顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:学生

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

さて今年の診療も今日から始まりましたよ〜今年も張り切って参りましょう

さて私の目標は歯周病撲滅。

でもこれ以外とやっかいです以外に難しいですなぜか?なぜでしょうね〜私にもわかりません。

でも同じようにメインテナンスに来てきても、同じように歯磨きしているようにみえても、出血する人が必ずいる。だからメインテナンスは絶対に必要だと私は思うのだけど。

でも、メインテナンスは必要だと思うけど、でも、歯医者さんにメインテナンス、つまり病気の予防に通うのはめっちゃナンセンスで、病気の予防と思うと息がつまる...

私はメインテナンスという言葉もあまり好きじゃないし、歯のクリーニングという言葉も本当は好きじゃない。歯のエステとか?うーむ

どれもピンとこないんだよね〜

なんか歯のお掃除っていうと、イコール歯石とりみたいなのが嫌い。ダサい。歯のクリーニングは歯石取りじゃない。そう患者を洗脳するから、イメージが悪い。まあなかなか業界人にも理解できないかもしれないけど。

ただただ私は患者様の歯を綺麗に美しく仕上げたいだけで、歯石がとりたいわけでも、plaqueを除去したいわけでもなく、ただただ綺麗にして、そのお口を眺めて、

「うわ〜めっちゃ綺麗になったぁ」って喜びたいだけ。

はい。オタクです

さて。話が脱線したけど、ただただ綺麗にしたいのだけれど、その通過点として歯石の除去もある。

患者様は私の患者さんにしてはめずらしく10代の学生さん。

subvgingival2

7番がまだ萌出中 ですが、大人さながらに縁下歯石
歯周病は40代から始まる大人の病気って思ってるかもしれなけど、実は10代から始まっている。これで歯医者さんにいかずに20代になっていたら...

20歳になるまであと3年?5年?まだまだ時間がある。

考えると恐ろしい。

10代はとても多感な時期で、部活があったり、受験があったり、遊ぶのが忙しかったり。歯の事なんてきっと考えてない。歯の事考えるなら大好きな彼の事を考えたい

でも...そんな10代でも忍び寄る歯周病の足音。

歯周病はサイレントディジーズと言って、沈黙の病気。症状が出た時には、歯槽骨が溶けて歯が揺れる、歯肉が下がってしみる、磨くたびに出血する...

 溶けてしまった骨は残念ながら戻らない。だから骨を溶かさない事が大切。

なのに、なのに、なのにーーーーーー良き歯科衛生士に出会う前にすでに骨が溶けちゃうなんて 

一期一会。歯科衛生士との出会いが大切。

良い歯科衛生士と出会えば、モチベーションを上げてもらえて自らの行動パターンが変化する。これは一生ものの財産。でも下手な歯科衛生士と出会えば、モチベーションを上げるどころか、モチベーションを下げられて歯医者嫌いになり歯科医院から遠ざかる。これは一生の大損害。

歯科衛生士は選ぶべきだ。

最近またヘビーな患者様が増えてきました。やりがいあって、よっしゃーーーーーーっという反面、精神がすり減ってかなりしんどいというのもある。

subgingival

でもさ、これだって縁下と言ってもポケット幅1mmなのさ。若い人の歯肉は組織が柔らかく、傷つきやすい...ポケット幅1mm内部の歯石を除去する手先の動きを想像してみよう。いくら見えるっていってもね、されはそれは繊細な動きなんだよ

あ〜ちょっと充血しすぎだ。でも、そこは若いから、治癒力に期待して歯石除去を優先するわけです。

例えば、縁上だけ除去してブラッシングしてもらって歯肉の炎症を抑えるもよし、歯石を取らずにブラッシングしてもらうもよし、攻略法は様々。そこは歯科衛生士の戦略と力量による。診断力が大切。

さて今週もガンバっぺ今年もあと360日になりました

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

さてさて早いもので、5月から始まった感染制御学の講座もすでに10回のうち半分が終了してしまいました

この講座の半分が終了したのを機会に、受講生でハーフタイム会なる集まりがございまして。
まあ簡単に言えば飲み会ですけど(笑)

いつも医院内だけで仕事をしている歯科衛生士の私にはすっごい刺激的なこの講座。
各講義ともに、日本の感染制御をひっぱってこられた重鎮の先生方のお話が聞けるのもすごくワクワクするのですが、先生方初め自分と全く違う畑の職業の人たちの考え方や価値観に触れられる事がすごく楽しい。

どの先生もその業績もすばらしけど、今となってはそれが全てその人物の歴史。
その生き方がとても輝いて見えます。

常々自分も輝いた人生を送りたいと思っているので、色〜んな意味で刺激的。

人生て何かのスイッチが入ると急にその方向に導かれていく。でもそれが導かれるかと思いきや止まってしまったり、自分でその方向に進もうと思うとエネルギーがなくなってしまったり。自分が意図しない方向に進んでいったり...

