顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:咬合

naomiブログをご覧の皆様、おはようございます歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

昨日医院に某先生がお見えになりまして、歯科衛生士の私も先生方と一緒にお話を聞く機会を頂けました。

N

歯科衛生士が咬合の話を聞く機会は非常に少ないのですが、昨日は咬合器の歴史から今に至るまで様々なお話を聞く事ができました。咬合器の話、すごく面白かったな〜

Professerの N 先生です

生意気にも馴れ馴れしくツーッショットですが、恐れ多い!!!本来なら歯科衛生士の私なんかが気軽にお写真を撮って頂けるような先生ではないのです。。。ずうずうしくてすみません

私たちが患者様をメインテナンスする時に重要となる2本の柱があります。

1つはバクテリアコントロール

もう1つはフォースコントロール

歯磨きを含めたバクテリア(細菌)のコントロールだけしていては、実は歯を守ることはできません。
歯の喪失の原因の多くが咬合によるものだからです。
つまり咬合力のコントロールをしていかなければ長期に渡って患者様の歯を守ることはできないのです。

しかしながら、この咬合というのは非常に難しい。

歯科衛生士の私なぞが気軽に語れる物ではありません

でも、メインテナンスを担うのは歯科衛生士です。治療中ならともかく、メインテナンスの全ての責任は歯科衛生士にあるわけですから、私たち歯科衛生士がその異常に気がつかなければメインテナンスの意味がありません。

でも私は、歯科衛生士がその患者さんにとって理想の噛み合わせが診断できるということが必要だと言っているのではありません。

大切なのは、咬合に限らずですが“変化に気がつく事”です。

歯が揺れる、動く、歯肉が腫れる、歯肉から出血する、歯周ポケットが緩む、楔状欠損ができる、知覚過敏が起こる、ファセットが認められる、エナメル質のチッピングが認められる、補綴物の辺縁がかける、などなど様々なシグナルを発見すること。それがメインテナンスです。

いつもと違うな〜

正常と違うな〜


なんで?あ、咬合があたってる!となるわけです。

咬合が当たっていることをいの一番に発見するのは歯科医師。

歯科衛生士は様々なシグナルから咬合が当たっていることを発見する。

同じ知識を持ちながらも、その発見のプロセス、考え方は歯科医師と歯科衛生士では全く違うと私は考えています。

メインテナンスとは長期で患者様の口腔を管理することであり(管理という言葉は好きじゃないけど)人を長期で見るということは、変化していく人体を観察し続けるということでもあります。

その変化に寄り添っていくことこそが歯科衛生士の役目なのです。

それにしても昨日のお話は興味深かったです

最後にN先生がフォーンズ先生のお話をしてくださり、こちらもまた大変興味深いお話でした。

私は昨日の咬合や歯ブラシの話も大変興味深く聞かせて頂きましたが、何よりも、N先生の真摯な歯科医療に対する情熱に触れて、そのお心に一番胸を打たれました

こんなにも歯科医療に情熱を注ぐ先生がまだいるんだと思うと、そんなことを思う自分が恥ずかしくなりました。

最近は世の中世知辛く、知識をひけらかしお金儲けに走る先生の何と多いことか

学問を貫かんとするN先生の姿は“本物”でした感激。

私も予防という分野を似担う歯科医療従事者として、情熱を持ち続けようそう思ったのでした

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

N先生昨日はお疲れ様でした。そして大変貴重なお話を有り難うございました

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今週は毎日がセミナーや来客で忙しい。。。

18日に続いて、すでに今年No.2のセミナーに参加です(*゚∀゚)っ

咬合治療の実践〜咬合診断これからの歯科医師の主流〜

院長と一緒に噛み合わせについて勉強して参りました。
院長もブログで報告しています咬みあわせ。スタディーモデルとフェイスウトランスファー

講師の先生のお言葉が心に響きました。

「歯科医師は何を仕事としているか?噛むこと。ホメオスタシスを保つためには、快適に食事をしてエネルギーをとり、排泄し、健康をしっかり保つ。患者の健康を維持する。パーツ屋になってはいけない。」

パーツ屋ね。。。

今日は金曜日。水曜日の夜にNHKのクローズアップ現代でインプラントの特集をしたらしいですね( ̄‥ ̄)=3 フン残念ながらセミナーに参加していたので見る事ができなかったのですが、どうやら歯科医師に辛口の評価だったとかノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

