顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:マイクロハイジニスト


☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

先日、ある出来事を思い出しまして...世界で歯科用顕微鏡を用いたクリーニングをしているのは日本の歯科衛生士だけだと思いますが、その歴史の進行を大幅に遅らせたと思う出来事。

日本の歯科衛生士が学術的でないがために、歯科衛生士という職業は全く進歩しない。
残念ですがこれが現実。

大きな目で見ると本当に残念なのですが、まあそんな世の中の事を考えず、自分の患者様を幸せにする事を考えるのであれば別に歯科衛生士の歴史がどうとか...関係ないんですけどね 

さて。今日もせっせと患者様に幸せを

初めてクリーニングされる患者様。皆様ほとんどの方がどこかの歯科医院で歯のクリーニングを受けていますが、たいてい当院で初回の時は出血いたします

 なぜか?それは炎症があるから。

炎症があると言う事は細菌がいるという事で、細菌をやっつけようと体の中心部にある胸腺から免疫細胞が血液に乗ってどんどん運ばれてきて、血液が集まるから歯肉がパンパンになって、パンパンだからちょっとした刺激で出血する...

歯肉溝ってイメージするなら、爪と指のお肉の間。この間に点のような歯石があるだけで出血がドバドバしてくる

SRP1

右上6番と7番の間。口蓋側。エアーを吹いただけで出血。歯肉の中を除くと縁下歯石が見えます
    
SRP3

最初は見えないのだけれど、歯肉が緩むとこの通り。はっきり大きな歯石が見えます。大きいといっても厚さ1.5mm程度。

SRP2

もっとよく角度を変えてみればその奥は深い。

SRP4

歯石を取りながら角度をかえてフィニッシュ。根面に凹みがあって、これは解剖学的に歯周病にかかりやすい形態。

こんなの取れないよね...1mm単位の器具を手を変え品を変えしてチョイスして除去するのだもの。一筋縄ではいきません。

この1mmの歯石を除去するのに20分。え?遅い?下手?(笑)すみません。

たかが1mm足らずの歯石ですが、この歯石がゆくゆくは歯槽骨を溶かし、とりかえしのつかない歯の喪失に繋がる訳です。

さて。明日も満員御礼。患者様のために。ガンバッペ



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

いつも歯科用顕微鏡を使って仕事をしていると、当たり前だと思ってしまうけど、日本の歯科用顕微鏡の普及率が5%で更に歯科衛生士が使用していて、更に当医院で使用している稼働域の広い顕微鏡をしている確率は本当数%

ある歯科衛生士さん達は、歯科用顕微鏡を「老眼鏡」とか「モチベーションのツール」とか言って、年をとっても顕微鏡があれば歯科衛生士として輝けるって...私からしたら、アホかと思う発言をしてるんですけど。

だいたい、医科でも顕微鏡使っているけど、例えば眼科とか。眼科の先生、学会の発表で「顕微鏡は老眼鏡代わりです、顕微鏡があれば年をとっても患者さんを診察する事ができます。」なんて発言するか

違うでしょ。顕微鏡でしか見えない世界があって、使う事で治療の精度が上がるから使うんでしょ。

見えるってこういう事です。

SRP1

右下7番の近心。歯周ポケットは締まっているけど、空気をかけるとポケット内に歯石が見える
ポケット幅は1.5mm程度。でも、深さは2mm。深さに問題はないけど、でも出血を認める

出血するという事は、バクテリア(細菌)が存在しており、免疫反応が起きている、つまり炎症があるという事。炎症が続けばいつの日か歯槽骨が吸収する。

歯石を除去せねば

SRP2

幅は探針が入る程度。

SRP3

キュレットスケーラースタンダードの幅で精一杯。ギリギリ。油断すると歯肉が切れる
それでもスタンダードを使用した理由は、ミニファイブよりもエッジが長い。頬舌側の根面に沿って滑沢にしたかったから。歯肉の薄皮が乾燥して剥がれたけど、結合組織には損傷はない。

ただしもともと炎症があり、出血していたし、内面触るんだから一過性に菌血を起こすよね...
いつも処置するたびに菌血の事を考える...