年をとったせいか、若い頃は人生は自分で切り開くものと思って走ってきたけれど、ここ最近は自分で進んでいるように見えるけれどそれは神様が作ったシナリオで、そのシナリオに導かれているように思えている。

だから無理はしなくなった。無理しても無理しなくても人は導かれる方向に流れていく。
私は社会人になってからの学生は2度目なんだけど(1度目はヘルパーの養成講座。全日制で6ヶ月毎日通って福祉の事を学ぶ。今回は医科の分野で感染制御学。)社会人になってからの学生って楽しい

1度目のヘルパーの学校で知り合ったMちゃんとは今でも大親友だし、子供の頃からの知り合いとはまた違った良さがある。

「出会いは偶然であり必然」。これは私が30歳の時に書いたエッセイの言葉。どの出会いにも意味があり、その後そのご縁が続かない事にも意味があるけど意味がない。

この世の中の全てが円になって無限に繋がっているという事がなんとなくわかってきた。

ああ、なんだかまとまらない

でも人との刺激によって様々なアイディアが湧いてくる。きっと人って様々にアイディアが浮かぶのだろうけど、それを形にできる人は少数派なのではないかと思う。まあアイディアっていうのは夢でもあるけど。夢を実現するのも同じだと思う。

さて。このアイディアの温度がさめないうちに。洗濯しながら書き留める作業に入るとします

皆さん今週も頑張りましょう

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiです 
連休いかがお過ごしでしたか?naomiの連休は平凡な毎日の延長でした(笑)

前回、衛生士の学生さんが来院した話を書きました

その学生さんが、最後にnaomiに質問したこと。

唾液検査の話をする前に、お口の中を拝見しました

「さっき、口の中を見た時、何を見ていたんですか?」

そう質問されました(*・ω・)

「あまり口、開けてなかったと思うんですけど、何見てたのかな〜と思って。」

なるほど。学生さんらしい質問。

おそらく学生さんからしたら、全部チェックするのだと思っていたのでしょうなぁ。拝見するってことは。細かいところまで。

naomiが、さささっと口もそんなに開けずに見てたから、何を見たのか不思議に思ったんだろうね。

もしかしたら、ヤブ衛生士と思ったかもしれない(爆)

質問されて、はっとしました。

何を見ているか。。。聞かれてすぐに浮かばなかった。無意識やもん

唾液検査の前に拝見する時に見ていることは、全体のリスク。個々の歯の問題はあまり重要視していないな。

全体的なプラークの付着状態、歯肉の状態、治療の状態、エナメル質の状態、咬合、咬耗、摩耗、粘膜、小帯、舌、圧痕、かなぁ。

今説明したようなところをだいたい見ると、将来どうなっていくのか、将来の予想図が見えてくるのです。

もちろん、予想図ですから、その通りになるとは限らないけど、その予想図が浮かばないと、衛生士として話ができない。将来を見通す目がなければ予防はできません。

唾液検査の結果の話は、一般的な歯科知識と結果の話がメインなので、今説明したような視点で見ています。

じゃあ、もっと詳しくは?と言われると、その後のクリーニングの時

一般の人は、歯のクリーニングって、歯石とりだと思っている人がほとんどですけど、私にとってのクリーニングは

“患者さんの歯との対話の時間”

なんです(笑)おたくな発言ですよねでも本当にそうなんです。

歯石や着色もとりますし、歯を綺麗にしますけど、でも、一番時間をかけているのは“視る”なのです。

歯と歯の間の虫歯は、歯と歯の間をピカピカにした状態じゃないと見えません。表面がプラークで曇っていたら見えないのです。

だから、簡単にぱっとみて、個々の歯のリスクなんてわからない。

naomiに限って言えば、「視て」「触れて」初めて患者さんの詳細なリクスがわかるというところでしょうか。

あ〜^^;なんだか説明すればするほど神がかった変は発言しているような気がしてきたぁ(爆)

時々、歯のクリーニングを希望されない方がいます。まあ、だいたいお口の中が綺麗なので、私も無理には勧めないんだけどね^^;

この学生ちゃんにもクリーニングは勧めませんでした。だって衛生士の卵だし、自分で管理できるから。

患者さんもそうだし、歯科関係者の人たちも、先生の治療は希望するけど、衛生士のnaomiのクリーニングは基本的に希望しない。でしょ?(笑)

だって今までに歯石なんか何度もとってるしさぁ、今更お金払ってやりたくないでしょう。他に行けばもっと安くできるんだから。歯石とりなんて。ねっ!^^*

学生さんに言われて、はっとした話でした♪

すみません、あんまり脈絡のない話でしたね。

さてー明日からお仕事だよマイクロ!顕微鏡!☆また頑張るべし(☆゚∀゚) 

************************ 

個室診療☆東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師

顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログはこちら

顕微鏡歯科アシスタントSachiちゃんブログ

顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