顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:命

今日は一言だけ

この世に生命が誕生する事も。そして生きる事も。

それは当たり前のようだけど本当は違う。

生命が誕生する事も生きる事も、本当に...本当に...本当に...本当に...奇跡的な事。

生きててくれて有り難う

今朝友人と交わしたメール

みんな生きててくれて有り難う

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

もう年末で皆様はお休みでしょうか。。。

実は私は25日に祖父が亡くなりまして、昨日お通夜で、本日告別式でした。
ほっと一息ついて、夕方自宅に戻ったところです。

今年もあと少しですが、今年は「命」について考えさせられた1年でもありました。

新しい命が誕生することもすごく奇跡的なことで、そして私は人類何千年の歴史の命を受けついできて生きているということ、そして、私の生きる能力は祖先から受けついでいることなどなど、いろんなことをきっかけに考えた1年でもありました。

亡くなった祖父は数え年で88歳。

先日主治医から、食事ができなくなって来たので、点滴か、胃瘻か、経鼻栄養の選択を迫られたそうで、実は母と会って話をする予定の日に、祖父は他界してしまいました。。。

食べることは生きること、生きることは食べること。

食べられなくなるということは、死が近づいていることを意味します。

私は母からその話を聞いた時、様々な思いがよぎりました。

それは、訪問で多くの患者さんを見てきたからで、生きさせられることと、生きることが違うということを現場で感じていたからです。

病院にとっては、食事は手間がかかるケアの1つです。人手も足りない中で、胃瘻や経鼻栄養は簡単なものです。餌を流せば言いわけですから。。。しかも処置には点数がつきます。処置をすれば病院の利益になります。

TPPで医療が自由化されて、民間企業が参入し、利益を追求した病院経営になるとはそういうことです。

母は、年齢も年齢だし、口から食べられなくなるのなら、それは仕方がないことで、胃瘻や経鼻栄養ではなく、食べられないようなら点滴で補って、なるべく自然に近い形でと主治医に言ったそうです。 

母は強いな〜

普通の家族は、たいてい死を看取るのが怖くて、とにかく少しでも長く生きながらえるようにしてほしいと望みます。だから病院は管だらけの人がいっぱいです。他人の私から見れば、生きているのか生かされているのかわからず、生きることとは何なのだろうか?と考えさせられる光景です。

想像してみてください。鼻に管をずーっと入れられているんですよ。意識がモウロウとしていたとしても、もし意識があったら痛いに決まっています。違和感があるに決まっています。

だから、管になるともっと意識がモウロウとします。虚ろな状態が増えます。管を付けるということはそういうことです。

私は思いますが、人は心と体で生きています。心が病めば病気になるように、病気になれば心が病むように、心と体は繋がっているのです。だから医療従事者の私達は心を体の両方をケアしなければなりません。

管になると、きっと生きる意欲がなくなっていくのだと思います。

ケアとは不思議なもので、人が手をかければかけるほど人は元気になります。(もちろん限界はあります。)だからケアの手を抜くための管では人は元気にならない。

母は祖父の死を受け止める覚悟が少なからずあったのだと思います。なかなか素人ではできない選択です。そういう選択をした母を私は尊敬します。

先日、すごくがっかりしたことがありました。

ある歯科衛生士さんが、訪問で食べられないお年寄りがいて、口から食べさせるにはどうしたらよいか?と質問したら、某衛生士さんが、ある食べ物で練習するといいと言っていました。。。

あまりにもお粗末な話のやりとりに、私は呆然でした。

食べられないから、とりあえず某食べ物を使って訓練。それはないよ歯科衛生士さんっ

診査、診断力が足りなさすぎます。

全身的既往、体幹の保持はできるのか、食事の時の姿勢、口唇閉鎖はできるのか、舌はどの程度動くのか、頬粘膜の状態、むせ、食事形態、手で食事がどのくら運べるのか、食事を認知できるのか。。。まだまだ書ききれないないほど観察するポイントがあります。

私の祖父も主治医から食事がとれなくなってきた、つまり摂食嚥下障害にあたるわけですが、祖父が某食べ物を使った訓練で食べられるようには、絶対になりません。

訪問は、歯科治療の集大成です。臨床ができない歯科医療従事者が、じーさん、ばーさんの話相手程度の認識でやり始めるからたちが悪い。人の体を扱う心構えがなってない!

