顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

ルートプレーニング

オタクな歯周病の話



オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
****************************************

ここ数日猛暑が続いていますね〜皆様、熱中症対策してますか

コロナ🦠禍になってから、毎日が淡々とすぎていくので、日にちの感覚がなくて、ブログを書くものネタがない頭が働かないというのもあります学会や講習会も参加できずに、仲間と会えずに悶々とすぎていく日々...

でも、そんな時代の中でも、少しでも前へと思う私です

たまたまですが、webセミナーで歯周病の聞きたいセミナーが2つ重なって、今日はアーカイブ見てましたwebのライブセミナーもありますが、でもwebの良さは後からでも、いつでも、途中からでも見られるという点かなでも、これってビデオ学習と同じ。。。なんですよね。そう思うと複雑。

現地のライブセミナーの良さは、講義の内容もあるけれど、現地の町を知る事ができたり、その地方の特色を感じられたり、普段自分ではいかない土地だと、一期一会の出会い(お店でも、人でも)があってそれなりに楽しいあと頑張っている仲間と会える

webのライブセミナーはそういうのがないからちょっと物足りない。講義の内容オンリーのメリット。
でも自分がいけない遠いところのセミナーでも聴講できるというのは良いところ海外のセミナーも聞けちゃったり。今年何度か聞きました

webのアーカイブになると、自分の好きな時間に適当に聞き流せるのがよい。あと何回も聞ける。深めたいポイントとかもう一度聞ける

それぞれに良さがありますね

で、話を戻すと今日は歯周病のセミナーを拝聴。

日本歯科大学准教授の関野 諭 先生の歯周組織検査(BOP)の臨床理論 と東京歯科大学 名誉教授の下野 正基 先生のぺリオ・インプラント治癒の病理 を拝聴。

久しぶりに歯周病のセミナーを拝聴しました。

組織学的な復習と臨床にまつわる論文などなど

歯面や根面のスケーリング、ルートプレーニングはどこまで行うの?どこまでエンドトキシンは侵入しているの?どうやって除去するの?

インプラントのプロービングはするの?しないの?いつからしていいの?プローブは金属?プラスチック?

とか

あ、そうそう、不良肉芽って除去するの?しないの?も興味深かったですね

歯周病はもう私も臨床経験が26年になりましたから、ほぼ自分なりの解釈とは技術は身につけているつもりです。でもエビデンスは変わりますからね。臨床の疑問の解消とか。

結論としては、自分の臨床的感が合っていて、もうすでに実践している事でしたけど、臨床家としてというのもありましたね〜

ルートプレーニングをしていると不良肉芽を除去すると言われます。でも、私個人の臨床的所見をいうと、ポケット内面て、炎症があるとブツブツとぶどうの房のようなトゲトゲしているような...気持ち悪い形状になっているんです、でも、歯石つまり原因物質を確実に取り除くと平な綺麗な接合上皮に戻るんです。そして、接合上皮の内面て上皮なんですよね。皮なんです。

だから通常のスケーリングにおいてポケット内の不良肉芽を除去するって、どこが肉芽で除去しなければならない組織なのか私にはわからないのです組織の炎症が起きる、または治癒する過程一時的組織変化であり、何か特別に肉芽という組織ができているとは思えないのです。なぜ不良肉芽と呼ばれる組織ができるのか?そもそもどうやって現れているのかとか知りたいです肉芽組織の組織発生論。

歯周外科処置でフラップ開けた時に不良肉芽を除去するって言うんですけど(私も散々外科でやらせて頂きました)でもね、それって根面に付着している組織の残りを除去しているだけであって、それが不良肉芽かっていうのが私にはわからないんですよね。

不良肉芽って一体何なのですかね炎症を呈しているポケット内面または接合上皮表面って事でしょうか

いや、本当に組織って不思議ですよ。原因を除去すればきれ綺麗〜な内面に戻りますからね。それはどんなにポケットが深くてもです。ただし、ポケットが深くなればなるほど、根面が歯石と一体化して毒毒しくなっていますから、原因を除去するのが難しくなりますので、ポケット内面を元に戻す(美しく平な付着上皮)のが難しくなります。でもそれは組織側の問題ではなく原因が除去できないからです。

あまりにも根面が毒毒しくなると、生体のスイッチが入って、歯を排除しようとするんです。異物と認識するのだと思うのですが、そのスイッチが分子生物学的にどういう仕組みになっているのか知りたいですどこ時点がスイッチングなのか...

