顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:セメント除去

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

****************************************

新年も気がつけば10日も経ってしまいました。。。

毎日歯科用顕微鏡を使用して歯石の除去やメインテナンスを行なっているnaomi

今日はインプラントの症例です。
右上4番。歯肉辺縁から3mmぐらいのところに、瘻孔があり排膿を認めます。



歯肉を避けてポケット内を見ると、補綴の金属のマージン(被せ物の縁 幅2〜3mm程度)にインプラントを合着(接着)したセメントが見えます。

implant

非常にシビアなケースです
レントゲン上でも上部構造とアバットメントが合っていないのがわかりますこれではセメントも残るわけです。今後もプラークや歯石の付着は免れないでしょうね。。。歯科衛生士泣かせです。

通常、インプラント周囲はプロービングをしない方が良いとも言われます
インプラント周囲はプラスティックスケーラーでプラークを除去するのが良いと言われます 
補綴のマージンには傷をつけるなと言われます

・・・どれもごもっともですが

ではこの症例はどう処置しましょう?

頬側なのでポケット内部の状態は、レントゲンやCTなど、外からではわかりません。排膿あり。どうやって内部を確かめましょう?

あまり気は乗りませんが、実際に触知しなければ内部の炎症具合が全くわからない。つまりプローブで探索したい。

え?せめてプラスチックプローブにしろって?なぜ?

歯石をどうやって除去しますか?

プラスチックスケーラーですか!?
はっきり言ってあんなのゴミです。なぜ誰も言わないのでしょう。
そもそも幅が太すぎてマージンに当たりもしない。ポケットに入らない。探索もできない。
本気で使えとおっしゃる講師を見ると、この人机上の理論屋で、臨床できないor器具の宣伝のため、お金稼ぎに必死なんだなって思います

論文は患者を治してくれません。論文はこの歯石を除去してくれません。

私だって、インプラントのクラウン、もしかしたらアバットメントの上についているかもしれない歯石を鋭利な器具を使って除去するのはやりたくありません

しかしながら、排膿していて、明らかにセメントらしきものが見えて…歯科衛生士としてどう処置すれば良いのでしょうか?

フラップ開いてエアーフローします?当医院でやったインプラントではないから、そちらで見てもらえまたは、放置しますか?

マージンに傷をつけたらいけないって、良く言いますけど、はっきり言って、最初から技工の精度によって荒くなっている時だってあります。傷つけずにプラークを除去しろって言いますけど、石灰化したプラークは鋭利な器具で除去しないと除去できません

インプラントに関してはすごく机上の理論が多い。

マージン部分には、ご飯粒みたいなプラークと呼んで良いのかわからないけど、そういうのが入っている事が多いし、ポケットにプローブ入れない方が良いとか言いますけど。キュッと締まったポケット内部に閉じ込められたプラークや歯石を除去するには器具を入れないと除去できないし、論文通りにやろうとすると何1つ利にかなわない。

インプラントの合着にしても、セメントはダメって言うけど、ネジ止めは緩んで来る事がある。だったらセメントをきちんと除去すればいいんじゃないのだし、マージンラインの高さを埋入位置時に考慮すれば良いし、マージンラインの形態も考慮すれば良い。

もちろんネジ止めっていう選択もあるけど、どちらが良いとか悪いとか。。。ではなく、どちらもアリで、どうチョイスしていくかの方が私は大事だと思う

本当に恐ろしいケースでした。
インプラントの合着のセメントが残っておりそこにプラークが付着して石灰化しマージン全体に歯石が付着したケースです

補綴のマージンに器具を絶対に当てないように、歯石の表面だけにスケーラーを当てています。表面に力を加える事で歯石を分割し除去しました。

ポケットは排膿がありますが、内面も思ったほど炎症の広がりはなく、出血がないのが幸いでした。これはひとえに患者さんのプラークコントロールが良いからで、排膿しているのに矛盾のような気がしますが、原因がセメントや歯石に限局したものであるという事になるでしょう。

この患者さんは数本インプラントを他の医院で入れていらっしゃいましたが、1本は5年程度で脱落。

インプラントはもたない。。。とおっしゃっていましたが、それは誰がどのようにやったインプラントかで変わって来る事だと思います。

インプラントはきちんと行えば、歯を喪失した方にとっては自分の歯を同じように噛める夢のような治療ですしかしながら、その精度は口腔内の状況や術者によって変わって来る。。。

何でもそうですが、誰がやっても同じなんてことはありません。

さて本当は月曜日にUPしようと思った動画が今日になってしまいました残り2日。。。明日1日という方もいらっしゃいますね残り数日今週も頑張りましょう

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【歯科衛生士顕微鏡診療専用個室 】
マイクロスコープホワイトニングスケーリング

