顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:マイクロスコープ


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 
****************************************

今日はあいにくの曇り空皆様、天気に負けずに、今週も頑張って行きましょう

さて、先日、クインテッセンス出版から、歯科衛生士向けの初のマイクロスコープ教本「明日から使える!歯科衛生士のマイクロスコープ活用法」がついに登場しました

dental hygienist book


2011年11月に第8回日本顕微鏡歯科学会学術大会で第1回の歯科衛生士シンポジウムから、早7年。
学会でも認定の歯科衛生士が増えたようでやっと教本が発売される事になったみたい

私は、アウトローなので、 学会員ではありますが、認定は取得していませんし、今回の本に出ているわけでもありません

しかしながら、歯科用顕微鏡を扱う歯科衛生士としては、この歯科衛生士の歯科用顕微鏡を使用するという分野が発展する事はとても嬉しく思います。

毎年、顕微鏡のイヤーブックを見て、この分野の進歩は確認しているわけですが、今回の本を見て、やっと歯科衛生士の拡大率がここまできたか〜と嬉しく思いました。

処置前の確認はかなり高度なレベルを感じました。いくら顕微鏡を使用していますと言えども、きちんと見えなければ意味がありませんからね。

しかしながら、処置後の写真がほとんど出ていなかったなぁ。。。

たとえ歯科用顕微鏡があって、歯石を確認できても、歯石を除去するのは至難の技。

心から私も誰かに教えてもらいたいのですが...自分で考えるしかありませんかね。。とほほ

20150311kenbikyou


メインテナンスの患者様です。右上7番を口蓋側から見ています。

20180318_SRP1

いかがでしょうか?歯肉の状態。辺縁に発赤もなく、辺縁もしまっているように見えます。
ただ少し、歯面から離れている感じはありますが、特に病的には見えません。

歯科用顕微鏡があっても、拡大するだけではその持ち味を十分に生かしているとは言えません。
顕微鏡があるだけでは、ただの拡大する器械。そこに歯科衛生士の力量が加わって、本当の力を発揮します。

20180318_SRP2-1

私の場合は直感的ですが。。。ポケットの中を覗きます。よくよく見て下さい。小さすぎてきっと何を私が見ているかわからないと思います。矢印の先の白い点が歯石の角の部分です。

当医院では、処置後に処置を動画を見せながら説明します。その時に、あまりにも小さすぎて説明しづらい。。。というのが目下の私の悩みです。

20180318_SRP2


歯肉をよけて見ます。なぜよけてポケット内を確認する気になるかと言えば、それが先ほども申し上げましたように臨床的な感でしかありません。 

しかしながら、この「臨床的な感」ひらめきとでも言いましょうか。これがとても大切だと思っています。私は、歯科衛生士は五感を養う事がとても大切だと思っています。
 
患者様にも申し上げますが、こんな小さな歯石、付着しているからと行って、すぐに何かが起こるわではありません。しかしながら、目に見えない細菌が初発で引き起こしてくる歯周病の世界からすれば、目に見える歯石というのはかなり大きな存在となります。

そして、歯石は歯肉の状態が良いとポケットが締まってしまい、中に歯石を残したまま見えなくなってしまいます。歯石は見えた時が取りどき。

先ほども申し上げましたように、顕微鏡はただの拡大する道具にすぎません。
歯科衛生士の感が「ポケットの中に何かあるはず」 と働いてくれなければ、この歯石が見えないという事になります。下の写真が術後です。

20180318_SRP3
 
いかがでしょうか?違いがわかりますか?この画像を見ても、違いがわかりにくいと思います...ですが、私がメインテナンスを思う上で、私がしたい処置はこのレベルなのです。この小さな芽を摘まない限り、歯周病は起こりますし、また再発します。