しかも、同じ根面でも、その場所場所によって、付着が喪失されないところと、付着が喪失されるところがあるんです。トンネルみたいに付着している事もあるんですよ...

ああ、きっと誰にも理解されない発言伝えきれない世界...

というオタクな観察をしているおかげで、歯周病のセミナーもほとんど聞かなくなりました,,,
でも今回のお二人の先生は電子顕微用レベルで観察されていますので、とても参考になりました

最近は審美のためにインプラントの補綴の豊隆が大きいから曲がるプラスチックプローブを使う(金属と違って曲がるかららしい)と言われますが臨床的には無いです。なぜならその豊隆にピッタリ沿って曲がるプローブなんてないからです。余計な内面を刺して傷がつくだけです。

プラスチックスケーラーを使ってメインテナンスするのも良くわれますけど、はっきり言って、無理です。なぜならスケーラーの幅が太すぎるからです。そんなのが入るぐらいポケットがゆるいとすれば炎症起きてるよ

インプラント周囲は線維の方向が天然歯と違ってプローブが入りやすいといいますが、でも意外に輪状に走行する線維の力が強くて器具が入らない事の方が多いです。でもその分ご飯粒のようなプラークが入ってしまうと入ったままになり、それが原因で炎症が起きます。

ましてやブリッジのポンティックのように審美的に歯肉に乗せる形のインプラント補綴の場合、予定に無理ですよね。

という観察もあって、歯科衛生士さんのメインテナンスセミナーも受けなくなりました...

あ、あとね、歯周病と咬合は関係ないっておっしゃる方がいるんですけど、まあ解釈の問題ですけど、もともと口腔って咬合する器官ですよね。それを咬合圧がかかる事と歯周病は関係ないと解釈する事自体がナンセンスと思ってます。歯は飾り物じゃないんだから。関係あるに決まっってるでしょ

顕微用での観察はエビデンスにはない現実を教えてくれます。
ただニッチな世界なので、その現象を研究する方も少ないのでしょうね...私の疑問がなかなか解決されません。

ああ、オタクな文章がしかも長くなってしまいましたぁ

最近の私の悩みは、患者さんに歯肉縁下歯石が付着している人がほとんどいなくなってしまい、歯石除去大好きなわたくしとしては毎日退屈しておりますまあ本来メインテナンスとはそういうものであり、患者さんにとってはそれは口腔衛生状態が良いという事なので、GOODな事なんですけどね。。。

あーーーー誰か私に歯石を除去させてーーーーーーーーー

というわけで。皆様、猛暑が続きそうですから熱中症には気をつけましょう

*************************

最後にお知らせです

来る2021年11月23日(火)〜29日(月)まで行われる 第33回 日本舌側矯正歯科学会 学術大会・総会ONLINEのコ・デンタルセッションに登壇させて頂きます

今日、拝聴していた関野 諭 先生もご登壇されます。

第33回 日本舌側矯正歯科学会


タイトル私、歯科衛生士辞めます!〜新興感染症を経験して〜ととてもキャッチーになっております私の得意分野...まあ得意と言えるかは謎ですが、感染制御を大学の講義で学ぶ機会を頂いた事をきっかけに、歯科での感染制御についてのお話で、呼ばれる事が多くなりました...

