顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

タグ:カリエス

診療終わってセミナーだよ
2014-06-18-19-01-02

歯科衛生士は治療はしないけど、でも知っておいた方がいいよね。

講師曰く

齲蝕の診査法
歯を清潔・乾燥し、明視野でよく目で見る

清潔...乾燥...私が何を言いたいかわかりますか?

つまりこれ、私が行うクリーニング時が一番歯面をチェックするチャンスだってこと。
歯面&歯周ポケット内のプラークを全て除去するのが、私が行うマイクロクリーニング
だからいつも1mm足らずのカリエス(齲蝕)が見つかる。

BlogPaint


ちなみに。この写真は先日お話した歯周ポケット内の付着部分の「穴」。幅が1mm足らずだから、この穴はさてどのくらいの大きさかな

何度見ても不思議だよね〜この付着部分の穴ってどうなってるんだろ?

さて。明日もこの謎を解き明かすべくガンバッペ

naomiブログをご覧の皆様、こんばんは歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

************************

歯科医師の先生向けの歯のクリーニングを始めました

また一般の方のクリーニングのみ(治療なし)の受付も開始いたします。

詳しくはお電話でお問い合わせ下さい

*************************

歯科用顕微鏡を日々使っていると、本当に様々な事が見えてきて、本当に患者様に申しわけなく思う時があります。

歯科衛生士が行うメインテナンスは、歯科医師のための治療予備患者群をプールする事ではない。

プラーク(細菌)の付着が認められるだけならば、コントロールの仕方をお話して予防につなげる事ができるけれど....

メインテナンスの役割に早期発見というのがある。
この早期発見をした時の気持ちはとても複雑なものである。

メインテナンス中の患者様。
もうかれこれ3年ぐらい通ってくださっているだろうか。

初診から一度も先生のお世話になった事がない。

caries

そんな患者様の左上4番の遠心に初期の虫歯を認めた。

さて、先生にまわすべきか?

naomiの決断は「No。」なぜならばまだエナメル質に限局しているから。ただし、穴が開いているのでプラークが溜まる事は必至。コントロールするのは至難の技。

しかしながら性急に歯科医師に回すのもいかがなものかと思う。

様々な考え方があるかと思うが、私は状態が急を要さないなら患者様を一度は信じてみたいと思う。患者様のホームケアがあがればもしかしたらこのままの状態で行ける事だってある。

でもそうじゃない場合もある。その責任はすべて私にある。

責任を追いたくなければ、なんでも発見したら歯科医師に丸投げすればいい。でも、それではまさに治療患者のプール。私はそんな治療患者を養殖するみたいなメインテナンスはしたくない。

そこには患者様との信頼がなければ成り立たない。私の言う事に耳を傾けてくれる姿勢と、私を信じてホームケアをして下さる事、そして次回またメインテナンスに来て様子を見せて下さる事。

だから歯科衛生士の仕事は難しい。

20年経ってもまだまだだと思う。

caries1

たった1mmのエナメル質に限局しているカリエス。

あなたならどうしますか?

治療はどんなに手をつくしても所詮人工物。必ず劣化する。治療した日 が最高の状態で日々劣化し続ける。一生代わらない歯科治療なんてない。人工物は変わらなくても接合部の体の方が変わってくるから。

今日、人工物にする?

そして1mm。隣接面直下という場所。誰がこの虫歯を治療できようか?
どんなに優秀な歯科医師でも神じゃない。

残念ながら歯科疾患に自然治癒はない。二度と元には戻らない...

患者様には早期に虫歯を見つけて感謝されるが心中複雑な私です。

このケース。エナメル質に亀裂があります。虫歯になった原因はプラークの付着だけではなくて、エナメル質の亀裂がプラスされていると考えられます。

フォース(力の)コントロールと一言で簡単には言えるけど、予防は難しい。

歯科衛生士20年目。まだまだ悩みはつきない。

*************************
チームマイクロハイジニストのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士Kimちゃんのブログ
顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ
顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

**************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ
顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ 
顕微鏡歯科アシスタントAkiさんのブログ

naomiブログをご覧の皆さま、こんばんは☆歯科衛生士naomiです。

今日は大寒。もっとも寒さが厳しい頃だそうです。

こんな寒い日にメインテナンスに来てくださるのですからありがたいものです。

メインテナンス歴2年のM様。

年配の患者様なのですが、いつもホワイトニングを希望されるとても意識の高い方です。


お変わりありませんか?とお尋ねすると、

「こうしてメインテナンスに来てますけど、初診で先生に指摘されたところは治療しなくていいんですか?」とおっしゃるので

「何か痛いとか、気になられるんですか?」とお聞きすると、

「痛いとか、そういうのはないんですけど。。。治療してから大分時間も経ってますし、治療しなくていいのかと。他の歯医者さんに行きと、ちょっと異常があると、すぐに削るじゃないですか、だから治療しなくていいのかなって不安になって。。。」とおっしゃるのです。

患者様の心理というのは不思議なものですね^^;

歯を削りたくないと来院されるのに、治療されないと不安になる。

下の写真はメインテナンス歴8年のK様です。

20

左上の2番の近心にカリエスを認めます。拡大してみます。

20-2

着色していますね。初期のカリエスです。普通の歯医者さんだったら、削ってコンポジットレジン充填でしょうかね。

更に拡大してみます。

20-3

いかがですか?

