顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

サージカルマスク

歯科の感染対策 PAPR電動ファン付き呼吸用保護具

☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】

医療の質は安全に比例いたします。





【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】



こんにちはmicro scalingR歯科衛生士naomiです

************************************

今日は12月27日。皆様いかがお過ごしですか〜
イリタニオフィスは一足早く、昨日で年内の診療を終了いたしました。

本年は新型コロナウイルスの感染拡大で大変な年でしたが、そのような中でも、来院くださった患者様に心より感謝申し上げます。
でもピンチはチャンス

もともとイリタニオフィスでは感染対策に力を注いで参りましたが、益々パワーアップする事となりました

今年は新型コロナの感染拡大でマスクやガウンなどの医療物資が不足しました。当院も例外ではなく、サージカルマスクは欠品して在庫が減り、N95マスクの継続購入は困難、ガウンも欠品のため購入できず、アルコールも医療現場には入ってこない状況が続きました。

呼吸器感染症の感染予防対策として、呼吸器を守るためのマスクの欠品は大変なる脅威、恐怖です。
これからご紹介する電動ファン付き呼吸保護具は頻回使用が可能なため物資の供給が不安定なこの時期にはもってこいな商品です。

PAPR は電動ファン付きの呼吸用保護具です。
電動ファン付呼吸用保護具(Powered Air-Purifying Respirator:PAPR)装着時


PAPR電動ファン付き呼吸保護具


私が装着しているCleanSpace HALOは装着者の呼吸に追随するブレス・レスポンス方式の機能を有しているので、呼吸を助けてくれてとても楽に呼吸ができます

Mask

前回、サージカルマスクとN95マスクの違いについて書きました

おさらいするとN95マスクはサージカルマスクよりもフィルターが高性能であり、装着のポイントとしては空気が漏れないフィットが大切という事になります。

ではN95とPAPRの違い

N95マスクは装着者の呼吸によりフィルターでろ過した清浄な空気を吸気します。吸気時にはマスク内が常に陰圧になるため、顔とN95マスクが十分にフィットしていないとフィルターを通っていない空気が漏れて入ってくる可能性があり感染リスクを高めます

PAPR は電動ファンの送風量により面体内が陽圧となり、空気が漏れて入ってくることがなくなり安全が確保される呼吸用防護具です。

どのマスク(PAPRをマスクと呼んで良いのかはわからないけど)もそれぞれに特徴があり用途が違いますので、ただ装着すれば良いというわけではなく、場面に応じた選択が必要となります。

もちろんコロナの感染対策にはN95は必要だと思いますが、N95は何度も言いますがフィットが大切となりますが、顔の大きさやマスクの形によって、個々によって同じマスクでもフィット感に差が出ます。一番大切なのは事前に自分の顔に合ったマスクを選択しておくという事です。

特に顎や顔が小さいスタッフの場合には、空気の漏れが生じやすいので注意が必要です。経験的には顔の肉付きがよい人の方がフィットしやすい傾向があります。

またフィットに重要なのがマスク紐の長さや伸縮性です。
マスク面のフィットが良くてもそれを密着させる圧はマスク紐によって決まります。マスク紐の素材、伸縮性、かけ紐の位置によってフィットがかなり変わってきます。

本来単回使用なので、ゴムが伸びやすくなっているものもあります。装着時に伸びてしまうものもあり、注意が必要なものがあります。

つまり、何度も言いますが、常時自分に合ったマスクを選択しておき、実際に使えるような訓練が必要ということです。 

私の体験談から言えば、更に女性で髪をアップにする場合には、髪を結ぶ位置も重要なポイントになります。アップの位置によって頭部にかけたマスク紐がずれたり、顔面に回る紐の位置が耳を圧迫したりする事があります。 

N95もPAPRもそれぞれに良い面があります。作りの原理からすればエアロゾルを浴びやすい歯科医療従事者としては、PAPRの方が安心で呼吸も断然楽です。

ですが、術後にPAPRをした状態で患者説明をするとなると工夫が必要です。思ったよりも会話はできますが、聞き取りにくい場合も正直あります。また患者さんからみた視覚の問題もあります(リラックス感は出ませんよね)。 

