顕微鏡歯科 Advanced Care Dental Office リップデザイナー☆naomi

はじめまして。Advenced Care dentai Office マイクロスコープ顕微鏡歯科☆歯科衛生士naomiこと戸田奈緒美です。歯を綺麗にする事が私の「仕事」です。良い「仕事」をするために歯科衛生士道まっしぐら。日々精進。

口腔リハビリテーション

新病名 口腔バイオフィルム感染症対策!

オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証

【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

1週間がはじまりましたね〜連日猛暑だった先週今週はどうでしょうね。

今朝は久しぶりに雨が降ったので...一時物凄かったですけどおかげで建物の温度が下がったような気がします連日の猛暑で建物自体があったまっちゃって、室内でエアコンかけてもなかなか下がらない感がありましたから

昨日の日曜日は久しぶりに講習会に参加しましたコロナ前は日曜日によく講習会に参加してましたが、最近はオンデマンド配信を見ることが多くて、平日が多かったので。

さて、昨日は私が摂食嚥下を学ばせて頂きました日本歯科大学多摩クリニック、口腔リハビリテーション専攻の同窓会のさくら会が開催されました。前半に菊谷武先生のお話がありました。

菊谷先生はやはりすごいです。摂食嚥下分野に、次々加算をつけてくださって、現場で取り組みやすいようにご尽力されておられます。口腔機能低下症に点数がついたのも菊谷先生のおかげですし。

そして次なる加算目標として口腔バイオフィルム感染症を新病名として押されています。この病名が通れば口腔内の細菌数を客観的に検査して口腔ケアの指標として利用できます。

歯科衛生士にとっても影響のある病名です。私も初めて昨日お話しを聞いたので↑解釈がややうる覚えですが、ぜひ皆様にも知って頂きたいのでご紹介します。

7月7日に、菊谷先生のご講演があります七夕の夜ですがオンラインですので、お家で天の川と見ながら、セミナーにも参加して頂ければと思います。

2022.07.07 口腔バイオフィルム感染症

お申し込みはコチラ☆からhttps://biofilm.peatix.com

昨日の講演で興味深かったのは、歯が多い人は唾液中の細菌数が増加する

健康な人にとっては、歯が多いということは細菌数が少なく虫歯も歯周病もコントロールされているの指標となって、だから歯が多く残っている、となるのですが、ADLが低下した方では、歯が多く残っていることは、手の器用さを失い、歯を磨くことも認知できなくなると、逆に細菌の温床となり、唾液中の細菌数の増加につながると。

唾液中の細菌数が多いと誤嚥性肺炎になりやすくなります。

安易な口腔ケアは唾液中の細菌数を増やしますので、口腔ケア中の細菌の回収というのが大切となります

ぜひお時間ある方はご参加くださいまだ間に合いまーす
 

ついに歯科衛生士のレジデント制が始まりました!

今日はZOOMで日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック さくら会主催 第6回研修会に参加しました♡

本年度より、口腔リハ先行科ではなくなり、自分が納得いくまで勉強できるレジデント制に変わりました。詳しくは以下をご参照下さい
歯科衛生士レジデント案内


菊谷先生の毎年のご講演と現在のレジデント衛生士さんの日常、そして卒業生の報告がありました

さくら会

私たちの時は1年間の専攻科でしたが、レジデント生はもっと学びたい!と思えば継続して何年も学べるようです

ある意味羨ましいですが、1年間という区切りがあったから私は頑張れたというのもあります。
特に私は異例中の異例、週3日以上という決まりの中で、最大限に働きながら卒業したとても色濃い学生生活でした

これから日本は超高齢社会を迎えます。歯科衛生士も日々進化しなければ人生100年時代の医療についていけなくなりますね...