SRP4

除去の後はこんな感じ。歯間乳頭には傷をつけず。除けて歯石を除去する

道具の選択も重要である。超音波でも除去できたかもしれないが、根面の滑沢化を思えば、根面に大きな面積であたるキュレットスケーラーの選択がやはり良い気がする

歯石を除去するだけだとするならば、超音波でもよかったが、超音波を挿入するには、ポケット幅が狭過ぎる。もし歯肉内面に余計にスケーラーが当たれば内面が削ぎ取られで大量の出血を起こす

キュレットスケーラーなら手作業だから不必要に削ぐ可能性は少ない。ただ確実に根面に沿わせて歯面に沿ってスケーラーを引き上げて歯石を弾かなければ、根面にうっすら歯石を残す事になる。

瞬時に様々な可能性が浮かび上がり、その中で器具を選択する。

やや組織を乾燥し過ぎた感はあるが...ときっと皆がどうでもよいと思っているような事をいつも考えている(笑)

これが私、マイクロハイジニストRが行う、マイクロスケーリングR毎回が外科処置。

確実に歯石やプラークをコントロールできれば出血しない歯肉を作り上げる事ができる。

初回のクリーニングを受ける方はほとんどが血まみれ。それは普段ポケット内のプラークを除去された事がないから。自分ではその部分までの手入れはできないので、ずっと最近の温床となっている。

初回クリーニングを終えて、メインテナンスにきちんと通われる患者様は出血しなくなってくる。

私が患者に教えられる。きちんとプラークコントロールするとこんなにも歯肉が変化する事を。

さて。明日もガンバッペ






 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

気がつけば、最近は感染の事をメインに書いておりまして、顕微鏡のネタを書いてませんでしたね...

このたび、私、マイクロハイジニストnaomiのムービーが出来上がりましたので皆様にご紹介したいと思います

手前味噌ですが、世界的にも歯科用顕微鏡を用いて歯のクリーニングを行っている歯科衛生士は少ないと思います。
日本の歯科用顕微鏡の普及率は5%だそうです。この5%は歯科医師の治療で使っているのがほとんどですから、歯科用顕微鏡を扱う歯科衛生士だそれだけ少ないかご理解いただけるかと思います


 

プラーク(細菌)を除去するマイクロクリーニング 、歯石を除去するマイクロスケーリング、ステインを除去を始めとする歯を綺麗にするマイクロホワイトニングを紹介していますマイクロハイジニスト、マイクロクリーニング、マイクロスケーリング、マイクロホワイトニングはいずれもイリタニオフィスの登録商標です

昨日、患者様のポケットを除いていたら、すごい不思議なものを見ました。
ポケット内面に、穴が空いてるの顕微鏡ってすごい見えるんです。いつも不思議な思いで見ているのは、付着。付着って何でしょうね。歯に吸い付いてるんだけど、その吸い付き方が不思議でたまりません。

こういう事を観察するのが顕微鏡を使うという事です。付着の原理がわかれば、もっと歯周病が治せるかもしれないし、ブラッシングの仕方も変わるかもしれない、日々研究だよ。それが進化でしょう。

また次回にでもポケットの穴の話はするとします 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様こんばんは
チームマイクロハイジニスト☆チームリーダー歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

今日は待ちに待った選挙皆様は選挙に行きましたか

どの人どの党を選ぶかは個人の自由ですが、なんとも...日本の未来はどうなるのでしょうね不安がつきないのは私だけでしょうか...

しかしながら人を当てにしていても仕方ありません未来は自分で作るもの。なんともならない大きな渦はありますが日々自分のやるべき事をコツコツと。日々精進しようと思います

私に出来る事と言えば、この仕事しかありません...あこの仕事だけはありますでした。「しかない」と言うのはマイナス思考なのでプラスに転じようと思いまして

さて。先日の歯科用顕微鏡アシスタントのYUちゃんに取れと責っ付かれたセメントの除去をUPします

右上6番と7番の隣接面です。親知らずを抜いた事をきっかけにやや歯が少し動いてコンタクトが空いて来ました。フロスは緩いですがぎりぎりパチッとはじきます。

cement1

7番の近心にセメントが付着しています。おそらく、セメントの感じから察するに7番にインレーを装着した際に残ったレジンセメントです。レジンセメントレジンセメントの硬さは歯科医師の方なら想像できるかと思いますが、接着という意味ではとても有効なセメントですが、裏を返せば硬くてとれないやっかいなセメントです

角度を変えて見ます。探針を使用してセメントを除去して参ります。

cement3

正直とてもシビアです。この業界の方なら探針の先端が1mm以下である事をご存知だと思います。しかもこれは通常の探針よりも細いヒューフレディーの3Aの探針です。この探針が入らない、歯と歯の間のセメントを除去するのです。

cement2

歯には生理的動揺がありますのでそれを利用して横からウェッジを入れて歯と歯の間を広げて探針が当たるようにします。とは言っても、生理的動揺には限界がありますので探針が完全に入るまでには広げられません。

歯科医師であるならば、麻酔をして歯肉に多少傷がついてもウェッジを深く入れる事を優先し、確実にセメントを取るかもしれません。

しかしながら私は歯科衛生士である以上麻酔はできません。

どんな処置でも、無麻酔で痛みなく、そして組織の侵襲なく処置する。そこが歯科医師とは違います。そして痛みのない、組織に侵襲の少ない処置は、歯科医師が行う以上にシビアな処置です

cement4
 
いかがでしょうか?もう少し拡大します。

cement5

歯科衛生士として患者様のお口の中を拝見していると、いつも思います。

人工的な物に完璧な物はない...