だから、患者さんとの信頼関係がとても大切だなと思います。

画像を見せても、写ってはいるけれど、その意味を理解して頂くのは非常に困難です。

私を信じて信頼を置いて来て下さる方だからこそ、この処置ができます。
だって、この歯石は私が何年も取り残して来た歯石だからです

わざと除去せずに、毎回除去して回数を稼いでいるんじゃないか、そう思われているんじゃないかと時々思いますでも、もしそう言われたら、たとえ冗談だとしても費用はお返しして2度と担当するのはやめたいと思います。

この小さな歯石の除去、見えているのだから簡単だろうと患者さんはおっしゃるかもしれません。

とんでもない歯石は小さくなればなるほど除去するのが困難になります。ものすごく集中しなければ、歯肉を傷つけますし、歯肉の中からは歯肉溝滲出液と言って液体が噴水のように溢れて来ます。そして炎症があれば出血も。すぐに見えなくなってしまう歯石を除去するのは、ほぼ自身をすり減らして行う処置です。

集中力は医科の手術に匹敵すると私は思っています。

歯科衛生士向けの教本でさえ、術後の症例が少ないように、顕微鏡で見えても除去できない歯石はたくさんあります。

しかしながら、歯周病の治療や予防は歯石の除去だけが大切なわけではありません、正しい口腔衛生士指導や、食生活など歯石の除去以外にも大切な事がたくさんあります。

トータル力。それが歯科衛生士に求められる力です。

ちなみに、今回の症例で、なぜポケットが緩いのか疑問に思いませんか?

なぜここに歯石が付着しているのか?なぜ付着していたのか?そしてこれからどうなるのか?

この患者さんは時々今回のように歯肉縁下歯石が見えて、除去しています。プラークコントロールは悪くないし、表面上の歯肉の状態も良い。出血もほとんどない。

では何がリスクか?

咬合性外傷です。咬合面のゴールドインレーの曇り。頬側咬頭の咬耗による歯牙形態とインレーの形態。つまり過重がかかっている事が予想されます。もしこれで、生理的動揺を超えた揺れがあれば歯科医師の診察にまわします。

その時に、この歯牙だけでなく、反対側の接触や、前歯の接触も確認します。

歯科用顕微鏡はただの拡大する道具です。

大切なのは、歯科衛生士の本来の力なのです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

すごいびっくりした

クインテッセンス出版株式会社のトピックスに第8回日本歯科顕微鏡学会学術大会のことが書いてあり、なんと、歯科衛生士シンポジウムの後の表彰式後の記念撮影の写真が掲載されていました

中央の白いスーツがわたしくです

quint

http://www.quint-j.co.jp/web/topic/topi.php?no=977

今回はUストリームで動画配信されたり、初の歯科衛生士シンポジウムが行われたりしました。

個人的には自分の写真が掲載されているのがうれしいのですが、それよりも、歯科衛生士シンポジウムに注目してくださったことが非常にうれしいです。

歯科医師のみならず、歯科衛生士が歯科用顕微鏡を使用することは、とても意味があることだと思います。

ましてや、歯石の除去は歯周病の予防にかかせないですし、その精度が上がれば、多くの患者様が救われます。

私はこれを本当の意味での、予防的歯石除去と呼んでいます。

歯周病罹患した患者様の治療を目的とした歯石の除去や、再生療法などの治療行為は歯科医師の行うべきものであり、歯科衛生士はミニドクターではありません

ポケットが3mm以内で浅くても、歯石がたくさん付着していますし、症状がでないうちにこれらを除去することは、本当の意味での予防的歯石除去です

先生方は日々忙しく、予防的な歯石の除去をする時間はありません。

そのような暇があるのなら、治療で患者様を救ってほしいと私は思います。
なぜなら治療は私達歯科衛生士にはできないからです。歯科医師しかできない。

だとすれば、やはり、治療ではない予防分野での歯石の除去は歯科衛生士が担うべきで、そのためには、歯科用顕微鏡は大きな武器となることでしょう。

今後、ますます、多くの歯科衛生士さんが、歯科用顕微鏡に興味を持ち、この分野が発展することを望みます
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

都内某所。

セミナーに参加してきました。(o^^o)

