naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニングを始めました

また一般の方のクリーニングのみ(治療なし)の受付も開始いたします。

詳しくはお電話でお問い合わせ下さい

*************************

歯科用顕微鏡を使い始めてから人間の体のすごさを改めて感じる毎日。
体って本当に良くできています。

最近は歯周病の治療も再生療法が注目されています。
再生療法は体の組織や細胞のメカニズムを研究して細胞や組織を再生させます。

歯科衛生士の私も、歯科用の顕微鏡で歯石をとりながら、歯槽骨の再生を考えて歯石除去を行っています。

メインテナンス中の患者様です。もうかれこれ10年近いお付き合いになります。

pocket1

左下8番。4、5、8のブリッジロングスパンのブリッジは予後がねぇ...
8番はもともと傾斜しているし。ここ2、3年でポケットが急激に深くなりました。

おそらく根尖まで骨が吸収していますが、抜歯となると5番までになりますし、対合歯もパーシャルデンチャーなのでちょと大事。だから使えるまで使いましょう...という事でメインテナンスで経過を見ています。

先ほども申し上げたように根尖まで骨がないので、ポケットも深い。
ポケットを覗くとすごく面白いんです。体の不思議を体が私に教えてくれます。

見えますか?

ポケットにエアーをかけるとその隙間に白いものが。
これ、歯石じゃないんです。実はプラークなんです。

歯石ってもともとがプラークだって頭では理解していても、ポケットの中の歯石の形成ってなかなか想像できません。(あ...皆さんはできるかもしれませんね('д` ;)私はお馬鹿なので...)

でもそんな私の疑問に答えてくれるのが、歯科用の顕微鏡であり、見える体の世界です。

ポケットの中にもプラークが付着するんですね。それがそっくりそのまま歯石になっていくのが目に見えてわかります。プラークが歯石と同じ形で付着しているんですもの。

難しいですよね...いくら歯石を除去して根面をツルツルにしても、歯石の除去後すぐにポケットは閉じませんから、やはりプラークの侵入が起こります。再感染...

そしてプラークが異物となりポケットが閉じない。悪循環。

pocket2

プラーク除去後です。根面は綺麗に見えるのですが...再付着は起こらない。ポケット内面の炎症は落ち着いているように見えますが、それ以上にもそれ以下にもならない。上皮性の付着。

根尖の先の先で炎症があるので、上部だけポケットが付着するとも考えにくいのですが、まだまだ私にとっては謎な事だらけ。日々観察です。

まずはこの緩々なポケットを吸着するぐらいまでにしたいのですが...

まだまだ私の力が足りずできません...

日々勉強。

明日もまた頑張ります

*************************
チームマイクロハイジニストのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士Kimちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

**************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ
顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ 
顕微鏡歯科アシスタントAkiさんのブログ