どんなに顕微鏡を使おうとも、どんなに最大限に拡大しようとも、どんなに歯科医師の腕が良くても、所詮人工物であり、継ぎ接ぎなのです。そこが軟組織とは違うのです。

手の皮膚は軟組織であり、怪我をしても自然治癒します。しかし歯は硬組織であり硬組織に自然治癒はありません。絶対に元には戻らないのです。

だから、歯を治療させない事が大切なのです。あ、誤解のないように。虫歯があるのに治療しないという意味ではありません、虫歯にさせないという事です。

ふうっ。

セメントが取れてよかった

歯科衛生士は顕微鏡を使って歯石の除去だけをしていればいいという物ではありません。
お口の中で虫歯や歯周病の原因になりうるセメントや不良補綴物の修正も大切な仕事なのです

患者様に言われます。

「ここまでしてくれる所ないんですよね。」

そりゃあそうでしょうね。私だってやりたくないもの。患者様にもそう言ってます
「取れるかどうか自信がないので、できる事ならやりたくありません」ってね

(しかもウェッジを使ってセパレートするなんて、そんなオタクな衛生士、多分私以外にいないと思います。)

でも取りますけど

歯科用顕微鏡を使う歯科衛生士の処置はとてもシビアです。処置の録画撮りに使っている歯科衛生士さんも多いようですが、結果が全て。やってますじゃなくて、術前、術後、結果が出てこそ使っていると言えるのです

当医院のチームマイクロハイジニストはこのシビアな処置ができるように日々トレーニングをしています。それはそれは血の涙が出ます

顕微鏡を使った処置を歯科衛生士が出しているのはとても少ないですね。そりゃあ出せませんよ。そう簡単に使えませんから。歯をクルクル程度なら出せるかもしれませんけどね。

イリタニオフィスのチーム☆マイクロハイジニストは歯科用顕微鏡の特性を活かし、顕微鏡だからこそできる歯科衛生士の処置を行っています。

まだ担当の歯科衛生士さんがいない方はぜひ、チーム☆マイクロハイジニストのクリーニングを受けに来て下さいね

**************************
チームマイクロハイジニストのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士Kimちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

**************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ
顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントAkiさんのブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは
チームマイクロハイジニスト☆チームリーダー歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

気がつけば12月も中旬。今年もあとわずかですね。皆様、今年はどんな一年でしたか?

私は激動の1年でした。今年の夏は本当に暑かったです色々な意味がありますが...とにかく頑張った1年でした

残念ながら結果は出せませんでしたけど...

今日、ある患者様がメインテナンスでお見えになりました。なんと、早期リタイヤで海外に留学されるのだそうですすごいっ

いろんな生き方があります

さて。そんな患者様の右上6、7の間にセメントがコンタクトややゆるめだけど完全なセパレートではない、幅1mm以下の処置。

「うへ〜厳しいなぁ...」

 と心の中で呟いた瞬間。なんと

「〇〇(←器具の名前)ですか

顕微鏡アシスタントのYUちゃん

え?何?YUちゃん、今、このセメント取れって言ったの(笑)この厳しいセメントを取る

笑えますよね〜私が取れるかどうか難しいなぁと思っているのに、いとも簡単に勿論とりますよね?naomiさんと私に取らせようとするアシスタントYUちゃん。恐るべし(笑)

そりゃあね、言われなくても取りますけどぉ...

普通無理でしょ

普通の歯科医院では、歯科衛生士にアシスタントが付く事はありません。そして、歯科衛生士が行った処置を患者様が見る事もできません。だから歯科衛生士の腕を誰も知らないし、知る事もできないのです。

ですから、イリタニオフィスで歯科衛生士を務める事は超シビアなのです。

今朝ある所で呟きました。

最近乱発される認定衛生士の称号。認定衛生士って誰が認定して、誰に向かって仕事をしているのか?学会の先生達に認定されたって、それ意味あるの

結果を出さなければならないのは、患者様へでしょう

歯科衛生士は誰を向いて仕事をしているのでしょうか?

少なくとも私が衛生士校を卒業した20年前からこれからは予防の時代と言われてきて、未だ日本国民のフロス率は5% だそうです

これって歯科衛生士の怠慢じゃないですか?全然結果出してないですよね金儲け学会の資金繰りに利用されてる場合じゃないんじゃないの

仲良し倶楽部で認定されて自己満足に浸ってないで、患者様から「あなたが一番」の認定をされるように仕事をするのが本当の歯科衛生士なんじゃないかなぁとnaomiは思うけど

シビアな症例写真が...ない...忘れてきた模様...

写真は後日掲載します

**************************
チームマイクロハイジニストのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士Kimちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

**************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ
顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントAkiさんのブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