お粗末さに涙が出ます。。。

ふうっ。クールダウン、クールダウン。

医療従事者は日々勉強だな〜と思います。 

年末最後まで愚痴になっちゃたな

あと2日。最終日はプラスで締めくくりたいと思います 
 

naomiブログをご覧の皆さま、こんばんは~naomiです

昨日は歯科医師の五島朋幸先生のセミナー“生きること 食べること 命を支える歯科医療”に参加しました。

そして、今日は内科医の松本光正先生のセミナー“笑いと健康~プラス思考で医療を考えましょう~”に参加してきました。

歯医者というと、一般的なイメージとしては、虫歯治療、歯周病治療、そんなイメージしかないと思います。

でも、本当は全然違う。もっと歯科の分野は奥深い物なのです。

虫歯の治療も、歯周病の治療も、本当は素敵に生きるために必要な物の1つで、虫歯の治療が大切なんじゃない。歯周病の治療が大切なんじゃない。

疾患を予防をして、人生を最後まで楽しむことが大切なのです

五島朋幸先生は長きに渡って訪問歯科診療に従事されていらっしゃいます。naomiの尊敬する歯科医師の1人であります。

naomiも数年前、院長と一緒に訪問歯科診療を行っていました。毎日が勉強の連続。訪問に答えはありません。

病院のベッドの上でポカーンと口をあけて、意識もうつろな患者様を目の前にして、どうやって口腔ケアをしたらいいのか…認知症で言葉の通じないおばあちゃんの口腔ケア。どうやってお口を開いてもらえばいいの?

心と心が通わなければ、私に向かって決して開かれることのないお口…

診療室の処置は簡単です。お口を開けてくださいと言えば、お口を開いてもらえますから。

でも、お年寄りや認知症の患者様は、自分が気に入らなければ口を開けてくださることはない。不思議なんですけど、相手のことを瞬時に判断するんです。

この人は自分にとってよい人か悪い人か。心を開ける人かどうか。

これがすごく怖かったnaomiの心の内を見透かされているようで…naomiの人間力を問われた気がします。

ケアって言葉は看護婦さんの特権みたいなところがあります。

歯科衛生士にケアってなんだか変。そう思われることでしょう。

でも、歯科衛生士でもケアをします。ケアができます。まあ、正確にはケアをする。ケアができる歯科衛生士もいるというのが正しいと思いますが(汗)

