東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科診療 リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:師

☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【医療安全・感染制御・滅菌管理】 
〜〜医療安全〜〜 
医療の質は安全に比例いたします。
東京医療安全・感染制御研究会はこちら
http://www.iryou-anzen.jp/

〜〜滅菌保証〜〜

バリデーションと物理的・化学的・生物学的インジケータで大病院レベルの滅菌管理を歯科医院レベルにも。国内初のオフィス滅菌保証を全公開です。
東京医療安全・感染制御研究会 ~ 滅菌管理部
http://sterilization.hatenadiary.jp


歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

皆様、こんにちは。naomiですお盆休みは皆様いかがお過ごしでしたでか?
私も夏休みが今日で終了。明日からまた学生に戻ります。

宣伝になりますが、来る10月16日(日)にセミナーを行ないます。
第4回歯科衛生士en-rond IOH研究会セミナーの申し込みページ

歯科衛生士のセミナーというととかくスケーリング(歯石除去)やモチベーションのセミナーが多いのでですが、その前の段階、歯科衛生士診断のセミナーはほとんどありません。私の考え方としては、確実な診断(厳密には歯科衛生士は診断できませんが、歯科衛生士が処置を進める上での診断の意味です)なくして患者様を導く事はできないというのがポリシーです

歯科衛生士の診断って何?と思う方は、ぜひ次回のセミナーにご参加下さい。目からウロコのセミナーです。定員10名すでにお申し込み頂いている方いらっしゃいますのでご興味ある方はお早めに

さて、この2週間、大学の夏休みのため、メンターのお仕事(naomiのメンターぶりは歯科衛生士YUさんのブログへ)、そして久しぶりに新規の患者様を担当しました。

ここ最近はnaomiは新規の患者様は担当していないのですが、この夏休みは枠が空いたので数名担当させて頂きましたかなり重度な歯周病の方が多く、どうかと思いましたが、初回のモチベーションは成功したようでなんとか通って頂けそうです。

私達がいくら患者様のお口を綺麗にしたくても、患者様が綺麗になるまで来院してくださらなければ私の仕事はありません。そして、患者様がお手入れをしてくださるなど、協力なくして綺麗な口腔内は作れないのです。患者様と歯科衛生士は二人三脚

 いつも私が歯科衛生士を教育する時に言うこと。

新人の時は誰でも、患者さんを担当するプレッシャーと自分の自信のなさで、緊張する、患者さんを担当したくない、嫌だな...と言います。

私からしてみたら、「なんじゃそりゃ」です。

「あなた達は緊張するとか、嫌だとか自分本位の発言をするけれど、患者さんがいるからあなた達に歯科衛生士としてのお仕事があるのですよ何が患者さんを担当したくないですか患者さんがいるからあなた達が歯科衛生士でいられるのでしょう自分勝手な事を言う前に患者さんに感謝しなさい」と教えます。

私はいつも言いますね、「師」は選んだ方が良いと。

TBIやスケーリングのテクニックは年数を重ねれば誰でもそれなりに上手くなるのです。

ただ、歯科衛生士として患者様に向き合う姿勢や歯科衛生士として生きる道を教えてくれる歯科衛生士は少ない。歯科衛生士としての心を教えてくれる歯科衛生士を師に持つ事が大切なのです。

それは、歯科衛生士という職業が、人の一生に関わる仕事であり、人の人生を支えるという事は一筋縄ではいかない。人としての器が大きくなければ人を導くなんて事はとうていできないからです。

さて余計な話はさておき...

