顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:リップデザイナー

【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】

世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント
画像診断(口腔内超高画質画像世界最高機種マイクロCTハイグレードX-ray
3台のPCと5台のモニター
ガスクロマトグラフィーRCR検査位相差顕微鏡

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニング及び一般の方向けクリーニングのみの診察を始めました。詳しくは電話で問い合わせ下さい。

*************************

今日は暖かかったですね そして東京では桜が満開。春爛漫。皆様おかがお過ごしでしょうか?

全く仕事とは関係ない話なのですが、先日私は時間があったので普段できない事をしようと思い、ある女性シンガーのCD11枚組を続けて聴く事に。

madonna

女性シンガーとはこの方。MADONNAさん。私が10代の頃からの息の長いシンガーです。
何かと話題のつきない、そして50代とは思えないBody。女性としては憧れますよね〜

そしてこのCDをずーーーーーーーっと聞いていたら。

すごい!音楽が進化している!

デビュー当時はユーロビートの流れを組んでいる感じで、ボーカルとリズムが協調している感じ。
そして徐々に曲調が変わっていって、ボーカル抑えめでリズムが前に出る感じに。

そしてリズムがメインになった初期の頃は、例えるなら、タン・タン・タ・タタ、タン・タン・タ・タタのようにいくつかの規則性を持った小節が繰り返し使われる形なんだけど、そのうちに、ボン・ボン・ボン・ボン・ボン・ボン・ボン・ボン... のようにずーーーーーーーーっと単調なのです。完全にボーカルおまけです。

これ時代に当てはめると、ディスコシーンからクラブシーンへの変化なのです。

MADONNA恐るべし。常に進化している。

結局11枚全部は聞かなかったんだけど、しばらく聞いているとMADONNAが意識的に曲を作製して流行を仕掛けているのがわかる。

すごい〜一流とは常に進化しているものなのですね。

ふと。自分はどうだろうかと。

私は職業柄歯を綺麗にする事が仕事なんだけど、その進化って...

何の仕事でもそうですが、常に目の前の人に感動を与え続ける人が生き残る。
長く人から支えられる人というのは常に人の心を動かせる人。

リップデザイナーとして人に感動を与え続ける事ってなんだろう?

と休日にも関わらずくだらない事に頭を使っている私でした(*´Д`*)

さて。いつもnaomiブログをご覧頂きまして有り難うございます。そしていつもご来院有り難うございます。先日始めました一般の方向けの歯のクリーニングも、ボチボチお問い合わせを頂いております。

そして有り難い事に、お問い合わせだけでなく、実際のご予約もボチボチ頂いております('▽'*)ニパッ♪

歯科衛生士の私にとっては驚くべき事実。誰が想像するでしょうか?歯科衛生士のブログを見て、歯科衛生士のクリーニングだけを希望する患者様がいるなんて。

通常は治療目的で来院された方の歯石除去をするのが一般的な歯のクリーニングで…(本当は私はクリーニングとは呼びたくありません。一般的に行われいるのは単なる歯石除去に過ぎない。歯石とりと歯を綺麗にすることは同じではありません。)

実費をかけてまで歯のクリーニングを、つまり歯を綺麗にしたいと思う人がいる事に驚くわけです。

日本人は口元の美しさに興味がない。

よく歯のクリーニングって歯石除去ですか?と質問されます。歯石除去ではありません。歯に付着している有りとあらゆる物を取り除き、文字通りクリーニングですから美しく綺麗に仕上げることです。

歯石をとっても美しくはなりません。でしょ?

常に進化。歯を綺麗にする一流のリップデザイナーになるために。

頑張るで。



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんはnaomiです☆

今日は久しぶりに、naomiの誕生の続きを書いてみたいと思います。

第8回まで書いて、そのままになっていたのでしたご興味ある方は、リップデザイナーの誕生を読んでくださいませ♪

さてホームヘルパーの学校に入ったnaomi。

先日naomiが葬儀のお手伝いをしたMちゃんとはこの学校で知り合いました。

入学式は雨の日で。初めて声をかけられたのがMちゃんでした。

それからは駅から学校までの道をテクテクテクテク。学校までの道は住宅の裏道でしたから、テクテクテクテク・・・アスファルトがまぶしかったな

学校は15名ぐらいだったかな・・・年齢もまちまちで、上は48歳、下は21歳。

バツイチのママさんも2人ぐらいいたりして、本当、楽しかったです☆

職業訓練校ですから、みんななんらかの理由で仕事を辞めて来た人ばかり。

卒業する時、クラスメートのWさんが“ここでは本当に命の洗濯をさせていただきました”って言ったのが今でも心に残っています。

みんな仕事をやめて、不安と希望の入り混じった気持ちで来ていたことでしょう。

naomiも前職場をあまりよいやめ方をしていなかったので、人間関係のトラウマができていました・・・だって、後輩衛生士に、「なんだよ、(掃除)終わったんなら言えよ(チッ)」って影で言われたんだもん・・・

とうとう我慢できずに退職

女の職場って本当、怖いだから歯科衛生士に戻るのは本当に勇気が入りました。

でも、また戻ろうって思えたのはヘルパー学校の仲間がいたからかもしれない^^

戻っていなかったら今のnaomiはないからなあ。

ヘルパーの学校は半年間の全日制で、毎日朝から晩まで学生です。

いろんな授業があって、いろんな先生がいました。みんな個性的だったな^^;

ほとんどが現場の看護婦さんやケアマネージャーさんとか、お医者さんとか。現役でした。

実習は、特別養護老人ホームにもいったし、デイサービスにも行ったし、障害者施設にも1週間行きました。

排泄の介助もしたし、おむつも洗いました。トイレも汗だくになって掃除したし、食事の介助もしました。利用者さんと鶴も折ったし、パタパタ鶴を折ったら、次の日から先生と呼ばれて・・・

排泄介助をしながら胸を触られたこともあるし、いい肌してるねーとなでなでされたこともあります(爆)

またまたふざけちゃってー、そんな元気があるなら、大丈夫ですねーなんて笑い飛ばした毎日でした^^

今でも思い出に残っているのは、レポートの宿題。

1人1つ、おむつを渡されて・・・

おむつをして一日過ごして、感想を書くというのが宿題でした。

おむつをして介護を受けるということがどんな気持ちなのか自分で体験しなさいということだったのですがやるとなったらとことんやるのがnaomi流。

まずはお小水^^;おむつをしているとは言え、勇気がいりました・・・元気な人がおむつをしなければいけなくなるというのは・・・ねぇ・・・

お小水はしたいけど、理性が邪魔してなかなかできませんでした。

すごくショックです。

そして、もちろん、大もしてみました^^;さらに勇気がいりました。

自分でも、ここまでやる?と思ったけど、何事も自分が体験しないとわからないから(笑)

動けなくなったら、このままじっと人が来るまで待っているのか・・・と思うと、人間として、切なくなりました。

日本は寝たり大国だから。

病院に入ると寝たきりにされてしまうのです。入れ歯もとられ、食べられないので管を入れられ、お口のケアはしてもらえず、肺炎になって亡くなってゆくのです・・・

話が反れてしまいました。

こうして半年の学生生活を送り、無事ヘルパー1級を取得し、晴れて卒業となりました。

卒後の進路は、また次回☆


花の歯科医院Dr.IritaniOfficeはこちら☆

人気急上昇中KoiちゃんのAkoブログはこちら☆

naomiお勉強ブログはこちらさぼってます^^;

映画大好きアシスタントSachiちゃんブログはこちら☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