完全予約制、個室診療
世界最高のCarzeiss OPMI pico with MORA interface
顕微鏡診療専門歯科衛生士専任アシスタント
画像診断(口腔内超高画質画像世界最高機種マイクロCTハイグレードX-ray
3台のPCと5台のモニター
ガスクロマトグラフィーRCR検査位相差顕微鏡

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニング及び一般の方向けクリーニングのみの診察を始めました。詳しくは電話で問い合わせ下さい。

*************************

連日暑くて夏らしい毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は今日は久しぶりに1日自由なお休み 
とは言っても、位1週間分の家事をこなし、前倒しで動いていると、もうお昼...

今年は歯科医師の先生と一緒に矯正の勉強をさせて頂いているので、勉強しなくてはいけないのですが、なかなか時間がとれない... 

こうやって記事を考えている間にも刻一刻と時間が経過していく...

さて。先週から週1日ですが新しいスタッフが入りまして、また教育の日々...仕事が増えるばかりです

有り難い事にメインテナンスの患者様やクリーニングのみの患者様のご来院も増えまして日々忙しくしております。予約が取れずに皆様にはご迷惑をおかけしておりますごめんなさい。

先週は初めてクリーニングを受ける方や、1年ぶりの患者様が多く。

いつも思うのですが、はやり半年を越えて参りますと、口腔内の状況は一変して参ります
プラーク(細菌)、歯石、ステイン(着色)...歯科用顕微鏡のメインテナンスでは見えすぎるほど見えますので、施術に時間がかかる事...

日々患者様の歯のクリーングを行う中で様々な事を思うのですが、最近はやはりなんでも「原理、原則が大切なんだな...」と。

当医院では、歯科医師が歯を入れた後、必ず歯科衛生士のチェックを受けて頂いております。
セメントチェック&歯のクリーニングと呼ばれるその時間は、装着した補綴物に周りにはみ出したセメントをチェックし、定期健診(メインテナンス)に移行できる口腔内を作る大切な時間

ただ、患者様にしてみれば、歯科医師の治療が終了したのに歯科衛生士のチェックなんか受けたくないと思われているかもしれません。

どんなに価値のある物でも、その価値を知らない人にとってはただのゴミくずでしかありません。

先日私が担当した患者様。補綴物が入ったので、セメントチェック。セメントチェックを終了し、全体チェック...

In

下顎7番の遠心に初期のカリエスが認められます。これ、なぜカリエスになっていると思いますか?

実はこの歯には白い詰め物がしてありまして、それを装着した際のセメントがはみ出して段差となり、その下にプラーク(細菌)が溜まって歯が溶けてきているのです。まだ治療後1年足らずだそうです

皆さんは、なぜ費用をかけて歯科の治療をするのでしょうか?それは高い費用をかければ安い治療よりも長持ちすると思われての事ではないでしょうか?

しかしながら実際の臨床では、高い歯(およそ高い歯と呼ばれるのもはゴールドだったり白かったりするわけですけど)イコール長持ちする治療がされたとは限りません。

ただ使用している歯が白く変わっただけ、金に変わっただけ...

そんな治療を皆様は受けていないでしょうか?

まあ、顕微鏡でメインテナンスをしている私に言わせれば、どんなに精密な治療をしたところで、皮膚の再生のように皮膚自体が再生するのとは違って、歯の場合には硬組織ですから、所詮継ぎ接ぎ。合うわけがありません

治療精度の追求は大切だけど、その前に削らない努力の方がどんなに価値のある事かと思います。

他医院で治療したセメントを私が除去する筋合いもないのですけれどでも除去しなければ虫歯があきらかに進行しますから...除去いたしました。

補綴装着後のセメントは本当に硬く、除去するのは至難の技。本当はどんなに高いお金をもらってもお断りしたいぐらいに精神をすり減らす作業なのです患者様はたかがセメントを思われているかもしれませんが。

私は思うのです。ただ自費の治療をすればよいという歯科医師と、うちの院長のように自費の治療をした後も責任を持って、患者様にはご足労頂く事になりますが、歯科衛生士にセメントの除去をきちんとさせて、定期健診に入れる口腔内を作って終了するという考え方の歯科医師と。

これって精度の高い治療をすれば良いと考えるか、精度の高い治療をさせて頂いたからには長持ちしてほしいと考えるか、歯科医師の理念と言いますか、コンセプトに大きく影響されると思うのです。

歯を長持ちさせる原理、原則。当医院はそんな事を真面目に考えている歯科医院です

明日もメインテナンスの患者様で満員御礼です。

明日も頑張ります



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