顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:ポケット1mm


☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】
マイクロスコープホワイトニングスケーリング

完全予約制、個室診療、全過程録画保存
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント 

歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

気がつけば週末

先日右上7番の遠心のインレー下の顕微鏡を使用してのスケーリング(歯石除去)をUPするとお約束しておきながら、なかなかUPできず...

インレーの膨隆が大きくて除去できないかと思いましたが、先日購入したマグネット式スケーラーのチップが歯面にマッチしたのでなんとか除去できました

pre

右上7番遠心です。インレーの下、ポケットの中に歯石を認めます

残念ながあた肉眼ではこの場所の歯石は確認できません。光が入りませんし、ポケット幅1mm。インレーの影になり歯石の確認はできません.

post1

除去する際は、細い器具を使用してポケットを開き、歯石の底部を確認しながら除去していきます

post2


除去完了おそらくこの歯石の除去は自分が施術する方じゃないとわからないと思います。

素人から見たら簡単に見えますが、視野の確保や、器具の到達性などこの部位の歯石の除去は困難を極めます。

やはり、歯石が付着する前に、付着しないように予防するのがとても大切で、歯科衛生士の真の役割は何もないうちに歯への感心を高めたり、モチベーションを上げたりする事であり。付着した歯石の除去を得意技としているようでは本当の歯科衛生士とは言えませんね。

私か(笑)

でもたいてい私と出会う患者様は、ほとんどの方が定期的な歯科医院の受診はしておらず...もちろん、それでも歯石の除去は必ずした事があるとお答えになりますから、歯科衛生士の処置は受けているという事になります。

つまり何がいいたいかと申しますと、世の中の歯科衛生士は自分に与えられた天命も知らず、与えられたチャンスもみすみす逃し、ひいては患者様に不利益を与えているという事です。

本当の自分の仕事の意味を理解していないから、歯石を除去して終わりになるのです。

それが本当に歯科衛生士の仕事なのでしょうか?

歯石の除去はある意味治療の面を担いますので、歯科医師が行えばよいのです。でも時間がないから資格的にさせても問題ない歯科衛生士に丸投げしてくるわけで。

ミニ歯科医師に成り下がり、先生ぶって喜んでいるようでは、歯科衛生士としては失格です。

私が担当する患者様にももちろんいます。

初回の時に、歯のクリーニングを馬鹿にしていて、別に歯科衛生士の診療なんて受けたくないし、まあ歯科医師に言われたから1回ぐらいは受けてやろうかなっていう患者様。

でも、それでは患者様の将来に渡る歯の健康は守れない。

私は予防を担う歯科衛生士そんな事でメゲていられない。真の予防が何であるか伝えなければ患者様を幸せにする事ができない。ここがふんばり所。

興味のない方に自分の話を聞いてもらうのは至難の技です。

しかし、そこがクリアにできるからこそ、多くの患者様が定期健診に来院されます。

私が与えられた時間の中で患者様の心に変化が起きて、行動変容していく。そして受付で次回メインテナンスの予約をとられていきます。

それが真の歯科衛生士の仕事だと思っています。

今日はご縁繋がりで、これからたくさんの方々とご縁がございますように




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】
マイクロスコープホワイトニングスケーリング

完全予約制、個室診療
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント
画像診断(口腔内超高画質画像世界最高機種マイクロCTハイグレードX-ray
3台のPCと5台のモニター
ガスクロマトグラフィーRCR検査位相差顕微鏡

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニング及び一般の方向けクリーニングのみの診察を始めました。詳しくは電話で問い合わせ下さい。

*************************

明日はもう月曜日。プライベートなお休みは10日が最後。週末は先週も、今週もセミナー。通常は月曜日がお休みのnaomiですが、先週も今週も出勤が決まっており、連続仕事に費やす日数13日目のnaomiです(笑)

どんだけ仕事が好きなんじゃ?(爆)

