顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:ガイドライン

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】

こんにちは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

****************************************

今日はあいにくの雨ですね。もうすぐ梅雨入りでしょうか...
さて、今週も雨に負けずに頑張って参りましょう 

私ごとですが、先日母が歯が痛いと言って当医院を受診しました
娘が歯科衛生士ではありますが、久しぶりの歯科受診

歯科衛生士で皆様の口腔衛生指導をしていますが、1番上手くいかないのは家族の指導でございますw
他人の専門家から言われる事には耳を傾けますが、家族がいくら専門職でもいう事をなかなか聞いてもらえないのが家族です。

まあそんなこんなで、7年ぶりの歯科受診。

残念ながら、根尖病巣が大きくなっており、治療は不可能ではありませんが、年齢や通院期間、歯の状況などを鑑みると、抜歯が良いのではないかという話になりました...

さて、母ももう70歳の高齢者。体の不調もありますし、薬も数種類飲んでいます。

薬を確認すると、なんと骨粗鬆症の治療をしていて、注射を始めていました
骨粗鬆症の治療を始める時に注意しないといけない事は、内服薬でも同様ですが、骨粗鬆症の薬を始めると、歯科的な外科処置が難しくなるという事顎骨壊死と言って顎の骨が壊死(骨の一部が死んでしまうこと)してしまう事があります

骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年
編集:骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会
(日本骨粗鬆症学会 日本骨代謝学会 骨粗鬆症財団) 委員長 折茂 肇

骨粗鬆症治療のための注射用ビスホスホネートでの発生リスクは経口製剤と同程度

経口ビスホスホネート服用者における発生頻度は0.85/10万人・年である。
また日本口腔外科学会全国調査(248 研修指定施設)では約0.01 ~ 0.02%とされている。

骨粗鬆症治療のために経口ビスホスホネート薬を服用 する予定の患者で, 歯科治療が適切に行われており, 口腔衛生状態が良好に保たれている場合は特に投与を延期する必要はなく, 定期観察を行うだけでよい。しかし, 投与中の抜歯や外科的処置を回避するために, 禁煙, アルコール摂取制限, ならびに口腔衛生状態を良好に維持することなどが重要であることを患者に指導する。もし, 抜歯などの外科的侵襲処置が必要である場合は, 外科的処置後の創傷治癒が完全に確認されるまで経口ビスホスホネート薬の投与開始は延期するのが望ましい。

ビスフォスフォネート関連顎骨壊死に対するポジションペーパー(改定追補2012年版)
監修:社団法人日本口腔外科学会 

注射用 BP 製剤を患者に投与する前に以下の事項を実施することが推奨されています 。
歯科検診を受け、十分な検査をする事
外科的な歯科処置が必要と歯科専門医が判断する場合は、可能な限り注射用BP製剤による治療の開始前に完了し、歯周組織の状態を良好にしておくこと
全身状態が許せば、注射用BPが製剤による治療開始は、抜歯部位の粘膜形成が完了するか(14日〜21日)、骨が十分に治癒するまで延期する事。


骨吸収抑制薬関連顎骨壊死の病態と管理:顎骨壊死検討委員会ポジションペーパー2016
作成 顎骨壊死検討委員会

III.骨吸収抑制薬の投与と歯科治療

1.骨吸収抑制薬の投与を受ける予定の患者の歯科治療 基本的に最も大切なことは、主治医である医師と歯科医師との緊密な連携である。骨吸収抑制薬治療を開始する前に主治医は主疾患の病状、治療方針、予後の見込み、ならびにONJ が発症した場合の対応について歯科医師と 十分に協議、検討しておく患者には骨吸収抑制薬治療のベネフィット(有益な効果)と ONJ 発生のリスクにつ いて説明し、ONJ の病状、経過、予後、および処置などについて正確な情報を提供しておく。また骨吸収抑制薬 投与前に主治医が患者に歯科受診により口腔内衛生状態を改善するように依頼し、ONJ 発生の減少に努める。全ての歯科治療は骨吸収抑制薬治療開始の 2 週間前までに終えておくことが望ましい。しかしがん患者で骨吸収抑制 薬治療を遅らせることができない場合や、骨折リスクが高い骨粗鬆症患者では骨吸収抑制薬治療と歯科治療とを並 行して進めることもやむを得ない。骨吸収抑制薬治療中は歯科医師による定期的な口腔内診査を患者に対して推奨 し、歯科医師は口腔内診査の結果を主治医に連絡する。また主治医も問診などにより患者の口腔内の状態に留意する。

私は医者ではありませんが、母が急を要する骨粗鬆症患者にはとても見えません。
もし急を要するにしても、1日歯科を受診し、歯科的問題がないかどうかを検査してもらう時間ぐらいはあった患者だと思います。


ガイドラインやポジションペーパーにあるように、骨粗鬆症の薬の投与前には、投与した後暫く歯科的問題な問題が起きないように、今現在問題がないかどうか専門家の目で必ず確認しておく事が必要なのです。

