感じすぎることは現代社会では生きづらいことだなぁ・・・といつも思う。

見て見ぬふり、無関心、どうでもいいとか、どうせ自分には関係ないとか・・・

世の中そんなのがたくさんあって、感じて熱くなっている自分が馬鹿みたいに思える時がたくさんあるけど、長淵さんのこの番組を見て、やっぱり感じることは大切だよなって自分を勇気づけてしまいました^^

実はお正月にはまっていたアニメは“MAJOR”という野球の番組。

プロ野球選手の父を持つ少年・吾郎が、自分も野球を心ざし、メジャーリーグを目指す物語です。

この吾郎がいつも熱いのです。

いつも夢を追っていて、一瞬、一瞬を全力投球で生きていて・・・

アニメごときに・・・と言われればそれまでなんだけど、でも人の心を動かすのは、やっぱり熱き人の心なんだと思います。

長くなりました。

今年もまた、熱く生きようと思うnaomiでした。

まあ、回りは迷惑かもしれないけど(爆)


院長もパワーUPDr.IritaniOfficeはこちら☆

フッ素セミナーに一緒に参加KoiちゃんのAkoブログはこちら☆

naomiお勉強ブログはこちら

アシスタントSachiちゃんブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんにちは☆naomiです

人と言うのは日々成長ですね・・・

人間生きているということは日々心の成長。

どんなに悲しいことがあっても、どんなにつらいことがあっても、人を憎んでも、いつかそれが浄化される時が来る。

それはその時はわからない・・・

後から振り返れば懐かしい思い出。

人を許すということは大変なこと。

人を許し、安らかなる人生を送るか・・・はたまた憎み続けて自らの心の葛藤の中に生き続けるか・・・それはその人のみぞ知る結末。

許せる自分になることは、許す自分を認めるということ。

先日、naomiの大好きだったお店が閉店しました・・・

人生いろいろあります。

マスターにはまだ小さいお嬢さんがいます。お子さんが生まれたとき、彼は人生の最高の喜びだと言いました。

そんな人生の最高の時からたった2年・・・彼はサラリーマンに転職します。

生きるためには仕方ない・・・

人生には頂点も、最下点もある。。。頂点がいつなのかそれはわからない。そしてそれが頂点だということに後から気が付くこともあります。

人生いろいろあります(。・ω・)ノ゙

つれづれなるままに・・・

余計な話をしました

明日から新しく衛生士さんが来ます☆また新しい出会いです(・◇・)

naomiお勉強ブログをUPしました


今日もパワーアップ♪Dr.IritaniOfficeはこちら☆

スウェーデン視察をUP☆naomiお勉強ブログはこちら

アシスタントさっちゃんのSachiブログはこちら☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ナオミブログをご覧の皆様、こんばんは!ナオミです

4月からようやくDr.Iritani'sOfficeは始動しはじめました。本当は3月の末には開院している予定でしたが、結局、本当に診療できるようになったのは、今週に入ってから

時間が大幅にかかってしまい、丸の内デンタルオフィスの患者様には本当にご迷惑をおかけしております・・・

昨日、ナオミは丸の内の患者様にお電話をしました

実は、まだ、Dr.Iritani'sOfficeから、患者様に開院のお知らせをしていません^^さすがに3ヶ月も待たされれば、どうなってるんだ!とご立腹されるもの当然です。

昨日お電話した患者様にも「遅いわよ〜」とお叱りのお言葉を頂きました・・・

だから言ったのに〜とナオミは言いたい!^^忙しいのはわかるけど、患者様のお心をないがしろにしているとナオミは思います・・・(ここだけの発言先生にはナイショね^^;)

でも・・・

会社と違って、診療しながら、すべてのことを先生がやっているのですから、先生の大変さもちょっぴりわかるかな・・・^^いやいや、でも、人の心を大切にしない、先生が悪い!

新規開業は本当に大変です。歯科医院は材料がとても多いために、その整理だけでも数日かかりますし、こだわればこだわるほど、すぐに診療はじめ!という風には行きません。

ナオミはここで2件目の新規医院勤務ですから、その大変さは身にしみていますが、それでもやっぱり物理的な時間が足りません。

昨日は問診表を作成し(丸の内のカルテは丸の内のカルテですから^^;)何十枚か印刷したところで、誤字脱字を発見やり直し^^;

カレンダーも、やっぱりデザインのよいものを用意したい!カレンダー作製、午前様・・・

お手紙ももちろん、手作りします。

ひとつひとつを大切にすると、本当に時間がかかります。何しろ、スタッフは今までと同じ3人しかいませんから・・・しかも、ナオミは半病人で、あまりお役には立てないし・・・