「発想の転換で進化するプロフェッショナルケア〜視点が変わる・意識が変わる・ケアが変わる」

「MIフィリングシステムの臨床〜そのサイエンス&テクニック」

セミナー後にショールームを見学^^*

a202cd0e.jpg吊りの歯科用顕微鏡を体験しました〜♪

うむうむ。スムーズ☆

あ。。。なんか姿勢悪いな^^;
っていうか、ユニットの上げ下げ方法がわからなかった!(笑) 

ダメだよ〜こんな姿勢でマイクロ覗いちゃ(爆)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは〜歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです

私が、うちの医院には、歯石がついている患者様が少ないので、症例がないと言うと、お師匠様が言いました。

naomiがやっていればそのうち患者は増えてくる。

その通りかどうかわからないけど。。。確かに、最近歯石をとる時間が増えています

右上6番遠心。

16

実際にポケットにエアーをかけると、見えます、歯石。

16-2


左上6番遠心。

26

エアーをかけると、見えます、歯石。

26-2

さて。これを除去するわけです。

┣¨キ(๑゚д゚๑)┣¨キ┣¨キ(๑゚д゚๑)┣¨キ

大切なこと。

歯科衛生士としてきちんとした診査、診断(厳密に言えば歯科衛生士は診断できない)をすること。
視診、レントゲン像、ポケット測定などなど総合的に判断して、的確な処置を行う。

けして歯科用顕微鏡を使った処置がすごいのではなくて、診査、診断がなければ意味がない。むしろ、診査、診断なくして何を使っても無駄というものである。

*********************




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆顕微鏡歯科衛生士@naomiです

歯石除去は奥が深い

日々、歯科用顕微鏡を使えば使うほど、その奥深さが身にしみます

メンテナンスの患者様です。

右上7番の遠心です。プラークが認められます。

17-1

もう少し拡大してみます。

17-2

プラークが厚くついていますプラークを除去すると、歯頸部に歯肉に沿って歯石が付着しています。

BlogPaint

なんだってまた、際どいところに歯石がついていますよね〜泣けてきます。。。

はて、見えたからと言って、これ、どうやって除去するねん
この歯肉に近接したこの場所で、はてさてどうやって除去するのか?

naomiは超音波スケーラーが好きじゃありません

様々な考え方があると思います。

私は見えないところに超音波を当てるのが、怖くて、今までも歯肉縁下の歯石を超音波で除去したことがあまりありません。チャレンジはしたけど、怖くて辞めてしまいました

ポケット内の歯石除去は盲目的作業。ハンドスケーラーの場合はまだ手先に根面の感覚が伝わってきますが、超音波スケーラーの場合は、振動するし、歯石に当たっているのか根面に当たっているのかわからない 根面は柔らかいし、私の感覚や技術では無理ーーーーーーーーっ超音波は縁上に限る!と思って。
(あくまでもnaomiの場合です

昔ながらのハンドスケーラーでのスケーリングをしてました
今時って感じですけどね。古い歯科衛生士です。

(あ。でも、これ縁上歯石か(笑)でも最後臼歯の遠心なんて無理だろ〜
歯科用顕微鏡がなかったらいくらミラーで映したとは言え、点にしか見えないし

でも歯科用顕微鏡を使って歯石を見ながら超音波スケーラーで丁寧に歯石を除去すると根面が美しく仕上がるのがわかります。

ところでこの右上7番の遠心にどうやって超音波スケーラーを入れるのだ
チップが当たらないぞ〜〜〜

またも心の中で葛藤です。

無理〜こんなの見えたからってとれないよ〜どうやってとるねん

そう思うけど、でも、取ります。
だって歯科衛生士のはしくれだもの意地でもとります。あきらめない。

17-4

ふうっ

いかがでしょうか?こんなもんでよいでしょうか?