これからの歯科衛生士どうなの?というベテランの方も、

人生100年を患者さんとお付き合いしたいキラキラの新人さんも、

学んで損はない分野ですしかも専門的に大学の臨床で学べる機会は他にはありませんからね。

来年度の募集は10月ごろから始まりますので、ぜひご興味あるかたはトライしてみて下さいね 

明日ですよ〜

FullSizeRender


満員御礼のようです(*≧∀≦*)


在宅診療に興味のある歯科衛生士さん!ぜひご参加下さい。


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

おはようございます

今日は在宅診療に興味のある歯科衛生士さんにお知らせです

2022.さくら会のお知らせ

私が卒業しました、日本歯科大学口腔リハビリテーション 多摩クリニック の毎年恒例のさくら会の研修会の日程が決定しましたので、お知らせしたいと思います↑詳しくはこちらをクリックしてね☆

本年度から歯科衛生士が働きながら受講できる歯科衛生士レジデント制度が発足しました

今年からの制度なので私もまだ詳しいことがわからないので、皆さんと一緒に受講したいと思っています

ま、レジデント制度の件は別としても、摂食嚥下分野、口腔リハビリテーションの第一人者である、日本大学の菊谷武先生のお話しが1,000円で聞けるのはお得すぎますしかも学生さんは無料です

1,000円じゃ失礼だと思いますけど...菊谷先生の、もっとこの分野(摂食嚥下分野)で歯科職、歯科衛生士が活躍してほしいという願いのもとの、歯科衛生士レジデント制の発足であり、さくら会の研修会であり、菊谷先生のご講演であります

ぜひ皆様、コロナも少し落ちついてきて、日常を取り戻していく中で、学びの機会も取り戻していただけると嬉しいです

さて〜私も母の介護中これから母の病院に付き添わねばならず、今日は時間がなーい

それでは皆様、今週も頑張りましょう 

日本歯科大学東京短期大学 口腔リハビリテーション学専攻科 同窓会に参加♡


オフィスの清潔さと安全に特化した顕微鏡診療のお約束と証


【東京歯科医療安全・感染制御研究会】
医療の質は安全に比例いたします。

【東京歯科脳神経内分泌栄養咬合摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会】
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 

Message
感染対策は医院の質の高さを表します1月から医院の感染対策を日々、紹介中
興味を持ってくださった方はブログ本文も読んでくださいね
******************************

皆様、こんにちは

今日はえーと、3月何日でしたっけあ、もう28日ですねもう今月も終わりか〜本当に早いですね。桜もそろそろ満開になってくるのかな。桜のシーズンは大好きですけど一瞬なのですよね。。。

桜が終わるとあっという間に新緑の5月がきて6月の梅雨がきてまあそれも季節がある日本の四季を楽しめるってことなんですど、何もしないままに時が過ぎていきますよね

私は歯科衛生士のお免状は鶴見大学短期大学部 歯科衛生科ですが(なんと最近は 歯科衛生士 国家試験 合格率全国No.1だそうです)、その後2017年に日本歯科大学東京短期大学の口腔リハビリデーション学専攻科で学ばせていただきました。(どちらも誇りに思える大学です

卒業してから数年大学の同窓会に参加していなかったのですが、このコロナ禍を経て再び参加...と言っても顔を出す程度ではありますが、再び参加させて頂いています。

(↓ZOOMミーティングに向けてカメラ映りをチェック中とはいっても、ZOOMと言っても、久しぶりに先生ともお会いするから顔から緊張が抜けない背景も墨田区をアピールしようとソラカラちゃんを選んでみたりしたけど先生たちの前では披露できず...(爆))

ZOOM会議

理由は...(参加した理由だよ

コロナ禍になって母がうつ病になって、摂食嚥下分野の専門は食べることの専門なのに、母の食べることの支援は難しく,,,一筋縄ではいかない高齢者の扱いを目の当たりにし、そのご縁で参加させて頂いているSNSのグループでも、食べることに纏わる悩みがちらほら...

