東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科診療 リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:子供

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

***********************

皆様、こんばんは。naomiです最近の私は、曜日の感覚が全くなく...

毎日1日限りに全力投球という感じです
毎日時間が立つのが早い、早い。朝が来るのがめちゃめちゃ早いのです...

先日お伝えしたように、今週から『小児摂食』の部署に配属されて、日々子供の摂食嚥下障害の患者さんを診ています...

お年を召した患者さんと違って、障害を持った子供が多く、職業的観点よりも人間的に切なくなる事が多いです。

ダウン症のお子さんや、心臓に疾患がある患者さん、脳性麻痺や、発達障害の患者さん...

通常だと生後10ヶ月から11ヶ月で離乳が完了し、大人と同じ食事をするようになるわけですが、障害がある子供達は2歳、3歳になっても、6歳、8歳になっても、その成長が追いつかない事があります

でもそれは障害と言えば障害なのかもしれませんが、個性と言えば個性で。障害と決めるから障害なのであって、それは世の中の多数決で決まっているようなもので、個別な対応があっても良いのです...というかあるのが当然なのです

私は歯科衛生士としての臨床経験は長くなりましたが、この分野は専門ではないので、まだまだ勉強不足。まあ学ぶために学校に行っているのですが、現場の先生方との共通言語もままならないほどやりたい事はたくさんあるのに、時間がなくてタイムマネジメントができない自分にイラついています

1日は24時間ですからね

で暇を見つけて勉強している...というより細切れな時間でしか勉強できないのですが、またまた人体の不思議と言いますか、生命体の不思議、奥深さにただただ感心するばかりです。

生命体が生きるためには栄養摂取が必要不可欠ですから。その栄養をとるための生物としての仕組みが、もうお母さんのお腹の中にいる時から準備されているのですね〜生命体というのはすごい

よく妊婦さんのエコーを見ると、赤ちゃんが指しゃぶりしています。

なぜなぜ赤ちゃんが指しゃぶりしているのか不思議に思った事はありませんか

実はこれが人間が生まれてから栄養をとるための準備の始まりなのです。

この先は少々専門的になりますので、久しぶりにnaomiお勉強ブログにちょっとずつアップしていこうと思います

あら、やだブログの更新が昨年の12月で終わってました...

一昨年から学んでいた感染制御分野のネタもありますし、今回の口腔リハビリテーションのネタもあるし、naomiの頭の中はネタの宝庫なんですけどね〜アウトプットする余裕がありません


できる時にできるだけ。キーワードを拾って頂いたり、何か皆様のお役に立つ情報を提供できればいいなと思います。

では続きはまた別便で 

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

当医院では子供の診察は行っていません。(20歳未満の患者様は拝見しておりません)

でも、今日は7歳Hちゃんのメインテナンス。Hちゃんはnaomiの身内なので特別

kodomo2
メインテナンスで一番大切なこと。

それは、完璧にプラークをとることもでも、歯石をとることでもない。ましてや歯をクルクルと磨くことでもないし、超音波でキーンと一筆書きすることでもない。

一番大切なのは。。。なんだろうなぁ上手く言えないんだけど、自分を大切にする(心も体も)術を学んでもらうことかな。子供のメインテナンスの場合は、親子共々になるわけだけど。

今日はHちゃんのお口を拝見させてもらって、私の方が勉強させてもらいました。
いろんな気付きがありました。

Hちゃんに感謝しなくてはねご来院ありがとうHちゃん

予防の要となる6歳臼歯を虫歯菌から死守するのはとても大変なことだけど、でも守ってあげたいなぁ。

メインテナンスはオーダメイドでお洋服を作るのと似ています。初回のオーダーではぴったりこない。2回目、3回目とその患者さんを知るごとに、どうやってメインテナンスしていったらいいのかが見えてきます。

1回目は診療室に多分、すっごいドキドキしてたと思うけど、頑張って1人で入れて、チェアーに1人で座れて、大きなお口を開けて歯を見せてくれて、風をかけるのもできたし、ブラッシングもフロッシングも上手にできた

これだけで十分過ぎるほどです初めてなんですもの。

そして2回目の今日はちょっと緊張したけど、顕微鏡でチェックするのに大きなお口を開いてられたし(顕微鏡は焦点を合わせたりするので、時間がかかるから、ずっとお口を開けていないといけなくて子供にはとても大変なのですすごい、すごい、よく頑張った、頑張った

前回やった風もかけられたし、もちろんブラッシングもフロッシングも上手にクリア今日は、クルクル研磨の器具に慣れてもらおうって思ってたから、初挑戦。上手にできたよやったね

子供にとってみれば、いきなり回転器具で歯に振動を与えられたらさすがにびっくりしちゃうよねj自分だったら嫌だもん。私小心者だしすごい頑張りました。

これで私がメインテナンスするために必要な器具に一通り触れてもらえました

こんなのんびりペースだけど、歯医者さんが嫌いにならずに通ってくれたらいいなぁとnaomiは思うのです。

患者さんとのお付き合いは今日1日じゃないから、焦らず、ゆっくり。
末永くお付き合いするつもりで向き合えば、プラークを目の敵にして、今日ガシガシ歯磨きする必要なんてどこにもない。

歯医者さんを受け入れる、心の成長にもお付き合いしていきたいものです。それは大人、子供関係なくです

人は変化していくものです。大人だから歯医者さんが大丈夫かと言えば、大人だって痛がり、恐がりの人がたくさんいます。だから、その人に合わせてステップアップです変わっていく患者さんをいつも見守っています。

さて〜明日も頑張るで

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

毎日熱いですね〜

もとい、暑いですね^^;

昨日のある出来事で少々凹気味のnaomi。

昨日、あるとことで、“世のため人のためと言って、海外の貧しい子供に寄付とかしますけど、老人ホームに歯ブラシでも寄付すれば?”