でも、今日の主役は私じゃありません。

今日の1番星は手がしびれながらも歯石が見えるようにエアーをかけ続けてくれたり、吸引してくれたアシスタントのsachiちゃん

でもnaomiとsachiちゃんの共通意見。「一番大変なのは患者さんだよね
患者様が主役です

心やさしいアシスタントsachiちゃんなのでした

さて〜来週も頑張りまっさー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆
歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)使用中@歯科衛生士naomiです

今日は日曜日ですが某病院の内覧会に行って参りました。世界最先端の病院です。
ここはインプラントがメインの日本一の病院です。オペ室の様子です。すごかった

nairankai
 
日本一の病院の見学はとても刺激的。私ももっと頑張らなくっちゃ。
歯科用顕微鏡に特化した歯科衛生士に頑張ってなろう!と心あたらに思うnaomiなのでした

歯科用顕微鏡が導入されて数ヶ月。歯科用顕微鏡が導入されたことで、私の診療は180度変わりました。その精度は今までの比ではありません。全く別物。

ポケット4mm以上の歯石はとれないって論文的に言われていますが、実際に見てみると、ポケット3mmの縁下歯石だってとれないものはとれない。

メインテナンスの患者様。

1年ぶりの来院。全顎的な歯肉の発赤と腫脹を認めます。以前から見ている患者様ですが、歯肉縁下に歯石があることは重々承知でした。歯科用顕微鏡が導入されたので、1歯ずつ確実に歯石をとることに決めました。

この患者さんの歯石除去ははすごく困難。感覚的に言えば、根面がざらついていて、根面と歯石が一体化している感じなのです。盲目的なアプローチは危険。以前からそう感じており、プラーク除去を中心としたメインテナンスで経過を追っていました。

今回は一番骨の吸収が認められる右上3、4番を中心にアプローチすることにしました。

gingivitis1

辺縁のプラークを除去しただけで自然に出血。炎症が強い。

gingivitis2

3番の遠心にエアーをかけます。

ポケットが緩んでいますので、エアーで開きます。何か見えます。歯肉との境界線にコロニー状のプラークがあるのはもちろん、ポケットの中にもプラークらしきものが見えますが視診で歯石は確認できません。しかも、これ以上ポケットは開かない。

gingivitis3

歯石除去が難しいと思うのはこういう時。
そして、歯科用顕微鏡がすごいな〜と思う瞬間でもあります。

歯石をとっているうちに、少しづつポケットをよけているうちに、ポケットが徐々に緩んできて、歯石が直視できるようになる。歯石がプラークでくるまっている。コルの辺りに大きな歯石が確認できました。

gingivitis4

ちなみに、このポケットの深さは3mmです。

もしかしたら、今までの通りのアプローチで、手の感覚に頼り超音波スケーラーやハンドスケーラーで歯石を除去することができたのかもしせません。

naomiはこの状態では超音波スケーラーを使うことも、ハンドスケーラーを入れる事も怖くてしていなかった。歯間空隙の歯肉が薄くて、間違えて歯肉を切れば歯肉が下がります。

写真ではかなり歯肉が開いているように見えますが、実際には2mm程度。

歯石はとれない、歯肉は下がるでは患者様に申し訳ない。歯周病の原因は歯石ではなく細菌ですから、それなら定期的にプラークを除去した方がいい。私の腕がないばかりの判断です

gingivitis5

OK!除去できました。

ちなみに、↓これ、隣の4番の口蓋側の近心を見ているところです。
黄色の矢印の所に横に白く見えているのが歯石です。水色が超音波スケーラー。黄緑がプローブです。

BlogPaint

これはどういう図かと言うと、歯石を除去したいのですが、歯肉幅が狭すぎて直接超音波スケーラーのチップを直接入れると、歯肉の側面に超音波スケーラーのチップがあたって、毛細血管が切れて出血する可能性が高い。

だから少しでもその幅を広げるためにプローブを手前に入れて歯肉を避けながら歯石除去している図です。もちろん除去しました。隣接面の歯肉幅が狭くて本当に怖い

いつも思います。歯科医師と歯科衛生士の違い。

それは麻酔ができるかできないか。 

麻酔をすれば、こんな歯肉ぐいっとひっぱっても、痛くないし全く痛みを気にせずに処置できる。でも、歯科衛生士はそうはいかない。そう簡単に麻酔はできない。

この歯はポケット3mm。
 毎回来院するたびに、メインテナンスに来る度に、麻酔をしてポケット 3mmの歯石を除去しますか?除去されますか?