様々な側面があります。(気が向いたら順次書いてみたいと思います

いずれにしても使い勝手に慣れている事が重要で、どれも使えるようにしておくのが良いと思います。
それは使えるだけでなく、使う場面も想定して準備が必要という事になります。

ざっくりですが 。

呼吸を守る感染対策も奥が深いです。

ただ何かを使うというのではなく、その場面に応じた選択が重要となり、物資の供給状態や、感染者数や、医院の診療スタイルなどによっても使用するものは変わってくると思います。

つまり感染対策もベースは同じでも、診療スタイルによって考えなければならない、工夫しなければならない問題はたくさんあります。

しばらく感染の拡大は続きそうですから、きちんと学んで自分たちそして患者さんの安全を守りたいですね 

サージカルマスクとN95マスクの違い


☆☆☆オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証☆☆☆


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】

医療の質は安全に比例いたします。





【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】



こんにちはmicro scalingR歯科衛生士naomiです

************************************

新型コロナウイルスの感染が拡大していますね。皆様、くれぐれもお気をつけ下さい

第3波と言われていますが、日本では第1波も第2波もいつ収束したのかわかりませんし、今回の第3波も、感染拡大しているのに経済優先という理由で感染者を全国にばら撒くという、医療従事者の私たちから言わせれば、狂気の沙汰の中、感染拡大が止まらない大阪府に看護官が派遣されました...

日本の経済を守るために、どうして医療従事者が、感染の拡大のツケを命をかけて払わなければならないのでしょうか?たった10万円の支援金で命をかけて仕事をしないといけないのでしょうか

医療現場では今だにマスクやグローブやガウンが不足してるし、または供給されていても数倍高値になっていてそれでも工夫して危険を感じながら精神をすり減らしているのに。

今後この矛盾した対策が続けば、医療従事者のなり手は必ず不足し、団塊の世代の多くが退職を迎え、福祉、医療のマンパワーが足りな具なる2050年問題も、更に拍車をかけてマンパワーの不足を招くでしょう。
そうなれば、結局それはブーメンランとなって自分たち、つまり患者さんに皺寄せが行くのです。医療従事者が不足するという事は、命の危険が増えるという事です

さて、感染が広がってくれば歯科職の私たちも気が気じゃありません。平素から全ての患者を感染症と思えのスタンダードプレコーションの理念に基づき感染対策を行なっていますが、更にフェイズをあげて気を引き締めなければなりません。

そこで今日はサージカルマスクと高性能フィルターのN95マスクの違いをおさらいしてみたいと思います

スクリーンショット 2020-12-12 22.51.48

2020.12.12.surgical musk vs N95

サージカルマスク、N95ともに細菌やウイルスを吸い込まない、患者及び医療従事者を細菌やウイルスから守る役割があります。

それぞれに団体の規定がありますが、簡単に言えば、N95の方がフィルター性能が高い。

注意しなければならないのは、サージカルマスクはルーズフィットでOKですが、N95は顔な密着させて空気の漏れがないかを装着のたびにチェックする必要があります。(ユーザーシールチェック)

また、装着がきちんとできているかどうか定期的にフィットテストを行う必要もあります。

ただし、フィルター性能が良いからと言って、一般の方が使用した方が良いか?と言われたら、それはNOです。一般の方の生活の中で、N95のフィルター性能が求められる場面はほとんどありません。またN95は空気の漏れがあってはならないので、かなり使用感が慣れないと苦しくなります。

苦しいとマスク表面を触ったり、気になって顔近くを触ったりしますので、逆に感染の危険が高くなります。一番感染源となりやすいのは、私たちの犲雖瓩任垢ら。使い慣れない人が使うと逆に感染源になりやすいので注意が必要です。

感染者が日々、最高記録を更新していますね...