私は学校を卒業して、一応プロと呼ばれる部類なのに、何のお役にも立てないもどかしさ。

高齢者が食べられないといっても、それを精査できる人が周りにいない。そして食べられない高齢者というのは要介護が高いことが多く、遠方へ出向けない。つまり、近所でアプローチできる人に出会わないといけないのです。

ところが、往診範囲16km。摂食嚥下を評価してくれるところを紹介できない、このもどかしさ

専門職に繋がりもしない。これが現実。

問題は、摂食嚥下をきちんと見られるお医者さんや歯医者さんがいるいないということだけでなく、その専門家につなげる人が少ないというのが問題です。

高齢者の場合、ほとんどが日々を生活の一部としての生活援助として介護職の方が入っていることが多く、食べる問題をどこに繋げたらいいのかわからない方が多いような気がします。(もちろん人によりますが)

私たち歯科界でもまだまだ摂食嚥下に対しての理解が乏しい ということも問題です
(しかしながらこの分野の専門は絶対に歯科です。それは食べる行為には絶対に口や歯という口腔器官が関わっているからです。ここに問題があるかないかは、歯科職意外は精査できません。だからこそ歯科職の早い成長が大切。それが患者さんのため

そこで前置きが長くなりましたけど、もっと歯科衛生士が摂食嚥下に詳しくならなければというわけで...大学の同窓会の活動目的の1つは歯科衛生士の専攻生を募集することが目的ですから、私も協力したいなと思いまして、同窓会に数年ぶりに参加したわけです

ここ重要:来る7月3日 日曜日に日本歯科大学東京短期大学口腔リハビリテーション学専攻科 卒業生のさくら会によるセミナーが開催されます。日本歯科大学 教授の菊谷 武 先生がご講演されます。詳しくは決まり次第お知らせしますので、皆さんご予定を空けておいて下さいね

人生の最後の楽しいはずの食事が苦しいものであってはいけない...
自宅で人生の最期を迎える方のお手伝いがしたいという若い頃からの使命は健在です(*´-`)

なんか、さっき、大学の正式名称なんだっけ,,,とか思って、HP見てたんですが、ちょうど卒業や入学シーズンで若い人の笑顔あふれる、活気溢れる映像とか画像とか見て、なんかいいですよねー

いや、ぜんぜん、負けてる気してないけど(笑)あ、歯科衛生士の仕事に対してのモチベーションっていう意味だけど。

ここ数年コロナでモチベーションも低下気味だったけど、少しづつ上を向いていきたいです

今日も明日も明後日も...世界が平和でありますように

2019.09.27 セミナー27 口から食べる幸せを守る

口から食べる幸せを守る

食べることが困難になったらどうしてほしい?


今日はNPO法人 口から食べる幸せを守る会 理事長 小山珠美先生のお話を拝聴させて頂きました(^^)


IMG_4040

進行性核上性麻痺

今日も朝から学生です!

毎日様々な患者様がいて…勉強が追いつきませんっ!(笑)

私は学校に通っている日数も少なく、時間が限られているので朝晩の隙間時間の30分から60分が勝負。

今もミーティング前に本日の患者さんの原疾患を調べています。

患者さんは、脳梗塞やパーキンソン病、認知症の方が多いですが、難病の方も数多くいらっしゃいます。

今日はそんな中から…

進行性核上性麻痺PSP(progressive supranuclear palsy)を調べてみます…

と言っても、難病センターの情報を流し読みしているだけですが(^^;;

でもこのサイトがかなり役に立ちます(o^^o)

進行性核上性麻痺はSteele、Richardson、Olszewski(1963)により記載された核上性垂直性眼球運動、偽性球麻痺、構音障害、筋強剛を示す進行性の症例をいいます。

PSPは中年期以降に発症し、淡蒼球、視床下核、赤核、黒質、脳幹被蓋、小脳歯状核の神経細胞が脱落し、4リピート優位の異常リン酸化タウ蛋白が神経細胞内やグリア細胞内に蓄積する疾患だそうです。

病理学的にはアストロサイト内に異常リン酸化タウが蓄積するtufted astrocytesがPSPに特異的な所見とされているそうです。原因は不明。

難病情報センターより

本来なら基礎から本を読み解くべきですが、今は追いつかないので流し読みでキーワードを拾っています。

さて、皆様台風接近中です。

今日も暑いけど往診行ってきます!