母に聞いたところ、主治医には「今、歯医者さんにかかっていますか?歯が痛いところはありますか?」とは聞かれたけど...との事。

所詮患者さんは素人ですから、その意味を本当に理解しているとは限りません。
本人は、聞かれた時は歯は痛くなかったとの事なのです。

例えば、歯周病はサイレントディジーズ(沈黙の病気)と言われており、進行していても症状が出ない事があります。急に歯茎が腫れる事があります。
また神経を取っている歯も、根の先に膿の袋がある事があり、慢性化している時は痛みが出ない事があります。

口頭の本人への質問だけでなく、事前に歯科を受診するように促して欲しかった

昨今、医科で口腔ケアが保険点数に収載されて、医科でも口腔ケアと行って注目を浴びています。しかしながら、こう見ると本当は口腔になんて興味はなくって、点数に入っているから型通りやっている、マニュアル通りにしか理解できないという事なのでしょうね。

そりゃあそうです。所詮餅屋は餅屋です。

今後、骨粗鬆症の投薬の前には歯科の検診結果が必ず必須と思ってもらえるように働きかけていきたいと思います。

ああ、これからが心配です。

主治医が最初から歯科受診について、きちんと理解していたらこんな苦労はしなかったのに...

悔やまれます。
 
歯科職としてまだまだですね。
今後、母のような患者が出ないように、骨粗鬆症投薬前の歯科受診の徹底を周知していきたいと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

皆様、こんばんは。気がつけば10月も今日で29日目。すでに今年の予約も残り少なくなりました...

さて、当院では、現在感染制御に力を入れており(と言っても開業当初からやっている事は同じで、滅菌できるものは全て滅菌、できないものはディスポーザブルです。)以前から全て滅菌はしているものの、更に滅菌バリデーション(滅菌の証明)まで進化させている段階です。


患者様の診療を行う前には、患者様事にパッキングした器具を目の前で開封し、中に入っているインジケータ(滅菌を確認する試験紙)の色の変化を見て頂いてから診療を行っております。

table

診療前のテーブルの上。向かって右が歯を削るハンドピースと呼ばれている、つまり簡単に言えば歯を削るドリル。患者様事にパッキングしており、中にヘリックステストと呼ばれるPCDの一種である化学的インジケータを同封。向かって左ミラーやピンセットなど基本セットと呼ばれる器具も患者様ごとにパッキング。包装内部にケミカルインジケータClass6を同封。もう少し台の上を拡大します。
 
miseru

それぞれの試験紙の滅菌前、滅菌後のサンプルが一番上に置いてあります。これを開封前に患者様に説明し、実際に入っている試験紙の色の変化を見て頂きます。中央には滅菌器のプリンターの印字があり、滅菌日時、時間、温度、圧力が全て記載されています。これを物理的インジケータと言います。ヨーロッパではこの記録を必ずし、数年間保管するように義務付けられています。

 この結果は、毎日ブログ上に公開されており、当院の患者様は患者IDにより自分に使用された器具が、いつ、どの滅菌器で滅菌されたか、また滅菌に要した時間、温度、圧力、そして滅菌工程がきちんと終了したのか、滅菌が保証されたものなのかをネット上でいつでもどこからでも確認する事ができます。

滅菌状況はこちらです☆イリタニオフィス滅菌管理研究会
滅菌バリデーションに関して詳しいことが知りたいという方はこちらのブログをご覧下さい。各タイトルで滅菌バリデーションの基本をちょこちょこトピックスとして書いています 

さて、今日はプリオンは滅菌できるのか?というお話でしたね
そう、これ実は患者様に上記の器具の説明をした時に言われたのです。

プリオンは滅菌できないんですよ。

プリオンは滅菌できない本当でしょうか?今日はエビデンスベースで検証していきたいと思います。

まずはプリオン病が何かわからないと話が始まりませんね。

皆様はプリオン病ってご存知ですか?皆様には狂牛病の方が馴染みが深いでしょうか?狂牛病はプリオン病の一種です。プリオン病は、正常なプリオン蛋白が“感染性”を有する異常プリオン蛋白に変化し主に中枢神経系に蓄積して神経機能を障害する疾患です。
 
狂牛病が話題になった時には、牛が足元がふらついてヨロヨロする映像や、よだれを垂らして倒れる姿など衝撃的な映像が流れましたね

さてプリオンは滅菌できるのでしょうか?