いくら歯石は除去した方がよいとはいえ、毎回麻酔。。。私だったら来院しませんね麻酔痛いもん。

いつも言いますが、一番大切なことは、歯科用顕微鏡を使うことでも、歯石をとることでもありません。末永く患者様にメインテナンスに通って頂くことです。

 来院してくれさえすれば、いつでも歯石をとるチャンスはあるからです。

この患者さんも1年来院が途絶えましたが、また来院されました。
またきてくださったから、今回歯石がとれたのです。

歯石除去は奥が深い。

まだまだ修行中naomiです。明日はお休みムフフ。また明後日から頑張ります☆

***********************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ

顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ

顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ

 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiです。

歯石除去は奥が深いっ!!!

歯石ってすごいな〜唖然とします。

左下8番ブリッジの支台歯です。6、7欠損の 4〜8のロングスパンのブリッジです。

20110518_152245816801(変換後)

この歯を失ったら。。。

38

もう10年近くお付き合いしている患者様です。
この歯はもう手遅れ?そう思いますか?いえいえ、私は最後まであきらめません。

たとえいつかだめになろうとも、その日まで、私ができる最大限の支援を続けるのがnaomi流。

20110518_161455346402(変換後)

ポケット7mm。すでに退縮もしていますから、ほとんど根尖まですね。。。

私が10年近く取り残した歯石です。

でも、肉眼や拡大鏡では、このレベルの視野の獲得は無理でした。医療器機の進歩というべきでしょうか。はたまた、治療技術の進歩でしょうか。

本当に根面を触るのは神経を使います。

20110518_162635613352(変換後)


歯石がとれた根面は本当に美しい。ツルツルなのです。綺麗。あれ。最後に綺麗になった写真をおとしてきたつもりが、うっすら残っているような(笑)いかんなー、ま、いっか。

それにしても。

こんな歯石、歯科衛生士がとるのは無理だよ〜といつも思います。

とるけど(笑)

とれないつもりで処置するんだったら、最初からやらない。

取ると言ったら、取る。気持ちだけは、いえいえ、技術も前向きです(爆)

でも、この歯石の除去は私のお手柄ではなくて、勉強熱心なアシスタントチームの歯科顕微鏡アシスタントsachiちゃんのお手柄です。

彼女がエアーをかけてくれないと、クリアな視野がとれないから。

彼女達、歯科用顕微鏡アシスタントさん達のおかげで、私の処置がスムーズにできて、患者様に大きな支援ができるわけです。

感謝☆感謝

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

あ〜それにしても、画像が暗いーーーーーーーーーー。

この顕微鏡、購入当初から、暗いのです。。。
これ、最大光量。クリアに映したくても機械的が無理。診療に差し障ります。

何度も業者さんに言ってるんですけど(≧ヘ≦) ムゥどうもにもこうにも。

いい加減にしてほしい。もう半年以上ですよーーーーーーーーーーーー。

そのうち、初期不良じゃないと言われそう。っていうか、最初からですからね!!!

お願いしますよーーーーーーーーーーーーー!!!業者さん!!!!

**************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ

顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ

顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんにちは☆歯科衛生士naomiです

今日はあいにくの雨ですね。それに寒い。一雨ごとに春が来てくれるといれしいのですが。

毎日マイクロスコープ。毎日皆さんの歯を見ているといつも思うことがあります。

「歯って綺麗だな〜」え?おたくですか?すみません^^;歯は人間が生まれ持った宝石。そう思います。

例えば、貝殻が虹色に輝くように。象牙の牙が美しいように。歯も美しい。

でも、人間の歯は使うためにある。

命の源、食べ物を取り込むための道具でもあるのです。だから使わなければならない。使えば当然汚れます。

人の第一印象は、その後数ヶ月続くそうです。素敵なsmileは印象的です。
ハリウッド女優さんの歯は白くてとても綺麗ですよね!