インプラントを歯科医師にさせない歯科衛生士にならなきゃね☆

セミナーではいつも院長がやっていることの意味を改めて実感することができました。

診断が大切。

さて明日も頑張ります
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

さて。2011年も始まりましたね!始まったと思ったら、すでに10日が経ちました

今年はなかなかエンジンがかからなくって、今年しなければいけないことになかなか着手できない。。。

朝、もっと寝ていたくてお布団から出られないのと似ています(爆)あ。これはプライベートな今年の目標のことです。

仕事は、今年もひたすら歯科用顕微鏡☆マイクスコープです

09-1

メインテナンスの患者様。
左下6番がしみるとのこと。歯頸部にプラークの付着が認められたので、まずはプラークを除去。

やや歯肉が下がっていますから、知覚過敏が考えられます。

09-2

歯周ポケットもチェック。ポケットの深さはもちろんですが、私が見るのは、ポケットの緩み具合

あ、普通、しまり具合かポケットクロージャーって言うものね。でも、私がこの場合見るのは“緩み”具合。

この場合、ポケット深さはないけど、やや緩みがあります。

これは何を意味するのか?

09-4

歯肉辺縁を拡大します。何か起きてますね。

「歯肉が下がってますから、そのせいで知覚過敏ですね、薬を塗っておきますね。」

大抵はこうなるわけですが、これは対処療法でしかありません。

私がメインテナンスで心がけていること。それは「なぜ?」です。

対処療法で薬を塗るのは治療です。
歯科衛生士の仕事は治療ではありません。予防です。

「この知覚過敏が意味することは何か?」

「この状態は将来にどうつながっていくのか?」と考える。

09-3

咬合面です。頬側にファセットを認めます。大きく咬耗しています。

咬合面はインレーですがインレーの表面がボコボコしています。おそらく接着が悪かったら、インレーが脱離しているか、固さが合わなければインレーが破折、これを放置しておいて、最悪の場合は、歯の破折も考えられますね。

咬合に問題があることが予想されます。対合歯を見てみます。

09-5

上顎6番の頬側にファセットを認めます。

上下の補綴物の素材の違いで、すり減り具合が違うのです。

でも、もし下が擦り減らない材質だったら・・・破折やチッピングも考えられますね。その人の咬合に合わせた素材選びも大切ですね。

接触に問題があるなぁ。。。

もちろん、歯だけではなく、全体も見るわけですが、実はこの方の咬合様式は3級です。前歯は下顎が上顎を被っています。

小臼歯から大臼歯にかけては、ほぼ垂直、やや上顎が頬側に出る感じで正常に近い形ですが、ガイドがなく、臼歯ががっつりあたります。
(写真を持ってくるの忘れた・・・百聞は一見にしかず)

薬を塗って知覚過敏を治療することは簡単ですが、歯科衛生士として、それでは将来歯を守ることはできません。、

何度も言いますが、歯科衛生士はミニドクターではありません。治療をするのではなく、予防をするのです。

私は、知覚過敏の原因の1つとして、咬合に問題があると判断し、ドクターにつなぎます。

歯科衛生士の業務を一言で言い表すことはとても難しい。

将来に渡って歯を守るといっても、その方法にマニュアルはありません。患者様ごとに千差万別。

例えば、今回は咬合様式に問題があることが一番の理由と考えられますが、大きなストレスが原因になることもあります。

それを探り出し、原因を排除することが、将来の歯を守るのです。

歯科疾患は生活習慣病です。その方のパーソナリティーや生活習慣に立ち入らないと解決できないこともたくさんあります。

寄り添う。この言葉がすごく歯科衛生士には似合うとnaomiは思っています。

実はこの方は左下の7番がありません。当医院へ来院された時にはすでにありませんでした。

聞かなくてもおおよその理由はわかります。患者さんに聞けば、おそらくは「虫歯で」とか「歯周病で」ときっと言います。でも、おそらくもっと問題は大きい。

6番を同じ運命にしないように。歯科衛生士である私ができることは、メインテナンスの時によく観察することです。歯を喪失する原因を観察して見つけだす。地味だけど、それがすごく大切。

長くなりました。

メインテナンスは奥が深い。それは当然のことで、私達が見ているのは1本の歯ではなく“人間”だから。

*********************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ

顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ

顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆さま、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

今日はチームイリタニの皆様と一緒に咬合のセミナーを受講してきました。

歯科医療はチーム医療。患者様を中心に、歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士、歯科助手。皆がチームとなって患者様の健康をお守りします。