オフィスの感染対策は日々進化しています。

次回はPA PR電動ファン付き呼吸用保護具について書いてみたいと思います 

新型コロナ対応 歯科衛生士編

現在は歯科医師の緊急性の高い診療を中心に行っていますが、中には歯科衛生士の診療が必要な患者さんもいます。

新型コロナウイルス感染のリスクが最も高いと噂される歯科衛生士がどのようにすれば感染のリスクを減らせるか…日々模索しています

感染制御は手指衛生に始まり手指衛生に終わると言って良いほど手を綺麗にする事が重要です。

そして次に大切なのが自分をそして患者さんを守るための個人防護具(PPE)です。
丸腰では私たちも患者さんも感染してしまいます。

きちんとした感染予防策を取る事が最低ラインの基本となります

ALL Ready 私が現在行っている歯科衛生士診療をご覧ください
 


いかがでしたか

現在当医院では新型コロナウイルスが重篤な呼吸器障害を引き起こすという事でしっかり呼吸器を守るN95マスクを着用しています。N95マスクに限らず、サージカルマスクも、消毒用のアルコール製剤も、グローブも...私たちを守る物品が次々に欠品していって本当に困っています

大病院がマスクやアルコールを寄付を賜ったなんて記事が良く出ますが、大学病院はまだ名が知れていますからご寄付を頂けますが、個人開業医では寄付なんて望めません。

そこでどうか皆さん、もしかかりつけの歯医者さんがあって、お家にマスクや消毒用のアルコール製剤が余っていたら...(まあこんな時ですから余っている事はないと思いますが)かかりつけの歯医者さんにどうぞご寄贈してあげて下さい。

歯科の物品は3月ぐらいから全くストップしています。 

私は再三に渡り、歯科医師会や歯科衛生士会がせめて感染しないように診療できるように、物品の供給を陳情した方が良いとSNSで呼びかけましたが、多くの歯科医療従事者とは話が合わず、結局そのコミュニテーを退会しましたが、現在多くの仲間の歯科衛生士たちが、物品もない中、感染のリスクを抱えて診療を行っています。どうか皆さん、かかりつけの歯科衛生士さんがいたら、ぜひご寄付をお願いします。

特にN95に相当するマスクは歯科では貴重品です。厚労省でも使い回すように言われているぐらいですから、歯科には全く入荷しません。マスクやフェイスシールド、アルコールなどぜひ皆さんのかかりつけの歯医者さんへお願いします。(でもまずは寄付したい旨をお電話してみて下さいね。)

情けないですよね〜私にはこんな事しかできないんです。大学病院は補助金が出て感染のリスクがあると言って外来は早々に閉院。でも開業医は補助金もないし、国からも休業要請の業種には入れてもらえず、診療しなければならないんです...

でも診療するにしても感染を予防するためのガウンもマスクも手袋も歯科には一切入って来ないんです。
黙って危険な仕事を毎日感染するかも知れないと思いながら行っているのです。

歯科衛生士にだって家族がいます。せめて感染から身を守れる個人防護具を支給してもらいたいものです。でなければ歯科衛生士を辞めた方が良いです。(辞めても良いと思う。)物資の供給無しで歯科衛生士の良心だけで診療しろというのは間違ってます。この現状を厚労省に、そして国へ陳情しろと言っているのに、歯科医療従事者はこぞって黙っています。

アメリカは感染拡大期には歯科は緊急処置のみでクローズしていました。まだ3割しか再開していません。そして診療する時の個人防護具は必須です。個人防護具がない場合は診療は延期するべきと言われています。

日本はどうでしょうか?国から休業要請はない、保証はない、物品は支給されない、組織団体も陳情してくれない、全て現場任せって

サージカルマスクだけでも助かる歯科医院がたくさんあります。 
こんな手しか仲間を救える方法がないのかと思うと悲しくなりますが、私ができる事...はブログで皆さんに訴えるしかできません どうか歯科医院へ寄付してあげて下さい。ただし、必ずお電話してから。

歯科医療従事者は日々緊張の中で診療しています。ですから必ずお電話でコミュニケーションを取ってからお願いします 

さて。All Ready明日も緊張ですがご来院して下さる患者様のために頑張ります


Profile

hygienist naomi

Advanced Care Dental Office
Archives
QRコード
QRコード