歯のクリーニングは、虫歯や歯周病の予防もありますが、社会性、つまり、人とのコミュニケーションにおいても非常に重要なのです。

日本では疾病予防のクリーニングは認知されつつありますが(といっても、全体の2%しかメインテナンスは受けてません)歯を綺麗というところまでは欲求ニードが上がってきていません。

日本は一応先進国なのに、非常に残念に思います。




上顎前歯切端のstain除去です。切端の咬耗した溝の中の着色除去です。

この除去はすごく難しいです。幅わずか数ミリ。当て方を間違えばari polishingで粘膜を傷つけます。チップの当て方、パウダーが飛ぶ方向。見えるからこそ安心です。

天然の歯は光を通します。歯の美しさの秘密はここにあります。

歯の裏側の着色stainは光を遮ります。歯の色がなんとなく暗い、歯に輝きがない、歯がくすむ。
そんな原因の1つが歯の裏側のstainです。

ふう。。。

動画の編集は時間がかかります。。。

でも、動画を編集するたびに、自分の施術の振り返りとなり、まだまだだなーって思うのです。

なかなかお見せできる画像がないものね(笑)

最近はブログで口数少なくですが、日々、そのエネルギーを歯科用顕微鏡に注いでいます。

まだまだ春は遠い。

私の春もまだまだ遠いようです。頑張るぞと。

****************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ

顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ

顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

さて。2011年も始まりましたね!始まったと思ったら、すでに10日が経ちました

今年はなかなかエンジンがかからなくって、今年しなければいけないことになかなか着手できない。。。

朝、もっと寝ていたくてお布団から出られないのと似ています(爆)あ。これはプライベートな今年の目標のことです。

仕事は、今年もひたすら歯科用顕微鏡☆マイクスコープです

09-1

メインテナンスの患者様。
左下6番がしみるとのこと。歯頸部にプラークの付着が認められたので、まずはプラークを除去。

やや歯肉が下がっていますから、知覚過敏が考えられます。

09-2

歯周ポケットもチェック。ポケットの深さはもちろんですが、私が見るのは、ポケットの緩み具合

あ、普通、しまり具合かポケットクロージャーって言うものね。でも、私がこの場合見るのは“緩み”具合。

この場合、ポケット深さはないけど、やや緩みがあります。

これは何を意味するのか?

09-4

歯肉辺縁を拡大します。何か起きてますね。

「歯肉が下がってますから、そのせいで知覚過敏ですね、薬を塗っておきますね。」

大抵はこうなるわけですが、これは対処療法でしかありません。

私がメインテナンスで心がけていること。それは「なぜ?」です。

対処療法で薬を塗るのは治療です。
歯科衛生士の仕事は治療ではありません。予防です。

「この知覚過敏が意味することは何か?」

「この状態は将来にどうつながっていくのか?」と考える。

09-3

咬合面です。頬側にファセットを認めます。大きく咬耗しています。

咬合面はインレーですがインレーの表面がボコボコしています。おそらく接着が悪かったら、インレーが脱離しているか、固さが合わなければインレーが破折、これを放置しておいて、最悪の場合は、歯の破折も考えられますね。

咬合に問題があることが予想されます。対合歯を見てみます。

09-5

上顎6番の頬側にファセットを認めます。

上下の補綴物の素材の違いで、すり減り具合が違うのです。

でも、もし下が擦り減らない材質だったら・・・破折やチッピングも考えられますね。その人の咬合に合わせた素材選びも大切ですね。

接触に問題があるなぁ。。。

もちろん、歯だけではなく、全体も見るわけですが、実はこの方の咬合様式は3級です。前歯は下顎が上顎を被っています。

小臼歯から大臼歯にかけては、ほぼ垂直、やや上顎が頬側に出る感じで正常に近い形ですが、ガイドがなく、臼歯ががっつりあたります。
(写真を持ってくるの忘れた・・・百聞は一見にしかず)