今日も午前中は日本成人矯正歯科学会に参加。午後は2000年から続いている歯科衛生士勉強会en-rondの定期勉強会。掛け持ちです。

さて。最近症例報告をしていないので、症例書きたいなぁ〜と思いつつ、日々が過ぎておりました。

今日も話題になっていましたが、なんでもYouTubeに顕微鏡を使った症例も含めて、歯石除去の動画が結構出ているようでして...最近はホームページやブログで症例を出しているのも目立つようになってきました。

特に顕微鏡は処置が録画できる、簡単にショット(写真)が撮影できるのが特徴ですし、顕微鏡があって症例を出していない医院は逆に言えばやってない、使っていないという見方もできるのかもしれません。

まだまだ、歯科衛生士の顕微鏡での症例は少いので安泰でしょうか?私もめでたく今年40歳になりまして、AKBのマリコ様ではありませんが「潰すつもりでかかって来い!」です。

私達の歯科衛生士勉強会en-rondも今年で13年目。歯科衛生士業界に様々に思う事があり、ついに来年セミナーを開催します!通常は受講生に人気のテーマでセミナーをするのだと思いますが、私達は話し合った結果「私達が次世代に伝えなければならない歯科衛生士として大切な事」をテーマにする事に決めました。

現在の歯科衛生士界は先輩衛生士が築き上げて下さいました。虫歯大洪水の時代を経て歯科衛生士として独立した予防ができる時代へとシフトして下さったのは先輩衛生士の大いなる活躍があったからです。この功績には心から先輩衛生士の皆様に感謝申し上げます。

しかしながら最近は歯科衛生士の本質が見失われていると思う事もしばしば...私達はどの時代にも忘れてはならない、歯科衛生士の本質を伝承して行きたいという思いで、セミナーを企画します。いつか誰かがやってくれると思って過ごして参りましたが、人を当てにするより自分達でやろうという事になり今回の企画となりました。会としてのセミナーは10年ぶりです^^*

また今後の進展につきましては逐次ご報告申し上げたいと思います。

さて。久しぶりに症例を出します。先日ある患者様がポケット2mmでも歯石はありますを読みましたと言われました。

ポケットという言葉は本来は病的な状態呼ぶ言葉です。じゃあ2mmで歯石がある状態は病的と呼ぶべきなのか...? 歯石があるというのは病気なのか?これを除去するのは治療か、予防か...

20-1

皆さんは顕微鏡があれば歯石が見えると思っていらっしゃると思いますが、顕微鏡があっても歯石を見る事はできません。顕微鏡は「見える物」をただ単に拡大してくれる物です。砂の中の見えない宝物をダウジングのように探し当てる物ではありません。

歯石が探せるか探せないかは顕微鏡を使いこなす能力とは別の能力。

20-2

歯石を探す能力、つまりその感が働けば上記のような行動になるわけです。器具(プローブと呼びますが)の目盛りは1mmです。

20-3

深さ1mm。幅1mmのポケット。

20-4

超音波スケーラーで除去。

20-5
 
歯石を除去するための器具の選択。それも能力。

20-6
 
別の角度から見るのも顕微鏡を使う上では非常に大切。1面から見ていると取り残します。プローブで圧排しているので歯肉が一時的に緩んだ状態です。

20-7
 
角度を変えれば開いているように見えません。

20-8

フィニッシュ。

ポケットととは基本的に病的な物を呼びます。 これは病的でしょうか?病的だとすればこれは治療の範囲に入ります。病的じゃないとすれば...これが将来歯周病になるリスクを減らす予防処置という事になります。

顕微鏡のメリットはこの1mmのレベルで歯石が見える、除去できるという事です。しかしながら、歯周ポケットに埋もれた歯石を見つける能力は、その歯科衛生士の力量次第、顕微鏡の力を借りても見えないものは見えません。

それは経験や知識に裏付けられた臨床的感です。

先日お師匠様がおっしゃいました。「師は選ぶべきでありそうそう師は見つからない 」と。歯科衛生士は患者を導く先導者。どの歯科衛生士を選ぶかでお口の未来は大きく変わります。

ポケット1mmでも歯石はあります。それを見つけ出し予防的に除去できるのが歯科用顕微鏡を用いる歯科衛生士であります。

担当衛生士は選びましょう 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