当院では歯科用顕微鏡を使って歯石の除去を行っており、ブログも書いていますが、はっきり言って顕微鏡がある事は2の次の話しです大切なのはきちんと歯科衛生士としての基本を身につけている事。

20160812SRP1

さて歯科衛生士の皆さん、上の写真を見て、私がどこを見ているのかを当てて下さい。もし私が見ているところがわからない方は、ぜひ次のセミナーに参加して下さい。次回セミナーでは歯肉の診方をレクチャーします

顕微鏡はただの拡大する器具に過ぎません。歯肉の中を想像し(実際には想像ではないのですが)何かあると予感が働き、歯肉を開かなければ歯肉縁下の歯石を確認する事はできません。

そこで必要になるのは、顕微鏡の扱い方ではなく、歯科衛生士としての診断力なのです

20160812SRP2

ここです上の写真から、歯肉の中のこの歯石を想像できましたか?上の写真をただただ拡大したところで何も見えませんね。顕微鏡が有ることを自慢したところで何の意味もないのです顕微鏡は使いこなしてこそです。

20160812SRP3

 出血していて診るのが少々気持ち悪いかもしれませんが、実際の大きさはこんな感じです。かなり大きい歯石です

20160812SRP4

フィニッシュ。きちんとポエット底部を確認します

と、このレベルの処置ができるように、私がメンターとして歯科衛生士を指導しているわけです

歯科衛生士が先輩から直接指導を受けることは、なかなか無いことです。
私もほとんど先輩から指導を受けた事はありません。だからこそ様々にセミナーに行き独学で勉強しました。だからいつも思っていました、教えてくれる人がいたらもっと早くに成長できただろうに...ってね。

だからこうして今、私の身近な歯科衛生士には、自分の技術を惜しみなく教えているるわけなのです自分の技術を出し惜しみしていても、私が幸せにできる患者さんの数は限られていますから。

惜しみなく後輩に技術を伝承するのは、医療従事者として当然の事です。ヒポクラテスの教え。医の倫理です

さて、明日からこんな偉そうな事を言っている私も学生になります。

学びの姿勢を忘れずに。感謝の気持ちを持って明日からまた頑張ります 

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

現在オバ大生の私。学校では生徒、医院では教育者...両極にある立場を数日ごとに行ったり、来たりしています

今日は医院でお仕事でしたので、昨日までは生徒だったけど今日は急に教育者

coachi2
いつも言いますが『師を選ぶ』という事はとても大切です。

師匠と呼べる誰かと出会う事が、何事も上手になる近道。
皆さんは師から学ぶ事は、その優れた知識や技術だと思うかもしれませんが、これもいつも申し上げますが、知識や技術は経験を積めばある程度身につくものです。

師から学ぶべきものは、その『心』です。

医療に対する真摯な態度や、患者さんを思う気持ち。人と向き合う誠実な心。

...あまり言うと墓穴を掘りそうですけど
coachi1
でも、私自身がそう思うからこそ、キャリアを20年積んだ今でも自分を磨き続けなければいけないと思い日々人間性を磨く『努力』をしているわけです。(あくまでも努力ですので

本当はまだまだこんな事言えないんですけどでももう人生が折り返しになってしまいましたので、否応なしに若い世代に少しでも自分の経験を繋がないとと思うのです。

つまりは若い人たちのお陰で私も成長させて頂いているって事ですね

若い人はカラカラのスポンジのように、どんどん水を吸収していきます。この時期に師と呼べる先輩に出会えると人生は変わっていくのだろうなぁといつも思います。だから若い時に受ける教育が大切です。

老婆心ながら申し上げますが、心が素直なうちに師と呼べる先輩との出会いは人生を変えますよ

今日もYuちゃんにスケーリングを見て下さいって言われてチェックしていたのですけど、自画自賛で本当に申し訳ないけど、私が1から教えているので、上達が早いですね〜

彼女は新卒1年目ですけど、間違いなく世の中の1年目とは全く違います。この数ヶ月で大きな差が開きましたね。もう数年経験を積んだ衛生士さんのレベルです。

私が一番驚いています。だって、私なんかが教えた衛生士さんが目を見張るほど上達していくのですもの

教育の大切さをYuちゃんに教えてもらった次第です。有難うございます、Yuちゃん

さて明日はまた生徒です。私もまだまだ先輩から学ぶ事があります。プロフェッショナルな衛生士さんに。明日はご教授いただこうと思います 

さて。明日も早いので。

おやすみなさい 

このページのトップヘ