日本歯科大学東京短期大学オープンキャンパス

現在学ばせて頂いている、日本歯科大学東京短期大学の夏休みオープンキャンパスがあります!

明日の月曜日と、25日の月曜日にお手伝いしています。ご興味ある方は是非お越し下さい。

image

高齢者総合的機能評価

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

さて、5月、6月の小児摂食から、ガラッと変わって、この炎天下に在宅に配置されたnaomi
この2ヶ月間の勉強とは一気に変わって、現在は高齢者の事について猛勉強中

先生方が行っている様々なテストやそれを元にした診断にいたる考え方まで、1つ1つ理解するのに時間がかかる。それは誰が教えてくれるわけでもなく自ら自分のわからない点を抽出し、調べて自分の物にしていく。それが大学での学びなのでしょうか

当初入学した時には、座学で教えて貰える受け身なものだと思っていたので、そのギャップがカルチャーショックでした。そもそも歯科衛生士教育って受け身の教育ですし。それしか知らなかったからキツイです。

さて、診断するための1つのツール。今日は総合的機能評価CGAについてまとめてみたいと思います。

さてまず総合的機能評価とはなんぞやという話です。

総合的機能評価とは、疾患の評価に加え、日常生活機能評価として、
日常生活活動度(Activities of Daily Living;ADL)、手段的日常生活活動度(Instrumental ADL;IADL、認知、気分・情緒・幸福度・社会的要素・家庭環境などを確立した一定の評価手技に則って測定、評価することを言います。

高齢者は
1.複数の疾患のを抱えている
2.慢性疾患に罹ることが多く、現代医学では病前の状態に完全に戻ることが難しい
3.疾患により生活の質(Quality of Life;QOL)が損なわれる
4.QOLの低下がさらに症状の改善を阻害する

という悪循環に陥りやすい。そのため、疾病を含めた高齢者個人の全体像を把握し、疾患の治療と並行してQOLの維持を図るとともに、QOL悪化を予防する必要がある。その全体像把握のために行われるのが

1.ADL
2.IADL
3.認知能
4.情緒、気分、幸福度
5.コミュニケーション
6.社会的環境(家庭環境、介護者、支援体制)

を基本的構成成分とした高齢者総合的機能評価(Comprehensive Geriatic Assessment:CGA)です。

共通項目として
・基本的日常生活動作能力検査(Basic ADL); Barthel Index またはADL-201(江藤)
・認知能;改訂長谷川式簡易知能評価スケール またはMMSE
・情緒、気分;高齢者抑うつ尺度5項目短縮版GDS5

在宅介護の場合に加える検査
・介護負担;Zarit介護負担尺度日本語版

これらの検査を初診時に行い、トータル的に患者さんを把握していきます。

まだ在宅で初診を見た事がないのですが、木曜日に初診の患者様をみられそうなので、どうこれらの検査を行って、どう活用しているのかを学んできたいと思います。

さて、中身をそれぞれに勉強するのはこれから木曜にまでに間に合いますかね〜

できるところまで頑張りましょう。

在宅へ

☆オフィスの特化した顕微鏡診療のお約束と証☆
【滅菌バリデーション】
清潔でキレイな歯科医療

患者毎に管理された滅菌システム

物理的インジケータ
化学的インジケータ / CI   Bowie & Dick test  Helix test
生物学的インジケータ  / BI 
歯科用顕微鏡@歯科衛生士naomiです 初めてブログにお越しの方はこちらをご覧下さい。→歯科疾患の予防の重要性(ブログはおちゃめ(*゚∀゚)ですがHPは真面目です(`・д・´)

****************************************

皆様、こんばんは。naomiです
連日暑い日が続きますが、皆様おかがお過ごしでしょうか?