もうコロナ2年目で感染対策についてはコロナ振り返りの勢いですが、ぜひご参加頂けると嬉しいです

8月31日まで早割となっております。ぜひ奮ってご参加下さい

歯石除去、ルートプレーニングの手技を磨く

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

****************************************

新年も気がつけば今年も1ヶ月が過ぎました。。。本当加速していて恐ろしい限りです。

毎日歯科用顕微鏡を使用して歯石の除去やメインテナンスを行なっているnaomi

20190124_162346529065

最近、本当に難しいなぁと思うのは、歯石除去やルートプレーニングです。

当医院には歯科用顕微鏡があり、私は有難い事に歯科用顕微鏡を使用して歯石の除去を行わせて頂いているので、以前よりもかなりストレスが軽減しました。

そして、その見える世界は本当に驚くばかりです。

歯科用顕微鏡がなければ、直接見えない歯周ポケットの中を、手探りで歯石を除去し、ポケットが残れば歯周外科のステップに進みます。

切開して歯肉を開いて歯石の付着を直接確認して歯石を除去する。。。

歯周外科に以降しない場合は、ポケットを残したまま歯科衛生士がメインテナンスする事になります。

以前、歯科用顕微鏡が世の中に出てきた頃、ある先生がおっしゃいました。
歯周病を悪くしているのは、歯科衛生士の歯石除去だと

まあ、歯石の除去は歯科医師も行うから歯科衛生士だけって事ではないのですが、つまり、取り残しと、そして歯石の表面をカンナで削るようにしてツルツルにしてしまっている事と...

この写真のケースも同じです。

最初に申し上げますが、私は歯科医師、歯科衛生士を批判したいのではなく、そして過去の治療の歴史を否定するつもりもありません。

医療は日々日進月歩。変わって行くのが当たり前で、その技術がなかった時に行われた治療を批判したって何の意味もありません。

歯石の除去も同じです。

歯周外科の技術がなかった時には、盲目で歯石を除去するしかなかった。

歯科用顕微鏡がない時にも、盲目で歯石を除去することしかできなかった。

仕方なかった事であり、それはその当時のできる限りの最善の治療です。

そこを否定してしまっては、医療は何の進歩もありません。それはその時代の治療があったからこそ、もっと見たい!見られれば治療の精度が上がるのに...という先人達の研究の末、今、歯科用顕微鏡が開発されてその恩恵を私たちは受けているのですから。

そこを間違ってはいけません。

私が歯科用顕微鏡を使用していて思う事は、歯石の除去は、歯石の量ではなく、その古さや硬さによって除去の難易度が変わってくると思っています。

そして、何でもそうですが、一発目、最初の歯石の除去が非常に重要です

歯石は除去を間違うと、歯面表面に新たな歯石の壁を残す事になります。特に盲目的に行われるルートプレーニング時においては、その歯石の触知の能力を高く問われます。歯面と思っても、もしかするとそれは歯石を除去する者が作りあげた、滑沢にした歯石の壁であるかもしれない。

一度ルートプレーニングされた根面は非常に歯石が付着しやすいような気がします。
まあ、はっきり言えば見えないで行うのですから仕方ないのです。それは上手いとか下手とかそういう問題ではなくて、見えないのだから誰がやってもそういう事が起こるという事です。

一度ルートプレーニングされた歯石というのは、歯と一体化していて、非常に除去しにくい

このケースも、歯面と嵌合していて痛みや知覚過敏が起こるので、麻酔して次回除去する方向性で現在考えています。

歯石を除去するものの心構えとして、十分に手技を磨く事、常に手技を磨く事、そして常に勉強する事。
そして、何よりも、歯石を付着させない事。何も異常がない患者の患者教育が何よりも大切です。

いつも言いますが、歯石を除去できる歯科衛生士が凄いのではありません。

健康で何も問題がない患者さんが来院した時に、モチベーションを上げて、何もない状態でメインテナンスを受け続ける。

人は生きていますから、必ず今は異常がなくても生体は変化してゆきます。

その時に支えとなれる歯科衛生士がスター衛生士なのです。

さてー時間がありません...

ブログ書いてて、休みが終わるみたいなね

今週も頑張ります


 
Profile

hygienist naomi

Advanced Care Dental Office
Archives
QRコード
QRコード