今日、銀行で両替をしました。患者様のお釣りの用意です。待っている間に雑誌を見ていました。東京にオープンするリッツカールトンホテルの経営者の方の対談でした。

そこには、“宝石のような箱はできた、あとは人が魂を吹き込むのだ”と

Dr.Iritani'sOfficeも先生のこだわりの建物ができました。でも・・・宝の箱も、使ってこそ価値があるのです。箱だけあっても意味がないのです。

これから、魂を吹き込むのは私達頑張らなくっちゃ

私は人の心を大切にした、心あたたまる命を吹き込みたい!そう思います。

ナオミはサービスについてよく考えます。○○ホテルの××のサービスに感激した!ってよく言いますけど・・・

それって、宣伝では?

真のサービスとは、お客様に分かられてはいけないと思うのです。さりげなく、気がつかないうちに、用意されているとか、気がつかないうちに誘導されてるとか・・・気がつくようなサービスはポーズでしかありません。

気がつかないけど、なんか、ここ、心地いいそれが本当のサービスです。

1人1人を大切にできる医院で働けて、ナオミは幸せです

一期一会。患者様との出会いも、今日が最後と思って、最高のサービスを提供したい!やります^^

気だけで追いつかない部分もありますが、どうぞ、ぜひナオミの吹き込む命の息吹を感じてくださいぜひ、ナオミ医院へ足をお運びください☆


おもてなしの歯科医院はこちら☆

http://www.k3.dion.ne.jp/~iritani/

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ナオミブログをご覧の皆様、こんばんは!ナオミです

もうすぐ春です

私は医療人です。きっと、一生。

実は私は歯科衛生士が嫌いです。ですが25歳の時、この“歯科衛生士”という仕事を、自分の一生の仕事にしようと決めました

好きとか嫌いじゃなくて、自分の一生の仕事に決めたのです。

学生の頃からこの仕事が合わなくて、次は辞めよう、次は辞めようと思っていたのに、また歯科衛生士、また歯科衛生士を繰り返し、飽きっぽい性格のくせに、この仕事だけはこんなに長く続いてきました。

新卒より、この年まで一度も人生がぶれずに、歯科衛生士一直線で来ているのがとても不思議です^^

そして、今、休職中なのですが・・・

先日、病院通いをしている中で、私の医療人としての心がワンランクUPしました。進化したのです。

突然の話ですが、医療にサービス業の側面があることは、20代前半から知っていました。私が2件目に働いていた医院は、サービス業そのものだったからです。

患者様に1人のスタッフ。待っている間はお話をする。まるでホステスな仕事。

最初はサービス業の側面に違和感をすごく感じました。だって、医療はサービスとは違う、医療だもの。

でも、患者様達は歯科でサービスされることを好んでいるようでしたし、それがよい医院だと思っているようでした。

私の言う歯科のサービスは何かって?

それは、つまり、“お客様”扱いをすることです

挨拶したり、丁寧に接したり・・・一般的なお客様マニュアルに沿って対応することです。

それをサービスと呼ぶわけですが・・・

私は心のどこかで違和感を感じていました。

だって医療は医療だもん

でも、先日、その答えはでました。

私はサービスだからって患者様に優しく接したり、丁寧にしたりしたことはありません。したいからする。気持ち優先。結果の接する態度は同じでも、そこにはハートがあります。

でも・・・

私が今までサービスだと思っていたものが、本当は医療の一部だったのだということに、今頃気がついたのです

本当に今頃で、われながら自分のおろかさに腹が立つのですが

そう、つまり心の部分なのです。

患者様に丁寧に察したり、話を聞いたり、声をかけたり・・・これって、接客のサービスじゃなくて、ケアの一部なんです心のケアの部分。

病院に足を踏み入れたときから、私達は患者様のケアをしなければならないのです。それが真の医療者であり、ケアのプロなのです。

日本では体のケアはしてもらえるけど、心のケアはしてもらえない。。。

心の痛みが体に及ぼす影響を日本のお医者さんはわかっていません。

体の痛みばかりを直したがるばかりに、心がおざなりになり、患者様の心は傷ついています。それは本当の医療の姿ではない。

医療とは人を見るものであって、病気をみるものじゃないと思うから

さて、今感じているケアへの思いを、今度は形にする番です。

どんな形にするのか?うふふお楽しみですね☆^^

少しづつですが、仕事復帰します無理はできませんが、ぜひ、ナオミのケアを受けにDr.Iritani’sOfficeへ足を運んでくださいませ

しばらくは、スタッフの関係もあり、Dr.Iritaniの予約のみ承るようですが^^;


Dr.Iritani が開業しました☆詳しくはこちらへ

http://www.k3.dion.ne.jp/~iritani/

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