口腔ケアって本当に大切なんです。

命と直結なのです。

もっと多くの歯科衛生士が口腔ケアをしたら、世の中変わって、たくさんの人がもっともっと幸せになるぐらいに、大切なのです。

でも・・・残念ながら世の中はなかなか変わりません。

五島先生はそんな変わらない社会の中で、いつでも情熱を持って口腔ケアを広げています。

naomiも今は訪問ができる状況にないけど…

診療室にいてもできる口腔ケアがあります。お口の働きを伝えること、口腔ケアの大切さを伝えること、これから自分の身に起こるこをと教えて差し上げること…

病院や施設、在宅にいなくても、お役に立つことがたくさんあります。

五島先生の話を聞いて、更なる情熱が湧いてきました☆

naomi1人の力は微力だけど、微力が誰かを動かし、そのまた誰かが誰かを動かし…そんな輪を広げて世の中を変えていけたら。

また気持ちを新たにできた2日間でした

**********************

Dr.IritaniOfficeはこちら☆

院長Dr.Iritaniのブログはこちら

いつもありがとうございます。技工士Dt.Tomohiroのブログはこちら

チームイリタニアシスタントさん♪

Sachiちゃんのブログ

YUちゃんのブログ 

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは。naomiです。

命の格差・・・

あるテレビの番組で、病院格差の特集をしていた。

その中で“命の格差”という言葉が使われた・・・

お金がある人は最先端の治療や、適切な治療によって命が助かり、お金のない人は適切な医療も受けられないということでこの言葉を使ったのだと思うけど・・・

この言葉がnaomiの頭の中から離れない。

命の格差って・・・

確かに社会は厳しくて、お金がないと病院にかかれず、それとは裏腹に東京都内には年間何十万もする会員制の病院があったりする・・・

でも命の格差って・・・

命の格差って言葉がnaomiは大嫌い。

言いたいことはわかるけど、でも、言いたい。

“命”の重さはお金があってもなくても同じでしょう?

命という言葉を不用意に使ってほしくない。

軽々しく命の格差なんて言ってほしくない。

命の格差なんて軽々しく言うこと自体、道徳観や、倫理感のない、命を軽視した発言なのではないかと思う。

秋葉原の殺人事件。

現場でトリアージが行われたと報道された・・・

心肺停止の人は後回しにされたと・・・

病院への搬送もなかなかされず、救急体制の指揮系統の在り方が問題視された。

現場の生声が放送されて、トリアージの生声が流された・・・

報道番組で問題として取り上げたのは、救急体制の指揮系統の在り方だったのに、現場の救急隊員の声が流され、あたかもその個人が悪かったのような報道の仕方に見える。

そして、これを見たご遺族はどんな気持ちで大切な人の死を、再び思うのだろうか?

あまりにも無責任な報道であるように思う。救急体制を指摘するための捨てゴマのような利用されたような・・・

もし私がご遺族だったら、とても複雑な気持ち。大切な人亡くなっただけでも受け止めきれないのに、更に、そんなことを言われて・・・どう受け止めればよいのだろうか?

あくまでも、医療者側であるnaomiの見方。

一言・・・

医療の現場スタッフは真剣に命と向き合っている人がたくさんいる。いいえ、殆どの人が真剣に向き合っています。

でも、医療従事者は神様じゃない。全ての命を救えるわけじゃない。救えない命に心を痛めています。

医療って・・・患者様と医療従事者の間の信頼関係の上に成り立っているのだと思います。

小児科医や産婦人科医が減っています。

命を助けようとしてした行為で、結果患者様が亡くなってしまったり、後遺症が残ってしまったり・・・

そして小児科医や産婦人科医は訴えられます。

一生懸命助けようとしたのに・・・

先日、ある産婦人科医の女医先生が言った一言が忘れられません。

「患者様を信じられない自分が嫌です。」

この先生は、担当の妊婦さんの帝王切開を行いました。それは医師の判断として帝王切開をしたわけです。

出産後、患者様は「先生、ありがとうございました」と笑顔で退院してゆかれたそうです。

ところがその数日後、その患者様が、突然、「先生、なぜあの時、帝王切開したのか?」と詰め寄ってきたそうです。

退院の時は笑顔で「先生ありがとうございました。」と笑顔で帰って行ったのに・・・

その先生はそれから患者様が怖くなってしまったそうです。

笑顔で帰っていた患者様が、信じていた患者様が、手のひら返しで詰め寄ってきたからです。

先生は産婦人科医を続けるかどうか迷っているそうです。

皆さんはどう思いますか?

先ほどの救急隊員のことも含めてですが・・・

例えば、あなたの目の前に、自然分娩できる可能性が50%、でも、もしかしたら、このまま自然分娩をしたら、母体や胎児に危険が生じるかもしれない可能性が50%の患者様がいるとします。帝王切開が必要です。

naomiブログをご覧のあなたなら、自然分娩、帝王切開、どちらを選択しますか?