と書いたら、海外の貧しい子供と老人ホームの歯ブラシでは土俵が違うとか、価値観の押しつけだと 言われて。。。

まあnaomiの態度が太々しいからに他なりませんが、さすがに人格否定は。。。キツいですねぇ。。。

でもなによりショックだったのは、実は人格を否定されたことじゃなくて、海外の貧しい子供への寄付と、老人ホームへの歯ブラシの寄付が土俵が違うと言われたこと。

まずは老人ホームになぜ歯ブラシか。。。お話しようかなぁ。。。

施設や病院にいるお年寄り。

歯ブラシがあっていなくて、歯が磨けていなかったり、ぼさぼさに開いてしまって歯ブラシの役割を果たしていなかったりします。

そこで、職員の方に“歯ブラシを変えたほうが。。。”とお話すると、“ご家族に言っているんですけけどね〜”と答えが帰ってくることがあります。

基本的に施設は生活の援助をするわけであり、物品を支給することはできません。

基本は本人のお持ちの物を使うというのが基本なのです。持っていない場合には家族が持ってくるか本人が買わない限り揃わないということになるわけです。

そして、家族の中には、残念ながら、“死にいく年寄りにかけるお金は鐚一文も無いという方も少なからずなのです。。。”

こういう時、生きてきた人生が映し出されるな〜と思うのです

でもそういう事情は他人から見たら関係ありません。

どんな方であれ、日本のために生きてきた私達の尊敬するべき先輩なのですから。

歯ブラシがなくて、歯磨きがきちんとできないお年寄りがたくさんいるってことです。そして、口腔ケアができないということは、肺炎のリスクをはじめ、様々な弊害があるってことです。

naomiは思うのです。

まあ、naomiの発言は歯科の立場からの偏った考えかもしれませんが、でもそういう現状があるってことを知ってもらいたい。

海外の貧しい子供に寄付をするのでも、お年寄りに歯ブラシを寄付するのでも、誰かのために何かしたい、困っている人の役に立ちたいという気持ちに上下はないと思うのです。

貧しい子供への寄付は偉くて、お年寄りへの寄付はたいしたことない、そう言われたみたいで、すごくショックだったのです

なんか。。。おかしいよ。

遠い国の子供を救うために、お金を払う日本人。でも、自分の家の隣で、身内のいない独居老人が亡くなっている現実。

お金を払うことよりも、隣の家をのぞいて、お年寄りの様子を見て孤独死を防いであげることの方がよっぽど人助け、ボランティアだと思いませんか?

貧しい人を救うためという名目でできた“ホワイトバンド”。300円だそうですね。ところが、実際に貧しい人に渡ったお金は28円?29円?なのだそうですね。

その番組ではそれ以上は論じませんでしたが、残りの270円はどこへ行ってしまったのでしょうね?

私が言いたいことは、海外への貧しい子供への寄付を否定しているわけでは決してありません。喜んで募金もします。

でも。。。お金だけ払えばそれがボランティアで人助けしてます的なのがどうも。。。

お金を払うのはそりゃあ簡単ですよね。募金箱にお金を入れるだけですから。

老人ホームに歯ブラシを寄付するのは、そんなことしているかどうかわからないけど、自分で施設に電話して、寄付したいのですがと行って、自分で持っていかなくてはならないわけです。

ボランティアとしてやっている歯磨き指導だって、事前に練習して、打ち合わせして、仕事を休んで、当日時間とお金をかけて行って、時間を使って指導をするわけです。

因に、小学校でも実は歯磨きをきちんとしているところは少ない。

歯の衛生士週間だけ歯ブラシを持っていく学校、歯ブラシは持っていっていいけど、皆磨いていない学校、流しが汚れるや歯ブラシをしている時にふざけて危ないので歯ブラシを禁止している学校。。。

世の中そんなものです。こんな小学校の現状があるのに、子供の歯科医院の受診率をあげるなんて、部分的なところだけ見て騒いでも意味がありません。

もし本当に日本のお口の健康を考えるなら、社会を変えていかないと。

歯ブラシの寄付や歯磨き指導は、命を救うという大義名分はないけれど、でも気持ちがあります。困っている人を直接助けることができます。

ボランティアって何なんでしょうね。。。

なんだかはき違えている気がしてならないのです。

海外の貧しい子供が救われることももちろん大事だし、海外に井戸ができることだってすばらしいことだと思います。

でも、もっと身近なところで、困っている人や亡くなっている人がいるのです。そしてその人を救うのは、お金じゃなくて、ちょっとした気遣いだったり、ちょっとした行動だったりするのです。。。

うーむ。なんだか上手に伝えられないな。

naomiはボランティア活動が、お金を払う活動=ボランティアみたいな風潮がいかがなものかと危惧しているわけです。

大切なのは気持ちなんじゃないかってことを言いたかったのです。

そしてその気持ちは対象がどんなものであれ上下はないんじゃないかってことを伝えたかったのです。

札束投げて、ボランティアしてますって偽善より、お金はなくても隣のおばあちゃんに声をかける心使い。そういう気持ちがあれば、世の中もっとあったかくなるんじゃないかなぁ。

そういうことの方が大切なんじゃない?

世の中をほかほかにするために^^*明日も元気に生きましょう☆ 

このページのトップヘ