答えは「できます」(ス◯◯細胞はあります風に読んで下さい^^*) です。でもプリオンは細菌やウイルスではなく蛋白なので、死滅と言うよりは不活化するというのが正しいですかね。

日本では2008年にプリオン病の感染予防ガイドラインが出ています。
私がこの夏週末女子大生でお世話になった、東京医療保健大学の小林寛伊先生と大久保憲先生が第4章、「CJDか否か不明の患者のハイリスク手技に用いられた手術器械などに対する処理方法」を執筆されていますこんなすごい先生の講義を受けられて私ってばとっても幸せものー

01
*表は小林寛伊先生が監修されています吉田製薬さんのものを拝借いたしました

でもよく読んで頂きたいのですが、その前に十二分に洗浄する事を小林先生らは推奨しています。この辺りは何を使えばという物の話ではなく、滅菌とは何か?に始まり、無菌性保証水準や、それを得るための原理原則が全て理解していないと、本当の意味で理解できない所であります。

つまり、滅菌前に、器具に付着しているバイオバーデンをいかに少なくするかが重要で、汚染が少なければ滅菌の効果が高まるという事です。

奥深しです

さて、当院の滅菌の話になりますが、当医院の高圧蒸気滅菌器は滅菌剤の蒸気を吹き込む前に内部の空気を脱気する真空脱気式プリバキューム方式です。日本の多くの歯科医院で使用されている滅菌器は空気を残したまま滅菌剤である蒸気を注入する重力置換型です。

プリオンの滅菌にはプリバキュームと書いてあります。

そして当医院の高圧蒸気滅菌器(あ、しつこい?(笑))にはプリオンモードがあります。これはWHO(世界保健機関)の伝播性海綿状脳症に関する汚染除去法(WHO Infection control Guideline for transmissible Spongiform Encephalopathies Peport of a WHO consultaion Geneva,Switzerland,
23-26 March 1999
)
に基づいたプログラムです。

43
 6に134℃18分とあります

イリタニオフィスでは、全ての器具をこのプリオンモードで滅菌しています。滅菌時間が18分でも、実際には乾燥時間もありますので平均60分かかります。お昼休みを入れて10時間診療室に滞在する時間があっても、多くて9回しかかけられないという事になります。

しかも、当院では毎朝滅菌器がきちんと稼働するか試運転のモードで検査していますので、その時間に30分。つまり1日8回がMAXという事になります。

1日数人の患者様しか拝見しないのに...滅菌消毒には時間もマンパワーもめいいっぱいかかりますね1日数十人も来院する歯科院はどうしてるんだろう。

ある業者さんの話によると、当医院と同じ滅菌器を持っていても、プリオンモードは時間がかかるとか、器具が痛むという事で、通常のモードで(係留時間4分)で滅菌している所が多いそうです

結局何事も何を使うかが大切なのではなく、それを扱う人の心意気が大切ですね

というわけで、プリオンは滅菌できます。ただし滅菌というよりは、不活化するという意味でね☆

当院ではきちんとガイドラインに準じて滅菌操作を行っております。

最後に懐かしいので週末女子大生卒業式の修了証書授与式の写真をひっそりと。
尊敬申し上げる小林寛伊先生や大久保憲先生と一緒の写真です
 
2014-09-05-07-52-59


さて、長くなりました。明日もガンバッペ 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

************************

今日も時間がないので早速始めます

ここ数回に渡り「洗浄」に必要な事について書いてまいりました。

洗浄が確実に行えているかの様々な検査もあるのでこれについても記していきたいと思うのですが、これについてはまた改めて記したいと思います。

最後になりますが、洗浄実務の一般的ガイドラインを記して一段落とします

Proper Maintenance of Instruments, working Group Instrument Preparation, ArbeitsKreisInstrumenten-Aufbereitung,(2009)

・いつもできる限り器材は使用後すみやかに洗浄消毒する
・新品の器材であっても滅菌前に必ず洗浄する
・製造元の指示に正しく従う
・洗浄消毒のために指示された洗浄剤の量、暴露時間、温度は厳格に守る
・洗浄前にヒンジは必ず開いておく
・使用方法に従い器材は処理前にできる限りすべて分解する
・必ず適正な洗浄具はアクセサリーのみを使用する
・ウォッシャーディスインフェクターも超音波洗浄器も過積載はしない。「陰」になる箇所を作らない。
・用手洗浄では金属ブラシや金属たわしは使わない
・洗浄後は充分にすすぎ、可能であれば脱イオン水を使う
・すすぎ後、充分に乾かす
・磨滅、腐食、変形、孔食または損傷した器材は分別し廃棄する
・衛生上の理由から、完全な再処理工程を済ませてから器材と修理に出す
・ヒンジやジョイント部がある器材はパラフィン油ベースの潤滑剤で手入れする。ただし軟性内視鏡やアクセサリーには絶対に使用しない
・器材は組立後、それぞれ作動点検を行う。器材によっては特別な試験方法が必要な場合がある。ヒンジ付き器材は点検前に潤滑剤を塗布する
・ラチェット付きの器材は滅菌前にノッチ1コマ分だけ閉じておく

さてここまで「洗浄」に関して記してきましたが、様々に勉強し、知識を得ても、それは単なる暗記であり意味がありません。現場で実行し、結果を出してこそ患者様に還元されるわけです

イリタニオフィスではスタッフ全員で学んでいる事を少しづつ形にしご来院下さる患者様にいつでも安心して診療を受けて頂けるよう環境整備を整えていきたいと思います。

今後とも応援のほどよろしくお願いします

さて一段落の後は「滅菌」について学んでいきましょう 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