そして、例えば、あなたの目の前に、瀕死の状態の人がいます。そして、その隣にもう1人、瀕死の状態の人がいます。あなたが心肺蘇生できるのは1人。あなたの手は1つです。

さて、naomiブログをご覧の皆様はどちらの方を助けますか?

医療従事者の皆さんはそんな究極な選択を瞬時に迫られるのです。命は待ってくれません。

皆さんにその選択をする覚悟はありますか?覚悟はなくても、医療に従事している以上、選択に迫られるのです。

そんな究極な現場が命の現場です。

私にだって、医療の現場に言いたいことはたくさんあります。

祖父の死、叔父の死、友人の手術や知人の死。立場が変われば、たくさんのことを言いたい。あの病気は、あの死はもっとああしていたら・・・本当に?・・・

でも、医療に携わる者として、医療従事者の気持ちもぜひご理解いただければなとも思うのです。

私の周りには真剣に医療に取り組んでいる医療従事者がいます。

どんな気持ちで医療と、命と取り組んでいるのか、ご理解いただきたいのです。

日本の医療制度にひずみが出ているのは、医療の現場に“心”がなくなってきているからではないかと思うのです。

ヨーロッパでは、医療教育を行う際、「自分の大切な人にする治療を患者様にもしなさい」と教育されるそうです。医療従事者の倫理観。

お医者さんだって、医療従事者だって、人間です。

医療従事者とお医者さんの関係である前に、人と人との関係であるということが日本の医療では忘れられている気がします・・・

今の医療でどちらが悪いとか、悪いのはどっちという責任のなすりつけあいじゃなくて、それは医療従事者も患者様側も、双方が考えるべき問題だと思います。

 

日本の教育には、道徳の時間がなくなったそうですね・・・

東京の進学塾では、毎日9時なるとお迎えの車で道が渋滞します。日曜日さえも、夕方になるとお迎えの車の渋滞です。

環境問題を考える時・・・あるタレントさんは、森は虫が多いし、虫が苦手だから、森(森林伐採によるCo2の増加の問題)には全く関心がないそうです。

一方、フィンランドでは、森の草木について、子供のころから、庭や森、身近な植物の名前や毒があるなど、親が教えるそうです。

私達人間は自然の一部。植物が二酸化炭素を取り入れて、酸素を作りだし、その酸素を吸って生きている。私達の排泄物をたくさんの微生物達が分解して、土になり、またその土から植物が生えてきて、その植物を食べて、動物が生まれ、食物連鎖の頂点である、人間がそれを食べて命を得る。

食育。

日本では、食糧自給率が非常に低く、コンビニ弁当やお惣菜が大流行り。安い国外の輸入品ばかりが売れています。

一方、スイス人は高くても国産のものを買います。国外の製品は安くても買わないのです。

何か・・・大切な本質が見失われつつあるような気がしてなりません。

考えるべきことはたくさんありますね・・・

つれづれなるままに書きました。

 

naomiは今日、素敵なお買いものをしました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

iwashajinこの鉢植えの可愛さに一目ぼれして、名前も知らないこの花を買いました。

イワシャジン(岩沙参)

名前の意味は、岩場に生えるシャジン(ツリガネニンジン)と言う意味だそうです

名前もわからなかったので、インターネットでお手入れの方法を調べました^^

枯らさないようにお手入れしなくっちゃ・・・お世話が難しいみたいだから

そして今日、このブログを書いている間に、いとこのA−YAにめでたく男児が誕生したと母からのメール

人の命も、植物の命も、同じ生命体の命。

今日は命についてブログを書くことを運命づけられた日のようでした。


花の歯科医院Dr.IritaniOfficeはこちら☆

人気急上昇中KoiちゃんのAkoブログはこちら☆

naomiお勉強ブログはこちらさぼってます^^;

映画大好きアシスタントSachiちゃんブログはこちら☆

ナオミブログをご覧の皆様、こんばんは!ナオミです

今日は、定例の歯科衛生士の勉強会でした

先日の歯磨き指導の報告と、顎咬合学会参加の報告、そして、北欧視察の報告その1。

今回は人数が、ナオミを含めて3人だったので、当医院で行いました付け焼刃で作ったスライドもなんとか役に立ちました^^;