薬を塗って知覚過敏を治療することは簡単ですが、歯科衛生士として、それでは将来歯を守ることはできません。、

何度も言いますが、歯科衛生士はミニドクターではありません。治療をするのではなく、予防をするのです。

私は、知覚過敏の原因の1つとして、咬合に問題があると判断し、ドクターにつなぎます。

歯科衛生士の業務を一言で言い表すことはとても難しい。

将来に渡って歯を守るといっても、その方法にマニュアルはありません。患者様ごとに千差万別。

例えば、今回は咬合様式に問題があることが一番の理由と考えられますが、大きなストレスが原因になることもあります。

それを探り出し、原因を排除することが、将来の歯を守るのです。

歯科疾患は生活習慣病です。その方のパーソナリティーや生活習慣に立ち入らないと解決できないこともたくさんあります。

寄り添う。この言葉がすごく歯科衛生士には似合うとnaomiは思っています。

実はこの方は左下の7番がありません。当医院へ来院された時にはすでにありませんでした。

聞かなくてもおおよその理由はわかります。患者さんに聞けば、おそらくは「虫歯で」とか「歯周病で」ときっと言います。でも、おそらくもっと問題は大きい。

6番を同じ運命にしないように。歯科衛生士である私ができることは、メインテナンスの時によく観察することです。歯を喪失する原因を観察して見つけだす。地味だけど、それがすごく大切。

長くなりました。

メインテナンスは奥が深い。それは当然のことで、私達が見ているのは1本の歯ではなく“人間”だから。

*********************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ

顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ

顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiです

メインテナンスの患者さまです。かれこれ6年以上のお付き合い。

左下8番頬側です。ポケット8mm。ブリーディング(+)。大きな歯石を認めますダイレクトビューです。

08-1

超音波スケーラーを使って除去していきます。綺麗になりました

08-2

ムムム結構深いのです。このポケット。焦点がやや合っていませんが、器具の先に白い物が見えませんか?

08-3

超音波スケーラーでイリゲーションしながら歯石を除去していきます。

08-4

いかがでしょう?こんな感じでよいですか?

08-5

そして。。。これが噂の膿胞?嚢胞?

08-6

今まで何度となく、SRPやイリゲーションをしてきた8番です。

でも。。。私のテクニックでは、歯石がついているのはわかっていても、深い歯石は取れなかった。。。

現時点での、歯科医学論文(エビデンス)では、ポケットが4mm以上存在した場合、デブライドメント(歯石除去)は不可能とされています。

このあたりの文献が参考になるかと思いますが。。。英語が得意じゃないからな。。。

J Clin Periodontol. 1986 Mar;13(3):205-10.
Scaling and root planing with and without periodontal flap surgery.
Caffesse RG,Sweeney PL,Smith BA

J Periodontol. 1981 Mar;52(3):119-23.
The effectiveness of subgingival scaling and root planing in calculus removal.
Rabbani GM,Ash MM Jr, Caffese RG.


だから見えるってすごい。医療は日進月歩。6年前は救えなかった歯でも、6年たった今、救える可能性が、希望の光が見えてきた


患者さんが6年間、私を信じてメインテナンスに通い続けてくれたから。今、その恩返しができる。(あ、まだ結果が出ないから、恩返しかどうかわからないですね(笑))

今日この患者さんがおっしゃってました。


「他の歯医者さんだったら、とっくに抜かれてたわね。」

私は予防を担う歯科衛生士だから。少しでもできることがある限り、少しでも希望がある限り、歯科医師に歯は抜かせないそういう気持ちで日々患者さんと向き合っています

でも、まだまだまだまだ修行中です

*********************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ

顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ

顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