なんか、自分のことながらすごいと思っちゃった。

皆がプロフェショナルで、プロのチームの一員として仕事ができることは、めったにないことだから。

さて、先日お師匠様の研修かいで咬合を勉強し、また今日も咬合のお話を聞けたので、少し咬合の理解が深まりました。

でも、いろんなことを勉強すればするほど・・・

天然の歯に勝る物はない。

患者様は最高の技術を求めて当医院を来院するけれど・・・

歯科の治療の技術がいくら高くても、治療した歯は治療したその日が最高で、後は劣化するだけ。これが現実です。

高いレベルの治療をすれば、長く持つ可能性はあるけど、でも劣化の一途をたどるのです。

そんなに最高の治療を望むのならば、歯科医師に削らせなければいいのに。

せっかく最高の治療を、高いお金をかけてしても、歯科衛生士のメインテナンスに訪れない人もいます。

まあ、それはそれでいいと思います。個人の自由だから。

でも、歯が駄目になった時だけ、最高の治療、最高の治療って叫んでおいて、自分の持っているせっかくの天然の歯を大切にしないのは、いかがなものかと思います。

自分で大切にしないで壊れた時だけ、歯科医師に何が何でも治せなんて・・・

歯は使っている限り壊れます。壊れる時期を遅くするのが予防。

最高の治療ばっかり望んでいる人は、私達歯科衛生士のことを馬鹿にしているんだなーって。本当は歯なんて大切に思ってないんだなーって。歯の掃除なんてくだらないことだって思っているんだなーって。悲しくなります。

まあ確かに歯科衛生士なんてたいした仕事じゃないかもしれないけど・・・

でも、アメリカではなりたい職業第2位です。

日本人も、もっと自分の体を大切にすればいいのにね。

歯科衛生士の価値を伝えられないnaomiがいけないんですね・・・

技工士さんと、歯科衛生士の話になりました。

歯科衛生士もピン切りで、世界では予防業務だけしかしないのに、日本ではアシスタントもするし、雑用もするし、治療もする。でも、日本の歯科衛生士は、予防業務だけをやってというと、できないとか、やりたくないとかいい始める・・・

アシスタントをしている方が楽とか、予防業務だけだと息が詰まるとか。

だったら、アシスタントの給料で働ければいいのに。都合のよい時だけ歯科衛生士面するの、辞めてほしい。そんな衛生士と一緒にされて、馬鹿にされるのがたまらなく腹が立ちます。

患者様と直で向きあい、一生その患者様のお口を守る責任は確かに重圧で、naomiだって逃げたくなります。でも、諦めてしまったらそれで終わりと思って、自分を奮い立たせて努力しているんです。

それを良いとこどりの適当な歯科衛生士と一緒にされて、「だから歯科衛生士は・・・」というくくりに入れられるのはまっぴらごめんです。

最初からプロの歯科衛生士なんていないんです。そんな簡単になれるなら、歯科衛生士はその程度の仕事ってことで、それを乗り越えているから世界の歯科衛生士は尊敬されてなりたい職業に選ばれるんです。

ま、人のことはどうでもいっか。

つれ連れなるままにあと1つ物申せば、歯科衛生士をヨイショする業者や歯科コンサルタントも、実は歯科衛生士を馬鹿にしています。口で歯歯科衛生士の時代とか、歯科衛生士はすばらしい仕事とか言うけど。

じゃあ、その人達に聞いてみてください。あなたにはマイハイジニストがいますか?って。定期的に歯科衛生士のメインテナンス受けてますか?って。

ほとんどの人が口では歯科衛生士様て言うけど、心の中では馬鹿にしているのです。

あ・・・なんだか雲行きが怪しくなってきました(笑)このへんで。

明日もnaomiを信じてメインテナンスに来てくださる方のために頑張ります☆

医療って、医療従事者を信じる、患者様を信じるところから始まるものです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆さま、こんばんは☆naomiです

今日は歯科衛生士の国家試験だったようですが、例年と問題がだいぶ変わっていたようで、大変だったようです。

受験生の皆さま、お疲れ様でした。

国家試験か・・・もう十数年前のことで記憶がない^^;

でも、歯科衛生士はいつまでたっても勉強ですねこれは医療職の宿命ですね・・・

さて歯科衛生士と咬合第3段お勉強ブログを更新しました☆

ご参考までに(*・ω・)ノ

**********************

Dr.IritaniOfficeはこちら☆

院長Dr.Iritaniのブログはこちら

技工士Dt.Tomohiroのブログはこちら

チームイリタニアシスタントさん♪いつもありがと☆

Sachiちゃんのブログ

YUちゃんのブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