さて、私は今週から2ヶ月の小児摂食の研修を終えて、在宅チームになりました。

昨日の初日はものすごい暑さで...40歳超えの私には、とうてい...

色んな先生方に心配して頂き、さて、この夏乗りきれるか

10年以上前に院長の入谷と一緒に訪問歯科診療を行っていましたが、その頃とは違って、今は摂食指導がメインです。10年前は、虫歯の治療や入れ歯、口腔ケアが主でしたが、時代は変わるものですね

まあ、専門の診療科で勉強しているわけですから、あたり甘えですが、どういう方の依頼があるかというと、ご病気や老衰によって口から食べられなくなった方や、飲み込めなくなったからの依頼が多いです。

例えば脳梗塞術後で麻痺があってお鼻からチューブを入れて退院されたとか、パーキンソン病でお口の機能の低下によって飲み込みにくくなってきたとか、痴呆症で食べ物が飲み込めなくなったとか。

実際にお宅に訪問し、まずはお話を聞いて、嚥下内視鏡検査を行います。
実際に普段食べているもので評価したり、嚥下調整食品などを使用して検査します。

食べ物を認知できるか?に始まり、捕食の状態、唇の動きはどうか、舌の動きはどうか、頬の動きはどうか、咀嚼はできているか、嚥下反射はきちんと起こるか、遅延はないかなどを調べます。ゴクッの後に食べ物の残留はないか、気道への誤嚥はないかなどを調べます。

その上で、現在のお口の機能に食形態があっているのかを判断し、回復できる機能があれば、訓練を指導し、回復のみ込みが薄ければ現状維持を目標としたり、より安全にお口から食べられる方法を模索していきます。

小児は発達期の障害なので、まだ機能未獲得なために食べられない事も多いですが、大人の障害は、一度獲得したものを病気などの障害によって失いますので、再獲得は難しい場合が多いです。

これが子供と大人の大きな違いです。

ただ、私は最初に子供の摂食を見られたおかげで、口の機能をより理解する事ができました。どうやって口から食べる機能を獲得してゆくのかを知ることによって、大人においてどこの機能を失ってしまったのか、どこにアプローチすれば失った機能を回復できる可能性があるのか?を想像しやすくなりました。

とは言っても....

評価はともて難しく、日々、1つ1つ検査の意味だったり、解剖学だったり、機能だったり...その都度理解できなかったものを追いかけて勉強しています。

それにしても時間が足りなく、なかなか追いつかないのですが...

さて。明日はイリタニオフィスの勤務日で、メインテナンスの日です。

たくさん在宅の患者様を見ますが...お口の状態が悪い方が多いですね...
でも、どんな患者様でも、銀歯が入っていたり、前歯を被せていたりするのですから、歯科医院にはかかった事があるのです。きっと歯石だってとった事があるはず。という事は、歯科衛生士と出会っているという事で...

なぜ出会った歯科衛生士がモチベーションを上げられなかったのか本当に悔しく思います

私の患者様にも40歳、50歳、60歳、70歳、80歳...90歳の患者様がいますけど、私と関わる事によってお口の中は激変していきます。

90歳の患者様は私が担当しだいしたのが、80代という遅咲きの患者様。
それでも数回の関わりでものすごく歯肉は良くなりましたし、いつも膿が出ていて、いつ誤嚥性肺炎になるかわからない状態でしたけど比べ物にならないほどお口の中が激変しました

出会う歯科衛生士によってお口人生...つまり人生は変わります。

最後まで美味しく、美味しい人生を送れますように

今週も頑張ります。 
Profile

hygienist naomi

Advanced Care Dental Office
Archives
QRコード
QRコード