オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

****************************************

先週末、日本歯科大学生命歯学部 100周年記念館 九段ホールで開催されました、ヒューフレディ・ジャパン合同会社主催「医療現場の感染管理 過去 現在 未来」に参加してきました。 ミシガン州デンタルアドバイザー感染管理担当理事のジョン・モリナーリ先生、科学修士パシフィック大学アーサーA.ダクニー歯学部イブ・クーニー先生がご登壇されました。

IMG_2165
(ジョン・モリナーリ先生とイブ・クーニー先生)
 
お二人が話された内容は以下です。

感染管理:What and why?
臨床施設における血液飛散と血液感染症 (Bloodborne and emerging disease in the clinical setting.) 米国臨床施設における効率的な器材再生処理
感染管理と新興感染症に関する最新情報 (Update on Occupational Disease and Infection Prevention.)
米国疾病管理予防センター(CDC)による感染管理ガイドラインの概要


いくらネットで情報が収集できる社会になったとはいえ、米国の話を直接聞けるチャンスはありません。膨大なネットの情報でも、生の声に勝るものはない。どうしても直接話が聞きたくて、土曜日はお休みさせて頂いて参加しました

歯科の感染管理のガイドラインとしては、2003年に米国疾病管理予防センターCDCより
Guidelines for infection control in dental health care settings --2003が刊行されており、以前より拝読していましたが、詳細が知りたいところもあり、今回CDCに所縁のある先生方が来日されるという事でとても楽しみにしていました

そして今回とても良かったのが、ザックバランにぜひ質問をという座長先生のおかげで、直接聞きたい事が聞けました。

こういう時の、自分の行動力って我ながら感心しますいつもはすごく引っ込み思案なのですけど、知りたいとかやりたいとか本気で思うとスイッチが入ってしまうのです

そして、昨日は歯科衛生士でありながら滅菌技士の皆様とご挨拶をさせて頂きました。
歯科衛生士の皆さんの熱意。私もまだまだ勉強不足なので見習って頑張らなけれればと思いました。

そして、いつもセミナーに行くと緊張してしまうのですが、昨日は東京医療保健大学の同期がいたのでホッとしちゃいました

なんとブラックペアンで二宮くんが着用していたゴーグル(と同じ)だというので、着用させてもらって記念にお写真パシャり。欲しい〜と言ったら、さすが感染のプロ。「それだと歯科の飛沫の対策にはちょっと。。。」と言われてガクッ

歯科では飛沫感染のリスクが高いので、レンズの上や横もカバーされて入るものが望ましい

BlogPaint

あら。写真見たらしっかりグローブの宣伝してました箱から出す時に1枚づつ出てくる(1枚ずつしか出て来ない)ので、次に取り出すグローブが汚染されず感染対策バッチリなのだそうです。

考えて見れば当たり前の事だけど。歯科にはこういう考え方さえも入って来ないものね。。。

私も大学に行くまでは、いえいえ今でもまだまだ勉強不足なのだけど、大学の同期や同期の繋がりでご縁を頂いた様々な方にご教授頂いて。。。本当に有難い。

そして同期で、同じ時代を生きてる皆んなが頑張っていると私も頑張ろうと思いました

さて、今週も頑張ります♡