「色が変わっているから、虫歯ですね!治療しましょう!」

言われた経験ありませんか?

前回も言いましたが、私は虫歯を5年間放置する歯科衛生士です

前回の患者様の虫歯は5年経過でしたが、K様の虫歯は初診から。つまり8年前からあります!

8年経っても進行してないし、痛みもないし、しみたりもない。

色が変わっているという理由だけで、削って治療する必要ありますか?

治療は治療した日が最高の状態。あとは劣化する一方。削らないがゆえに、8年も寿命が延びたんですよ!!!

気がつけば8年。。。って感じですけど(笑)

先生にM様の話をしました。

「M様、自覚症状ないのに、治療しなくて大丈夫か?って聞くんです。治療したいみたいなんですよね。」

「他の医院に転院したら、お前のせいだな。お前が歯を削らせないせいで、M様は他へ行って歯を削られるんだぞ。」ですって^^;

失礼だと思いません???

私は治療する必要がないから、削らなくていいのでは?と言っているのに
患者様は痛くなくても治療をしたいニードが合わないと、患者様的には信用して頂けませんから、転院ですよね

喜びますよね☆世の中の歯医者さん。必要ないのに全部引っぺがされて、次に治療したら、歯の寿命は半減ですね。すでにほとんどの歯が神経の治療されてるし。

詰める→神経の治療→抜歯→インプラント歯の治療の流れはこんな感じでしょうか。

M様は治療をしないことが不安で、治療したい様子だったのですが、またも経過観察です(笑)

右上の4番と5番の間にカリエスを認めました。結構黒い。でも経過観察です(爆)もちろん、M様にはご説明してありますが納得頂いているのかどうか・・・やや不安気な気持ちを感じるのですよね^^;

転院したらどないしよ。私が治療させないことが、他の医院で全部引っぺがされるきっかけになる。。。皮肉なものです(笑)

カリエスなんて、結構ちゃんと手入れしてれば進まないもんです。

ちゃんと管理してくれる歯科衛生士がついていればですけどね

*********************************

東京マイクロスコープ顕微鏡専門歯科医師Dr.Iritaniのブログ

顕微鏡歯科歯科衛生士naomiお勉強ブログ

顕微鏡歯科アシスタントsachiちゃんのブログ

顕微鏡歯科アシスタントYUちゃんのブログ

naomiブログを皆様、こんばんは☆歯科衛生士naomiです
歯科衛生士の業務は

1. information(情報提供)

2.instruct(口腔衛生指導)

3.remove soft and hard bacteria (クリーニング)

そしてメインテナンス(定期検診)の時には

4.Earlier detection (早期発見)が加わります。

20101102_144011949091(変換後)

右上6番近心面。よく私達が目にする隣接面(歯と歯の間の)カリエス(虫歯)です。

「なんだか隣接面が怪しいな。でも...よく見えないな」のレベル。

20101102_144055025501(変換後)

拡大してみます。

「やぱり、隣接面がカリエスだなカリエスは進行性かな慢性化してるかな

20101102_144124187998(変換後)

更に拡大してみます。

「あれれ隣接面にフロスを入れてお掃除した後なのに、カリエスの部分が白くなっていて、表面が進行性か、慢性化しているのか見えないな...

実は隣接面(歯と歯の間)のプラーク(歯垢)は、そう簡単にはとれません

私は、以前から疑問に思っていました。

「みんな、どうやって隣接面のお掃除をしているんだろう...隣接面を綺麗にするの、すごく難しいんだけど...

歯科衛生士の本も、講習会も、メインテナンスというと、目に見えないバイオフィルムの除去、PMTC(ラバーカップを使った歯の表面の研磨)がもっぱらの話題

見える隣接面のプラークの除去は全く話題に上らない

電顕でしか見えないような目に見えないバイオフィルムを論じ、虫歯も歯周病も基本的には歯と歯の間から発生すると言われているのに、その隣接面の目に見えるプラークは無視し、なぜか歯の表面の研磨だけに固執する。すごく疑問です。

20101102_144205829641(変換後)

見えるというのは、すごいことです。

カリエスを覆っていたプラークを除去したところです。更に、拡大して驚いたのは、右側の歯の、歯と歯肉の境目です。亀裂が入っているように見えます。これもカリエスですね...