さて、そのあと、ナオミは実家近くの病院へ

実は、先日から叔父が入院しています。一時は危篤と言われましたが、なんとか持ち直して、今日を迎えています

叔父とはもう・・・10年以上会っていません。こんな形で再開するなんて・・・

ちょっと・・・いえ、だいぶ後悔しています。。。と言っても、後悔しても仕方ありません

叔父は、小さい頃に患った病気の後遺症で、障害があり、ずっとずっと病院で過ごしてきました。一生のほとんどを、病院で過ごしてきました。

10年ぶりの叔父は・・・

先日、危篤と連絡が入った日、母とお見舞いに行きました。母が昔のことを叔父に話すと、酸素マスクをつけて、痩せ細った叔父は、その口元にうっすらと笑みを浮かべました。

きっと、叔父にとっては、その思い出は本当に楽しい思い出で、死を目前にしながら、体は死と闘いながら・・・それでも、母に会えて声をかけられたことが、本当に、本当にうれしかったのだと思います。

「叔父は何のために生まれてきたのだろう・・・彼は幸せだったのだろうか?」

ふとそんな思いがこみ上げてきて、急に切なくなりました。

人間とは勝手なもので、誰かが元気なときには気にも留めてないくせに、死を目の前にした叔父を前にした私は、もっと彼を話をすればよかった、どんなことを思って、どんな思いで生きていたのかなぁ、楽しいことは何で、幸せだったのかなぁ・・・

「彼に聞いてみたい」「彼を話がしたい」・・・偽善者。

こんなに苦しくても、それでも叔父はまだ生きようとしています。その戦いはとても苦しく、父は頑張れって声をかけていましたが、ナオミには・・・頑張れとはとても言えませんでした。

だって、こんなに頑張っているんだもの。もう、いいじゃない、そんなに頑張らなくたっていいよ・・・そう心の中で思う自分もいます。でも、それは本心でもあり、本心ではない。頑張ってもらいたいと願うのだって本心。

今日のお見舞いは、父母もおらず、ナオミだけ。

こんな時に非常識かもしれませんが、酸素マスクをつけている叔父と、写真を撮りました。

彼が生きていたことを、この世に存在したいたことを、何か、何か形にしたかったのです。生きているうちに。きっと、父や祖母に見つかったら、怒られると思います。きっとすごく非常識なことだと思います。でも、そうしたかったから。。。

手を握ったり、腕を揉んだり、寝たきりで硬直しかかった首を揉んだり。面会時間ぎりぎりまで、そばにいました。こんな時の時間は本当に足りなくて、もっともっと、近くにいたくて、一秒たりとも目を果たしたくなくて・・・時が止まってほしいって、思います。

父は、人の気配は感じているけれど、手を動かしたり、首は動かない・・・と言っていました。

でも、ナオミがいる時は手も弱々しくですが持ち上がり、首もほんの少しですが、動きました。ウーと声にならない声も・・・

そして面会時間は終了。帰るとき、叔父の目は半分開いていましたが、呼吸が寝ている時のいびきのようでした。帰るなら、今・・・そんな気がして、病室を立ち去りました。

命の火が消えてゆくのを見ているのはとても切なく、涙が出ます。叔父を目の前にしているわけではないのに、思い出すと、胸が痛くて、大粒の涙がポロポロと出ます。

生きているってすごいことです。きっと、彼が、ナオミに生きるってことを、人生の最後に教えてくれるのだと思います。叔父は本当に一生懸命で、一生懸命生きているから。。。それがすごく伝わってくるから。

さて、明日からまた一週間。ナオミも頑張らなくっちゃ。


ナオミ医院はこちら☆

http://www.k3.dion.ne.jp/~iritani/

 

 

このページのトップヘ