20101102_144256313459(変換後)

ちなみにこのカリエスは見た目2mm程度の初期の虫歯です。

患者さんが、前回のメインテナンスから3ヶ月後の今日までの90日間、毎日フロスをしているとして...でもこの90日の間、この90回のフロスでも、カリエスの上のプラークは除去できなかった。

これを3ヶ月に一度リセットするのが私達歯科衛生士の役割なのです。
remove soft and hard bacteria
たかが磨き残しのプラークですけど、されどプラークです。

2mmのカリエス(虫歯)。小さいうちに発見できれば、処置も小さくですみます

でも最後に一言。

確かに見えることで、早期に虫歯の発見はできるかもしれません。でも、その発見が、「将来的に歯を守るための発見」ではなく、「歯科医師に歯を削らせるための発見」になってはいけないと私は強く思うのです。

物は使いよう、使う人が誤った使い方をすれば、それは凶器にもなるのです。

歯科医師も歯科衛生士も患者様の健康を思って仕事をする。その心を忘れてはならないのです。

***********************




naomiブログをご覧の皆様、こんにちは!naomiです

今日はあいにくの雨ですね・・・秋雨前線活動中という感じでしょうか^^

さて、naomiは昨日、あるセミナーに参加してきました

何のセミナーですか?って?

はい。お答えいたしますカリオロジーつまり、う蝕学。虫歯の原因や成り立ちを研究する学問。更に、その研究により、治療方法や予防に至るまで、虫歯に関しての研究です。

プロフ教授昨日は、予防先進国スウェーデンから2人の先生が来日。ご講演されました。GWにnaomiが見学したスウェーデン、ヨーテボリ大学の先生です。

ヨーテボリ大学カリオロジー科主任教授のProf.Dowen Birkhed(ドーベン・ビルクヘッド教授)先生(左写真)とヨーテボリ大学カリオロジー科主任助教授のAss.Prof.Peter Lingstrom(ペーター・リングストレム助教授)先生のご講演です。

虫歯の疫学、診断から始まり、リスク評価、う蝕予防、修復治療、根面カリエス、唾液、食事、フッ素などう蝕(虫歯)に関しての知識を、ユーモアたっぷりのお話とともに勉強してきました

日本語通訳は付きますが、全文英語での講演です^^;

naomiは歯科衛生士ですから、患者様の歯を一生涯に渡ってお守りするのが仕事です。

当然のことながら、う蝕(虫歯)の原因論や歯周病の原因については熟知していないと、予防はできません。

歯科衛生士とは本当に奥が深い職業だと思います。

う蝕や歯周病に関しては、ドクターと同じ知識がなくてはならず、更にそれを予防するのですから、予防に関しては更に理解を深めなければいけないのです。

昨日のセミナーにはドクターも来ていました^^

カリオロジーバクテリア(細菌)の検査に始まり、リスクの評価、口腔衛生士指導、フッ素の推奨・・・

naomiの医院で行っていることが、正しい道であると再確認できた一日でした

更に、今まで唾液検査をしていながらも、自分の中に落とし込めない事柄があったのですが、それを落とし込むことができました

世界的に高齢者人口の増加は問題ですがスウェーデンでももちろん、問題だそうです。そして、日本の歯科医療においても、これからは高齢者、特に後期高齢者の治療に費やす時間が増えてくるとのこと。当然ですね^^

高齢者には高齢者の特性があります。加齢による歯肉の退縮(歯肉が下がること)や歯周病後の退縮による根面う蝕の問題。

エナメル質と象牙質の虫歯のでき方にはそれぞれに特性があり、歯が解け始める臨界PHと呼ばれる数値が違います

ですから更に予防を強化しなければならない。更に加齢とともに、唾液の量は減少してくるし・・・虫歯のリスクはどんどん増して行きます

そんなことをたくさん学んできて。生涯歯を守るためには、まだまだ勉強が足りませんね・・・

でも、昨日のセミナーでnaomiの予防に関するカウンセリングはパワーUPできそうです

来週末は同じくヨーテボリ大学のヤン・リンデ先生のセミナーに行ってきます!こちらは3日間^^;リンデ先生は歯周病の権威なのです毎年かかさずにリンデ先生の講演に参加しています^^

楽しみです!

さて、今日は実家のお引越しのお手伝いに行かなければ^^;

自分のやいたいことも大切ですが家族も大事にしないとね☆


めざせ!80歳残存歯数20本!naomi医院はこちら☆

http://www.k3.dion.ne.jp/~iritani/

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